ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【7/21最終章開始】
日時: 2018/07/21 00:23
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38



Re: I live with ヴぁんぱいあ。【お知らせ】 ( No.187 )
日時: 2017/11/28 17:46
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





 Blood21「一緒」



 「なにそれ、変なの」

 物語を語り終えた鉋に、私が思わずこぼした言葉はそれだった。
 過去に私と会って、恋に落ちて、そして死んだ。じゃあ、物語はそれで終わりじゃないか。

「死んでしばらくして、一人の少年に出会ったんだ、すごくいい奴で俺はすぐに仲良くなった。いっぱい一緒に遊んで、俺が吸血鬼の就職試験を受けに行く時も応援してくれた」
「吸血鬼ってお仕事なんだね」

 鉋は大きく息を吐いて、こちらを見た。その青く澄んだ瞳に吸い込まれそうになる。

「で、そいつ自分の正体を隠しててさ、実は神様だったわけ」
「神様って、あの神様?」
「ゆたかがどの神様を指してるのかはわかんないけど、まぁ一番偉い人だったわけ」

 暗い部屋に灯る小さな明かりは、弱弱しく、今にも消えてしまいそうだった。
 
「それが、八朔だったんだ」






 
 一瞬、息が止まった。それは予想もしていない物語だったから。




「ちょっと待って!!! 八朔ってなに、化け猫なんだよね?」
「そう、あいつは神様だから何にでも化けられる。化け猫にだって」

 冬の冷たい風が窓の隙間を通り抜けて、部屋を駆け巡った。ぶるっと体が震えたのは、きっと鉋の話が衝撃的だったからではない。確かに前から変なところはあったけれど、だけど、まさか。


「八朔が全部知ってるのは――」
「そう、神様だから。俺がもう一度人生やり直せてるのも、全部八朔のおかげ。あいつはいい奴だから、俺の願いを叶えてくれてるんだ」


 陽気に言う鉋に、私は笑えなかった。
 だって、話を聞くからに最終的な結末はどうあがこうが私が死ぬ。私が死ぬことで完結するのだ。じゃあ、結局鉋が幸せになることはない。何度もやり直しても、結局は私と鉋は結ばれない。ハッピーエンドは迎えられない。
 じゃあ、なんのために鉋は人生をやり直しているのか。そんなの、


「じゃあ、鉋は――私が死ぬのが怖いって、知ってるんだね」


 私の言葉に鉋は薄い笑みを浮かべながら頷いた。
 そっか、やっぱりそうだったんだ。


 初めて血を吐いたとき、酷く動揺した。病院で余命の話をされたとき、すごく怖かった。
 お母さんもお父さんも、私が壊したのも同然だった。それに加えて私は悠真の幸せになる道を絶たせてしまった。
 全部私のせいなのに。それでも、私は死ぬのが怖かった。



 「死ぬときは、鉋が一緒にいてくれるんだよね」
 「うん。いるよ。ずっと」

 ぎゅっと鉋に抱き着いて、私は自分の涙を隠した。あふれ出る涙は、悲しいから出るものじゃなかった。
 ゆっくり目をつむると、鉋がそっとキスをしてくれた。触れた唇に熱を感じる。このまま、ずっと時が止まってくれればいいと思った。そんなのできるわけないのに。それでも私は願わずにはいられない。このままずっと鉋と一緒にいられる未来を。
 だけど、私は思い出す。八朔のあの言葉を。




「 好きになってもゆたかと鉋は絶対に結ばれないんだよ。 」




 八朔が神様なら、どうして私を死ぬ運命にしたのだろうか。私が何をしたのだろうか。私が幸せになることはいけないことなのだろうか。
 私は神様を恨まずにはいられない。神様がいるというならば、私を生かしてください。私に生きる道をください。
 かなわない願い事をたくさんしながら、私は鉋の腕の中で泣いた。
 好きだ。このまま、このまま鉋と一緒にいたい。ずっとずっと一緒にいたいよ。



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.188 )
日時: 2018/02/02 16:16
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





 お久しぶりです、更新スピードが年々低下しております、はるたです。
 四周年は迎えたくないよねと最近のレスにありましたが、高確率で迎えますね。じゃあ、五周年にはならないようにと変更しておかねば(汗
 このレスが今年初めてのレスになりますね。こんにちは、平成三十年。平成も来年で変わってしまうと思うと名残惜しいです。新しい年号は何になるのでしょうね。
 そして、すごく今更なのですが、参照が10,000を突破しておりました。ありがとうございます。長い道のりでしたが、たくさんの方に読んでいただけたのだなと思うと、とてもうれしいです。つたない文章ではありますが、この作品は私が一番愛する作品です。最初と構想はすこしずつ変わっていっているのですが、それでも根本に置いたストーリーは変わっておりません。
 素敵なハッピーエンドはどうしても書けませんが、私なりの彼らの幸せを探して執筆していきたいと思います。三年もこの作品を書き続けていられたのは読んでくださる、コメントをくださる皆さんのおかげです。何回もやめようと思ったことはありましたが、私が作ったキャラたちを好きだといってくださった皆さんの優しさを知り、やっぱり手放せないと思いました。まだ長くなるとは思いますが、どうぞ最後までこの作品におつきあいいただけたら嬉しいです。


 本当に、ありがとうございました。
 次の更新は三月を予定しております。生きてたら更新しますね(^^)

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.189 )
日時: 2018/03/10 22:12
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

 Blood22「愛情」


「もし、さ。――私が消えたら鉋はどうする?」

 涙がようやく止まって頭が冷静になった気がする。私の質問に鉋は小さく笑ってちょっとだけ唇を噛んで「わかんない」と呟いた。その声はか細くて、いつもの鉋とは違って見えた。
 鉋が望んでもう一度人生をやり直して、結局私と一緒に生きることができたとしても結局結末は変わらないじゃないか。私たちが幸せになる選択肢はない。そもそも鉋が好きになったのは私じゃない。鉋が好きになったのは鉋が生きてた時に出会った私だ。

「そっか、そうだよね」

 私の右頬を撫でる鉋の左手は少し冷たくて、自分が生きてるということを実感できた。
 覚悟はできている。最初から。
 大事な人たちを捨ててここまで逃げて来た時からちゃんと覚悟はできていたのだ。

「ねぇ、かんな……好きって言ってみて」


 今日死ぬのも明日死ぬのも変わんないと思っていた。悠真が家を燃やした時もどうせ死ぬと思ってた。この現状から逃げても私は悪くないと思ってた。どうしようもないから。だから、私は悪くないって思いたかったのだ。
 ――全部私が悪かったのに。不幸だと決めつけて、悠真を殺したのは私だった。悠真にその選択肢を選ばせてしまったのは私だった。


「好きだよ」


 心の中で何度も何度も懺悔し続けた。囁くような小さな声で鉋が私に届けた言葉は、私が一番欲しかった言葉だった。誰かに愛されたかった。誰かに必要とされたかった。
 誰かに私は、



「だから、生きてよ。ゆたか」



 生きてほしいと言われたかった。願われたかった、私がいる未来を。





 皮膚に触れる鉋の手のひらは冷たかった。
 鉋の牙が私の首筋を勢いよく噛んだのに気付いた。きっと、私の血は鉋好みに甘くなっているだろう。もうタイムリミットだ。




***



 鞄の中に荷物を全部詰めて、玄関に向かった。窓から見えた朝焼けが眩しくてつい目を瞑ってしまった。ゆっくり目をあけると、私の足元には仔猫がすり寄っていた。にゃあ、と小さな声で鳴き、ゆっくりと姿を変えていく。少年の身体に変わった後に、彼は大きくため息をつき「ばか」と呟いた。馬鹿はどっち、と思ったけど八朔の感情は私にはよく分からなかった。

「俺が間違ってた。こんなんになるんだったら、全部最初からなしにしとけばよかった」
「なにそれ。八朔は悪くないでしょ」
「鉋の好きはニセモノじゃないよ。ちゃんとゆたかに対しての愛情だよ」
「うん。知ってる」
「それでも出ていくの? 鉋の願い事を叶えてあげないの? ゆたかにしかできないんだよ」


 ごめんね、と八朔に笑いかけて私は玄関のドアを開けた。振り返ると八朔は泣きそうな顔でこちらを見ていた。これからの未来、彼は知っているのだろうか。悲しい結末になることを分かっているから止めるのだろうか。それでもよかった。

「ありがとう、八朔。素敵な思い出をありがとう。――ばいばい」



 幸せだった、と思えただけで十分だ。
 これからどうしようかな、と考えながら私は足を進める。地面を蹴る足が少しずつ速くなる。
 バス停で時間を確認しながら私はふいに空を見上げた。清々しいくらいの青空だった。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【3/10更新】 ( No.190 )
日時: 2018/05/07 20:04
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

 例えば夢を見た。君がいなくなる夢を。
 何度も何度も願った。君の幸せを。
 君の涙を見て、胸が苦しくなって、吐き気が止まらなくなって、何度も繰り返し君の夢を見た。

 知ってるよ。本当は全部知っていた。明日も、未来も。



 Sidestory09



〈夢の在り処〉


 ゆたかがいなくなる前から夢を見ていた。繰り返し、何度も何度も同じ夢を。
 泣き叫び続けるゆたかの姿が印象的で、最後にはぱたりと倒れてしまう。焦った俺が彼女のそばに駆け寄って体を揺すっても、彼女が目覚めることはなかった。俺は繰り返しその夢を見続けた。ゆたかが死ぬ夢を。


 吸血鬼は俺の顔を見て鼻で笑った。知ってるくせに知らないふりを続けていた俺を嘲笑うように。

「俺はそんなの、知らねえよ。ゆたかは死なねえ」
「死ぬんだよ。もう決まってる」
「何でっ、お前がっ……そんな、勝手なこと言うんだよ。あいつは帰ってくる。俺たちのもとに帰ってくる」
「違うよ。お前が最初に言ったことが正解だ。ゆたかは「死ぬ」。これは決定事項だ。もう変えられない。俺たちがどれだけ頑張ろうと、ゆたかは死ぬんだ」


 鉋はそう言い切ったあと、もう帰れよ、と俺を冷めた目で見た。隣の紗耶香はこちらをちらっと見て、ふぅとため息をついたあと、俺の背中を軽く押した。

「帰りましょう。恭也さま」
「ちょっ、俺はゆたかを連れ戻しに――」

 彼女の力は思いの外強く、俺はあっという間に家の外に出されてしまった。スタスタと歩いていく紗耶香の後ろについていくけれど、彼女はこちらに振り向くことはなかった。

「お前は何をしたかったんだよ。紗耶香」

 わからなかったんですか、とようやく振り返った紗耶香の瞳には涙がたまっていた。一度瞬きをすると全部こぼれてしまいそうな大粒の涙に、俺は思わず立ち止まってしまった。
 
「恭也さまはそろそろ、白状すべきなんです。知ってることを」
「俺は何も知らない」
「そうやって嘘を言い続けて、結局誰も救えないのが恭也さまですよね」

 紗耶香の口調が少しだけ強くなって、彼女の頬には涙が伝った。なぜ彼女がこんなにも悔しそうなのかわからずに、俺はただ立ち尽くす。

「あなたが望んだんです。あなたが私に願ったんです。どうか、次の未来では俺がゆたかを救えますようにって、だからだから、どうにかしてあげたいって私は思ったんです」

 泣き叫ぶように彼女が紡ぐ言葉は、俺には何もわからなかった。だけど、なんとなく納得してしまった。俺が何度も見ていた夢の正体を。きっと、紗耶香が見せていた夢なのだろう。こんなにも苦しい未来が俺に待っていることを、ずっとずっと彼女はどうにか変えてくれと望み続けていた。それを、俺は気づけなかった。
 繰り返された世界だと、俺は知っていた。夢で見たのは、繰り返される前の「呆気なくゆたかが死んでしまった」未来。俺が変えたいと、変えなければならないと願った未来。
 
 「あなたは、変えなきゃいけないんです。恭也さまは、この未来を変えなければ幸せにはなれません。だからっ」

 泣きながら彼女は俺の胸ぐらをつかんだ。狂気的な彼女の行動は、その口調とは全く別物だ。ひたすらに俺に泣き訴える。どうにか未来を変えてくれと。もう二度と、誰も悲しまない未来を。鉋がやり直しを望まない未来を、ゆたかが死ぬ未来を。

 変わらない未来を変えてくれと、彼女が言った。俺はうんと頷いて、彼女の涙を服の袖で拭った。


Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.191 )
日時: 2018/07/21 00:22
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg






 海里。ねえ、海里。


 私たち、ずっと親友だよね。









***


 行方不明になっていた女子高校生が発見された。死体で。
 それも変死体。彼女の体に流れるはずの血液が全部抜き取られていて,]まるで吸血鬼に殺されたみたいな、そんな異常な状態で発見された。らしい、ニュースでの情報はほんのちょっとで、ただ明確だったのはその少女の名前が「相楽ゆたか」で、その子は私がずっとずっと探していた大親友だってこと。
 いなくなる前日まで、私たちはただの親友だった。ゆたかを好きな少年が私の想い人だって話さなかったから、絶対彼女は気づいていない。だから、ゆたかは知らないはずだ。私が傷ついていたことを。



 「ねえ、嘘だよね。嘘って言ってよ。ねえ、ようやく、さ、悠真くんも目が覚めてさ、これからなんだよ。ゆたかはもう独りぼっちじゃないのに。なんで、なんで」


 彼女が発見されたのはいなくなって半年が経つか、経たないか、それくらいの時期だった。確かにそれだけ長い行方不明だったら、市の可能性だってぬぐえなかった。でも、私たちはどうしようもなく信じていた。またひょこって、当たり前のように学校に来て「おはよう」って私に笑いかけてくれる彼女ならって。


「世界は私たちに優しくないじゃん」
「……東雲?」

 相楽ゆたかの葬式はたくさんの涙で海ができたような、そんな今にも窒息しそうな空間だった。クラスメイトも私と同じで信じていたのだ。また、ゆたかが教室で笑う姿が見えるって。

「佐伯くんは、なんでそんな普通なの? 悲しくないの?」
「そりゃ、悲しいよ」
「わかんないよ、佐伯くんが悲しんでるなんて私は思えない。あんなに、二人でずっと待っていようって言ったのに。それなのに、佐伯くんはっ」
「悲しかったら泣けばいいのか、悲しかったら苦しめばいいのか。それって違うだろ」

 涙で目の前がぐちゃぐちゃになりながらも、佐伯くんの表情だけは鮮明に私の視界に映った。私のことを蔑むようなその瞳は、今までに一度たりとも見たことのない。みんなの人気者の、私の初恋の佐伯くんじゃない。私の知らない佐伯くんの顔だった。


「俺たちだけが知ってるんだよ。あいつが死ぬかもしれなかったことを。じゃあ、結局あいつが死んで、今こんな状況になったのも、結局遠くない未来の話だった。それが、今だったってことだろ」

 仕方ない、仕方ない、思い込むように何度も繰り返し呟かれる佐伯くんの言葉に、私の喉奥には何かがつっかえたみたいに呼吸がし辛くなった。

「そう思うことにしようよ。結局、ゆたかに与えられた選択肢は「死」だったんだよ。どうあがこうが変えられない。この未来は変えられない。無理だったんだよ。俺には何もできなかった。きっと「あいつ」も」


 ゆたかの寝顔みたいな可愛い顔可愛いの隣に彼女が好きだった花をたくさん置いた。みんなが泣きながら別れの言葉を告げていく。血液が全部抜き取られた彼女の体は本当はもっと酷くて、こんな風にきれいな姿で葬式になんて出られなかった。だけど、どうしてもお別れをしたいという私たちの願いを大人たちは聞いてくれた。なんとか綺麗な状態になるよう力を尽くしてくれて、ほんの少しだけ私たちに別れの時間をくれた。


 彼女が火葬されているのを、私は佐伯くんの隣で一緒に見守った。私はやっぱり涙が止まらなくて、少し過呼吸になりながらも必死に彼女が天国で幸せになる未来を願った。ずずっと鼻水を吸い込んで、目のあたりを強くこすった。もう泣いちゃだめだ。ゆたかはこんな私はきっと嫌いだと無理やり思い込んで、私はそっと目をつむった。



 Blood23「告別」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存