ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【5/20更新】
日時: 2019/05/20 01:12
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.80 )
日時: 2015/01/15 20:56
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg



ゴマ猫さん


お久しぶりです。いえいえ、来ていただけるだけで光栄です。
ありがとうございます。

自然な感じといわれると、そうなのか!?と半分ぐらい疑問に思ってしまいます。なにしろ私は小さいころから友達に「自分で勝手に理解して書いてるだけで私に理解できない……」とか言われてきましたから。
そういう風に言っていただけるとやっぱりうれしいですね、はい。

そうですね、ヴァンパイアといえば太陽の光や十字架ですよね。
太陽の光のほうは鉋はきっと弱いと思われます。たとえば授業中にいつも居眠りだったり……。
そういう設定のほうは主に「心臓にくいを通したら死ぬ」というのを使っています。プロローグではそういう話になっています。

またゴマ猫ちゃんの小説が読めると思うと楽しみです。

コメント、ありがとうございました。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.81 )
日時: 2015/03/23 23:12
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

*参照600記念小説



遅くなりましたが参照記念をやりたいと思います。
今回は前から言っていた通り八朔をいじってみよう!!と思います。
何だかいじりがいがあるような……ぬふふっ。



【化け猫さんをイジってみた No,02】


「八朔ー!!起きてる」
「……うにゅ」


こたつの中で眠っていると、パラりと布団が持ち上がり外の空気が入ってきた。寒い、寒い。
仲を覗いていたのはゆたかのようだ。

こたつの布団を奪い返し、すぐにまたこたつの中に立てこもる。
こんな寒い中、普通にそこになんかいられない。
こたつの中はなんて幸せなんだろう……。八朔はつくづく思った。

「こらっ。電気代がもったいないでしょ」
「……うぅ」

こたつの電源が切られ、やむなく八朔はこたつの中から出てきた。
そこにあったのは、にっこりと奇妙な笑顔を作るゆたかの姿。八朔はすぐに感づいた、何かやばい……ここにいると不幸なことが舞い降りてくる。

八朔は逃げるように部屋から出ようと忍び足で歩く。
そんな八朔の手をぎゅっと掴んで、ゆたかは言った。

「買い物行くぞ!!」

八朔は大きなため息をつきながら笑って見せる。
正直行きたくないなんて、死んでも言えない。






***


ゆたかに連れてこられたのは小さなスーパーマーケットだった。入ってすぐには果物や野菜、しばらく歩くとティッシュやトイレットペーパーなどの生活必需品が並んであった。
ゆたかの表情は見る見るうちに緩んでいき、こういう場所が大好きだということが分かる。

「ゆたかー、何買うの?」
「ん。そうだね、今日の夜ご飯の肉じゃがの材料とか……鉋から買っておいてって言われたチョコとかかな」
「ふーん……。ってかさ、ゆたかって出回ってもいいの?探されてるんでしょ、警察に」
「え、あ……」

ゆたかの表情が、また見る見るうちに変わっていく。

「大丈夫だよ。警察なんて、そんなすぐに行方不明者を見つけられないもん。安心して、鉋と契約を交わした限り、私は鉋と八朔の味方だよ。……まぁ、八朔も共犯者になるんだけどね」

無理矢理笑ったように見えるゆたかの笑顔に八朔は少し悲しかった。逃げ出してきた、自分の家から。そんなのまだ若い女の子だというのに。きっと事情があったんだろうに。

聞きたいという欲が理性によって抑えられる。




「ねぇ、ゆたか。キャットフード買って!!」
「え。なんで?」


猫なら、見るとやっぱり欲しくなるキャットフード。
持ってきたそれを見せると、ゆたかは頭にハテナを出した。
なんでって、なんで?


「だって俺、猫だよ。キャットフード食べるよ」
「八朔は人間の食べ物食べれるでしょ。無駄なものは買わない」
「えー!!」
「……駄目です。絶対」

ゆたかはそう言って持ってきたキャットフードを棚に返しに行った。
八朔はそんな豊をただ茫然と見つめていた。

「……ちぃ」

小さな舌打ちをしながら。


***




ゆたかが家から帰ってきたふと息をついていると、何やら変な音がたっていた。
気になって見に行くと、家中の電気製品の起動の音が鳴っていた。

ぷるぷると体が震える。





「八朔ぅぅうぅぅっ!!」





ゆたかのイライラがマックスになっていた。



***


「なぁ、何これ」

その日の夕方、鉋が冷蔵庫を開けると八朔が中に入っていたとさ。
凍えながら……。


おしまい。





***

イジリ度:普通(というかもうイジメ)
教訓:猫を冷蔵庫に突っ込んではいけません(八朔論)

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【1/18更新】 ( No.82 )
日時: 2015/01/18 13:29
名前: 朔良 ◆oqxZavNTdI

 こんにちは、朔良です。

 参照700突破おめでとうございます!
 こんなに早く突破するなんて「さすが」の一言です。

 意外にゆたかちゃんがドsだったという衝撃を受けました笑
 八朔君をいじめる(ちょっと違うか)姿に思わず笑ってしまいました。
 
 八朔君は明るくて少々鈍感そうに見えますが、多分人のことをとても見ている猫なんだろうなあと思います。とても素敵な存在ですね!

 まさか冷蔵庫に放り込むとは思っていませんでした笑
 朔良もゆたかちゃんにいじめてほs((殴


 更新頑張って下さい!
 


 

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【1/18更新】 ( No.83 )
日時: 2015/01/18 20:46
名前: ひよこ ◆1Gfe1FSDRs

はい、可愛いです。ごちそうさまでした((

猫はこたつで丸くなると言いますが……まさにそのままですねw
それにしてもゆたかちゃん、結構厳しい!!w
私だったら可愛さに負けて買ってますね、キャットフード。

冷蔵庫に思わず吹いてしまいましたw
これでいじり度普通とは……恐るべし。

次は鉋君をいじるのは……ありませんかね。
ゆたかちゃんでも可((
引き続き八朔くんでもおいし((
すいません黙ります。


更新頑張ってください!!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.84 )
日時: 2015/01/21 23:38
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg



こんばんは、はるたです。
今日は友達と「こんな言葉を言われたらキュンキュンするよね大会」をしました←
友達(女子)がイケヴォで「バレンタインはチョコじゃなくて、お前が欲しいんだ」と言ってくれ、発狂いたしたほどです。はい、何か青春している女子みたいな日でした(笑)
鉋とかならサラッと言ってくれそうですね、こういうことは……。




***


朔良さん

はい、参照700いきました。
でもやっとのことですよ。流石なんて……、そんな朔良ちゃんの小説のほうが素敵で「流石です!!」と言いたいほどなんですよ!

そうですね、ゆたかは結構なドSですね。まだ本編では本性を出していないのですが、キレるとちょっぴり怖いです。はるたもやりすぎじゃないのか、と思うくらいです……。
八朔をほめてくださる方が……。いえいえ、実質明るくて鈍感。そのままです(笑)でも、確かに周りを見る力は備わっているのかなぁと思います。

冷蔵庫に放り投げる件は、良い子はマネしないでね……レベルです。
八朔だからOKなことなので、いや八朔でもアウトでしょうか……。

コメント、ありがとうございました。




***


ひよこさん


そうですね、冬にはこたつで丸くなる……はるたもそんな感じで、家でこたつでゴロゴロです。でもってお母さんに怒られます。
はるたもきっと可愛さに負けてキャットフード買ってしまう一人です。一緒ですね!でも、ゆたかはそんな優しいキャラじゃないのですね、読み返してみると少しひどいみたいに思います……いや、少しじゃないか。

冷蔵庫の落ち、気に入ってもらえたみたいで嬉しいです。
イジリ度普通……、まぁゆたかからしたら普通なのでしょう。絶対傍から見たら普通じゃないですけど……(汗

そうですね、参照が少しでも増えましたら記念でまたこの企画をしたいと思っています。
増えましたらです、はい。だからいつになるかは不明ですね、一年後になるかも……(笑)

コメント、ありがとうございました。



***



十話はできたら今月中に更新できたらなぁ、と思っています。
あれですね、一か月に一話くらいは更新したいですね。はい。

参照800です。
読んでくださる皆様に感謝です。



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存