ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【5/20更新】
日時: 2019/05/20 01:12
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。【*お知らせ】 ( No.130 )
日時: 2015/05/31 11:09
名前: 朔良 ◆oqxZavNTdI

 お久しぶりです、朔良です!

 はるたちゃんのプロフィール!
 意外とプロフィールって作者様よりキャラクターの方が多かったりしますよね。でも、はるたちゃん自身のことももっと知りたいので!←
 とても朔良得の企画ありがとうございます!

 声優! 朔良も大好きですよー
 是非はるたちゃんとお話したいです。
 最近はずっとかっきーのcdをヘビロテしてます←
 
 百人一首は何首か覚えております。
 一目惚れして百人一首を勉強し始めたのは陽成院の一首でしたね。
 こんなにも深くなる誠実な愛が平安にあったのか! と感動したのを覚えています。

 毒舌はるたちゃん! み、見てみたい。罵ってくだs((殴
 関西弁を使うはるたちゃんともお話してみたいです。


 参照3000突破おめでとうございます!
 企画の時には勿論参加させて頂きたいと思います。
 更新ははるたちゃんのペースで頑張って下さい!
 応援しています!

 (ほとんど雑談になってしまって申し訳ないです……
 雑談板でやれよ! ってことばかりでしたね。ごめんなさい!)

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【*お知らせ】 ( No.131 )
日時: 2015/06/02 19:35
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg




朔良ちゃん


 お久しぶりです、朔良ちゃん。
はい、どーでもいいかと思われるはるたの自己紹介企画です(笑)
 誰得だよー、と心底思っていたのですが、朔良ちゃんに少しでも喜んでいただけたようでうれしい限りです!
 

 はい、声優好きなんです。好きすぎて耳がどんどん進化してきました(笑)
 かっきーのCDをヘビロテですかー。いいですね、そんな朔良ちゃんを見てみたい……((
 
 百人一首にご反応、ありがとうございます。
陽成院の歌もまたいいですよね。昔の人の詠んだものは、独特というのでしょうか、また古風な感じが好きなのです。そして百人一首は恋の歌が多いので、少しばかり今の時代の私でも共感したり、と。
 そうですね、一夫多妻の平安の世にもこんなに純粋な恋をしている方が……と感動しました。小学生の時にですが(笑)

 朔良ちゃんを罵る?!そんなことをしたら、はるたは羞恥で死にますよ!
 朔良ちゃんの前では毒舌キャラより、Mキャラが大きく出しゃばりそうですね。毒舌……本当治したいんですけどね。
 関西弁を喋る私は、あれですね。チャラい……(笑)

 参照3000は、朔良ちゃんをはじめ読んでくださった方のおかげだと思っています。本当に頭が上がりません。
 企画の時は、どうぞ宜しくお願いしますm(__)m

 雑談風になってるのは、あれですよ。
はるたが小説の一つも投稿してないからですよ。仕方がないです、悪いのははるたですから(笑)


 コメント、ありがとうございました。



***


 絶賛修正作業中ですが、久々に小説を投稿します。
幕間です。ゆたかの弟である悠真のお話です。お時間あればどうぞ。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【*お知らせ】 ( No.132 )
日時: 2015/07/11 07:18
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

 



※幕間は時間軸がずれます。どの時間軸なのかは本編でまた書きますのでお待ちくださいませ。




 幕間01「君がもう一度、笑顔になるために」



 声が聞こえた。どこか聞き覚えのある声、可愛らしい女の子の声。
僕はその声に導かれるように目を覚ました。最初は視界がぼやけて薄らとしていたけれど、やっと視点が合ってここが何処か考える。
 真っ白な室内、微かな薬の匂いが僕の鼻腔ををくすぐった。


「ここ……ど、こ?」


 絞り出すように僕は声を出した。すると、こちらを一人の少女が呆然と見つめることに気づく。しばらくした後、少女は僕を見て大きな声を出した。僕はその声にびっくりして、思わず耳を塞いだ。
 そんな不思議な行動をとる少女は、僕の近くにやってきて何かを叫んでいた。僕の耳はさっきの少女の驚いた声がエコーしていて、何も聞き取ることができない。
 少女の顔もぼやけたまま、僕は目をこすりながら少女をもう一度見つめた。




「……千、千影ちゃん?」



 少女は僕を見つめたまま、うるうると視界を歪ませた。
頭も体もひどく痛かったけど、僕はようやく全てを思い出してきた。僕がやった、最低の行為。……そして思い出す。大切な姉の存在を。



「……ねぇ、千影ちゃん」
「ん? どうしたの、悠真くんっ!」
「お、お姉ちゃんは……?」


 僕の言葉に千影ちゃんは、一瞬ためらったように目を逸らした。
どうしてだろう……? 僕は痛む頭で考えたが、すぐには分からなかった。



「お姉ちゃん……大丈夫? 生きてる?」
「え、あぁ……うん。多分、ゆたかお姉ちゃんは生きてると思う、よ」

 千影ちゃんの戸惑う表情。すぐにお姉ちゃんに何かがあったことが分かる。
 でも、お姉ちゃんに一体何があったというのだ? そう、あの事件にお姉ちゃんは関わってはいない。だから、お姉ちゃんは無事なはず。じゃぁ、どうして……。



「ゆたか、お姉ちゃんね、今……行方不明っていうやつなんだって」




 千影ちゃんの言葉。僕は思わず耳を疑った。
行方不明ということは、お姉ちゃんは今ここにはいないということだ。
 じゃぁ、どうしてお姉ちゃんがここには居ない? 
僕の思考回路は今は止まったまま。考えようとすればするほど何が何だか分からなくなる。
 そのあと医者がやってきて、僕の身体を調べ始めた。千影ちゃんの不安そうな顔。僕はにっこり笑って「大丈夫だよ」と口パクで伝えたけど、やっぱり彼女の不安は消えてくれないようだ。青ざめた顔のまま、千影ちゃんは僕をじーっと見つめる。

 異常は特にはなかったらしいけれど、僕はあと一か月ほど入院しなくてはいけなくなった。病院は嫌いだったけど、医者がそう言うからにはそうしなければいけないと僕は感じ取った。
 そして、僕はカウンセリングの先生から「両親が死んだこと」そして「お姉ちゃんが行方不明になったこと」を知らされた。どっちも一応知っていたからそんなに驚かなかったけれど、やっぱり気持ちは暗くなる。
 両親を殺したのは僕だ。僕が殺したんだ。
そう思い出すたび、僕は息が出来なくなった。過呼吸になって、意識が遠のく。そのたび、千影ちゃんは「だ、大丈夫?」と焦ったように僕の背中をさすってくれた。




「千影ちゃん、僕……」
「あのね、悠真くん!」


 僕が千影ちゃんに全てを打ち明けようとした瞬間、彼女は僕の名を呼んだ。
二人の声が重なって、すぐ譲り合いに変わる。
 しょうがないから、と言って先に千影ちゃんが話し出した。



「悠真くんはね、これから私の家で暮らせばいいと思うの。うち広いから悠真くんの部屋も用意できるし、一緒に、ゆたかお姉ちゃん待とう?」




 何故か自然と僕は涙がこぼれた。
僕は最低の人間だ。お姉ちゃんを守るためといって、家に火をつけて両親を殺した。僕も死ぬはずだったのに、なぜか僕だけが生き残っている。
 死ねばよかったんだ……僕だけは死ななきゃならなかったんだ。
それなのに、運悪く僕は生き残ってしまった。
 だから僕は、生き残ってしまった償いとして、お姉ちゃんの帰りを待たなければいけないと思った。

 だから、僕はうなづいた。千影ちゃんの笑顔に救われたのだ。



「ありがとう。千影ちゃん」



 ______じゃぁ、お言葉に甘えさせてもらうね。





 僕は守りたい人を守れなかった。
お姉ちゃんが今どこにいるか分からない。でも……

 僕はお姉ちゃんはきっと帰ってくると信じてる。だって、お姉ちゃんは僕を見捨てたりは、絶対に、しないから。





Re: I live with ヴぁんぱいあ。【6/2更新】 ( No.133 )
日時: 2015/06/28 09:40
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





 幕間02「僕は貴女を愛しています」



 折角の機会だから、僕の話をしよう。幼い頃の……僕の物語を。
 



***



 目が覚め起き上がり、僕は深いため息をつく。
恒例行事になってきた両親の喧嘩。怒声が響き渡る。
 僕は顔をしかめた。正直言おう、うんざりなのだ。こんな毎日壊れた両親を目の前にして……僕はいったいどんな表情をすればいいのだ? 疑問で僕は毎回溜息をついてしまう。仕方がない、これは両親のせいだ。

 そんな僕の、唯一の救い。それは僕の姉である「相楽ゆたか」だ。
艶やかな長い髪に、整った顔立ち。美少女という言葉がピッタリの、僕の姉、ゆたか。
 その上頭もよくて、スポーツもある程度できる。しかも性格がよくて人当たりもいい。非の打ち所がない、それも過言でもない気がする。
 まぁ、弟の僕が言うのもアレだけれど、僕のお姉ちゃんはとっても凄い人だ。



「おはよう、悠真」
「お、おはようっ」

 お姉ちゃんはいつも僕を起こしに部屋に来てくれる。お寝坊さんの僕にとってはとっても有難い。でも、何時かは一人で起きれるようになりたいな……。
 お姉ちゃんはいつものようにカーテンを縛り、窓を開ける。朝の風が僕の部屋に入ってきて、なんだか気持ちがいい。
 でも、聞こえる声はこんないい朝とは無縁の怒鳴り声。両親ももう少しは気を遣ってくれたらいいのに、子供ながら僕はそんなことを考えお姉ちゃんのもとに近寄った。


「お姉ちゃん、あの、ね」
「……お母さんたちね、ちょっと今日機嫌悪いみたいだね」


 僕の心の中を見透かしたみたいに、お姉ちゃんはそう言った。
僕は何だか虚しい気持ちになった。昔の僕ならきっとこういう場面では、泣いていたのだ。自分の悲惨な家庭状況に、思わず涙が出ていた。それなのに、僕はいつの間にか泣けなくなっていた。
 確かに心の中はもやっとしている。でも、それは昔みたいに涙を流すほどではない。これは、慣れ……というやつなのだろうか。
 それなら、いやだな。
 僕は独りでにそんなことを考えて、お姉ちゃんの胸に飛び込んだ。


「…………悠真」


 ぎゅーっとお姉ちゃんに抱きつき、僕は顔を隠す。泣いてもないのに、泣いたふりをする。
 別にお姉ちゃんに同情を求めたわけではない。可哀想な弟、として見られたかったわけでもない。
 ただ……お姉ちゃんに心配をかけたくなかったんだ。
昔みたいに泣かなくなったことに気づかれたら、お姉ちゃんはきっと苦しむ。
 それに、お姉ちゃんは僕に何か隠し事をしている気がする。それが何なのか、そんな詳しいことは全く分からない。でも、お姉ちゃんが僕に何かを隠していることだけは分かる。
 僕を見るとき、僕に笑顔を向けるとき。それはまるで壊れ物を見るかなような目で、それはまるで作り笑顔のような表情で。



「ごめ、んね」


 僕はお姉ちゃんに謝った。
 お姉ちゃんは「何が?」と朗らかな表情で僕を抱きしめながら尋ねてくれたけれど、僕はそれしか言えなかった。
 ごめんね、ごめんね。
 謝る理由。そんなのたった一つだ……。




 僕がこんなにも変わってしまったこと。
それは、きっとお姉ちゃんも少しくらいは気づいているんだろう。






 ■続く

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【6/4更新】 ( No.134 )
日時: 2015/06/20 09:45
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





*




 ある日の夜中、ガラスが割れる音が聞こえた。ガシャン_____それは眠っていた僕の目を、あっというまに冴えさせた。
 驚いて僕はベッドから起き上がる。
 ドアを勢いで開け、僕は音の聞こえた方向に足を進める。何だか嫌な予感がした……。




「……どうしたのっ、なにか、あっ……」


 僕がリビングまで降りてきたとき、何故か僕はその場に足を進められなかった。足が竦んだのだ、この状況を見て、僕のするべきことが分からなくなった。




「……私はいいの、でも、悠真は違うの。貴女がどれだけお酒を飲もうと、お父さんのことを嫌おうと、別に私はどうでもいいんです。でもね、悠真がいるの! お願い……悠真にだけは、こんな思いさせないで。ちゃんとお母さんとして振る舞ってよ」



 下に落ちていたのは、焼酎の入っていたビン。しかも、割れている。
 そして目の前にいるお姉ちゃんの足には真っ赤な、真っ赤な血液がこびりついている。どろりと、まるで中が見えているかのように……。
 すぐに僕は察した、お母さんはそのビンをお姉ちゃんの足に振り下ろしたのだと。


 お姉ちゃんの言葉、僕の胸にグッと突き刺さった。
……自分のことはどうでもいいから、弟のことだけは、弟だけはちゃんと面倒を見てあげて。
 何でそんなにお姉ちゃんは必死なんだろう、僕には理解が出来なかった。お姉ちゃんはこんなに苦しい思いをして、こんなに痛い思いをして、どうして僕なんかを守ろうとしているのだろうか。
 心の臓が、激しく脈打った。手が震えた。ぎゅっと握りしめた拳から、汗が流れる。
 何で、僕はこんなにも無力なんだろう。




 どうしてこんなにも、僕は、弱いのだろう。




「ゆたかが、ゆたかが……こうなったのは、全部、私のせいなのっ!」
「お母さん、それは違うよ。それはお父さんが自分のせいにしたくないからそう言っただけで、これはお母さんのせいでも、お父さんのせいでもない。これは、私自身の責任なの」
「違う、違うっ。もっと私がしっかりしてたら、こんなことにはならなかったのっ。ゆたかの異変に、私っは全然気づかなかった。最低な母親……もう、母親失格、だからっ」



 お母さんは涙を流している、お姉ちゃんはそんなお母さんの頭を優しくなでて、小さく微笑む。
 会話の内容はよく分からない。けれど、お姉ちゃんは痛いはずの足を引きずり、笑顔を作る。それが無性に悔しかった。
 お母さんはまたお酒に手を出す、それを見てももうお姉ちゃんは止めない。
 僕はドアの影からその様子を見て、小さく息をついた。

 そしてゆっくり、ゆっくり、自分の部屋に戻った。
そして決心した。僕はお姉ちゃんを守ると。何もできない、無力な、非力な僕だけれど、お姉ちゃんを守ることすらできなかったら、それは弟としてもう存在理由がない。
 ねぇ、お姉ちゃん。僕の今考えた未来は、最低な未来だけれど、



 それでも、お姉ちゃんの「本当」の笑顔がもう一度見たいから、僕は……僕は……

 この最悪な未来を作り出そうと決心した。




 ■続く


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存