ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【10/7更新】
日時: 2019/10/10 23:38
名前: はるた





【お知らせ】

 完結に向けて、一度物語の矛盾点等をなくすために書き直すことにしました。
 これから読む際は、目次をつくりますので、そこからお願いします。
 







 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。
 五作目は吸血鬼ものです。頑張ります(; ・`д・´)



【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】




 ※調整中












 参照15000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30



to はるたさん ( No.177 )
日時: 2016/09/18 23:04
名前: 占部 流句

はるたさん、はるたさん。覚えていますか?
突然すみませんね。
2015年の2月くらいまでお世話になってました占部です。元々るくねこです。覚えていなくてもしょうがないですが。
久々に来てみたらはるたさんがいました。頑張ってこれから読んでみます:)

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【更新再開】 ( No.178 )
日時: 2016/09/24 23:23
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





■占部 流句さん


 ご、ご無沙汰しています。はるたです。
 流句さんにまたお会いできてとても光栄です。お帰りなさいです!

 もう一年以上前になるのですね。カキコに来られなくなってから本当に寂しかったです。カキコに長くいるとカキコを卒業する方も多々見られるのでこうやってまた帰ってきてくださると涙が出そうになりますよ。
 覚えていないということだけは絶対にないです。とてもお世話になった流句さんを忘れるなんて絶対にないですありえないです!
 私はまだいますよ笑 安心してください、はるたはいつまでも流句さんのお帰りをお待ちしていましたから。
 もう本当お帰りなさい、としか言えないのですが、また流句さんが小説を書き始めましたら是非読みに行きたいと思ってます。
 また、流句さんがよいカキコライフを送れることを心から願っております。


Re: I live with ヴぁんぱいあ。【更新再開】 ( No.179 )
日時: 2016/10/01 00:49
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg







 二周年です。二周年です。
 もうこの作品も二周年になりました。これは緊急事態です。由由しき事態でございます。まだ完結する気配がありませんピーンチ。

 突然取り乱しました、お久しぶりですはるたです。
 この度は本作が二周年を迎えましたのと今年の夏の小説大会で銀賞を頂いたのでその感謝の気持ちをお伝えしたくここに書きこんでおります。
 まず二周年。2014年の10月1日にこのスレッドを立てましたのでもう二年になります長いですね。沢山の人とこの作品を通して関わらせていただいております。とてもうれしいことだと思っております。
 また、その二年の間に小説大会では二度も入賞させていただいております。きゅんきゅん展開を期待して最初読んでくださっていた方、本当すみません胸糞悪い鬱展開に突入しております。完結しましたら番外編でラブラブな話書きたいです。夢です。

 小説大会で今年も入賞させていただきました。ありがとうございます。お礼を言うのが遅いわーと思うのですが、まぁそこはお許しくださいませ。
 今までこの作品を読んでくださった皆様に感謝の気持ちを込めて、これからもこの作品を楽しみながら書いていきたいと思います。更新再開詐欺ばっかのはるたですが、これからも宜しくお願い致します。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.182 )
日時: 2017/01/20 17:08
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





【 お知らせ 】

 奥さん奥さん、この小説「冬の小説大会」で銀賞でしたわよ。
 というわけで(どういうわけだ)また今回も小説大会で賞をいただきました。ありがとうございます。この作品では三回目の受賞となりますね。うれしい限りでございます。もう二年も書いているのに完結の目途が立っていない現実からは少しだけ目をそらしましょう。
 残念ながら現在、私はネット関係をあまり使えない状況にあります。受験生とかではないのですがね(汗
 三月ぐらいには復活しますので、それまではちょこちょこ書けるときに書いていこうと思います。

 ここからは過去編に入っていきます。鉋とゆたかの昔のお話。
 といっても、ただの「過去」ではありません。
 ゆたかの知らない「過去」のお話です。
 そういえばこの話はファンタジーだったな、と思い出していただけると嬉しいです。そう、ファンタジーなのですよ。
 甘酸っぱい恋愛ものを書きたいと願いつつもこういう話ばかり書いてしまう私を許してください。

 投票してくださった皆様、本当にありがとうございます。
 これからも皆様のご期待に添えるように精一杯頑張っていきたいなと、そんなことを考えながら少し更新スピードを速める努力をしていこうと、そう思っております。
 三月くらいまでは本当にカキコにもツイッターにも浮上できないと思いますので、また帰ってきましたら「あ、いるな」とそんな感じで認識していただけると嬉しいです。


 

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.186 )
日時: 2017/09/09 19:16
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg








【お知らせ】


 こんにちは。秋ですね、読書の秋です。
 久しぶりに図書館に行くと読みたい本がいっぱいで大変でした。
 と、前置きはさておいて、嬉しいお知らせを。

 本作が2017年の夏の小説大会で金賞を頂きました。投票してくださった皆様、本当にありがとうございます。本作はコメライの方で書き始め、その時に銅賞を頂きました。それからこちらのシリダクに来て銀賞を、そして今回初めて金賞を頂くことが出来ました。
 賞のために小説を書いてるわけじゃないのですが、目に見える結果(読者さんがいること)を知ることのできる機会として、私は小説大会がとても好きです。
 趣味の範囲で書いているので「どうしてこんなに面白くない作品が金賞とるの? 私が書いた小説の方が面白いのに」とか言われても「そうですね、私もそう思います」とかしか言えないので悪しからず(笑)

 また「シリダクは今過疎っているから、誰でも賞とれるだろ」って方、本当その通りなので是非シリダクで小説書いてみてください。過疎ってて本当に寂しい。賞とる人も固定になってきてるので、新人さん本当来てください。昔よく見かけたミステリーなんかも絶滅しちゃったし、私書けないので、誰か書いてください。読みたいです。ほんと誰か来てくれ(懇願)
 

 私のカキコ歴も四年になり、それなりに色々あったな、と過去を振り返ることが多くなりました。普通に活動していても誰かしらから恨まれることもあり、まぁ正直言いますと疲れました。
 私の作品が嫌いな人は嫌いでいいし、それなら放っといてくれと思いました。そういう奴です、私は。
 突然のお知らせで申し訳ないのですが、私はこの作品が完結後、もう「はるた」という名義で小説を書くことはやめます。他の作品は既に削除依頼済みですし、この作品が完結したら削除依頼をして終わりにしようと思います。
 長くて短い四年間、たくさんの人たちと関わることが出来て本当に幸せでした。憧れの作者様とも仲良くなることが出来まして、本当に嬉しかったです。
 またいつか、皆様と関わる機会があれば嬉しいです。本当にありがとうございました。
 と言いつつ、まだ本作は終わる気配を見せておりませんので、あと一年ほどはまだふらふらカキコにいると思います。それまで、どうぞ宜しくお願い致します。

 本作は10月1日で三周年を迎えます。長期の連載に関わらず読み続けてくださる皆様、本当にありがとうございます。これからもどうぞ宜しくお願いします。



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。