ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.43 )
日時: 2014/11/28 22:12
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel1/index.cgi?mode=view&no=37223

こんばんは、はるたです。
今日は一つお知らせを。

友達と合作をしています。
上にURLをはっておきました。お時間があれば読んでいただけると嬉しいです。
はるたなんかよりも文才あふれる人たちが一緒に書いてくださっているので、はるたの書いている部分以外は面白いかと。
チラリとのぞくだけでもいいので、よければどうぞ。


六話はまた十二月中に更新します。
のんびりですがこれからも頑張って更新していこうと思います。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.44 )
日時: 2014/11/30 00:23
名前: ひよこ ◆1Gfe1FSDRs

猫可愛いです(真顔)
本気で猫大好きなんです。
猫についてなら小一時間語れる気が((

化け猫……みたいなのも大好きです。
あの鬼○郎にでてた猫娘が好きすぎてやばかったほどです笑

吸血シーンは私の心臓が持ちませんどうしてくれますか←

続き、楽しみに待ってます(*´▽`*)


更新頑張ってください!!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.45 )
日時: 2014/11/30 10:58
名前: 朔良 ◆oqxZavNTdI

 子猫……可愛いいいいい!
 本当に猫ラブな朔良登場です。
 猫を愛しまくりなので、大好きな小説に大好きな猫が出てくるなんて朔良得です←

 八朔君の少年姿も可愛いんだろうなーと思いつつ読ませて頂きました(●^o^●)
 鉋君とも違ったタイプのようでお気に入りキャラがまた増えました!

 
 はるたちゃんは現代物語もファンタジーも読者を魅了する作品ばかりで羨ましい限りです(>_<)
 
 更新楽しみに待っていますね!
 頑張って下さい

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.46 )
日時: 2014/11/30 22:36
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

ひよこさん

わぁぁぁぁっ、来てくださって嬉しいです。
猫可愛いですか!よかったです。
はるたも猫大好きでして……、写真で見るたび「ぬふふっ」と奇妙な笑い声を漏らしてしまっています。

分かります!
あの猫娘可愛かったですね……。友達がそのアニメ大好きなので、勧められて最近も見てます(笑)

吸血シーン、これからも多分出てきます。
ドキドキしてもらえるよう、頑張ります。
心臓持たなくなったら、はるたがAED持っていきます(キリッ

コメント、ありがとうございました。


***


朔良さん

猫愛しまくり……。
まえにも確か言ってましたね。はい、はるたも猫大好きです。

八朔を気に入ってもらえたみたいで嬉しいです。
こいつ、なぜか鉋なんかより人気なんですよねー。もう鉋じゃなくて、八朔とくっつけようかなー(投げやり
まぁ、そんなことしませんが(笑)

そ、そんなことないですよ。
皆様に少しでも面白いなぁと思ってもらえるよう地道に頑張っている限りです。
でも、朔良ちゃんにそんなことを言われると、やっぱりうれしいですね。
ありがとうございます。


コメント、ありがとうございました。



***

今年も冬の小説大会が始まりましたね。
今年も楽しく、小説を拝見させてもらいたいと思います。

皆様の検討をお祈りしています。
頑張ってください。

H,26,11/30 はるた

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.47 )
日時: 2015/05/11 11:00
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





 Blood06「再来」




 衝撃的な……いや、ありえない。そんな映像を見ているような感覚だった。

 今まで私が抱いていたはずの可愛らしい仔猫が、急に人間の少年の姿になったのだ。ありえないだろう、そんなこと簡単に信じられるほど私は阿呆じゃない。
 どうして、この少年は……今まで仔猫だったのに。考えれば考えるほど私のキャパをあっさりと超え、頭がパンクしそうだった。




「……えっ、……ぇ、ぁ……はい?」



 理解できないことが頭を巡ったせいか、なんだか気持ち悪い。
 ふらりと立ちくらみがして、また視界がぐちゃりと崩れる。
あぁ、気持ち悪い……、気持ち悪い。
 足の力が急になくなって、私はバタリと横に倒れた。薄れゆく意識の中で、私の顔を覗き込みながら声をかけてくる二人の少年の姿が見えた。心配しているようにも見えるが、半ば面白がっているというのが本音だろう。私の身体を揺さぶり声をかける。



「おい、お前!大丈夫か……」
「鉋、こいつ一週間も寝てて急に起きたからびっくりしたんじゃない? そうだよ、鉋がうちなんかに連れてくるんが悪いんだー」
「前半は納得できるが後半は言い返すぞ。ってか、八朔が急にこの姿になったのが悪いんじゃないか?」
「まぁね」



 少年たちの責任の押し付け合い。結局は元々仔猫だった少年が悪いということに決着する。
 鉋と呼ばれる少年が、八朔と呼ばれる仔猫だった少年に助言を受け、私の身体をお姫様抱っこしてまたベッドのある部屋に運んだ。ふわりと私の身体が宙に浮く。お姫様抱っこなんてされたのはもちろん初めてだ。意識があったのであれば羞恥で死ねていただろう。
 女の子のあこがれのお姫様抱っこ、私はそんなにいいものだとは思わない。多少乱雑に私をベッドに置き、彼らは息をついた。




「やっぱり、元々は鉋がこいつの血を吸わなきゃこんなことにはならなかったんだぞ」
「それは、俺に死ねと?」
「いや、そうじゃなくて。別に血を吸うのはお前がヴァンパイアの限り仕方がないじゃん。でもさ、何でこの子をこの家に連れてきたんだ? 鉋が吸血した子、家に連れてくるのって初めてじゃん」
「そうだったけ……」




 鉋がおぼろげな記憶をたどる。そんな昔のことは覚えていないんだがなぁ、と口元を横に広げ呟いた。でも、記憶をたどってもそれっぽい子はいなかった、と思う。
 そう、確かに今まで吸血をした子を家に連れてきたりはしなかった。




「なんで連れてきたの? この子」



 ずっと思っていたことを、八朔はようやく口にした。
その質問に、鉋はにやりと口元を緩め答える。
 あっさりと、それでも……冷淡に。




「俺の好みの女だから」




 そんな馬鹿げたことで少女一人を誘拐か……八朔はそんな鉋を見て大きくため息をついた。こんな子に育てた覚えはないのに。八朔は鉋をじとーっとした視線で睨み、それに気づいた鉋に気づき、すぐに目を逸らした。
 確かに鉋はこんなやつだと八朔は知っていたが、ここまでとは思わなかった。たとえ異常な女好きでも、こんな女の子を誘拐なんてしてこない、まさか……鉋がロリコンになったのか!? いやいや、違うだろう。八朔はかぶりを振って眠っている少女を見つめた。
 まだ高校生くらいの少女。ふわりと長い漆黒の黒髪に、黒いワンピースに黒いタイツ。雪のように白い彼女には似合うようで似合わない黒い姿。子の格好が今どきの少年少女の流行とも思わない。そして、どうしてこんな恰好をしているのかは見当もつかない。




「……まぁ、お前らしいよな」



 少女から目を逸らし、八朔は鉋への相槌としてぽつりと言葉を漏らした。
 八朔の口から出てきたのはその言葉だけだった。







***






「っ、何ここ。……ぁぁ……また、おんなじ」




 再び目が覚めると、そこにはまた同じ風景が広がっていた。
 やっぱり体中は痛く、悲鳴を上げ、私は顔をしかめる。
どうしてこんなに気持ち悪いのか、なんとなく勘付いていたけれど、それを口にすることは絶対になかった。
 真っ暗な部屋。薄らとだが、ヒノキの匂いがする。




「本当に、ここ……どこなの」



 もう何が何だか分からなかった。ベッドの近くで靡く黒いカーテン。
私はふとそれを開けていた。一つの窓。
 外は真っ暗で、今は夜なんだと知った。月が白く光り、でも星はあまり見えない。私の住んでいた方では毎日たくさんの星がキラキラ光っていたのに、ここではそんなことは無いのか。そう思うとまた気持ちが重くなった。
 もういっそ、この窓からでも逃げようか……。一瞬思ったがすぐにやめた、なぜならここが二階だったからだ。二階から飛び降りるくらいなら、怪我くらいで済むだろう。でも、私の場合それだけではきっとすまない。



 そういえば、ここは彼の家なんだろうか。私が夕方歩き回った感じからして、この家は多分一軒家だ。私の昔の家と何だか似ている気がした。
 いや、それにしても、この家は一人暮らしには大きすぎる。いや、あの八朔という少年もいるから二人暮らしか……。あんな若い少年二人にこんな家で暮らせるはずがない。
 きっと彼の両親もここにいるはずだ。ばれたら、あの男も怒られるのではないか? 私がここにいるのはいけないことなんじゃないだろうか。



 不安が募る。





「……早く、ここから出なきゃ」



ベッドから起き上がり、地に足をつける。そんな時、キィィィィと小さな音を立ててドアが開いた。吃驚して、心臓が出るかと思った。
 起きてしばらくしていたので、私の目は暗闇になれていて、入ってきたのが誰だかすぐに分かった。
 ……あの男だ。



「……起きたんだ」
「……え」




 異臭がした。このベッドと同じ異臭。
確かこのにおい、あの時もした。




 彼と初めて出会ったとき。





「……ねぇ、何であなたから「血」のにおいがするの?」




 震えながら私は彼に尋ねた。
ごくりと息をのむ。恐怖心はもちろんあった、でもそんなのに感けている余裕はない。ギュッとこぶしを握り締め、私は男をにらみつけた。




「前にも言ったじゃん。俺はヴァンパイアなんだって……」





 真っ暗な夜の闇の中、彼と初めて会った時のことを思い出していた。



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。