ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.58 )
日時: 2014/12/22 23:47
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

星来さん

お、お初にお目にかかります……、はるたです。
隠れ読者様ですか……//そ、そんな方がはるたなんかにいるなんて。
う、嬉しい限りです。
ふぁ、ふぁんですとぉぉぉ!本当でもそんなこと言っちゃ駄目ですよ。嬉しすぎてぶっ倒れちゃいますから。でも、そのようなことを言っていただけて嬉しいです。
奥が深いですか……、いやぁ変に難しいだけかと。
自分で勝手に納得して進んでいる感じなので、読んでくださっている皆さんに分かってもらえているかどうか、といつも不安はつきものです。

小説読みに行かせてもらいますね。
今から楽しみです……。

コメント、ありがとうございました。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【12/18更新】 ( No.59 )
日時: 2014/12/23 19:31
名前: 朔良 ◆oqxZavNTdI

 お久しぶりです!
 朔良です。

 ついに鉋君の本当の姿が露わになりましたね……!
「お前が欲しい」なんてキュンとくる素敵なセリフですが、それはただの給血者としての意味しか持たないのなら複雑なセリフですね……

 鉋君が甘党だということで、同志様を見つけました!
 私も甘いものがすごく好物で……朔良が吸血鬼ならゆたかちゃんを狙いまs((殴

 
 更新頑張って下さい!
 応援していますね

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.60 )
日時: 2014/12/23 20:32
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

朔良さん

お久しぶりです。

そ、そうですね……やっと鉋の姿が露わに……っ。
メインのはずなのに、三話まで出番がなかった挙句、正体がきちんとわかるまでこんなに時間がかかってしまいました。
もう書き始めて二か月……もうすぐ三か月に入りますので、こいつどんなキャラだったけ?と冗談半分忘れかけていることもあります。
鉋としては、多分「給血者」としてほしいと思う反面、やっぱりゆたかに傍に居て欲しいんだと思います。その真意はまだわかりませんが……(笑)

甘党ですかぁ……。いいですよね、女の子の甘党が世界で一番素敵だとはるたは自負しております。はるたは最近辛い物が大好きになってしまって、甘いものを食べられる女子が羨ましくなってきていおります。
うぅ、朔良ちゃんにケーキとか似合いそう……、萌えって、おっと、変な妄想を……(焦

コメント、ありがとうございました。

I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.61 )
日時: 2015/05/18 00:32
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





 Blood08「契約」





 給血者……。それは彼にとっていいようにつかわれるための女に過ぎないのだろう。
それは理解していた、理解していたつもりだった。
 血液の供給をする、ただの道具。普通の人間なら、そんなのになるくらいなら死んだ方がましなのかもしれない。




「ダメ、なのか?」




 甘ったるいその声に、私の胸はギュッと締め付けられた。
顔が赤くなる。それを悟られないために、私は顔を伏せた。
 耳までカーッと赤くなる。異性に恋なんてしたがなく興味を持ったことのない私は、たかがそれだけのことでもドキドキしてしまう。
 今にでもぴーっと音を立てて沸騰しそうだ。




「……だめ、だよ」




 私の言葉を聞かずに、彼は私の無防備な右手をぎゅっと握りしめ、私の身体をぎゅっと抱きしめる。びっくりして「……ひゃっ」と声が漏れてしまった。
 彼の吐息が近くで聞こえる。はぁ、はぁと、普段は聞こえるはずのない彼の荒い息遣いが、私の耳元で響く。
 心が……今すぐにでも彼に囚われてしまいそう。
私の脳は急に抱き寄せられたことを今になって把握した。やっぱり、さっきの驚きは反射だったのだろう。




「な、何するんですかぁ!」



 彼が私に軽く触れる。ぴとっと冷たい感触が肌に伝わった。
 ゆっくり顔をあげると、満面の笑みを浮かべた男が私を抱きかかえていた。やっぱり今、心拍数がおかしい……。こんな感情になったのは初めてだ。
 彼の感触が直に伝わって、でも私は抗うことが出来なかった。




「やっぱり、お前顔赤くなってる」




 くすくすっと笑うその表情は、無邪気な子供みたいで。
初めて会った時のあの恐ろしさはどこにもなかった。
 改めて自分の今の表情を確認する。彼の言うとおりだったが、それを認めるわけにはいかない。



「赤くなってませんっ!」
「赤くなってる。安心しろよ、可愛いから」
「……っ!」




 何だ……、この人はこういうことを言うのになれているのか?
 私の脳は、このことになかなか追いついてくれないみたい。
 男のその優しさは、格好良すぎて逆に嘘っぽい。可愛いなんて、言われたの何時ぶりだろう。記憶をたどっていると一人の少女が浮かんできた。「ゆたか、可愛い」そう言った私の親友である、彼女の笑顔。でも、もう会うことは無いだろう。彼女を忘れようと私はかぶりを振る。でも、彼女の像はなかなか消えてはくれなかった。





 ぎゅっと彼に抱きしめられている感覚は、違和感でいっぱいで。
どきんっ、どきんっと脈が速くなり顔がほてる。




「ねぇ、血……。吸ってもいい?」
「……え」




 いきなりの質問に驚いて伏せていた顔ををあげると、思っていたよりすぐ近くに彼の顔があって私は声が出せなくなる。ぎゅーっと胸が締め付けられる。やっぱり、恥ずかしい……。




「……いいよ」





 自然と口は動いていた、こんなこと言うつもりはなかったのに……。
ぎゅっと力を入れられ、私は彼のもとに飛び込む形になる。
 怖くない、と言えば嘘になる。でも、私の本当の気持ちはきっと。




「じゃぁ、遠慮なく」
「……ふぇ」




彼の顔が私の首元にうずくまる。男は私の首筋に小さくキスをして、ゆっくりとかみついた。
 すぐに痛みがやってきて、私は顔をしかめて叫ぶ。



「……いぁ、ぁぁっ、ぅぁっ」





 変な声が漏れる。どくん、どくんっと私の心臓の音が彼にも伝わっていると思うとむずがゆかった。
 ゆっくりと押し倒されていく、抗おうと腕を振り払うけれどやっぱり男には敵わない。男の力はどうしてこんなにも強いのだろうか……。
 堕ちていった私は涙を流しながら、彼を見つめた。視界はぼやけるけし、何が起こっているのか暗くてよく分からなかったけれど、私は頑張って我慢した。




「……んくっ、ごくんっ……ぷはっ」




 血液を飲み切ったのか、すーっと彼は私から離れていく。
私の瞳からは大きな雫が流れていって、声がなかなか出なかった。
 首筋がひりひりとして、悲鳴を上げる。慣れてないと、こんなに痛いのか。



「やっぱり、甘いな。お前の血液……」
「……っ」




 真っ暗な暗室、私は逃げるように這いつくばって電気をつけた。
 ぴかっと、部屋が真っ暗な暗室から真っ白な光の部屋に変わる。

 近くに会った姿見で自分の姿を見てみると、やけに私の服がはだけていた。見えない間に何かされたのだろうか……、でも考えたくない。
 首筋には大きな赤い跡が残されていた。「俺のものだ」という証みたいにも見えて、やけにその跡は目立っていた。




「あなた、名前は?」





 声が、震えた。私の身体にこの人が入ってきたみたいで怖かった。
 頭が痛い……、これは貧血の症状の一種なのだろうか。気持ち悪くて、私はふらっと倒れてしまう。逆さまの世界は、奇妙だった。
 ベッドの上で私は彼を見つめる。




「俺は、シエル」
「し、シエル?」
「そう。で、こっちでの名前は望月鉋。高校二年生……で、お前の名前は?」
「私、ゆたか。あなた同じ……高校二年生。相楽……ゆた、か」





 鉋と名乗った少年は私の近くに来ると、ゆっくりとしゃがみ私に目を落とした。
ゆがんだ世界で鉋だけは光って見える。私はありえないはずなのに、そう思ってしまった。
 そして、彼は言った。似合わない爽やかな笑顔で、私を壊す、悪魔の言葉を。




「俺と契約しないか?」
「け、いやく」
「お前の血液を俺のものにしたい。俺だけのものに……、ダメか?」
「……」





 ……震える。
彼の声が私の近くで響く。囁く彼の声に私はドキドキする。


 その言葉は自分の満足のためだけの優しい言葉で。
私にとっては、絶対に有利なことにはならない。ましてや、有害なのかもしれない。ヴァンパイアに自分の血を渡すなんて、自傷行為だ。
 でも、私にはそれを覚悟しないといけない理由があった。



「私は……、もう私じゃない……。だから、私という人間は死んだことにしてほしい。それなら、私はあなたのものになる。だって、それなら……


    きっと誰も悲しまない」






 鉋は今度はにこりとも笑わずに、私の頭をポンッと撫でた。
 今まで何があったことも知らないはずなのに、全てを悟られたみたいだ。

「じゃぁ、契約……しようか」




 私の唇に彼の熱がふれた。
この日、私はヴァンパイアと契約をした。そして……


 私はこの日、死んだことになった。
それはあくまで仮のことだけれども、私はこの世界から「消えた」ことになった。一人でも私の死を認めてくれたのであれば、私は死んだも同然なのだ。きっと、そうだ。私は独りでに納得して小さく笑って見せた。





 あぁ……
 また、私は逃げるのだろうか。現実から……。
 心臓の音は、まだ喧しいほどになり続けていた。



Re: I live with ヴぁんぱいあ。【12/24更新】 ( No.62 )
日時: 2014/12/24 22:25
名前: ひよこ ◆1Gfe1FSDRs

はるたさんはるたさん!!
AEDを!!至急AEDをお願いします!!

「お前が欲しい」ですでにノックアウト状態なのに、さらに吸血シーンでとどめとか……私を殺す気ですか(゚Д゚)
リアルで悶えてしまいましたどうしてくれますか((

なんか……シエル君は恐ろしく素直ですね笑
素直……うん、素直。ある意味純真……なのかなあ……

と、とりあえず吸血シーンがその……お色気満載でしたありがとうございました!!


更新頑張ってください!!



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。