ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。【6/2更新】 ( No.133 )
日時: 2015/06/28 09:40
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





 幕間02「僕は貴女を愛しています」



 折角の機会だから、僕の話をしよう。幼い頃の……僕の物語を。
 



***



 目が覚め起き上がり、僕は深いため息をつく。
恒例行事になってきた両親の喧嘩。怒声が響き渡る。
 僕は顔をしかめた。正直言おう、うんざりなのだ。こんな毎日壊れた両親を目の前にして……僕はいったいどんな表情をすればいいのだ? 疑問で僕は毎回溜息をついてしまう。仕方がない、これは両親のせいだ。

 そんな僕の、唯一の救い。それは僕の姉である「相楽ゆたか」だ。
艶やかな長い髪に、整った顔立ち。美少女という言葉がピッタリの、僕の姉、ゆたか。
 その上頭もよくて、スポーツもある程度できる。しかも性格がよくて人当たりもいい。非の打ち所がない、それも過言でもない気がする。
 まぁ、弟の僕が言うのもアレだけれど、僕のお姉ちゃんはとっても凄い人だ。



「おはよう、悠真」
「お、おはようっ」

 お姉ちゃんはいつも僕を起こしに部屋に来てくれる。お寝坊さんの僕にとってはとっても有難い。でも、何時かは一人で起きれるようになりたいな……。
 お姉ちゃんはいつものようにカーテンを縛り、窓を開ける。朝の風が僕の部屋に入ってきて、なんだか気持ちがいい。
 でも、聞こえる声はこんないい朝とは無縁の怒鳴り声。両親ももう少しは気を遣ってくれたらいいのに、子供ながら僕はそんなことを考えお姉ちゃんのもとに近寄った。


「お姉ちゃん、あの、ね」
「……お母さんたちね、ちょっと今日機嫌悪いみたいだね」


 僕の心の中を見透かしたみたいに、お姉ちゃんはそう言った。
僕は何だか虚しい気持ちになった。昔の僕ならきっとこういう場面では、泣いていたのだ。自分の悲惨な家庭状況に、思わず涙が出ていた。それなのに、僕はいつの間にか泣けなくなっていた。
 確かに心の中はもやっとしている。でも、それは昔みたいに涙を流すほどではない。これは、慣れ……というやつなのだろうか。
 それなら、いやだな。
 僕は独りでにそんなことを考えて、お姉ちゃんの胸に飛び込んだ。


「…………悠真」


 ぎゅーっとお姉ちゃんに抱きつき、僕は顔を隠す。泣いてもないのに、泣いたふりをする。
 別にお姉ちゃんに同情を求めたわけではない。可哀想な弟、として見られたかったわけでもない。
 ただ……お姉ちゃんに心配をかけたくなかったんだ。
昔みたいに泣かなくなったことに気づかれたら、お姉ちゃんはきっと苦しむ。
 それに、お姉ちゃんは僕に何か隠し事をしている気がする。それが何なのか、そんな詳しいことは全く分からない。でも、お姉ちゃんが僕に何かを隠していることだけは分かる。
 僕を見るとき、僕に笑顔を向けるとき。それはまるで壊れ物を見るかなような目で、それはまるで作り笑顔のような表情で。



「ごめ、んね」


 僕はお姉ちゃんに謝った。
 お姉ちゃんは「何が?」と朗らかな表情で僕を抱きしめながら尋ねてくれたけれど、僕はそれしか言えなかった。
 ごめんね、ごめんね。
 謝る理由。そんなのたった一つだ……。




 僕がこんなにも変わってしまったこと。
それは、きっとお姉ちゃんも少しくらいは気づいているんだろう。






 ■続く

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【6/4更新】 ( No.134 )
日時: 2015/06/20 09:45
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





*




 ある日の夜中、ガラスが割れる音が聞こえた。ガシャン_____それは眠っていた僕の目を、あっというまに冴えさせた。
 驚いて僕はベッドから起き上がる。
 ドアを勢いで開け、僕は音の聞こえた方向に足を進める。何だか嫌な予感がした……。




「……どうしたのっ、なにか、あっ……」


 僕がリビングまで降りてきたとき、何故か僕はその場に足を進められなかった。足が竦んだのだ、この状況を見て、僕のするべきことが分からなくなった。




「……私はいいの、でも、悠真は違うの。貴女がどれだけお酒を飲もうと、お父さんのことを嫌おうと、別に私はどうでもいいんです。でもね、悠真がいるの! お願い……悠真にだけは、こんな思いさせないで。ちゃんとお母さんとして振る舞ってよ」



 下に落ちていたのは、焼酎の入っていたビン。しかも、割れている。
 そして目の前にいるお姉ちゃんの足には真っ赤な、真っ赤な血液がこびりついている。どろりと、まるで中が見えているかのように……。
 すぐに僕は察した、お母さんはそのビンをお姉ちゃんの足に振り下ろしたのだと。


 お姉ちゃんの言葉、僕の胸にグッと突き刺さった。
……自分のことはどうでもいいから、弟のことだけは、弟だけはちゃんと面倒を見てあげて。
 何でそんなにお姉ちゃんは必死なんだろう、僕には理解が出来なかった。お姉ちゃんはこんなに苦しい思いをして、こんなに痛い思いをして、どうして僕なんかを守ろうとしているのだろうか。
 心の臓が、激しく脈打った。手が震えた。ぎゅっと握りしめた拳から、汗が流れる。
 何で、僕はこんなにも無力なんだろう。




 どうしてこんなにも、僕は、弱いのだろう。




「ゆたかが、ゆたかが……こうなったのは、全部、私のせいなのっ!」
「お母さん、それは違うよ。それはお父さんが自分のせいにしたくないからそう言っただけで、これはお母さんのせいでも、お父さんのせいでもない。これは、私自身の責任なの」
「違う、違うっ。もっと私がしっかりしてたら、こんなことにはならなかったのっ。ゆたかの異変に、私っは全然気づかなかった。最低な母親……もう、母親失格、だからっ」



 お母さんは涙を流している、お姉ちゃんはそんなお母さんの頭を優しくなでて、小さく微笑む。
 会話の内容はよく分からない。けれど、お姉ちゃんは痛いはずの足を引きずり、笑顔を作る。それが無性に悔しかった。
 お母さんはまたお酒に手を出す、それを見てももうお姉ちゃんは止めない。
 僕はドアの影からその様子を見て、小さく息をついた。

 そしてゆっくり、ゆっくり、自分の部屋に戻った。
そして決心した。僕はお姉ちゃんを守ると。何もできない、無力な、非力な僕だけれど、お姉ちゃんを守ることすらできなかったら、それは弟としてもう存在理由がない。
 ねぇ、お姉ちゃん。僕の今考えた未来は、最低な未来だけれど、



 それでも、お姉ちゃんの「本当」の笑顔がもう一度見たいから、僕は……僕は……

 この最悪な未来を作り出そうと決心した。




 ■続く


Re: I live with ヴぁんぱいあ。【6/6更新】 ( No.135 )
日時: 2015/06/20 11:16
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





*



 僕が考えた作戦は、本当に安直。今になってようやく馬鹿なことをしたことに気づく。


 まず考えたのは「一家心中」だ。……お姉ちゃんが昔、ぽつりと言っていた。「死ぬなら皆で死にたいね」と。
 その時は何を言っていたのか、よく理解はできなかったけれど、今ならほんの少しなら分かる気がする。でも、その話の通りにするのであれば、僕はお姉ちゃんを殺さなければいかなくなる。そんなの嫌だ、僕はお姉ちゃんのために未来を変えようと思ったのだ。お姉ちゃんが死んでしまっては元も子もない、そう考えて僕はかぶりを振った。
 そして次に浮かんだ僕の未来は、さっき考えた心中より最悪なものだった。


「……お姉ちゃんを、守りたい」


 ちっぽけな僕は、鞄に荷物を詰め込んで家を飛び出た。もちろん、長年ためておいたおこずかいを貯金箱から取り出して……。
 少し遠い隣町のスーパーマーケットで油を買った。
家に戻って僕は心を落ち着けた。いつ実行する? 明日? それともいつか?
 僕は雪の降る窓の外を見て決心した。
 決行は今日だ。こんなのばれるに決まっている。でも、僕はこれを決行すると決めたのだ。それならいつしようが変わりはない。それがたとえ今日だろうが……。

 

 僕は家に帰ってくるなり一人の女の人に電話をかけた。彼女の名前は、海里さんといってお姉ちゃんの一番仲の良い友達だ。家にも頻繁に遊びに来ていて、僕もよくしてもらっている。
 コール二回目で受話器を外した音が聞こえた。


『もし、もし?』


 朝早くにかけてきた電話に不信をつのたせたのか、最初は少し低めの声で、海里さんとは思わなかった。


「あの、僕……相楽悠真っ、と申します。あの、海里さんいますか?」
『え、あー悠真くんか。海里は私だよ』


 僕が名前を名乗ると海里さんの声が少しばかり高くなった。いつもの海里さんだ、そんなことを思って僕の口元が緩む。


『どうしたの、こんなに朝早く?』


 海里さんは不思議そうに電話越しで尋ねた。こんな時、僕はどうやって彼女を騙せばいいのか分からなくて、上手く嘘がつけるか不安になった。
 でも、頑張って嘘をついた。



「お姉ちゃんが、会いたいそうです」



 海里さんは「分かった」と言った。僕は彼女に時間とお姉ちゃんがいつ行くのかを伝えて電話を切る。
 嘘をつくのは、やっぱり得意じゃない。

 僕はこの後、お姉ちゃんにも一つ大きな嘘をついた。
 お姉ちゃんが家を出た後、僕は怒鳴り散らす両親を見て自分で買った油を取り出した。そしてキッチンの方で父親がいつも使うチャッカマンを見つけ出す。


 僕は大きく息を吸って、吐いた。



 これが僕が犯した、罪の全貌。



 ■続く

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【6/14更新】 ( No.136 )
日時: 2015/06/18 21:17
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg






【参照3500突破なり】


ご無沙汰しております、はるたです。一ヶ月も経たないうちに参照がこんなにも増えていた……驚きを超えた驚きです((
のんびり幕間なんか書いているような奴ですが、もうちょっとで更新再開する予定です。予定です、going to です。willです。英語のレベルだけは小学生以下なので間違ってたらすみませんm(_ _)m
はるたは電卓とパソコンがあれば生きていけるのです。英語は二の次……こほん、話が逸れてしまいましたね。

ちょっと今、家庭の方がゴタゴタしていて住居を移動するという事態に陥りました……。その場所がちょっとインターネットのしにくい場所なため、in率が異常に下がります。出来れば7月中には帰ってきたいと考えていますので、あともう少しお待ちくださいませ。


参照3500、ありがとうございました(^^)


Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.137 )
日時: 2015/07/04 08:43
名前: 蒼 ◆udrqXHSxjI



 コメントを書くのは久しぶりになるのかな? と、思いながら書いています。はるたさんの小説、更新されている度に読んでいるので、正直そこまで久しぶり感はないんですが……あまりコメントを書くのが得意じゃないので、焦っています。はるたさんに忘れられていたらどうしようかと。あ、あの、蒼です(汗)。


 もう悠真くんに、はるたさんに惹き付けられています。読み終わると何時も、何だか不思議な複雑な気持ちになって……。はるたさんはこう、色々な書き方が出来ていて…………上手く言葉にならない(すみません)。キャラが意思を持って動いている、というか。何て言うのでしょう、ほら、不自然じゃない、あれ? 分からなくなりました!
 

 最近は悠真くんですが、庵くん&八朔くんLOVEです。相変わらず。
 好みが直ぐに変わる私ですが、此処までずっと好き(いや皆好きだけど)なのは珍しいです。自分で言います、珍しいよ!!
 忙しくて大変だと思いますが、思っていますが、はるたさんのペースで頑張ってください!! 意味不明な事ばかり書きましたが、お、応援しています!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。