ダーク・ファンタジー小説

I live with ヴぁんぱいあ。【5/20更新】
日時: 2019/05/20 01:12
名前: はるた

「しばらく更新停止します(通常更新です)」 byはるた


 




 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。

 はるたの五作目となる今回の小説のテーマは「ヴァンパイアと人間の少女の恋」になっております。
今回は皆様に少しでも「ドキドキした」と言ってもらえるようなお話にしていきたいと思っています(思っているだけ)ので、どうぞよろしくお願いします。





【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】

*Prologue >>09
*Episode01 >>113



【設定資料集】

*「ゆたか&鉋」 >>77
*「八朔&海里」 >>78
*「恭也&庵」 >>104
*「悠真&千影」 >>105





 参照9000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.120 )
日時: 2015/04/11 19:46
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg





 今年度からも週一更新目指して頑張ります。
参照2300突破いたしました。読んでくださる皆様に感謝の気持ちを込めて。



***



波璃さん


 吸血シーンに興奮いただけたようで……う、嬉しい限りです。
毎回文才のなさに悩み、試行錯誤した上こんな残念な結果になっています。そういう風に言っていただけると、涙が出ます。はい、もちろん嬉しすぎてです。
 ゆたかが妹に……それは。はい、どうぞもらってやってください。
ゆたかも喜んで行くと思われます(笑)
 男性陣……確かに頑張らないとですね、はは(遠い目
 はい、これからも精いっぱい頑張らせていただきます。これからも下手な文が続くと思われますが、そこは「はるただから仕方がないか」と思いこんで、気にせず読み進めていってください(笑)

 コメント、ありがとうござました。
 

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.121 )
日時: 2015/04/25 20:15
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg


*参照1500記念



 皆様が読んでくださったおかげで、とうとうこんな大きな数に……ありがとうございます!
 といいながらも、この参照数を突破してから早一か月が経過……。
遅くなりましたが、参照記念です。
 今回の参照記念は、今までの参照記念企画「◯◯さんをイジってみた」のまとめみたいなものです。





■鉋編


 極度の甘党である鉋。
別にゆたかの料理がまずいわけではありません。設定上はゆたかは料理が上手いことになっていますので……。でも、時たま味オンチになります。甘い物よりかは辛い物が好きなのです。
 一緒に住んでいる八朔が、どちらかといえば辛い方が好きで、それと同じく、ゆたかもカレーは辛い派です。そのため、とにかくカレーは辛くなります。激辛のルーのミックスです。意外と本格的に作ります。
 ご飯の時が多いですが、たまにナンを作ります。ゆたかはご飯派で、鉋と八朔はパン派です。
 あの後、ゆたかがずっと鉋の前に座っていたので、鉋は本当に涙ながらに……いろんな意味で?最後まで間食しました。
 そして思う……カレーだけはゆたかに作らせてはならないと!
 八朔は甘いものが特別好きではありませんが、ケーキとかは好きです。でも、鉋が最終的にいつの間にか全部食べています。
ホールとかで買ってきても、結局一人でたいらげます。で、八朔に怒られます「俺の分は?」と。
 



□八朔


 八朔は化け猫という設定になっていますので、キャットフードを食べます。といいながらも、人間の姿に化けた場合、もちろん普通の食事をとります。そのため、ゆたかとしては量を作って安く済ませたいのです。それなのに、八朔がキャットフード買って買ってと言うのでイライラしていました。
 ゆたかにとっては家計が一番大切なのです。
 八朔は実質キャットフードが無くても大丈夫ですし、一週間くらいなら食事をとらなくて生きてはいけます。
 買ってもらえなかった八朔の怒りの表し方……家じゅうの電化製品起動……絶対に怒ります。良い子はマネしないでね。電気代がすごくなりますし、ブレーカー落ちます。
 でも、それ以上に絶対猫を冷蔵庫に入れてはいけません!
 動物愛護何とか……みたいなので禁止されてますからね。良い子はマネしちゃいけません。悪い子でもマネしちゃいけません!!
 八朔だから大丈夫なだけです、冷蔵庫は寒いですからね。もし、次やったら冷凍庫に進化になると思われます。



■恭也編


 恭也はなんだかんだで本編には出てきません。悲しい人です。
 でも、Sidestoryでは主は恭也の話なのでどちらかといえば出番が多いように感じます。
 雪の降る日、そういう日がはるたとしては好きですね。そんな中、好意を向けるクラスメートの女子に鉢合わせ。ロマンスを感じます……。
 異性に目を瞑ってじーっとされると「もしかして」と思ってしまうのですが、残念ながらそれはゆたかの友達である海里の策略でした。
 恭也はどちらかというと乙女?ヒロインポジを確保しているので、いろんな意味で可哀想な感じを出したかったです。恭也は多分赤面症です。すぐ赤くなります。分かりやすいのは、耳が赤くなること。恥ずかしくなったりしたら、高確率で顔が赤くなるより耳が赤くなります。
 あの後はゆたかの顔を直視できませんでしたが、とりあえずゆたかと一緒に帰りました。
 ゆたかのことが好きすぎです。この四人の中で一番ゆたかのことが好きなように見えます。はるたとしては、ですが……(汗
 少しでも、気に入ってもらえるようなキャラになればと願ってます。




□庵編


 まだ出てきて全然経っていないのに、気に入ってくださる方が出て嬉しいです。とにかく不思議ちゃんオーラを出します。
 このメイン四人男子の中では一番のドS……(笑)
 ゆたかのことを一番理解している故、ゆたかのことをいじれる唯一の人です。あとの三人はゆたかがいじります。
 設定資料にもある通り、そんなキャラです。
 ゆたかがすぐに手や足が出るわけではありません。あれは自業自得です。庵がからかい過ぎたせいです……(笑)
 ゆたかは恋とかには敏感ではありませんが、そりゃ異性に近づかれたらドキドキします。で、やりすぎたら蹴りが飛びます。というよりは、本当の最終的な場合、冷めた目で「ウザい」という言葉が飛んできます……(苦笑
 あの後は、どうなったんでしょうね……。
 この人の後の話は皆さんのご想像にお任せします。
 はるたとしては、もし書くとしたらドキドキな展開ですね。夜中の夜這いなんて、ちょっと萌えますから……(ニヤッ


 


***

 以上です。
では、次からようやく本編(二章)に入ります。
 これからも本作をよろしくお願いします。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.122 )
日時: 2015/04/23 01:30
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg



【参照2400突破】



 嘘です。本当は参照2500感謝です。
こんなに大きな数字を見るのは、はるた自身初めてなのでとっても嬉しいです。
 もう本当、感謝しきれない……。
 もう少し参照が大きくなりましたら、読者様参加型の企画を考えています。もし良ければ参加いただけると嬉しいです。
 一人も来なかったら寂しいですね、はい(苦笑

 本当にありがとうございました。



***


■お知らせ



 二章スタートとかほざいていましたが、最近忙しいので無理かもです。
……すみません。 
 と同時にこれを機会に、少し一章の修正作業に入ります。
気を付けていたのですが、残念ながら矛盾点がちらほら出てきました。見た瞬間「ぎゃぁぁぁっ」と声が漏れるという悲しき事態。
 そのため二章更新開始は、五月中旬……もしかしたら六月に入るかもしれません……(震
 頑張ります、頑張ります。
 これからは「青春拒否症」の方を少しづつ進めていこうと思いますので、良ければそちらでお会いしましょう。
 これからは書くのは一つに絞りたいです。はるたは掛け持ちとか器用なまねができないことが、よーく分かりました。本当の本当に(笑)


 こんな駄文を読んでくださる皆様に感謝の気持ちを込めて。
 もう一度、ありがとうございました。

【追記4/23】
平日更新が難しくなりましたので、本当に更新スピードが落ちます。
休日は小説訪問に行きたいので、今執筆している小説全てを、できるときに更新していこうと思います。宜しくお願いします(^^)

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.123 )
日時: 2015/05/04 13:00
名前: 戒壇

上手ですね

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.124 )
日時: 2015/05/04 15:03
名前: ゴマ猫 ◆js8UTVrmmA

 こんにちは、ゴマ猫です。
 読んではいたんですが、こちらの小説にコメントするのが大分久しぶりになってしまいました。すいません<(_ _)>

 こちらでは久々のコメントなので、自分の感想を上手く伝えられるか、緊張気味です。はい。
 このI live with ヴぁんぱいあ。は、はるたさんが書く小説の中では、かなりダークな印象を受けますね。人の心、心理描写が良く描かれているなと感じました。八朔くんはゴマ猫のお気に入りです。
 同じ猫同士、仲良くしま――いえ、冗談です、ゴマ猫はちゃんと人間です。

 ヴァンパイアと言えば、吸血シーンがお約束なのですが、なんかもう……文章読んでるだけで照れてしまいますね。鉋くんの吸血シーンはドキドキしました。首筋からというのがやっぱり良いんでしょうね。
 ゆたかさんは長くないのですね。家庭背景や心理描写を見ていると、色々な経験をしてきたんだろうなと思ってしまいました。いつかは死ぬと分かっていても、簡単に割り切れる事ではないですよね。
 読んでいて、少し胸が苦しくなりました。

 結構読んだので、もっと詳しい感想を書きたいんですが、頭の中で文章が上手くまとまらない自分がいます。うーん、感想下手ですいません。
 また次回コメントまでにまとめておきます(汗)

 はるたさん相変わらずお忙しいと思いますが、更新、応援していますね!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存