コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

第2章ーRuleー
日時: 2022/01/04 15:38
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)






―――――――――ホストの仕事が一日終わると車で夜ドライブに出かける
一日の疲れをこれでとるのだ,そうして帰宅すると

仕事仲間とお喋りしてもう寝るだけだもうNО、1とかNО、2とか取り合いで大変だ
そうして、次の日も忙しい一日が始まる休憩時間になると仕事仲間と喫茶店へ出かけるのだ

「毎日、忙しいなぁ」

「そうだね!」

とか言いながら喫茶店のメニュー表を見てコーヒーとかサンドイッチとかパフェとか頼む
とても美味しいのだここの喫茶店,店内はオシャレで奇麗だし

店員さんの対応も良いとにかくお気に入りでよく来ている
店を出ると歌舞伎町の街を散歩するそうして休憩が終わると
忙しい仕事が始まるのだ





つづく

Re: 第2章ーRuleー ( No.253 )
日時: 2022/04/17 21:26
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

気が付けば閲覧19000突破!!って凄いですね!(*'ω'*)
この調子で閲覧20000突破!!目指したいと思います♪( *´艸`)
皆様、本当に暖かい応援嬉しいコメントありがとうございます。
作者は頑張って執筆していこうと思います♪

Re: 第2章ーRuleー ( No.254 )
日時: 2022/04/18 16:00
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)






―――――――――4月春という事で
俺らは、ホストの仕事を休業にし、皆で花見パーティーをする事にした
桜の咲いている公園で花見をする為龍二さんの車に乗り込み出発する事になった

「楽しみだね♪」

と俺が新人敦に言うと敦も楽しそうに返してきた

「そうですね♪」

とにかく、俺らは車内でお喋りしていると暫くして桜の咲いている公園に着いたので
到着すると愛子さんと静香さんが作ったお弁当を持って花見を楽しんだ
桜の並木公園はとても綺麗で桜の花弁が舞っていた

「綺麗ですね、桜」

「ええとっても綺麗ね素敵」

愛子さんにそう言うと愛子さんも嬉しそうに返してきた
桜は満開でとてもいっぱい公園に咲いていた
俺ら以外にも花見に来ている人は多く
公園は人込みで賑わっていた
とにかく俺らは花見を楽しみながら弁当を頂くことになった
桜が良く観える場所で敷物を敷いて花見を楽しむ事にした
弁当の中身はおにぎりやチキンポテトやウインナーサラダがぎっしりと詰め込まれていた

とにかくホスト仲間の皆と食べるととても美味しく楽しい時間だった
弁当を食べた後はお菓子食べながら皆でトランプしたりして遊んでいた
とにかく最高の花見となった














Re: 第2章ーRuleー ( No.255 )
日時: 2022/05/08 17:54
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)




――――――ホストの仕事が一日終わると皆で天体観測をしようという話になって
早速俺らは望遠鏡を準備して夜、龍二さんの豪邸の庭に出ると
満天の星空が広がっていたので望遠鏡を置き早速星を皆で観ることになった

コーヒーを愛子さんと静香さんが作ってくれたので
俺達は、コーヒーを飲みながら天体観測を開始した
すると万華鏡のようにキラキラと星が観えとても綺麗だった
流れ星も観れ俺達は喜んだ

「綺麗ですね、星」

「そうね、とっても綺麗」

オリオン座や天秤座まで観れとにかく綺麗な星々だった
愛子さんと静香さんがカップケーキまで焼いてくれたらしく
天体観測をしながらのカップケーキは最高だった

「すごく美味しいですね愛子さんありがとう!」

「ええこっちも作った甲斐があるわ!」

龍二さん達もカップケーキを食べながら天体観測を楽しんでいる様子だった
とにかくこの日一日、とても素敵な天体観測日となった






Re: 第2章ーRuleー ( No.257 )
日時: 2022/05/03 10:34
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

ついに閲覧20000突破!!ですね(⋈◍>◡<◍)。✧♡
読者の皆様暖かい応援ありがとうございます💖

Re: 第2章ーRuleー ( No.258 )
日時: 2022/05/15 14:29
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

いつも嬉しい応援やコメントありがとうございます(*'▽')
引き続き物語をお楽しみ下さい(*^▽^*)♪


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。