コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

第2章ーRuleー
日時: 2022/01/04 15:38
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)






―――――――――ホストの仕事が一日終わると車で夜ドライブに出かける
一日の疲れをこれでとるのだ,そうして帰宅すると

仕事仲間とお喋りしてもう寝るだけだもうNО、1とかNО、2とか取り合いで大変だ
そうして、次の日も忙しい一日が始まる休憩時間になると仕事仲間と喫茶店へ出かけるのだ

「毎日、忙しいなぁ」

「そうだね!」

とか言いながら喫茶店のメニュー表を見てコーヒーとかサンドイッチとかパフェとか頼む
とても美味しいのだここの喫茶店,店内はオシャレで奇麗だし

店員さんの対応も良いとにかくお気に入りでよく来ている
店を出ると歌舞伎町の街を散歩するそうして休憩が終わると
忙しい仕事が始まるのだ





つづく

Re: ホスト2 ( No.3 )
日時: 2021/09/05 20:04
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)



NО、1が龍二でNО、2がトキヤでNО、3彰かとマネージャーが写真を見ながら言ってきた

「そうっすねー」

写真をテーブルに置きながら煙草をふかしていた俺も新人だから頑張らないと休憩室を後にした
早速ご指名が入り行ってみると奇麗なドレスに身を包みネックレスやブレスレットといった装飾品
巻き髪ヘアーにとにかく派手な格好をしたキャバ嬢だった

「いつもこういう格好をするの?」

「いえ、家ではしないですねここやパーティーとかそういう時ですね」

「そうだよね」

とか言いながら乾杯をしたあっという間に楽しい時間は過ぎて行き
帰り際になるとお客様から楽しかったお礼にと何やら可愛らしい箱を貰った
中を開けてみるとピアスだった


つづく

Re: ホスト2 ( No.4 )
日時: 2021/08/20 22:40
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)




「良いの?俺が貰っても」

「良いですよ!」

「ありがとう」

俺も楽しかったお返しに可愛くラッピングされたものをあげた
中を広げてもらうとネックレスだった

「私が貰っても良いんですか?」

「いいよー」

「ありがとうございます!名前聞いても良いですか?」

「イズミだよー」

「私の名前は、恋華だよ、宜しくね!」

「宜しくー」

お互いにバイバイすると俺は急いで休憩室に戻った
休憩室に戻ると先輩が待ってた

「お帰りー」

「ただいまー」

とか言いながら先輩が何やら嬉しそうに俺を見てきた

「お前やるなー」

「なにがですかー」

「いやーなんか様子見てたから」

「あーそうなんですか!??」

「何かプレゼントみたいなの貰ってただろ!」

「確かに貰いましたけど」

そんなこんなで忙しい仕事が終わりました



つづく









Re: ホスト2 ( No.5 )
日時: 2022/01/12 11:46
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)





――――――今日は、休日なので仕事仲間と海にバーべキューをしに出掛けた
NО、1の龍二さんが運転手でその彼女さんがその隣に座って
NО2、のトキヤさんとNО、3の彰さんと新人の俺はその後ろに座っていた

「ドライブみたいで楽しいですね♬」

「そうだなー」

早速海に着くと俺らは車から降りた青くエメラルドの宝石のように輝く
海はとても奇麗だった早速着替えると先輩達とはしゃぎ始めた
他の人達も楽しそうにはしゃいでいた

浮き輪に乗り潜ると貝殻を発見ヤドカリも発見とにかく海の中も白い砂浜でキラキラしていた
海で泳ぎが終わると着替えてバーベキューを開始した焼き鳥と野菜とウインナーの串刺しと
焼き肉と焼きそばを焼き始める

「今日は休日だからという事もあるけど

新人のイズミの歓迎会という事もあるから宜しくー」
と龍二さんが言って来た

「宜しくー」

と俺もそれに答えた飲み物や食べ物が支給された


「龍二さんは忙しくないですか?」

「忙しいよー、指名が一杯入って来るから」

「やっぱりそうですか!」

「うん」

他の皆も美味しそうにバーベキューを食べていた俺たち以外にも結構人がこの海には来ていた

「新人のお前も頑張れよ!」

「はい!頑張ります!」

他の先輩も忙しそうだとにかく俺も他の先輩を見習って頑張らないと
皆で食べるバーベキューはとても美味しかった食べ終わると皆で片付け始めた

「お腹一杯ですね!」

「そうだなー」

俺たちはバーベキューが終わるとキャンプを始める事にした
夜になると星空が瞬く間に奇麗で海も反射して美しかった
夜ご飯を作り終えると俺たちはキャンプの中で寝る事にした
そうしてその一日を終えたのであった

Re: ホスト2 ( No.7 )
日時: 2021/09/05 20:08
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)



次の日になると、俺達は店の掃除をする事にした
とにかく仕事仲間の皆と手分けして掃除に取り掛かった
テーブルクロスや鏡張りの壁を布巾で拭くととても奇麗にピカピカになるのだ

「清々しいですねー」

「そうだなー」

いつも店内は清潔を心がけているから掃除も当たり前だった
とにかくカーペットの入れ替えや花瓶の手入れ
床を掃除機かけたりととにかく掃除も忙しかった
休憩時間になると休憩室に行き皆でコーヒータイムに入る

「スタバのコーヒーとても美味しいですね♬」

「そうだなーお店のと一緒だからな」

ミルクや角砂糖も入れたら甘いコーヒーの出来上がりだ
おやつにドーナツも添えるととっても合う
とにかく甘くて美味しかった

「スタバも良いけど、ドトールも良いよな」

と先輩が言って来たので

「はい」

と答えたとにかく休憩時間が終わるとまた店内の掃除に取り掛かる
こうやっていつもお店も保つわけだ



つづく


Re: ホスト2 ( No.8 )
日時: 2021/09/05 19:58
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)


お店が奇麗になった所でまた仕事の再開だ

「今日はちょっと話があるぞ」

とマネージャーが言うので先輩達と一緒に休憩室に行ってみるとパーティーがあるという

「気を引き締めていこう」

「はい」

早速俺達は車でお店からパーティー会場に向かったパーティー会場に到着する否や
車から降りて会場に向かった中に入るとキャバ嬢っぽい女性や
スーツに身を包む男性シャンパンで乾杯しながら食事をしている

方やダンスをしているカップルもいるとにかく派手だった俺達も席に着き
シャンパンで乾杯すると食事をしたハンバーグソテーに
サラダにパンやスープもつくとテーブルクロスの真ん中には奇麗なお花が飾られていた

「とっても美味しいですね!」

「そうだなー」

とか言うと他の仕事仲間も美味しそうに食事をしていた食事を終えると
俺達はキャバ嬢っぽい女性の方とダンスを始めた
天井にはとても豪華なシャンデリア床は赤いカーペット壁は大理石でできていた
とにかく豪華なパーティー会場だなぁと思った

俺たち以外にもダンスをしている人達がいて
お互いにぶつかりながらもすみませんと謝った
ダンスも盛り上がっていたダンスが終わると
俺達はパーティー会場から大広場に出た
大広場の真ん中には噴水があって階段を登っていけばバルコニーになっていた

「疲れますね!ダンス!」

仕事仲間の先輩達と休憩に入る事にした

「そうだなー」

とか言いながら俺達はスーツ姿でくたくたになっていたしばらくして休憩が終わると
パーティー会場では何やら演劇をやっていた俺達はシャンパンで乾杯すると
観賞して車で帰る事にした





つづく











Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。