ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【5/20更新】
日時: 2019/05/20 01:12
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.90 )
日時: 2015/04/02 21:53
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

Sidestory03





〈夢の中の記憶は矛盾だらけ〉




男どもに口元をハンカチで押さえられ、すぐに恭也はくたっと倒れた。心配するように千影が呼び掛けるが、全くびくともしない。
眉がハの形になったとき、千影も一瞬で意識を失った。後ろからガツンッと大きな音が鳴った。








***




「あれ、千影ちゃんのお兄ちゃんって……もしかして佐伯くん?」


突然聞こえてきた声に心がさっと奪われた。



「えっと、あー……こんにちは」


ニコリと笑った少女は、俺の近くに駆け寄り「こんにちは」と軽く挨拶をした。それに合わせて俺も小さく挨拶をする。
見たことのあるような顔。そしてうちの学校の制服。
もしかしたらクラスメートか何かだろうか。もしクラスメートだったらひどいな俺。


「お兄ちゃぁぁぁぁんっ」


妹の千影が何故か全力でこちらに駆けてきた。
向かい風だというのに、なんという速さ。子供はすごいなぁ……と俺は感心しながら千影の姿を見守った。

千影はその勢いに足が絡まったのか、バタンと大きな音を鳴らして俺の視界から消えていった。目を落としてみると、そこには倒けたのか地面に這いつくばっている妹。俺の血の気が引いた。


「……ちかっ」
「千影ちゃんっ!!」

俺が駆けつけるより先に、隣にいたはずの少女が走り寄っていった。
俺の足は自然ととまって、彼女を目で追っていた。


「大丈夫?」
「……うぅ、ん。大、大丈夫なんだもん」


千影は涙ながらに強がりを言って、にぃっと彼女と俺に笑って見せた。足には大きな赤い血が流れている。


「……ごめん、えっと。ありがとう」


一目散に駆けつけてくれた彼女にお礼を言うと、彼女は「大丈夫です」と笑って言ってくれた。その時の笑顔は作り物には見えなかったため、俺も口元を緩める。
涙を頑張って止める妹に、偉いねと褒める彼女。俺の胸はドクンっと音を立ててなった。
何て単純なんだろう、俺は自分の赤い顔を隠しながらそう思う。


「お姉ちゃん。どうしたの」


いつの間にか、彼女の弟らしい少年がたっていた。不思議そうにあたりを見わたし、地面に座り込んでいる千影を見るなり、助け起こそうとしたのか手を前に出していた。ありがとう、手を取って千影は立ち上がった、嬉しそうににこりと笑って。
そんな小さな二人の感じがとっても可愛かった。


「もしかしてさ、この二人って」
「ん。気づいたの今更?」

彼女がふっと静かに笑って、お先にと言葉を残し、少年の手を取って帰っていった。俺は今しかないと思って大きな声で彼女に叫んだ。


「あのさ、君……名前は!!」


俺の発言に彼女は小さく笑う。それこそいまさらといった感じなのだろうか。でも俺は今しかないと本気で思っていた。
会ったばかりの彼女に、本気で惚れてしまっていたのだ。


「……ゆたか、相楽ゆたか。こっちが弟の悠真。千影ちゃんのお兄さんの佐伯君……。これからはいろいろ協力してね」


意地悪そうににこりと笑った彼女、相楽ゆたかに目が奪われた。
初めて会った時と一緒だ。桜の花びらに囲まれるように、どんな景色よりも彼女だけは映えていて、綺麗だった。
協力、というのは千影と悠真くんのことだろうか。彼女はそんなことをするのが好きなのだろうか。

相楽ゆたかという一人の怪盗に、俺の心は簡単に奪われてしまった。




***



「……ここ、どこだ」


目が覚めるとそこは、真っ白な部屋だった。隣には妹の千影がすぅすぅと寝息を立てながら眠っており、少しだけ恭也は安心をした。
辺りを見渡すと一人。恭也たちの監視なのか、椅子に座った一人の少女がいる。


「こんにちは……恭也坊ちゃん。わたくし、この家に務めております、メイドの真木紗耶香と申します。以後お見知りおきを」
「……知るかよ。ってかここどこだ」

そこにいた少女、紗耶香は恭也を見るなり椅子から立ち上がり、ぺこりとお辞儀をした後自己紹介をしてきた。
丁寧な発言に、彼女が本物の「メイド」だということが分かる。使用人……か。恭也は紗耶香をにらみつけた。

「ここはあなたの実家の部屋の一つです。はい、質問にお答えいたしました」



紗耶香は、それを言うなり千影のもとに近づき「大丈夫ですか」と呼びかけていた。千影はうぅとうなるだけでなかなか目を覚まさない。
部屋にある時計はもう十二時を過ぎている、確かに千影には起きているには難しい時間だ。


「……あなたがこちらの家で住んでくださるというのであれば、私はあなたに有益な情報を教えましょう」
「……有益な情報?」

毎度と名乗る少女、紗耶香は恭也にそういうなりにやりと笑って見せた。奇妙な笑いに恭也の背筋が凍る。


「たとえば、あなたの探している人物。相楽ゆたかの居場所……とか」



彼女の言葉を聞くなり、恭也は声が出なくなってしまった。



Re: I live with ヴぁんぱいあ。【参照1000感謝】 ( No.91 )
日時: 2015/02/07 14:01
名前: 錦歌赤兎



うわぁあああぁ!!!

え?え?なんでこの人、ゆたかさんの居場所知ってんの?!

好きな人の居場所か、お母さんの実家に戻るか、そしたらお父さんと会えないかもしれない…。

どっちかを迫るなんて卑怯だぁぁ!

……と、ハラハラしながら見てました、赤兎です(^_^)v

ハルちゃん、お久ですぅぅ ( ´ ▽ ` )ノ

久しぶりにきたら、たくさん更新されててビックリ(゚Д゚)

ますます面白くて、久しぶりに八朔さんを見れて満足してます(^_^)v

最後まで読んだけど、それまでに何回ノックアウトされたかわからん!

もう、AEDで回復できなくなるまでやれらたよ!

電気ショック療法じゃ、赤兎、心臓復活しません!

恥ずかしくて、甘いシーンを見るたびにきゃーーって、叫んで家を飛び出し、顔の火照りがひくまで散歩してたから(笑)

これからも赤兎が家を飛び出すように、更新頑張って♪( ´▽`)

応援してるよ!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.92 )
日時: 2015/02/08 22:01
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

  

 もうすぐバレンタインですねー。
チョコレート食べたいです。純粋にチョコをあげる女子でありたいと思う前に、チョコ欲しいです(笑)





錦歌赤兎さん



赤兎さん、お久しぶりです。来てくれてうれしいです!!
はい、何故この少女はゆたかの居場所を知っているのでしょうね……。
この真相は次の話の出も書こうと思います。次は本編に戻るので。

おぉ、八朔ですかぁ。
八朔はとにかく獣耳……にゃふ//とか考えながら書いてます。
ファンタジー要素を入れ込んだ小説は初めて書くので、難しいのですが、とにかく頑張ってる所存なのです!!
AEDでは無理ですか……。そんな風に思ってもらえるのは嬉しいですね、やっぱり。口元が自然と緩んでしまいます。

うん、これからも赤兎ちゃんを家から飛び出せるよう←!?頑張るね。

コメント、ありがとうございました。




***

参照1000突破いたしました。
読んでくださる皆さんに感謝です。ありがとうございます。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.93 )
日時: 2015/02/11 18:24
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg




 こんばんは、はるたです。
今日は少しだけお知らせがあって来ました。特に重大ってことでもないので、簡単に。

 三月いっぱいまでリアルのほうがごたごたして忙しいので、しばらくこちらに来れないかもしれません。
 それと同時に、もう一つ書いている小説「生徒会にヒーローとおもちゃ!」の完結に向けて頑張るつもりなので、こちらの方をなかなか更新できないかと思います。申し訳ありません。
 最近やっと週一更新ができるようになったのに、本当にペースの乱れに笑ってしまいます。昔は結構更新できていたのに……とか過去を遡ってみたり、と。
 二月中はこちらの更新を頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。


 参照900記念の小説ですが、本編のキリが良いところでしたいと思います。なのでしばらくお待ちください。
 話は変わりますが、参照1100突破いたしました。
読んでくださる皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。
 

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.94 )
日時: 2015/02/16 22:58
名前: はるた

Blood11「溜息」



とりあえず落ち着こう。
私は自分の心に芽生えた怒りを抑えるように、そう唱えた。

「ねぇ、八朔」
「ん。どうしたの、ゆたか」


落ちついたので私は笑顔を作り、八朔を呼びかけた。
こたつにくるまりながら八朔は眠たそうな顔でこちらに振り向く。目をこすりながらこちらを見る八朔の姿は、まるで面倒くさいことは嫌だ、と言っている子供みたいだ。

「ちょっとね、話があって」
「どうしたの、顔が怖いよ」


八朔に突っ込まれて、私の表情筋が固くなっていたことが分かる。軟らかくなるように、少し口元に手を当て広げてみた。
何やってるんだろう、わたし……。


「買い物、行ってきてくれないかな?」


瞬間的に八朔が嫌そうな顔をした。

いや、理由は分かるよ。八朔が寒いの苦手なんて最初から分かってる。というか今こたつから出てきていない状況からでも分かるくらいだもん。
でもね、買い物しないとお客さんにおもてなしもできないし、お菓子さえ出せないじゃない。


残念だけど、私は今外には出られない。
……一応誘拐されたってことで探されているくらいだし!!



心の中で文句をぶちまけ、私はまた無理矢理笑顔を作った。今度は自然に作れた気がする。


「……買い物、行ってきてくれるよね?」



どす黒い声が部屋に響き渡った。
これが私の声なわけないよね、うん。きっとそうだ。



***




「こんにちはー」


数人の声が玄関近くで聞こえる。
私はとうとう鉋のお客が来たんだなぁと思い、オーブンで焼いているケーキから少し目を離し、玄関に向かった。
お客さんは三人。男の子一人に、女の子二人。

鉋は高校二年生って言ってたから私と同い年か。でも、鉋曰く私は今日妹設定ってことだから高校二年生以下……。



上手く演じられる。



私は大丈夫大丈夫と心の中で何度もつぶやき、彼らのもとに出た。




「お兄ちゃん、お帰り……えっと、お客さんもいらっしゃい」



私がにこりと笑顔で笑うと、三人もすぐに顔をほころばせた。
鉋の表情をうかがうと、すごく満面の笑みを浮かべている。なんだか腹立たしい。これで大丈夫ということなのだろうか。


「ただいま、ゆたか。こいつら言ってた俺の友達な」


鉋の紹介により、三人が個別に自己紹介を始めた。
気に入られようとする彼らの笑顔が妙に気持ちが悪かった。





「……初めまして、僕、宮代。宮代庵。……あのさ、君。ううん、やっぱ何でもない」


何かを言いかけて止めた庵に私は違和感を感じながらも、わたしは「よろしく」と軽く相槌を打った。

……不思議な雰囲気。
胡桃色の髪、まるで女の子だと勘違いしてしまいそうなパッチリな二重に、真っ白な肌。可愛らしい容姿からは見当のつかない耳のピアスの穴に、彼はぶかぶかな制服に身を包む。

普通に教室にいたら女のことかに騒がれそうな男の子だ。
それは鉋も同じなのだろうが……。そう思いながら鉋のほうを見ると、なぜか鉋は困ったような表情をしながら庵を見ていた。



「……はじ、初めまして!!わたし、村前苺。鉋君のクラスメートで、よく一緒に遊びに行ったりする仲なの。あと、クラスの委員長とかやってて……!!」


庵の自己紹介の後は、短いスカートの女の子が自己紹介をした。
今どきの女子高生といった感じで、髪もゆるくパーマをかけており、あまり濃くはないがメイクもばっちりとしている。

挨拶の感じからして、この人は鉋のことが好きなのだろう。
少しでも妹役の私に気に入られようとアピールポイントを述べる彼女に、私はついぷっと吹き出してしまった。


「可愛らしい名前ですね」
「……へっ!?」
「あぁ、苺っていう名前です。可愛い名前だなぁって」


同い年の人に敬語を使うのは違和感がある。
私が微笑みながらそう言うと、苺は嬉しいのか目を細ませた。



「初めまして……」




最後の一人の少女の声が響く。
知るはずのない少女なのに、なぜか心惹かれる。

チンっとオーブンで焼いているケーキが焼ける音がした。

その音と同時に彼女は自己紹介を始める。


「私、真木紗耶香と申します。仕事上、敬語癖が抜けないので言葉遣いに関しては気になされないでください。初めまして、」


真木紗耶香と名乗る少女は、私の近くまでやってきて耳元でこう囁いた。


「……相楽、ゆたかさん」





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存