ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【5/20更新】
日時: 2019/05/20 01:12
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



はるたさん ( No.100 )
日時: 2015/02/26 21:51
名前: 占部 流句 ◆PCElJfhlwQ

こんばんは。そしてお久しぶりです。

まずは参照1300おめでとうございます♪大人気ですね(笑)

だいぶわかってきましたねぇ。ゆたかちゃんも、化け猫ちゃんも、ヴァンパイア君も。

八朔君は偉い人、あ、偉い猫なのですか……。意外ですねぇ(笑)いや、好きですよ、化け猫ちゃん。男の子っぽさがあるわーって感じで^_^;

はるたさん男心もわかっていらっしゃるのですね(笑)さすが!

番外編2ですが、かなり気になりました。3人目のお客様は何歳でしょう──。

化け猫って歳とか関係あるのですかね? イマイチわからないです。

さて、生徒会にヒーローとおもちゃも地道に拝見させていただいています。完結まであと少し、頑張ってくださいね♪では、また(´▽`)

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【お知らせ】 ( No.101 )
日時: 2015/03/01 22:37
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

占部 流句さん    



流句さん、お久しぶりです。
だ、大人気なんて恐れ多いです。
でも確かに参照が増えるのは今回すごく速いですね……。私自身も驚いているほどです。
そうですね、大分正体などが分かってくるところら編に入ったかと……。
男心!!ですか。そうですか、はるたもやっと分かるように……いや半分も分かってません。事実恋もあんまりちゃんとしたことありませんから(汗
はい。おっしゃる通り、化け猫にはあんまり年齢は関係ありません。少し八朔は特別な人ということだと思っておいてください。いや、人ではないか……(笑)

生徒会のほうも読んでくださっているのですか……。感激です!!
はい、完結まで頑張りますね。


コメント、ありがとうございました。



***


参照が1400をとっぱいたしました。
読んでくださる皆様に感謝です。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【お知らせ】 ( No.102 )
日時: 2015/03/06 16:28
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1/index.cgi?mode=view&no=39304


 前回お知らせいたしました新作を始めました。
題名は「君の青春に××してる」
 恋に恋する乙女系女子と天然クール男子のラブコメです。
本作「I live with ヴぁんぱいあ。」とはまた一風違った感じの作品となっています。本作はシリアス要素が多いので、疲れたなぁと思ったときにどうぞ。

 URLを貼っておきました。お時間があればチラリとのぞいてみてください。





【参照1500突破】

 皆様が読んでくださるおかげで参照が1500にもなりました。
書いてる本人はお茶を吹き出しそうなのを頑張って我慢している所存です。毎回のことですね、はい。
 1500の記念の企画をまた考えておく……と言ったのがつい最近。二月の半ばくらいでしたか。とにもかくにも、はい。まだ考えておりません(汗
 十四話で一回話を切って参照記念をしようと思っています。13,5話がありますので、三月中に更新したいと思っています。

 読んでくださる皆さんに感謝です。
ありがとうございました。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【お知らせ】 ( No.103 )
日時: 2015/04/08 21:37
名前: はるた

Blood13,5「君音」


普通の女の子だと思っていた。いたって平々凡々な女の子だと。でもそれが、ある日覆された……。
それは中学二年の夏、丁度明日みんなと海に行く約束をしたばかりの時だった。家に帰るなり私はベッドの転がって、一息をつく。明日楽しみだなぁなんて思って……。私の日常が当たり前のように過ぎていった、はずだった。

ある日、目の前が一瞬真っ暗になった。頭痛が止まらない……。恐怖が心の中を侵食したかと思うと、ふと胸のあたりがぎゅっと締め付けられた。それと同時に口から血の味がした。気持ち悪い……気持ち悪い、吐き気が止まらない。
ふとベッドのシーツに目を落とすと、赤いシミが見えた。身体中がゾクっとする。もしかしたらこれは「血」……?




そこからはあっさりと私の人生は変わった。
母親に医者に連れて行ってもらい、自分が病気だということを知る。そして私が大人になりまで生きれないことも。
弟の悠真には怖くてこのことを伝えられなかった。そのせいだ、悠真が壊れたのは……。



「お前のせいで、ゆたかが大人になれないんだぞ!今までお前は何をしてきたんだっ」
「あなただって子育ての手伝いなんて一切せずに会社付けだったじゃない」



私の病気を知ったせいで、両親はいともあっさり壊れていった。ケンカが絶えず、関係はどんどん悪化。毎日のように悠真は泣いていた。
あぁ、いつからだろう、悠真が泣かなくなったのは……。たとえ両親がどれだけ声を荒げていても、平然とそれを見ていられるようになったのは。



ある日、悠真の様子がおかしいことに気づいた。それは、とある雪の降る日だった……。


海里に呼び出されたということを伝えられたときには、もう違和感しかしなかった。悠真は一体何をしようとしているんだ?不安が胸を押さえつけて離してくれない。
火事だという声が聞こえた瞬間、心拍数が勢いよく上ががった。
燃え盛る炎の中に一人の少年が見えた。おぼろげな姿、私を一点に見つめている。
少年の口はゆっくりと動いていく。ごめんね、ごめんね……と。



自分のせいで、全てが壊れた。
大好きだった弟とも会えなくなってしまった。
私が病気にならなきゃ、誰もこんな思いしなかったのに。
胸の奥深くから、込み上がってくる熱いもの。それはいったい何?
私はその名前を知らない。知りたいとも思わない。







***



だから私は「好き」という感情が分からない。
親がああだったから、という理由もあるけど、それだけじゃない。
どうせ私は死ぬ人間なんだ。そんなやつに恋する人が可哀想だと私は思った。
恋しただけ無駄なのに……。




Re: I live with ヴぁんぱいあ。【3/9更新】 ( No.104 )
日時: 2015/03/13 00:28
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

 >>78の続き




*佐伯恭也


 ゆたかのクラスメートで、ゆたかに思いを寄せる少年。
相当なイケメンで女にはきっと不自由していない……。女子からの告白は年に数回、申し訳ないと思いながらも告白を断る。なかなか好きな人が出来ない性格。初恋は、ゆたか。
 妹がゆたかの弟の悠真にに好意を寄せていることを知って、仲良くなる。
 実は母親の家がお金持ち。両親が仲良かったころは、よく母親の実家に遊びに行っていた。「お坊ちゃん」と呼ばれるのを毛嫌いしている。
 一応成績は上の中くらい。できるが、トップの成績であるかと言われれば「……」となる。そして、器用貧乏。
 コミュニケーション能力が異常に高く、クラスの全員と仲が良い。多分メルアドとか全員分知っている。将来クラス会の幹事とかやりそう。
 頑張れば頑張るほど空回る。でも一途。





*宮代庵


 よく「いおり」と間違えられるが本当は「いお」
女子と比べてもそん色のないくらいの美少女、あ……間違えた、美少年。女装させたらきっと女になると思う。
 人より勘が鋭く、趣味は毎日読む新聞とニュースを見ること。情報が自分のもとにある安心感が好きらしい。
 なんでも思ったことを口に出すため、人に引かれることが多い。また惹かれることも多い(主に女子)
 鉋とは高校からの付き合い。キャラは二人違うが、なんだかんだで気が合う。特に甘いものが好きなため、甘党同盟を組んでいる。
 通称、不思議ちゃん。よくいうと「天然」悪くいうと「阿呆」残念な普通の高校二年生。
兄の制服を着ているため、ぶかぶかの制服。そして不器用。そういうところが可愛い。男子にも女子にも人気、男子の場合「もう、男でもいい!!」ということらしい。



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存