コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

第2章ーRuleー
日時: 2022/01/04 15:38
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)






―――――――――ホストの仕事が一日終わると車で夜ドライブに出かける
一日の疲れをこれでとるのだ,そうして帰宅すると

仕事仲間とお喋りしてもう寝るだけだもうNО、1とかNО、2とか取り合いで大変だ
そうして、次の日も忙しい一日が始まる休憩時間になると仕事仲間と喫茶店へ出かけるのだ

「毎日、忙しいなぁ」

「そうだね!」

とか言いながら喫茶店のメニュー表を見てコーヒーとかサンドイッチとかパフェとか頼む
とても美味しいのだここの喫茶店,店内はオシャレで奇麗だし

店員さんの対応も良いとにかくお気に入りでよく来ている
店を出ると歌舞伎町の街を散歩するそうして休憩が終わると
忙しい仕事が始まるのだ





つづく

Re: 第2章ーRuleー ( No.239 )
日時: 2022/01/21 14:54
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)


優がお客様から、ご指名に入ると急いでお客様の元へと向かった

「いらっしゃいませ!今日は何用で?」

「優ちゃん!遊びに来たよ!」

いつもこのホスト店Ruleに来る常連百合さんだったとても綺麗な容姿でモテそうだった

「いつも、ありがとうございます!百合さん!」

とにかく優もご指名が入り嬉しそうだったシャンパンを渡すと美味しそうに飲んでくれた

「美味しいね!ここのシャンパン!」

「まぁ、ここの社長のこだわりだから」

「そうなの??とっても美味しいわ!」

とにかくこのホスト店を盛り上げようと優達は頑張っていたほとんど女性をもてなすのがお仕事だからとても忙しかった

「優ちゃん達もいつもお仕事お疲れ様」

「どうも」

「いつものお礼に優ちゃんにはこのぬいぐるみをあげるわ!」

「いつもありがとうございます!百合さん」

百合さんからもらったプレゼントはクマのぬいぐるみだった優がぬいぐるみ好きな事を話
それでだったとにかくホスト店はいつもこんな感じだ


Re: 第2章ーRuleー ( No.240 )
日時: 2022/01/21 14:56
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

―新年突破記念―


イズミ「皆様新年、明けましておめでとうございます!」

トキヤ「新年明けたねー!」

彰「今年もよろしくお願いします!」

龍二「年もあっという間に令和だな!」

とにかく、俺らは年が明けたということで鏡餅を用意し餅を焼いていた
そして年越しそばを龍二さんの豪邸で食事していた

イズミ「美味しいですね!年越しそば!」

トキヤ「そうだな!美味しい!」

みかんなんかも沢山テーブルクロスの上にはあり、
とにかく年が明けた事を皆で祝っていた

Re: 第2章ーRuleー ( No.241 )
日時: 2022/01/21 14:58
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)


――――彰先輩と静香さんの結婚式に招待され俺らは準備をし龍二さんの車で結婚式会場に向かう事になった

「何か花束とか準備しなくて良いんですかね?龍二先輩」

「準備しなくて、大丈夫だろう!」

運転席で龍二先輩もそう返してきた助手席では愛子さんが嬉しそうに笑っていた

「彰達は、ちゃんと式も挙げるんだな」

とトキヤ先輩も返してきた

「そうみたい」

と愛子さんも言ってきたとにかく俺ら12人はお喋りしながら彰先輩達の居る結婚式会場に向かった

結婚式会場に着くと俺らは、受付を済ませ会場の中へと入った
結婚式会場の中に入るととても白い壁や白い床ととても安らげる場所となっていた

Re: 第2章ーRuleー ( No.242 )
日時: 2022/01/21 15:00
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)


結婚式会場では、あちこちにお花が飾られておりとても綺麗だった

「凄いですね結婚式会場もやっぱり豪華ですね!トキヤ先輩!」

「そうだな!やっぱり会場だから綺麗にしとかないと」

とにかく受付が終わると俺らは会場の中でトキヤ先輩とはしゃぎルイ先輩に注意された

「イズミ会場ではあんまりはしゃがない方が良いと思う」

「そうですね!わかりました!ルイ先輩!」

「まぁ、うかれるのも解るけどさ!」

と魁先輩も言ってきたとにかく俺イズミとトキヤ先輩は綺麗な会場でうかれていた
結婚式の会場で食事をする事になり

俺らは会場の中のテーブルクロスの席に着いたテーブルクロスの上にはナイフやフォーク白い紙が乗ったお皿が置かれていたバイキング形式になっており好きな料理を取って良いらしい

Re: 第2章ーRuleー ( No.243 )
日時: 2022/01/21 15:02
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)


とにかく結婚式場のバイキングで、好きな食べ物を選ぶと皿に乗せ俺らはテーブルクロスの席に着いた

「とても美味しそうですね!龍二先輩」

「そうだな!」

俺らは皆で食事するととても美味しく食事が終わると移動して彰先輩と静香さんの居る結婚式会場へと向かった色々お花が飾られており綺麗な会場だった

俺らは席について紳郎新婦と神父のやり取りを観ていた花嫁の静香さんはとても綺麗な純白ドレス姿で素敵だった彰先輩はと言うと白のタキシードに身をつつみとても決まっていた
とにかくお似合いの二人で俺らは拍手をしたショートケーキも何段か重なって置かれていた

暫くして結婚式が終わると俺らは席から立ちあがり帰る事にした

「凄かったですね!彰先輩と静香さんの結婚式」

「そうだな!お似合いだったな!」

帰りは龍二さんの車で俺らはそんな事を話していた


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。