ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。【お知らせ】 ( No.103 )
日時: 2015/04/08 21:37
名前: はるた

Blood13,5「君音」


普通の女の子だと思っていた。いたって平々凡々な女の子だと。でもそれが、ある日覆された……。
それは中学二年の夏、丁度明日みんなと海に行く約束をしたばかりの時だった。家に帰るなり私はベッドの転がって、一息をつく。明日楽しみだなぁなんて思って……。私の日常が当たり前のように過ぎていった、はずだった。

ある日、目の前が一瞬真っ暗になった。頭痛が止まらない……。恐怖が心の中を侵食したかと思うと、ふと胸のあたりがぎゅっと締め付けられた。それと同時に口から血の味がした。気持ち悪い……気持ち悪い、吐き気が止まらない。
ふとベッドのシーツに目を落とすと、赤いシミが見えた。身体中がゾクっとする。もしかしたらこれは「血」……?




そこからはあっさりと私の人生は変わった。
母親に医者に連れて行ってもらい、自分が病気だということを知る。そして私が大人になりまで生きれないことも。
弟の悠真には怖くてこのことを伝えられなかった。そのせいだ、悠真が壊れたのは……。



「お前のせいで、ゆたかが大人になれないんだぞ!今までお前は何をしてきたんだっ」
「あなただって子育ての手伝いなんて一切せずに会社付けだったじゃない」



私の病気を知ったせいで、両親はいともあっさり壊れていった。ケンカが絶えず、関係はどんどん悪化。毎日のように悠真は泣いていた。
あぁ、いつからだろう、悠真が泣かなくなったのは……。たとえ両親がどれだけ声を荒げていても、平然とそれを見ていられるようになったのは。



ある日、悠真の様子がおかしいことに気づいた。それは、とある雪の降る日だった……。


海里に呼び出されたということを伝えられたときには、もう違和感しかしなかった。悠真は一体何をしようとしているんだ?不安が胸を押さえつけて離してくれない。
火事だという声が聞こえた瞬間、心拍数が勢いよく上ががった。
燃え盛る炎の中に一人の少年が見えた。おぼろげな姿、私を一点に見つめている。
少年の口はゆっくりと動いていく。ごめんね、ごめんね……と。



自分のせいで、全てが壊れた。
大好きだった弟とも会えなくなってしまった。
私が病気にならなきゃ、誰もこんな思いしなかったのに。
胸の奥深くから、込み上がってくる熱いもの。それはいったい何?
私はその名前を知らない。知りたいとも思わない。







***



だから私は「好き」という感情が分からない。
親がああだったから、という理由もあるけど、それだけじゃない。
どうせ私は死ぬ人間なんだ。そんなやつに恋する人が可哀想だと私は思った。
恋しただけ無駄なのに……。




Re: I live with ヴぁんぱいあ。【3/9更新】 ( No.104 )
日時: 2015/03/13 00:28
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

 >>78の続き




*佐伯恭也


 ゆたかのクラスメートで、ゆたかに思いを寄せる少年。
相当なイケメンで女にはきっと不自由していない……。女子からの告白は年に数回、申し訳ないと思いながらも告白を断る。なかなか好きな人が出来ない性格。初恋は、ゆたか。
 妹がゆたかの弟の悠真にに好意を寄せていることを知って、仲良くなる。
 実は母親の家がお金持ち。両親が仲良かったころは、よく母親の実家に遊びに行っていた。「お坊ちゃん」と呼ばれるのを毛嫌いしている。
 一応成績は上の中くらい。できるが、トップの成績であるかと言われれば「……」となる。そして、器用貧乏。
 コミュニケーション能力が異常に高く、クラスの全員と仲が良い。多分メルアドとか全員分知っている。将来クラス会の幹事とかやりそう。
 頑張れば頑張るほど空回る。でも一途。





*宮代庵


 よく「いおり」と間違えられるが本当は「いお」
女子と比べてもそん色のないくらいの美少女、あ……間違えた、美少年。女装させたらきっと女になると思う。
 人より勘が鋭く、趣味は毎日読む新聞とニュースを見ること。情報が自分のもとにある安心感が好きらしい。
 なんでも思ったことを口に出すため、人に引かれることが多い。また惹かれることも多い(主に女子)
 鉋とは高校からの付き合い。キャラは二人違うが、なんだかんだで気が合う。特に甘いものが好きなため、甘党同盟を組んでいる。
 通称、不思議ちゃん。よくいうと「天然」悪くいうと「阿呆」残念な普通の高校二年生。
兄の制服を着ているため、ぶかぶかの制服。そして不器用。そういうところが可愛い。男子にも女子にも人気、男子の場合「もう、男でもいい!!」ということらしい。



Re: I live with ヴぁんぱいあ。【3/9更新】 ( No.105 )
日時: 2015/06/06 09:46
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





>>104の続き




*相楽悠真



 ゆたかの弟。
火事の一件の犯人で、現在は意識不明の重体で病院で眠っている。
 小柄な外見で、身長は平均より少し低い。伸び悩みを解消するために、毎日牛乳を二本飲んでいる(朝一本、給食一本)
顔は可愛らしく、幼いというのが一番最初の印象。
 女子からはすこぶる人気があり、しかし天然なため「付き合って」イコール「どこかに付き合って」という意味にとらえる阿呆。千影からの思いにも全く気付いていない様子。
 小さい時に両親が喧嘩をはじめ、毎日心に闇を抱えるようになった。一番大切な人は姉のゆたかで、どうしても彼女だけは助けたいと思い、嘘をついて家から外出させた。姉とは相思相愛。
 小さいころから本を読むことが好きで、特に絵本を読むことが好き。将来は、絵本作家になりたいと思っていた。
 小さい時からサッカーをしていて、来年からはクラブに入る予定だった。
サッカーはゆたかも好きで、毎年一緒にサッカーの試合を見に行っていた。







*佐伯千影


 恭也の妹。
十分なお兄ちゃんっこで、元気が取り柄と言ってもいいほどの女の子。
 小学生になってからであった悠真に恋をし、ずっと今でも想いつづけている。悠真が眠ってからも、毎日のようにお見舞いに行っている。ノートも悠真が帰ってきて何の心配もしないように、二冊とっている。
 実は大金持ちの家のお嬢様で、ひらひらとしたフリルのついたお洋服が好き。たまに実家に帰った時にあるパーティーでのダンスを勉強中。
 将来はお嬢様になりたいと思っている(現状、今もお嬢様)そして、お嫁さんにもなりたいと思っている(悠真の……
 好きなことは、ガチャガチャをすること。それに一回お金を使い込み過ぎて、恭也に怒られた。
 早く母親が帰ってきてほしいという反面、もう帰ってこないんだろうなぁという理解をしている。小学生ながら、処理能力が早い。
 お菓子を作ることが好き。まだ、小さいから火や包丁を使わせてもらえないので、クッキーくらいしか作れないが、現実的な方の将来の夢はパティシエ。



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.106 )
日時: 2015/03/19 14:52
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg


 こんばんは、はるたです。



【参照1800突破】

 わー!!参照がこんな大きな数に……。
読んでくださった皆様には感謝です。ありがとうございました。
 参照記念、はい……考えておきます(遠い目
十四話で一章が終わりなので、そのあとに参照記念をまとめてあげようと考えています。よければ読んでください。
 本当にありがとうございました。


***




【更新再開】

 本作の更新を再開します。お久しぶりです。
三月中にはるたの本気を発揮して「生徒会」のほうを完結させましたので、無事こちらに帰ってくることが出来ました。
 こちらで小説を書き始めた時ぶりに、更新小説が1個に限られました。
と言ってもそんなのすぐ終わっちゃうんですがね。
更新がんばりますので、完結までもう少しお付き合いください。
 完結目標は今年中。だんだんと目標が大きくなって、来年中とかになるかもですが、まぁそれでもお付き合い願えると嬉しいです。



***



【新作のお知らせ】


 新作のお知らせです。
予定は4月からですが、予定より早まったり遅くなったりと自由です。
一応、10話くらい書いてからスレ立てしよう(プロットを)と考えてます。基本は学園コメディー……ラブコメになったらいいなぁ、うん。
 更新はすごく遅くなりますので(本作を優先)たまに覗いていただけたらと思っています。よろしくです。 

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【更新再開】 ( No.107 )
日時: 2015/07/02 05:46
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

Blood14「後足」



「もう、皆帰る時間じゃないか?」


私ももう体調がよくなり、庵と一緒にリビングに向かった。
降りてきた私と庵を見るなり、鉋は口を開く。
時計をちらりと見ると、もう六時だ。今どきの高校生なら、別に六時でも平然と家に入り浸る輩もいるが、そこはみんな賢いようだ。
苺と紗耶香はにこりと笑って


「そうだね、もう帰らないと。お邪魔だもんね」
「そうですね、長居をしてしまったようで。じゃぁ、帰りましょうか」


ゆっくりと立ち上がった。
「にゃぁ」と鳴き声が聞こえたかと思うと、そこには一匹の猫、八朔が私の足にすり寄っていた。
何時の間にいたんだ、と思いながら私はお客さん三人を玄関まで送る。
そんな歩いている時に、鉋が私の耳元によって来て小さく囁いた。


「今日は、助かった。ありがとう」



当たり前のことをしただけなのに、感謝をされてしまった。
耳にかかる吐息にドキドキしながら、私は小さく「うん」と頷いた。
ただ私は、ケーキを作ってお茶とか準備しただけなのに。



「お邪魔しましたー」



元気良く帰っていった三人を遠目で見つめながら、私は安心してふぅっと息をついていた。そんな私を見て鉋はくすくすと笑う。
何が面白いのだ!!と思ったがあえて口に出さないでおこう。



「あー、疲れた」
「八朔もお疲れ様。でもよく我慢したね、ケーキあげたからかな?」
「うん!ケーキ美味しかった。ゆたかはきっとパティシエさんになれるよ。だからそのための練習としてこれからも毎日そのケーキをつく……」


鉋に小さく打たれ、八朔の言葉が止まる。しょんぼりと私にくっついてくる八朔も可愛いが、確かにケーキを毎日は無理だな。
難しいなぁと笑って言うと、八朔がまるでマンガみたいにガーンと口を開けた。それもなんだか、面白い。


「それより、体のほう大丈夫なの?」


心配してくれていたのか、鉋は私の肩をストンっとたたいて聞いてくれた。
私は少し迷った。
自分が病気だということ、庵には言ったが鉋にはまだ話したくない。絶対彼は心配すると思うから……。私が死ねば彼に吸血をできる人はいなくなる。そうしたらまた、私と出会う前みたいに誰彼かまわず吸血していくのだろう。そんなの嫌だ。きっと鉋だっていやなはずだ、そう思うから私はもう少しこのことを内緒にしておこうと思う。



「何でもないよ」




作り笑顔が上手くなった。





***





「……ん?」


ふと目が覚めた。ゆっくりと瞼を開けると、そこには一人の少年がベッドの上に座りながら私を見ていた。
びっくりして私は飛び起きる。そこには何とも呑気な顔をした鉋の姿があった。私がおきたのに気付き、にぃっと笑って見せる。


「どうした、の?」
「ん。ちょっと喉乾いちゃって……」
「へ……って、んんっ、ちょっと鉋っ?」


ふと腕をつかまれ、私は鉋のもとに引きづりこまれる。
力に逆らおうとするが、やっぱり力の差が違い過ぎる。彼はゆっくりと私の唇をかんだ。そこからはつーっと痛みがし、気持ち悪い味がした。
血が出たのだ。鉋はそれをなめるように、私に軽くキスをする。


「……かん、な?」



目が据わっていた。私の言葉ももう聞こえないようだ。
ゆっくりと私をベッドに倒し、首筋をかむ。


「……うっ。ちょっと鉋っ、いやっ」




流れる涙はもう気になりません。
私は鉋に身をゆだね、瞼を閉じた。痛みがあろうと、それがどれだけ痛かろうと別にもう何も感じない。君のためなら私は何でもできる気がするよ。

残り短い命を君に捧げよう。


「鉋……」
「ん、なに?」



真っ暗な闇の中、彼が私の近くにいてくれる、その暖かさがすごく嬉しかった。一人じゃないと教えてくれているみたいで。



「……ずっと、一緒にいてね」



死ぬまでもう時間がないの。タイムリミットが近づいてきているの。
それでも、その時まで……私の傍にいください。


「当たり前だろう?」



ぎゅっと抱きしめてくれた鉋。
私は彼のやさしさに自然と笑顔が出る。鉋もそれにつられたのか笑ってくれて、私の頭をポンポンっと優しく撫でてくれた。
くすぐったい、けれど嬉しい。

鉋に言えなかった本当のこともいつか言えたらいいな。
まだ、私はそんな風にこのことを軽く思っていた。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。