ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【1/22更新】
日時: 2019/01/22 23:11
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.38 )
日時: 2014/11/21 21:15
名前: 朔良 ◆oqxZavNTdI

 お久しぶりです、朔良です。

 テストお疲れ様でした。朔良も無事本日テストを受けてまいりました。撃沈してまいりました←
 

 なんか……吸血って無条件に色っぽいですよn((殴
 すみません、変態ぽいこと言いました……

 吸血鬼様の淡々としている口調が結構好みかもしれません///
 そこから、吸血して耳元で囁くなんて……なんて甘い展開!
 はるたちゃんの甘い甘い物語はあまり印象にないので、とても新鮮で楽しいです!

 続きが気になって仕方がありません……
 更新頑張って下さい!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.39 )
日時: 2015/03/02 16:57
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

朔良さん

のわぁぁぁぁぁっ!朔良ちゃんお久しぶりです。
テスト終了後、結果がすぐ二日後に……。泣きました。

吸血シーン。はい、色っぽくなるように頑張ってみました。
でもここからもっと吸血鬼が格好良くなるように、頑張ろうと思います。

淡々とした口調……。確かにそうですね。落ち着いた吸血鬼さんなのかもしれません。
はるたはなかなか甘いお話は書かないんですよねー、苦手なのかもしれません(笑)なのでそれを克服するために頑張って甘い展開を書いていこうと思います。

はい、更新がんばります!
コメント、ありがとうございました。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.40 )
日時: 2015/11/29 08:02
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





 Blood05「仔猫」







「…………っ!」




 目が覚めたらそこは、私の全く知らない世界だった。辺りを見わたして自分の状態を確認した。どうやらベッドに寝かされているみたいだ。
 ベッドからは何だか嫌なにおいがした。臭いとかそういうわけじゃなくて、なんだか気持ち悪いにおい。嗅いだことはあるけれど、あまりいい匂いじゃなくて……。
 少し頭が痛くなって私は顔をしかめた。
知らない場所で眠っている自分。そう考えると少し不気味で私の身体はギュッと縮こまった。
 ここは、一体どこなんだろう?



「にゃぁ」





 考え事をしているとベッドの上で一匹の猫が鳴いた。可愛らしい仔猫で、つい私は頭をなでてしまう。
 ふわふわの毛が手をくすぐる。猫なんて見たの何時ぶりだろう。やっぱり仔猫は可愛いし、癒される。だから私は動物は嫌いじゃない。
 この場所がどこか分からない私の口からは、自然と不安の声が漏れた。



「……ここ、どこ」





 起き上がろうとするけれど、体に上手く力が入らない。体中が重くて、痛い。ずっと眠っていたからなのか、起き上がるのがすごく苦痛に感じた。
 というか、私の身に何があった? ここはどこだ? 
 ……嫌な予感がする。
 私はズキンっと音を立てて痛む頭を押さえながら、あの時の記憶を取り戻そうとしてみた。
 確か、私は変な男に会って……、あれ? なにされた。
真っ暗な夜道、消えかかった街灯。暗くてあまり顔が見えないあの男に私は……。

_____あ。

一瞬変な記憶が私の野入に戻ってきて、私は瞬間的に首をおさえた。
 ふと、近くにあった鏡を見て私は声をあげて吃驚した。首元に赤い傷跡。
震えが止まらない。そんな中、私はベッドから降りようとした。



「うぐっ……」



 無理矢理力を入れて起き上がる。足を地面につけるだけでも、体中が悲鳴を上げる。私の脳も、も少し休んだ方がいいと忠告をしてくれるが、そんなことを聞いている余裕が私にはなかった。知らない人の家にいる、それが私にとっての一番の恐怖だったからだ。
 そんな不安の中、またベッドの上にいた仔猫が鳴いた。



「にゃぁ」
「あ、まだ君はいたのか。……君は、ここの猫なのか?」
「にゃぁ」




 返事なのか、仔猫はまた鳴いた。
 人間は仔猫が「にゃあ」と鳴いただけでは何を伝えたいのか分からない。テレビとかで有名な動物と話せる人……じゃないときっとこの仔猫の言葉は理解できないだろう。
 ふと気が付くと、また私は仔猫を撫でていた。仔猫の毛が私の手のひらをくすぐる。気持ちの良さそうな鳴き声を漏らす仔猫は何だか愛おしかった。
 私は私は動物なんかを一度も飼ったことが無かったから、今まで猫に触れたことが無かった。初めて触れた猫は、多分この仔猫だ。……やっぱり動物は可愛いな、心の中で私は呟く。
 ゆっくりだが、私は猫を抱きかかえて部屋を出た。ドアを開けると、すぐ近くに階段がある。ということは、ここは二階か。



「どうやら普通の一軒家なんだね。私の家と似てる」




 その言葉を出した瞬間に私の頭が悲鳴を上げた。
自分で言っておいて、後悔。もう、あの家はないのだ。



「……昔の家。だけど」


 私は空を見上げて、軽く息を吐いた。
 情けない、こんなことでまた思い出しちゃうなんて。そんなことだから、私はなかなか前に進めないんだ。
 ……大丈夫、大丈夫。私は一人でも生きていける。
何度も何度も繰り返し唱えるけれど、私の中の何かがそれを拒否する。そんなに世の中甘くない、何かが私にそう囁くみたいに、それは私の耳にまとわりつく。


 階段を降りしばらく歩いていると、玄関が見えた。そこには小さな傘立ての中にに三本の色とりどりの傘。と、隣にある靴箱の中には男物のシューズが置いてあった。
 ここから逃げ出す方法は、この場所から外に出ることだ。そんなこと小学生でも馬鹿でも分かる。
 でも、もし誰かが自分のことを助けてくれていたら……。お礼を言わずに私はこの場所から消え去ることになる。そんなこと絶対にしたくないのに……でも、一刻も早くこの場所から出なくては。また心の中で葛藤が繰り広げられる。



「……仕方がないもんね。行かなきゃ」



 コクリと私はうなづき、玄関に綺麗にそろえられていた自分の靴を見つけて、私はそちらに向かった。靴を足に合わせ、私はゆっくり腰を起こす。恐る恐る私は足を前にやり、ドアの前に立つ。
 息をついてドアノブを握ったとき、急にドアが前に引かれた。
驚いて前を見ると、そこには一人の男。
 記憶は曖昧だが、見たことのある容姿。私は頭をフル回転させ彼が誰なのかを探った。
 ふと頭の中に一人の男の像が浮かんだ。


 あの時の…………




「あれ、起きたの?」


 彼のその一言に私は呆気にとられた。聞き覚えのあるような声。いや、この声は、多分、いや……。間違いない、この声は私が意識を失う前に会話をしていたあの男だ。
 真っ暗な夜道、ちかちかと点滅する街灯。うっすらとした記憶だったが、彼のことは覚えている。
 少年は眠そうに欠伸をかまし、家の中に入ってくる。それに伴い私は後ずさり。
 制服を着ていることから彼が学生だということが分かる。
そんな彼が帰ってくる時間、もうそんな時間なのか? 外を見ると、もうきれいな夕焼けが見えていた。
 暁色の夕陽に、思わず「綺麗……」と声を漏らしてしまいそうになった。



「あの……、えっと」
「起きたんだ、お前一週間くらいずっと寝てたんだぞ。よう、おはよう」
「おはようって……」


 戸惑いながらも、私は次の言葉を探した。けれど、そう簡単には見つからない。
 もう何が何だか分からなくて、私は抱いている仔猫をちらりと見た。それに気づいたのか少年は私にまた話しかける。



「おい、八朔。おまえなぁ、可愛い女の子に抱きかかえられてるからってニヤケすぎ」
「八朔?」
「その猫。名前が八朔っていうんだ。っていうか、今すぐその猫離せよ、お前危ない」
「危ないって……」


 危ないってどういうことだ? 私はただ仔猫を抱いているだけなのに……。
 仔猫をちらりと見てみると、何やら白い煙が出てきている。吃驚して私の身体はびくりと震えた。
 そんな私を全く微動だにせず、だんだんと仔猫が大きくなっていき、私の手から離れる。

 何が起きているのかが理解できず、私は唖然としてしまう。




「ちっ、可愛い女の子だから気に入られようと必死だったのにさ。バカ鉋」


 白い煙がゆっくり引いていく。
 と、同時に子供の声が私の近くで響く。
 ありえない、私は心の中でそう繰り返し呟いた。
 煙が消えきると、そこには先ほど抱いていた仔猫がいず、一人の少年が立っているだけ。その小さな体からして、まだ悠真と同い年くらいの小学生。






 仔猫は突然人間の姿になって、人の言葉をしゃべるようになっていました。


 そんなの、誰が信じる…………?


Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.41 )
日時: 2014/11/24 12:54
名前: 覇蘢



お久しぶりです!!!!
覇蘢です


きゅ、きゅきゅきゅきゅ吸血!?!?!?
はあはあはあ←

一週間寝てたなんて、大丈夫なんですか!?
生きててよかった泣

そして、猫から人に変わるなんて・・・・
もう、設定が好み過ぎて・・・・・

次回がとても楽しみです!!!


更新頑張ってください!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.42 )
日時: 2014/11/26 23:22
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg

覇蘢さん

お久しぶりです。
はい、吸血シーン出て来ちゃいました……//
上手く書けなかったのですが、吸血シーンに見えてくださっただけでもはるた進歩な気がします!

一週間眠り続けは、多分普通の人なら死んじゃいますよね(笑)栄養失調とかで。
生きててよかったとか覇蘢さんに言われてるぞ、ゆたか!う、羨ましいっ。

猫から人間に代わるのは、一回やってみたい設定でした。化け猫さんの八朔です。でも実際は化け猫というのは猫の妖怪なんですけど……。
まぁ、人間に変化できる猫ということで理解していただけると嬉しいです。

コメント、ありがとうございました。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。