ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.169 )
日時: 2015/12/02 23:06
名前: 榛夛 ◆OCYCrZW7pg






Garnet様


 ようこそいらっしゃいました。今更じゃないですよ、私なんかコメントとか残すのに普通に一か月以上かかるタイプの奴なので、全然早い方です。
 柘榴石……いいですね、その自己紹介。はるたもそういう自己紹介してみたいです。何か良い案ないかなー。

 いえいえ、定期的にいろいろな小説を見て学ばせてもらっているのですが、何分コメントを残すのが苦手な奴なので特に気に入った小説にしかコメントしないんです。ということで、そんな小心者のはるたが勇気を振り絞ってコメントした小説の作者様が私の小説においでくださっているなんて、なんですか、これはドッキリですか。
 大丈夫ですよ、私も基本はテンション低いタイプの人ですから。多分顔文字とか感嘆符とかあまり使わないからなのでしょうが、そのせいで結構年齢を自分の年より上に見られることが多いです。まだ私は未成年だー、お酒は飲めないのだー、と現実の方でもお酒等は断ってます(笑)

 おぉ、正解ですよ。そこが一つの区切り目です。一章はその迷子になるところで話が一つ。ヴァンパイアの鉋と出会って契約するお話が二つ目。そしてそっから先が三つ目(適当)と三個のお話に分けてます。
 いえいえ、独り言はいいことですよ。人の恋愛観は学びですから。私も正直愛だの恋だのちゃんとわかっていないです。だからこそ、略奪愛とか好きになるんですよね。友達に恋人を奪われたことありますか、yesと答えそうになる自分の口をめいいっぱい塞ぎましょう←

 かまちょさん、はるたはそういうタイプの人好きですよ。大好きですよ、むしろ愛しています(真顔
 めんどくさくないですよ、女の子というのはそれくらいが可愛いのです! と、変な自論をすみません。

 コメントありがとうございました。



 申し訳ないです、はるたはTwitterさんはやってないのですよ。若い人たちがやるものなのかなーとか、機械をちゃんと使いこなせるか心配(←そういう学校に通ってたのですが)とかで全く触れようとしてませんでした。最近友達に誘われたので「はるた」名義で来年くらいにTwitterさんを始めようと思うのですが、その時はフォローさせていただきますね。
 


 

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.170 )
日時: 2016/02/06 12:09
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





    ◇ご挨拶◇


 今更になりますが、改めましてシリアスダークに引っ越してまいりました、はるたです。
 知ってる方はお久しぶりです、榛夛というHNを見かけたことがあるという方はどうもお久しぶりです。いや、どっちみちお久しぶりてことになるのですが……(汗
 八か月ほど放置していました作品も、そろそろ完結に向けて頑張りたいという意欲がわきましたので、此方の板に移動して再スタートを切りました。
 ついでですが12月より「榛夛」というHNを停止します。はるたというHNひとつに絞りたいと。長編の場合に限りますが。

 二章より、ドキドキ等の甘さが少なくなりますが(微糖)、物語のストーリー上は一応ラブストーリーです。シリアス要素が強くなり、物語の全貌が露わになっていくので……はい、頑張って伏線回収していきますね。
 12月中に完結は無理そうですが、とにかく目標として掲げているのは「年内完結」です。他の小説の更新よりは優先することになってます。
※人気キャラ投票よりの番外編は二章終了時にて。



12/6追記

 今年もまた小説大会やって参りましたね。
毎回恒例なので、とりあえず今回もたくさんの作品が読めることを楽しみにしてます!十二月は正直忙しいですが、カキコ内での小説が増える大会時期。そしてたくさんいい小説を読んで学ばせてもらえる時期。
 私自身も最初は小学生のような駄文を書いていましたが、取り敢えず現在は読める文まできたかと。なので、今年最後もたくさん小説を読んでいっぱい小説を書けたらと思います。
 皆さん、頑張ってください。







 好きというのは簡単で、
     でも、それを言えば誰かが傷つくのは明白で


 夢でもいいから、君に好きと伝えたくて
     私はまた、紅い血の海に溺れ深い眠りにつく。




Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.171 )
日時: 2015/12/16 23:06
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg






 Sidestory04



〈会いたいけど会えない現実T〉




「たとえば、あなたの探している人物。相楽ゆたかの居場所……とか」


 ありえない名前を出した彼女――紗耶香を俺はまじまじと見つめた。メイド服の姿も違和感なく、ニコリと微笑んだまま表情を変えずに俺から目を離さない。
 あんぐりと口を開けたまま俺は立ちすくんでしまって、隣で眠っている千影の姿が目に入ると、うっと小さな声を漏らした。


「なんで、ゆたかのことを知ってるんだよ」
「どうしてって……あぁ、それを知りたいならこちらの家で住んでくださるという了承を頂きたいのですが」
「そんなのできるわけないだろう!」


 今日会ったばかりの女が、どうして俺の探している人の名前を知っているんだ?
 ゆたかのことを母親に話したことはない。絶対に面倒なことになるって分かっていたからだ。だから、こっち側の人間はゆたかの名すら知るはずがない。それなのに何故、どうして知ってるんだよ。
 知られたら、きっと。いや、でもまさか――


「お前ら、ゆたかを拉致っているとかじゃねーだろうな」
「……残念ながら、相楽ゆたかの正体は私しか知りません。この家の人間は、一切彼女についての情報を把握していないのでご安心ください。ですが、個人的に私は「相楽ゆたか」のことを知っております。そして居場所も。知りたいというのであらば、どうぞこちらの家で住むと言ってくださいませ……」


 予想は外れた。
良かったという気持ちの反面、ならどうして紗耶香はゆたかの居場所を知っているんだという新たな疑問が浮かぶ。
 でもそれを知りたいと言えば、また彼女はこういうだろう。「こちらの家に帰ってきてくださるというのであらば」。でも、俺は頷くわけにはいかないのだ。隣に眠る千影の姿を見ると、嫌でも俺は「知りたい」という訳にはいかなかった。
 あの場所で、父さんが帰ってくるのを待つって決めたんだ。そして、あの家でゆたかが帰ってくるのを、悠真がもう一度目を覚ますって、それまで待つんだ。
 切なげな表情をしている紗耶香を見た時、これはやっぱり演技なのだと思った。でも、次に言った彼女の言葉に俺の考えは覆された。


「あなたは、吸血鬼に囚われた馬鹿な女を待ち続けるのですか……」



 きゅう、けつき……?


 紗耶香の唇がそう動いたのを、俺は、見た。
あり得ない単語。普段なら、信じることはないはずなのに、その言葉を神妙に感じたのは、俺の前から忽然と消えた紗耶香の代わりに居るはずのない一匹の白猫が俺の足にすり寄ってにゃあと鳴いたからだ。
 

「何で、猫が居るんだ。ってか紗耶香はどこだよ……おい、マジックは別に俺は好きじゃないぞ、おい、紗耶香?」


 白猫にビクつきながら、俺は紗耶香の名前を呼んだ。俺がずっと見ていたはずなのに、急に彼女は消えた。そして、部屋には俺と千影とこの白猫、二人と一匹しかいない。
 どこに行ったんだ。どうやって消えたんだ。


「…………分かりましたか、有り得ないものの正体」



 気づいた時には俺は、目に映るものがすべて本当のこととは限らないのではないか、そう思わずにはいられない状況になっていた。
 白猫がゆっくりと大きくなっていく。白い煙がゆっくりと消えていくと、そこにはさっき消えたはずの紗耶香の姿。
 ――ありえない話なのだが、本当にありえないことなのだが。



 この女は、紗耶香という女は、もしかしたら「白猫」なのではないか。



 

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.172 )
日時: 2015/12/21 06:52
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg






 Sidestory05




〈会いたいけど会えない現実U〉




 俺の目の前にいたはずの人間がいつの間にか消えて、そして、今そこにいるのは毛並みの整った綺麗な白猫。
 ふっと白い煙が上がったと思うと、またマジックのように彼女は姿を現した。

「私、実は人間じゃないんです」


 手品の種は何なのだろう。俺の頭はそれを考えることでいっぱいになった。猫に変身できる、そんなマジック……多少そう言うことに興味があって色々本を読んだりしてみていたものの、そんなのはあまり見ない気がする。いや、それにしても「密室」で急に猫を召還だなんて、二次元のこととしか思えない。
 人間じゃない、そう言って微笑んだ紗耶香に俺は言葉を詰まらせて思わず黙り込んでしまった。

「…………ん、えっと。お前――」
「だから、分かりませんか? 私は「化け猫」なんですよ。さっきあなたが見た「白猫」は紛れもなく私なのです」


 不思議と、彼女の言葉を信じてしまうのはなぜだろう。
 手品と思っても可笑しくないのに、どうして、
真木紗耶香という女が、あの白猫と信じてしまうのだろう。



「……んっ、あれぇ、お兄ちゃん。ここぉ、どこ?」
「ち、千影!」


 隣でぐっすり眠っていたはずの千影がふわぁと可愛い欠伸をしながら起き上がってきた。そんな妹を見ると、気が張っていた空気も少し緩む。千影をじっと見つめた紗耶香の姿を今度は俺も見つめ、三人お互いを見つめあう形になる。
 「この人だぁれ?」千影はここが何処なのかも、紗耶香が誰なのかもわからず、頭にクエスチョンマークを浮かべる。
 何もない密室で、紗耶香はこちらにやってきた千影のもとに行き、頭を優しく撫でた。


「あなたは、何も知らないのですよね。いえ、それがいいのです。私も、何も知らなかったら良かったって、そうずっと思ってたのに。知りたいなんて欲、出さなかったら。そうしたら、ずっと、


 あの人と一緒に居られたのでしょうか」



 言葉の意味は全く分からなかった。
 でも、一つだけ分かったことがある。紗耶香の言葉は、俺でも千影でもなく、他の誰か、きっと彼女の一番愛しい人に告げられたものだということ。言葉の中にいた「あの人」が誰なのか分からなくて、でもきっと紗耶香には一番大切な奴なのだと、痛いほど分かった。


「相楽ゆたかは、今、隣県で住んでいます。私は最近、知り合いの伝手で会うことがありました。会いたいのであれば、無償でお教えいたしますが、どうしますか?」


 どういう心境の変化なのかは分からない。
 無償で。そう言った紗耶香は、また切なげな表情で微笑んで見せた。
千影は「ゆたか」という言葉に反応して「ゆたかお姉ちゃん?」と首を傾げていたが、紗耶香はただそれに応えるように「そうですよ」と言葉を紡ぐだけ。
 密室の中、俺はまだあの紗耶香の話を引きずっていた。






「あなたは、吸血鬼に囚われた馬鹿な女を待ち続けるのですか……」






Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.173 )
日時: 2015/12/21 22:47
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg






 Sidestory06




〈会いたいけど会えない現実V〉



「私どもは、普通の人間ではありません。なぜなら、死人だからです。普通死人はこちらの世に来ることはできないのですが、特別な方がそれを許してくれたのです。――それは誰か、という話でしょうか? そんなの決まっているではありませんか。すべての事柄の決定権を持つのは「神」ただ一人ですよ」



***



 淡々と語りだした紗耶香の話は本当は意味が解らなかったけれど、解ったふりをして俺は軽く相槌を打った。隣で首を傾げる千影に同調したかったが、それをすれば俺の頭は小学生レベルということになるので絶対にしない。
 ただ彼女の長ったらしい言葉から分かったことは、彼女は普通の人間ではないこと。それと「一度死んだ経験のある人間」であること。


「私は、普通の人間でした。ごく平凡な、どこにでもいる……あれです、物語のヒロインにはなれないような、そんな人間でした。でも、十四歳の春に私は本当にどうでもいい喧嘩を母として、挙句私はベランダから突き落とされ死にました。

 当時、私には好きな人がいたのですが、その人と両思いになったばかりの時だったんです。私が死んだのは。
 凄く悔しくて、でも、仕方がないことだったんです。

 結局、私の思い人は病気で長くなくて、私を追うように死にました。でも、私と同じ場所には来れませんでした。なぜなら、私の死後の行き場所は「理不尽な死」を背負った人間が行き着く場所だったからです。私の好きだった彼は、自分が死ぬことを十分分かっていたのです。それが当たり前だと、それが当然だと。仕方がないことって、思っていたみたいです。

 私は死んだ後も、彼に会うことはできませんでした。
 その時に出会ったのが、一人の吸血鬼だったのです」




 吸血鬼――。

 その単語を聞いて、俺はさっきの紗耶香の言葉をまた思い出した。
 ゆたかが吸血鬼に囚われた、とか言っていたがそれと関係しているんだろうか。


「死後では、神様の計らいによって色々なものになれます。私は化け猫に、そしてその吸血鬼の男は吸血鬼に。
 名前を鉋と言いまして、とても変な人でした」
「変な、やつ?」
「そうです。変わった人でした」


 その鉋という男を思い出して言葉を紡いでいるのか、やけに紗耶香の表情が朗らかだった。
 どんな男か想像してみるものの、吸血鬼という単語を聞くとテレビや漫画などで見るドラキュラ的なものしか思い浮かばない。


「彼も私と同じでした。……大切な人がいたみたいです、そしてその人は死の手前みたいでした。すごく好きで、好きで、でも届かない人。
 
 鉋はその人を助けたかったみたいなんですが、その前に彼は事故で亡くなってしまったそうです。でも、鉋は幸運に恵まれていました。彼は一人の猫と仲良くなったんです」
「――ねこ?」

 千影が眠そうに、また目をこすり始める。
 目が悪くなるからやめなさい、そう窘めるけれど千影は正直話が何だか全然分からないみたいで眠気が襲ってくるみたいだ。
 俺も本当はこんな深夜、眠くて眠くて仕方がないが、これがゆたかの居場所を知るチャンスというのであらば、聞くしかないだろう。そう思ってギュッとこぶしを握り締めた。


「その猫の名前を、八朔と言いまして。それが普通の猫ではなかったんです。少し特別なお方でして」
「猫とかに特別なんかあるのか?」
「はい、とてもいい質問です。正直に言うと、特別なんてありません。ただ、八朔という猫は「猫」じゃないのです。八朔様自体は自分のことを「化け猫」だなんて偽っていますが、彼の正体は――」


 物語は、俺の知らない間に進んでいた。
 そして、俺たちがいた時間より、もっと前から始まっていた。



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。