ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【5/20更新】
日時: 2019/05/20 01:12
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.55 )
日時: 2015/05/11 11:27
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





 参照300記念小説





 遅くなりましたが、記念小説を書かせてもらいます。
 今回の小説の記念は「○○さんをイジってみた」という企画をやっていこうと思います。
 今回は、鉋をイジります。人気のあまりない鉋に少しだけ優しくしてあげようと思います(笑)




***





【ヴぁんぱいあさんをイジってみた No,01】





「お腹すいたぁ……」



 時刻は十時過ぎ。友達である少年たちと遊びに行っていたせいでこんなに遅い時刻になってしまった。くるるっとなるお腹をさすりながら鉋は玄関の中に入った。
 「お帰りー」と可愛らしい声を出して出てきたのは、ゆたかではなく八朔。ちっ、と小さな舌打ちをしたが、それに気づいた八朔に脛をけられた。





「お帰り。鉋。思ったより早かったね」
「そうかー。俺は腹が減って、もう死にそうだ」
「えー、もう死んでるじゃん。っていうか、そのまま死んでも大丈夫だと思うけどー。そしたら安心して、ゆたかは俺が独り占めするから」
「……はぁ?」



 鉋が怒りをあらわにすると、八朔は本当に呆れたように溜息をついた。



「ってか、早くドア閉めてよ。寒い」



 言われてハッとする。ドアを開けっぱなしにしていた……。これがゆたかなら、蹴りが一発飛んでくる。暖房の無駄遣いでしょ? と真っ黒な笑顔で。
 とはいえ、化け猫は化け猫でも、一応猫ということで寒いのは苦手なんだろうか?
 身体をちぢこめて文句を言う八朔を見ると、自然と口元が緩んだ。



 外は冬景色が広がっている。
 そんな中、雪がぽつぽつ降っていた。薄黒い雲に覆われて月はよく見えないが、雪は幻想的な光景だと感じる。
 鉋は雪をまるで儚いもののように見て、息をついた。




「はいはい。閉めます」



 口を尖らせながら、鉋はドアをゆっくり閉めた。
景色が少しづつドアに隠れていく。




「……って、ゆたかは?」
「ご飯作ってるよ。キッチンじゃないかな? 今日は、カレーだってさ。鉋好きじゃなかったけ」
「あぁ、うん。好きだよ?」
「ゆたかのことが?」




 八朔の言葉に鉋は一瞬黙りこくってしまった。
 深いため息を一度つき、じっと八朔を見つめる。



「お前さ、何が言いたいわけ? 八朔のくせに、俺に文句か。残念だが、ゆたかは俺のものだから。お前には渡さない」
「駄目だよ。ゆたかのカレーはだれにも渡さないっ」




 …………。




「お前、食い意地はってないか?」
「さっき味見させてもらったんだけどさ。すっごく美味しくて……」
「あっそ」




 正直何とも思えなかったが、一応鉋は笑っておいた。
 八朔がいつもより笑顔だったので、正直鉋は嫌だと思った。というか、嫉妬だ。

 なぜなら八朔は鉋のカレーは嫌いだといい、いつも作れば半分以上残してくるのだから。
 ……カレーは嫌いなのだと思っていた。



「それと、八朔のくせに。っていうのは間違ってると思うけどな」
「あー、すまん。八朔様」





***





「ゆたか」
「ん、どうしたの?」
「カレーなんだってね。夜ご飯」
「っていうか、鉋帰ってくるの遅かったから、もう夜食というか。まぁ、八朔もあんまり早い時間に食べたくないっていうし。でも、こんな時間に食べてたら太っちゃうっていうか……ぶつぶつ」



 ゆたかが珍しくちまちまと文句を言いながら、カレーを混ぜている。
 カレーのスパイスの効いたいい匂い。
 絶対美味しいな、このカレー。明日の朝食の八朔の分まで食べてやろうか……。そんなことを考えている間に、ゆたかがカレーをさらに盛り付け、鉋の前に置いた。



「はい、召し上がれ」




おいしそうに盛り付けられたカレーを見ると、すぐに鉋はスプーンを持ってカレーに食いついた。



「……づぅ、な。なに、なにこれ。って、うわぁっ、辛い。何これ、辛すぎない?」
「あ、八朔が鉋が作る甘いカレーが嫌いっていうから、辛い奴作っておいたの。美味しいでしょ?」

 

 満面の笑顔を見せるゆたかに何とも言えず、鉋は隣にあった水を一口飲む。唇のあたりがひりひりとして痛い。八朔はよくこんな物食べれたなぁ、心の底から鉋は彼のことを尊敬し、深き息をついた。





 鉋は、味オンチ気味(辛いのが大好き)のゆたかの作る超激辛カレーを涙ながらに食べましたとさ。





おしまい。






***

 イジり度:少なめ
 教訓:甘党に激辛カレーを与えてはなりません(鉋論)


Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.56 )
日時: 2015/05/16 23:50
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg




 Blood07「暗室」





 ヴァンパイア……?

 その単語を聞いて、私は一瞬ためらったように顔を伏せた。
 本とかで読んだことのあるその単語。そんなの、ありえるはずがない。だって、ここは普通の世界だ。そんな非日常的なこと起こるわけない。ヴァンパイアという単語に私はいつの間にか心を奪われていた。
 何だ……。ここが人間界で、別の世界には魔界とかいう世界があるとか、そんなファンタジックなことを言うつもりなのか。そんなことになるなら今すぐ、蹴りを飛ばすよ?

 とにかく私は思考回路を無理やり閉じ、耳をふさいだ。何も聞きたくなかったのかもしれない。




「……ヴぁ、ヴァンパイアってさ。どう、いうこと?」
「お前と一番最初に会った時のこと覚えてるか?」
「……ぇ。あ、ぁぁ。うん、覚えてる。女の人と一緒にいて、急にその人が倒れて……」
「そう。その時お前が聞いたんだ」




 にやりと笑うその男の笑顔は、あの時と一緒だった。
薄気味悪い、慣れた「男」の笑顔。
ぶるっと体が震えて、私は腕をおさえる。次の言葉を待つように彼をにらみつけると、じらしたように男は次の言葉を言った。


「……何やってるんだって」
「うん。聞いた。でも、答えを教えてくれるって言った後、私は突然意識を失った……そこだけ私は解せなかった」



 怖くて怖くて仕方がなかったけれど、私は勇気を振り絞って言った。
 あの時と一緒。怖いけれど、やらなきゃいけないという責任感に襲われる……。


 あれ……どうして、そんなものに襲われたんだろうか。


 私は逃げた人間なのに。
 何もかもから逃げて、諦めて、ゴミ箱にポイって放り投げて捨てちゃったのに……。


 責任感なんてあるわけない。
 こんな最低な人間に、世界で一番大切な弟を捨てた私なんかに責任感なんてあるわけない。
自分が犯してしまった罪を、きちんと把握しているのだろうか。
私ならできたのだ、彼らを助けることが私ならできたんだ。それが、どれだけ私が苦しまないといけない道だとしても、家族が助かるならばそれが視界だったのだ。
 私は逃げた。自分が「」たくなかったために、彼らを犠牲にして逃げたのだ。



「俺らヴァンパイアは、吸血をしないと生きてはいけない。だからいつも夜には女をたぶらかして血をいただいている……。お前が見たのはちょうど吸血を終えた後だったよ。俺はお前に見られた、つまり「人」に見られたということで、記憶抹殺目的にお前に吸血しようとした。けど、俺は……」




 吸血……? 記憶抹殺?


 聞き慣れない単語に私は首を傾げた。
何を言っているのかよく分からない。
 でも違う。ただ分かりたくないんだ。私の脳が拒否している……。
事実を知るのが怖いのだ。彼がヴァンパイアと認めた瞬間、全てが壊れてしまう気がした。



「お前の血が気に入った。甘くて、優しい……、お前の血液。甘党の俺にとってはこの血がこの上なく美味でさ」
「……えっと、ヴァンパイアさんは甘党なんですか」
「そうだよ! 甘いものは正義だと思わないかい!」
「残念ながら思いません。わたし辛い物のほうが好きなんで」



 私が甘党ではないことを言うと、なぜか男はシュンとして私の隣に座った。ベッドがガタンと小さな音を立てて揺れる。それと同時に心臓がドクンっと響く。
 私の隣に、しかもベッドに座った彼は、顔を私の近くに持ってきた。整った綺麗な顔、それが間近に近づくと例え彼に興味が無かろうとドキドキしてしまう。
胸が引きちぎられそうになるのを我慢して、私は彼を見つめ返した。


「血が甘い? それは普通のことじゃないの」
「いや、珍しいよ。お前の血は格別甘い。言うならば砂糖菓子みたいに甘いけど、きっとその分だけ「脆い」」
「……へぇ。で、それで? どうして私を助けてくれたの?」
「助けた理由……? そんなの決まってるだろう」



 暗い闇の中、男と私のふたりっきり。しかも、ベッドの上での二人きり。
 カーテンが小さく揺れる。隙間風だろうか……、ドアも開けていないというのに。


 深呼吸をして、私は男の目を見る。
押し倒されでもしたらこれで終わりだ。普通の女の子ならここで逃げているだろう、でも私は逃げることが出来なかった。いや、逃げることはできたのかもしれない。でも、私は「知りたかった」のだ。
 彼のことを知りたかったのだ。


「……俺はお前が欲しいんだ」


 男が私の耳元でそう小さく囁いた。
 何が起こったのかわからず、私は静止したように……息もできなくなるように……それはまるで。


「欲しいって?」



 やっと声が出た。……彼は真剣に私を見つめる。
私は無理矢理、男から目を逸らし、視線を真下に落とす。
 今私はどんな顔をしているのだろう。でもこれだけは分かる。誰にも見られたくない、そう思える表情だってことだけは。




「俺の給血者にならないか」




 彼の言葉に、迷いはなかった。

 ベッドの上での会話は、なぜか緊張してしまう。
 ドクンドクン、胸の音がどうしてこんなにうるさいのだろう。
こんなの初めてだ。
とある真夜中、私はヴァンパイアに「給血者」に誘われました。



 赤くなった頬。
それを確認するように自分の頬に手を当ててみると、少し温かかった。


I live with ヴぁんぱいあ。【12/18更新】 ( No.57 )
日時: 2014/12/19 14:13
名前: 星来



こんにちは、星来というものです。

以前からこのはるたさんの隠れ読者でして…
大ファンです。

私もここで『死んでしまった君からの手紙。』というのを書かせていただいてます。

はるたさんの作品はすごく奥が深くて←もの凄く好きです!(ごめんなさい、気持ち悪いですね)

更新がんばってください!

I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.58 )
日時: 2014/12/22 23:47
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

星来さん

お、お初にお目にかかります……、はるたです。
隠れ読者様ですか……//そ、そんな方がはるたなんかにいるなんて。
う、嬉しい限りです。
ふぁ、ふぁんですとぉぉぉ!本当でもそんなこと言っちゃ駄目ですよ。嬉しすぎてぶっ倒れちゃいますから。でも、そのようなことを言っていただけて嬉しいです。
奥が深いですか……、いやぁ変に難しいだけかと。
自分で勝手に納得して進んでいる感じなので、読んでくださっている皆さんに分かってもらえているかどうか、といつも不安はつきものです。

小説読みに行かせてもらいますね。
今から楽しみです……。

コメント、ありがとうございました。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【12/18更新】 ( No.59 )
日時: 2014/12/23 19:31
名前: 朔良 ◆oqxZavNTdI

 お久しぶりです!
 朔良です。

 ついに鉋君の本当の姿が露わになりましたね……!
「お前が欲しい」なんてキュンとくる素敵なセリフですが、それはただの給血者としての意味しか持たないのなら複雑なセリフですね……

 鉋君が甘党だということで、同志様を見つけました!
 私も甘いものがすごく好物で……朔良が吸血鬼ならゆたかちゃんを狙いまs((殴

 
 更新頑張って下さい!
 応援していますね

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存