コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

第2章ーRuleー
日時: 2022/01/04 15:38
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)






―――――――――ホストの仕事が一日終わると車で夜ドライブに出かける
一日の疲れをこれでとるのだ,そうして帰宅すると

仕事仲間とお喋りしてもう寝るだけだもうNО、1とかNО、2とか取り合いで大変だ
そうして、次の日も忙しい一日が始まる休憩時間になると仕事仲間と喫茶店へ出かけるのだ

「毎日、忙しいなぁ」

「そうだね!」

とか言いながら喫茶店のメニュー表を見てコーヒーとかサンドイッチとかパフェとか頼む
とても美味しいのだここの喫茶店,店内はオシャレで奇麗だし

店員さんの対応も良いとにかくお気に入りでよく来ている
店を出ると歌舞伎町の街を散歩するそうして休憩が終わると
忙しい仕事が始まるのだ





つづく

Re: 第2章ーRuleー ( No.91 )
日時: 2021/08/24 11:25
名前: 花桜咲 (ID: 7VvLld12)

閲覧数1700突破おめでとうございます!
すごいですね!
これからも頑張ってください!

Re: 第2章ーRuleー ( No.92 )
日時: 2021/08/24 12:05
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

花桜咲さん>応援どうもありがとうございます!^^
とても嬉しいです。

Re: 第2章ーRuleー ( No.93 )
日時: 2021/08/29 11:06
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

閲覧1500突破記念



龍二の豪邸にて

イズミ「まさかこんなに読んでくれている読者様が居るなんて!嬉しすぎますね」

トキヤ「ホントだ!」

イズミとトキヤがそう話すと龍二も加わった

龍二「読んで下さっている読者様に薔薇の花束とかプレゼントしたいな!」

彰「出来ればそうしたいな!」

龍二と彰も加わり龍二の豪邸でパーティーする事になった

魁「感謝、感謝だ!」

ルイ「とにかく皆様、嬉しい応援ありがとうございます!」

魁とルイも加わると高級ティーカップに
皆の紅茶を注いだ、われながらアールグレイの紅茶はとても美味しそうだった
高級皿に美味しそうなクッキーも並べるとティーパーティーの始まりだ




読者様、いつも嬉しい応援ありがとうございます!^^
これからも頑張って執筆していこうと思います!

Re: 第2章ーRuleー ( No.94 )
日時: 2021/08/24 19:04
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

閲覧1800突破!!とても嬉しい応援ありがとうございます!^^
もう少し執筆を頑張っていこうと思います。

Re: 第2章ーRuleー ( No.95 )
日時: 2021/08/26 07:21
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

閲覧1900突破!!作者はとても嬉しいです!^^
読者様へいつも嬉しい応援ありがとうございます!
作者は頑張って執筆していこうと思います。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。