ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

叛逆の燈火
日時: 2022/11/27 22:58
名前: 0801 ◆zFM5dOWfkI (ID: Xi0rnEhO)

 傭兵の少年である「アレン・ミーティア」と傭兵団の仲間は、ある村を拠点として、人々の手助けをしていました。
 「弱きを守り、強きを挫く」……その信念に従い、戦い、守り続けていたのです。

 ですが、そこに暗雲が立ち込めてきました。
 傭兵団の存在を良しとしない帝国の者達が、傭兵団を誘い込み、殲滅しようと画策したのです。
 そして、傭兵団は帝国の罠にはまり、追い詰められてしまいます。

 アレンは傭兵団を逃がし、一人追い詰められてしまいました。
 追い詰められ、苛立ちで顔を歪めるアレン。

 ですが、アレンは右手に力を込めて握りしめます。
 黒いオーラが右手を包み、彼の右手は魔物の腕のように禍々しい物へと変わったのです。

 「もう二度と、お前達に好き勝手させてたまるか。奪わせてたまるか!」

 果たして彼の力は、守る為のものなのでしょうか?


余談
9.25 小説☆カキコ大会2022・夏 金賞


目次
・序章1「胎動する燈火」>>1-10
・序章2「世界への叛逆」>>11-14
・序章3「邂逅する燈火」>>15-24
・第1章「王女様と俺」>>25-31
・第2章「消えない傷」>>32-37
・第3章「神が作りし人形」>>38-40
・第4章「だれかさんの本音」>>41-47
・第5章「大人と子供とおねーさんと」>>48-53
・第6章「俺とあいつの正体」>>54-60
・第7章「まさにそれは死闘」>>61-64
・外伝 「理想と現実」>>65-68
・第8章「波乱の予感」>>69-75
・第9章「東の異国の道中記」>>76-82
・第10章「蛇と蛇」>>83-88
・第11章「魂の邂逅」>>89-94
・第12章「妖精族のおばあさん」>>95-102
・第13章「強雨の最中」>>103-112
・外伝 「あの時に会った人」>>113-116
・第14章「」

Re: 叛逆の燈火 ( No.114 )
日時: 2022/11/24 23:06
名前: 0801 ◆zFM5dOWfkI (ID: Xi0rnEhO)

 俺達はでかける準備を終え、大きなバスケットを持ったシスターの後をついていく。シスターは子供の俺達よりも強くて、魔物なんか簡単に蹴散らす。魔物ってのは、ドライブっていう魂の力が暴走して、異形に変わってしまった、人間や動物、それに植物とかの成れの果てだってシスターが言ってた。魔物は生物を見つけると襲い掛かってきて、捕食するんだって。魂を取り込むためとか、なんとかって本に書いてあったのを教えてもらった。魔物については、まだはっきりした事は解明できてないらしく、対策と言えば、傭兵や騎士なんかに頼るしかない。俺も、早く魔物なんかに負けない大人の男になって、シスターやエレノア、ルゥを守ってやりたい。それが、「兄ちゃん」としての使命だと思う。
 さて、森の奥へ進んでいると、ルゥの顔色が悪くなってきた。こいつはこの中で一番の病弱。限界かなと思いつつ、ルゥに声をかける。

「おい、ルゥ。大丈夫か?」

 ルゥははっとしたように顔を上げ、首を振った。

「へ、へいきだよ! 兄さんとか、エレノアとか。あとシスターは?」
「ん?」

 声をかけられたエレノアもシスターも振り向いて、ルゥを見る。

「エレゥ、へーき! にーちゃは?」
「俺も平気だよ。シスターはどうなんだ?」
「私もまだ元気よ。……ルゥ、疲れたのなら、休憩しましょうか?」

 シスターがルゥの目の前でしゃがみ込み、視線を合わせて、優しく柔らかく尋ねる。ルゥがシスターと目が合うと、顔を真っ赤にして首を大きく振った。

「だ、大丈夫! まだ歩けるから!」

 ……こいつは意地っ張りで頑固なとこがある。だけど、人の好意は素直に受けられないもんかね。そう思うと、俺はルゥの前で背中を向けた。

「ほら」
「えっ」

 ルゥが戸惑っている声が聞こえる。……察しが悪い奴だな。

「おぶってやる。乗れよ」
「え、でも……」

 ルゥは未だに戸惑っているみたいなので、俺はルゥの方を見た。

「俺はお兄ちゃんだぞ。お前は弟。お兄ちゃんに甘えるのは弟の特権だぞ。早く乗れよ」
「……え、ぅ」

 なかなか乗ろうとしないので、俺は一歩ルゥに近づいてやる。そうすると、ルゥは諦めたのか。素直に俺の背中に乗っかった。俺はルゥが乗った事を確認して、立ち上がる。……以外に軽いな、こいつ。俺はそう思いながら、皆に「行こうぜ」と言った。

「ええ、そうね」
「ルゥ、これであんしんだね!」

 エレノアがルゥの隣に合わせて歩いて、そうにっこり笑うと、ルゥは小さく頷いた。



―――



 しばらく歩くと、谷底にかかる橋が見えてきた。谷の真下はゆったりと流れる渓流。……だったんだけど、この前の大雨で水量が増えていて、濁流が勢いよく下流まで流れていってる。橋は木製だけど、俺達がその上を歩いても問題なさそうだ。それなりに頑丈そう。橋の向こう側には、俺達の目的地であるベリーの森がある。
 俺達は一人ずつ橋を渡った。まずはエレノア。スキップをしながら向こう側まで歩いて行った。エレノアはある意味強いな。恐れを知らない。
 次にルゥ……いや、俺達は最後にしてもらった。だから、次はシスター。シスターも問題なく向こう側まで渡りきると、振り向いて俺達に手を振った。

「ルゥ、しっかり捕まってろ。怖かったら目を瞑ってろよ」
「……っ」

 ルゥは顔を伏せてしまったようだ。俺の背中にルゥの心臓音と荒い呼吸が伝わってくる。両手が使えない今は、慎重に進まないとな。俺が橋に一歩踏み入れると、ギシリと軋んだ音が響き渡る。……頑丈だけど、木である以上は軋んだ音は仕方ない。だけど、その軋んだ音が耳に入ったのか、ルゥが俺にしがみついている手の力が、一歩進む毎に強くなっていく。ぎゅうっと俺の服が掴まれて、俺はルゥに怖い思いをさせないために、声をかけた。

「大丈夫だ、ルゥ。俺がいるからさ」

 気休め程度なのはわかってるけど……でも、そう声をかけてやると、ルゥがほんの少しだけ力を緩める。身体が震えているのか、小刻みの振動も伝わってくるけどな。


「アレン、こっちに向かって走ってきて!」

 突如、向こう側にいたシスターが、慌てたような怒声を俺達に浴びせた。突然の事に、俺は「えっ」と声が出る。エレノアも慌てているのか、なんだかじっとしていられず、その場で足踏みをしている。……様子がおかしい。後ろに何かがいるのか? なんて考えてると、ギシギシと明らかに何かがこっちに近づいてくるような音が背後から聞こえた。
 どんどん近づいてくるもんだから、俺は思わず振り返ると――


「グルアアアアアァァァァァァッ!」

 咆哮。獣のものだ。振り返ると、そこにそいつがいた。
 黒いオーラを放つ、大きな狼。……大きいっていうか、俺の一回りも二回りも大きな狼が、俺達を見下ろしている。俺は前しか見てなくて、しかも背中にルゥを背負ってるもんだから、全然気づかなかった。すでに目の前にそいつが現れて、突然の事に俺は動く事も出来なかったんだ。

「わ、あ……あっ……!」

 ルゥが怯えて声も出せないようだ。俺も突然の事に、目を剥いてそいつを見てるしかできなかった。……何もできなかったんだ。

 スローモーションっていう言葉を聞いたことがある。世界が……何もかもがゆっくりに見える現象だって、シスターから聞いたことがある。まさにそれが今目の前で怒っていた。奴が前足を振り上げて、俺に向かって鋭い爪を振り下ろそうとする瞬間が。とてもゆっくりと、ゆっくりと俺の目に映っていたんだ。

 ――次の瞬間には、俺とルゥは、橋の外に身を投げ出されていた。何が起きたんだろう。俺の身体もルゥの身体も、傷一つなかったんだけど……。何もかもがゆっくりに見えるけど、俺が最後に見たのは、橋が壊れて破片と一緒に落ちてくる奴の姿と、ルゥの姿だった。

Re: 叛逆の燈火 ( No.115 )
日時: 2022/11/25 23:05
名前: 0801 ◆zFM5dOWfkI (ID: Xi0rnEhO)

 俺はうっすらと瞼を開く。……どうやら気絶していたらしく、俺はガバっと体を起こした。周りを見ると、どこかの洞窟のようで、岩壁と冷たい土の上で寝ていたようだ。俺の隣には、ルゥが寝転がっている。怪我一つなく、顔色もいい。すやすやと眠っているもんだから、逆に不安になってしまう。俺は慌ててルゥを起こそうとすると、入り口から足音が聞こえた。
 シスター? 俺はそう思いながら、近づいてくる人影を凝視する。

「起きたか」

 と、その人は俺達に声をかけながら、姿を現した。両腕に結構な量の木の枝を抱えている。……誰だ? 俺は知らない人が突然洞窟の中まで入ってきたもんだから、どういう顔をすればいいのかわからない。
 くすんだ色の金髪と、釣り目の碧眼で見下ろしてくる、ちょっと怖い顔の兄ちゃん。首元にはなんかトレードマークっぽい赤い布が巻いてある。俺より背が高いし、体格も細身だけど筋肉がついている。それに、背中には大きな麻袋を背負っている。きっと傭兵なんだろう。腰にナイフを二丁下げているからな。
 兄ちゃんは俺達の目の前まで来て腰を下ろすと、木の枝を両腕から下ろすと、ズボンのポケットから紙屑と黒い石を取り出した。

「今、また雨が降り出したんだ。雨が止むまで、ここで火に当たって待っていよう。いやあ、よかった。雨が降り出す前だったから、枝も火打石も濡れずに済んだ。間一髪って奴だなぁ」

 兄ちゃんがそう言いながら、紙屑を木の枝の山の上に置いて、黒い石を打つ。まるで流れ作業のように手慣れている。
 カッカッと音が鳴った後、火花が散って火が灯った。黒い石は、多分火打石。シスターがいっつも使ってるのを見てるし。

「腹減ってるか?」

 兄ちゃんが俺の方を見て、背負っていた麻袋を地面に下して、中身を取り出す。干し肉やイモ、それに乾燥ミルクやら干しキノコ。鍋も取り出し始めた。

「何その麻袋。……もしかして魔法の袋って奴?」

 やっと出た言葉がそれだった。いや、自分でもなんでそんな言葉が出たのかよくわからん。兄ちゃんは当然吹き出して、大きく口を開けて笑った。

「なわけないだろ。単純に、傭兵だから大荷物なだけだ。傭兵は何かと野宿が多いから」

 兄ちゃんが「ひひひ」と笑い、涙を浮かべながら、俺にそう言いながら、鍋にどんどん干し肉や干しキノコ、乾燥ミルクをどんどん入れていき、水の入った大きなボトルも取り出して、水を鍋の中へドボドボと注いでいく。木の板の上で芋を腰のナイフを使って刻んでいき、鍋に入れてからパチパチと燃える火の上に鍋を乗せる黒い金属の台を置いて、鍋の中を取り出した木のスプーンで混ぜ始めた。

「あとはじっくりと煮込むだけだ。その間、ちょっと話でもするか」

 と、かなりフランクな態度で俺の方を見ながら、そう言った。
 ……そういや、この兄ちゃん。一体何者なんだろうか。今更警戒してる。

「兄ちゃんは一体誰なんだ? そもそも、俺達は――」
「ああ、すまん」

 兄ちゃんが頬を掻きながらバツの悪そうな顔をした後、俺に頭を下げたんだ。「えっ」とつぶやいた後、俺はどういう顔をすればいいのかわからず、兄ちゃんを見つめる。

「魔物がお前達にすごい勢いで迫ってるのを見てさ、急いで何とかしないとって思って――」

 兄ちゃんが話す内容はこうだ。
 あの狼の魔物は兄ちゃんが追っていた魔物らしくて、この近辺を荒らす事で賞金も賭けられていたんだって。兄ちゃんは傷を負わせながらあの渓流に追い詰めてたんだけど、運悪くシスター達がいて、最後に橋を渡っていた俺達に襲い掛かったんだと。橋を渡りきるのに俺達が邪魔だったのか。それとも、俺達を人質にするつもりだったのか。どちらにせよ、放置していたら一般人に……ましてや子供に危害が加えられたら……兄ちゃんは咄嗟に橋を武器で壊して、落下する俺とルゥを受け止めたって……そんな話を聞かされても、いまいちピンと来ねえや。

「どうやって受け止めて、それでこんな洞窟にいるわけ?」

 俺がそう尋ねると、兄ちゃんは「うーん」と頬に手を当てる。

「ロープを橋の支柱に引っ掛けて、ロープの端をつかんでさ。それでブランコの要領でお前らを受け止めたんだ。……あ、真似はするなよ? 俺が特別な訓練を受けてるからできてることだから」

 兄ちゃんがそう釘を刺してくるので……いや、別にやらねえよ!

「で、さ。橋の向こう側におばさんと小さい女の子がいたろ? どうしたんだよ」
「おばさん? ……いやそれは見てない。綺麗なシスターのお姉さんはいたけどな」
「……で、どうしたんだ?」

 兄ちゃんに尋ねると、「うーん」と声を出して考え込んでしまった。

「いや、すまん。知らん」
「えぇっ!?」
「すまん……橋の向こう側には着地しなかったんだ。だけど、橋はあそこだけじゃないし、ちょっと歩けば別の道もある。橋は壊したし、あのお姉さんは強そうだし。……多分無事だ」
「た、多分って……」

 無責任だなぁと思いつつも、まあ、しょうがねえか。結果そうなっちゃったんだし、兄ちゃんを責めたって何かが変わるわけでもない。心配だけど……シスターがいればエレノアは大丈夫だ。俺よりもっともっと強いしな。それより、結構ザーザー降ってるんだろうか。雨の音が洞窟内にも響き渡ってる。シスターとエレノア、大丈夫なのかな? と、半分心配だけど、半分は大丈夫だって信じてる。……だって、シスターは、いつだって俺達を迎えに来てくれるし。
 俺はどういった顔をしたらいいのかわからない。こういう時、どうしたらいいんだろう。そう思っているのを察したのか、兄ちゃんは俺の背中をバンっと叩いた。

「ま、今は腹ごしらえだ。俺特製のミルクスープを食って温まろうぜ」

 と、まだ途中のスープはぐつぐつ音を立てながら、煮立っている。いい香りも周囲を包んだ。鼻をくすぐられ、俺の腹の虫は思わずぐぅ~と鳴き始める。……そういや、昼はシスターの弁当を食べるはずだったんだけど、結局お預けになっちまった。
 スープのいい香りに誘われて、ルゥが目を覚ましたのか、むくりと起き上がる。

「ん、ん……ぅ……にいさ、ん……?」

 寝起きなのか、口も回っていない。そんなルゥに呆れつつ、俺はルゥの頭を撫でた。ルゥはというと、目をこすってまだ眠気が取れてない。瞼も重いのか、うつらうつらと船を漕いでいる。

「あ、そういや……」

 俺は、一つ大事な事を思い出し、兄ちゃんの方を見る。

「あんた、名前は?」
「ん。そういや名乗ってなかったか」

 兄ちゃんがそう言いつつ、鍋を回して、

「俺は……ま、今は「キャス」って呼んでくれ。なんせ、名前が長いもんだから」

 と、キャス兄ちゃんはにかっと笑った。

「そうなんだ。キャス兄ちゃん。俺は「アレン」。よろしくな」

 本当は、人に名前を尋ねる時はまず自分から。……って、シスターが言ってたんだけど。いいよ、別にさ。次は気を付ければいいし。
 キャス兄ちゃんはそんな事お構いなしに、袋から木の器を取り出す。その中にスプーンで掬ったスープを入れて、器をルゥに差し出した。小さいスプーンも添えて。

「ま、まずは食え。腹が減っては戦はできぬ。だぞ♪」

 と、笑顔を見せていた。

Re: 叛逆の燈火 ( No.116 )
日時: 2022/11/27 16:36
名前: 0801 ◆zFM5dOWfkI (ID: Xi0rnEhO)

 スープを飲みながら、キャス兄ちゃんは色んな事を教えてくれた。兄ちゃんはなんでも、帝国出身の傭兵で、大陸を旅している傭兵なんだって。俺くらいの時には、もう既に旅をしていて、大陸の色んな場所や人に出会ってきた。だから、帝国や他国についても教えてくれた。今はまだ仮初だけど、平和ではあり、税金もそこまで重くないし、そこそこの仕事もあるから、生活はできている。ってさ。
 お金かぁ……そういや、シスターは何をして俺達を何不自由もなく生活させてくれてるんだろう?
 って事をキャス兄ちゃんに聞いてみると。

「修道院って、国や宗教機構から毎月補助金が出るらしいぞ。まあ、それでも微々たるものだが。多分お前らを食わせてやれるくらいはできてるんじゃないかな」

 そんな話を聞いて、俺は毎月緑の髪の男の人が、シスターを訪ねてくるところを見ている。……その人が補助金を持ってきてくれるのかな? なんであれ、シスターのおかげで不自由なく暮らせているし、本当にシスターには感謝してもしきれない。何か恩返しでもできたらなぁ。……って無意識に口にしてたみたいだ。キャス兄ちゃんがそれを聞いて「がはは」と笑った。

「そんなん子供が気にするこたないよ。なんせ、シスターって人も、お前らを養う事が保護者の責任だし、それ以上にお前らが好きなんだから。子供がそんな事気にすんじゃねえや。そういうのは、自分で金を稼げるようになってからだぜ」

 キャス兄ちゃんは、俺とルゥに手を伸ばして、ぽんぽん叩く。

「……確かに」

 一理ある。いつか、シスターに絶対恩返しする。そう心に決め、スープを口の中に掻っ込んだ。

「……僕も、シスターを守れるくらい、おっきくなる!」

 ルゥも眉を吊り上げて、キリッとした顔つきで言い放つと、キャス兄ちゃんが「おう!」と笑いながら親指を立てた。

「お前達の将来が楽しみだな。俺と肩を並べて戦う未来を、傭兵を続けながら待っててやるから。立派な傭兵になるんだぞ~」


 そんなこんなで会話が弾み、スープを平らげると、俺は外をふと見る。雨は止み、陽の光が洞窟の入り口まで差し込んでいた。……これでシスターとエレノアを探せる。俺はそう思い、立ち上がろうとすると、キャス兄ちゃんが後片付けをささっと終わらせながら、俺に待ったをかけた。

「待て待て。俺も一緒に行くよ。さっきみたいな魔物がいたら、お前達を守れるからな」
「……僕達、お金は――」
「子供は大人に甘えるんだよ。あ、この場合の大人は、金を自分で稼げる人の事な」

 と、兄ちゃんは麻袋を背負うと、俺達の先を歩き始めた。
 確かに、兄ちゃんも結構若い。多分成人はしてないと思う。
 兄ちゃんの先導についていく俺とルゥ。洞窟の外を出ると、空には虹がかかっていた。

「おお、幸先いいかもな。さて、行こうか」

 と、兄ちゃんが俺達の前を歩き、森の中へ進んでいく。雨が止んだばかりで、地面がぬかるんでいる。足元がすごく悪く、ルゥは躓いては俺にぶつかりそうになった。

「ルゥ、大丈夫か?」
「へ、平気だよっ」

 ルゥは強がりつつそう言うと、しっかり歩こうと必死に努めている。俺もルゥに歩幅を合わせ、こけてもフォローができるように隣を歩いていた。おぶるのはいつでもできる。……だけど、本人が無茶してない限りは、本人にやらせないと、優しさと甘やかしは違うんだから。――シスターならこう言うと思う。だから、ルゥの頑張りは見守ってやらないと。それがお兄ちゃんの務めだ。
 そんな俺達を見守りつつ、前を歩いていた兄ちゃんは、感心していたのか、「ほほう」と声を出す。

「なんだよ?」
「いや、お前はその歳でもう兄ちゃんの自覚があるんだなぁ。って思ってさ」
「……悪いか?」

 俺が不安げに尋ねると、兄ちゃんは「いーや」と首を振る。

「悪かないさ。むしろ、俺ってさ。弟みたいな奴がいたことあったから。なんか、アレンとはなんとなく、親近感がわくっていうか」
「弟みたいな奴?」

 兄ちゃんが寂しそうに笑った。

「ああ。弟だけじゃない。兄や姉、妹。両親同然の仲間が、さ」
「……今は?」
「……」

 キャス兄ちゃんは、俯きながら考え事をしているのか、無言になった。ルゥは俺の脇腹を小突くと、俺ははっとして慌てた。

「ご、ごめん! 聞いちゃまずかったよな?」
「いや。いいよ。俺はまだあいつらの事を割り切れていないらしい……でも、いつかは忘れずとも、割り切って現実を受け止められる日が来るはずだ」

 兄ちゃんは顔を見せずにそう言った後、前の方に誰かがいる事に気づいた。

「あれ、シスターの姉ちゃんと妹ちゃんじゃないか?」

 兄ちゃんが指をさすので、俺もルゥも指さす先を見る。
 森の外だ。そこにシスターとエレノアの姿があり、俺達を見つけるなり、駆け寄ってきた。やっぱシスターは強いから、二人とも無事だった。ルゥは声を出しながら、シスターに急いで走り寄って抱きつく。俺もそれを追っていると、エレノアも近づいてきて、俺に抱きついた。ぎゅーっと力強く。俺とルゥとエレノアを包むように、シスターはしゃがんで、にこりと微笑んだ。

「ふえぇぇん! シスター……ごめんなさいぃぃ!!」

 ルゥはシスターに会えてよっぽど嬉しかったのか、涙をボロボロ流してシスターに謝っている。

「無事でよかった、二人とも……」

 シスターはそういってルゥの頭を撫でてやると、キャス兄ちゃんの方に顔を向けた。

「ありがとうございます。この子達を守ってくださって。……お礼は少ないですが――」
「待て待て。元はと言えば俺が魔物を追い詰めたせいで起きた事。民間人に危害を加えたとなれば……ましてや、教団の関係者になんかあったって言われたら、俺……評判がガタ落ちになって食いっぱぐれちまうよ。だから、今回はタダでいいよ」
「……いえ、そのような事をエターナルはお許しに――」

 シスターが神の名を出そうとすると、頭を掻きむしりながら兄ちゃんが叫んだ。

「俺の信じてる神は、そんなケチくさい事言いません! てことで、この話は終わりだ。どうしてもっていうなら、次に傭兵を頼む時は、俺を用命してくれ。それでいいだろ?」
「え。ええ……そう言う事でしたら」
「よっしゃ。よろしく頼むよ。てことで、俺は賞金首を一応倒したって事で、街に帰るよ。修道院迄ついて行った方が?」

 兄ちゃんがそう言うと、シスターは深々と頭を下げる。

「いえ。そこまでお世話になるわけには……本当に何から何まで。感謝いたします」
「わかった。じゃあ、アレン。ルゥ。また会える日まで」

 シスターの返事を聞いて、キャス兄ちゃんは納得し、森の外へのしのしと歩いて行ってしまった。


 帰り道、シスターとエレノアとルゥは手をつなぎながら、夕陽に照らされて帰路についていた。シスターとエレノアには、今日あった出来事を話すと、微笑みながら俺とルゥに「そうなのね」と頷き、微笑んでくれる。
 そして、将来はシスターを守れるくらい強くなる。そうシスターに言ってやると――

「……ふふっ、楽しみにしてるわ。あなたが、どんな道を進もうとも。私はずっと……」





 ……そう言ったのに。俺は……
 俺は銀色の十字架を掌に乗せながら、昔の事を想いふけっている。今なら、シスターを守れるかもしれないけど。シスターは、もういない。
 守ると決めていた、エレノアとルゥも……。
 感傷に浸ってる余裕も、暇も無い今。こうして一人になると、もっと早く強くなれば、シスターとエレノアとルゥを、守る事ができたはずなのに。そう考えて考えて、自分すら憎く感じる。意味のないことだって、わかってるんだけど……さ。
 俺、まだ弱いんだ。だから、こうして自分一人で考えて、やり場のない怒りを感じて。……一際大きくため息をつきながら、十字架を握りしめた。

「アレン、そろそろ出発だ」

 背後から、俺の相棒でもある人物の、しわがれた声が響き渡る。振り向くと、赤髪の少女とも少年ともとれる――エルが立っていた。

「……すぐ行く」
 
 俺はそう一言。立ち上がり、エルの方へ歩いた。

「なあ、エル」
「なんだ?」

 エルは立ち止り、俺の方を見て首を傾げる。
 ……エルに、「俺は弱いか?」と声を出そうとしたが、やめた。自覚してるんだ。俺がまだ未熟も未熟で、一人じゃ何もできない子供だってことを。そう考えると、聞く迄も無いと自分を納得させ、俺は首を振った。

「……いや、ごめん。なんでもない」
「そうか」

 再び、俺達は歩き始めた。

Re: 叛逆の燈火 ( No.117 )
日時: 2022/11/28 22:19
名前: 0801 ◆zFM5dOWfkI (ID: Xi0rnEhO)

 ばあさんは医者の言う通り、結果として、だけど。大丈夫だった。でも、結果として、だ。俺はばあさんの手を取って、あの時は頭に血がのぼってて、ばあさんに迷惑をかけてしまって、申し訳なかった。と謝罪をした。

「ふっ、なんじゃ? 儂に謝るなぞ。儂が油断していた故の結果よ。別にお主が謝る事など何一つありはせぬ」
「……でも」
「でももへちまもあるかい。解ったら、この話は終いじゃ。これ以上聞いたら、水晶玉で殴る」

 満面の笑みでなんつー事を……と、思いつつ。俺は話題を変えた。

「そういや、皆は大丈夫なんかな……」
「他人の心配ばっかじゃな、お主は。……他人の心配より、お主が連れ帰った姫の心配でもすると良い」

 ばあさんが扉を指さすと、「早くいけ」と催促してくる。

「シビルの方は我が見ている。お前が呼べば、私は影に潜んですぐに向かえる。心配しなくてもいい」

 エルも、そう言って、俺に姫さんの方へ行くよう、指し示す。
 二人とも、俺に姫さんの所に行かせてどうしたいんだよ……と、なんか鼻がムズ痒くなった。でも、とりあえず顔を見るかって事で、ばあさんはエルに任せて、姫さんの所に行くことにした。場所は……まあ。エルがさっき隣の部屋だぞと言ってくれたし。廊下へ出て隣の部屋へ歩み寄り、扉を静かに開ける。
 部屋の中には、ベッドの上で体を起こし、外の様子をぼうっと眺めている姫さんの姿があった。前に会った時と同じく、黒く長い髪。……あの時からあまり変わっていない、病的に痩せた体や顔。だけど、瞳には光がある。本来の性格が顔に出ていた。

「起きてたのか」

 俺は思わず口にすると、姫さんはこちらを振り向いて、ぎょっとしたような顔で体を震わせた。

「ま、魔王……」
「違う。俺は……ああ、いいや。ちょっとこの椅子を借りようか」

 部屋に椅子があったので、一つ手にして、姫さんの寝ているベッドの脇まで持っていく。俺が近づくたびに顔色を悪くする彼女。……俺が魔王だったら、多分椅子を脇まで持ってきて座って静かにお話――なんてしないと思うんだけどな。

「俺は魔王じゃなくて、「アレン」。「アレン・ミーティア」って名前の……うん、一応傭兵だよ」
「アレン、殿、ですか。……その、あまりに顔が、魔王にそっくりで……」

 よく言われる。と俺はふっと笑った。
 俺が笑うと、怯えるようにシーツで顔を隠していた。姫さんがどんな目にあったかは……実は知ってる。ヤマタノオロチ――じゃなくて、エイトをと出会った時に記憶が流れ込んできたんだ。なんでかはわからん。……でも、エイトが俺に心を少し開いてくれたおかげなのか。よくわからんけど、これもラケルのおかげかもしれない。
 流れ込んできた記憶って言うのが、魔王ソフィアが東郷武国を滅ぼした日に、姫さんに封じられていたエイトを、解き放った。姫さんの事が相当嫌いじゃないと、エイトに発破をかけて、わざわざ殺さず見逃すなんてしねえよな。性格が悪い、というより。子供が嫌いな奴を貶めようとするような。そんな感じの奴。
 ……それはそれとして、それ以前の事はわからない。エイト自身が強く封じ込めているせいか、まだ心を開いてくれてないから、だと思う。
 エイトが俺の中にいる事を伏せて、姫さんに今までの事を話して聞かせてやると、姫さんは俺の言葉に安心してか、警戒心を少しだけ解いてくれた。……当たり前だが、俺と姫さんは出会って日が短いどころか、互いの事を良く知らない。
 だから、俺は警戒心を解くために、ちょっと大胆な行動に出た。

「姫さん、俺と友達になってくれないか?」
「……は?」

 姫さんはとんでもなく間の抜けた声を漏らして、目を丸くし、俺の顔をぱちくりと見つめていた。
 当然の反応だけど、これ以外に仲良くなる方法が思いつかなかったんだよ! 笑うなら笑ってくれたっていいし、嫌がるならもう嫌われてもいいや。と、俺はだんだん顔や耳が熱くなっていくのを感じた。ああ、もう。ダメだ。俺……友達作った事ねえもん。わかんねえよ!

「……だーっ! ごめん、やっぱなし! いいよもう!!」

 俺は慌てて立ち上がり、急いで部屋を出ようとすると――
 がしっと俺の腕は細い手によって掴まれる。姫さんしかいないんだから、彼女の手だ。

「ま、まって……。お、お友達の件は、まあ。もう少し仲良くなってからで。それより、そんなにすぐに出て行かないでくださいよ! この状況で私一人になったら、な、なんか……なんかすごい気まずいじゃないですか!? 置いて行かないでくださいよッ!」
「あ、う……」

 姫さんは泣きそうになりながら叫ぶもんだから、俺は「確かに」と納得して、再び座り込む。
 正直、同年代の女の子と話したこともないから、何を話したら。……それだけじゃないけど。姫さんの事があんまり好きじゃなかったってのもある。
 今は、とりあえず、彼女の事を知りたいとは思えるようになった。知らないままじゃ、きっとこれから先も気まずいままだろうし、さ。

「じゃ、じゃあ。身体の方は大丈夫なのか?」

 今聞くべきじゃないタイミングなんだろうけど。話題が無さ過ぎて、そんなことを聞いてしまった。姫さんは「え、ええ」と返すと。

「歩くのは、少しふらつく程度ですが……ここ最近は様々な事がありすぎてもう何が何だか何一つ理解できてなくて、頭がこんがらがってますし、身体の方もあまり激しい運動はしばらくできないと、お医者様が。でも、普段は大丈夫そうです。……以前のように戦うとなると、もうしばらくかかりそうですが」
「なんだよ。だったら俺が守るよ」

 俺は無意識にそう言うと、姫さんは胸に両手を当て、俺の顔をまじまじと見つめている。……もういい。帰る。俺はまた立ち上がった。

「い、いや、なんでですか! いいからいてくださいよ!」
「もういいだろ、俺もう恥ずかしくて死んじまうから!」
「なんで!? もう恥ずかしくて死んでもいいからいてください! 私、正直一人じゃ心細いんですから!」

 姫さんが俺の裾を強く引っ張るもんだから、もう恥ずかしすぎて背中を見せて、姫さんの顔を見ないように座った。そうなると、背後にあった窓の外が見える。俺達の雰囲気を嘲笑うような、まっさらな快晴。ホント、雲ですら、俺を笑っているような気がしてならない。……穴があったら入りたいぐらいだ。

Re: 叛逆の燈火 ( No.118 )
日時: 2022/11/28 23:02
名前: 0801 ◆zFM5dOWfkI (ID: Xi0rnEhO)

「そういや、姫さんってなんて名前だっけ」

 俺は姫さんの顔を見ずに尋ねると、姫さんは答えてくれた。

渕舞エンブ千智チサトです。チサトと呼んでください」

 姫さんはそう言ったけど、俺は何も答えなかった。……俺、姫が好きじゃないから。
 ……ああ、またムカつく事思い出しちまった。あのエイリスって奴の事。俺は無意識に、苛立って頭を掻きまわしていたようで、チサトは戸惑ったような声で俺に尋ねてくる。

「アレン……さんは、私の事が嫌いなのですか?」
「……」

 俺はその質問にも答えない。無言でいると、チサトは質問を変えてくる。

「では、何が気に入らないのでしょうか?」
「……別に」

 俺はそれだけ口にすると、椅子から立ち上がって、再び姫さんの顔が見える方へと座り直す。

「単純に、王女とか姫様ってのが好きじゃないだけだ。世間知らずで温室育ちで、自分の視野の外の事を全く知ろうともしない、マヌケが上から目線でぎゃあぎゃあ喚く。その上キイキイ叫んで耳障りで。ホントムカつくんだよ」

 俺は多分顔色や目つきがどんどん変わっていっていたんだろう。姫さんの目が、恐ろしい物を見るような表情へと変わっていく。

「……私も、そうだと?」
「そうだと思ってる。ボンボンの子供って大体同じように、マヌケで世間知らずで、理想だけはとことんたけえ。平民をとことん見下して、自分さえ良ければいい――」
「違いますッ!」

 俺がまくし立ててお姫様の悪口を言ってると、一際大きな声でぴしゃりと言い放つ。俺も思わず驚いて口を噤んだ。

「私は……私は、全ての人間が平等であれば。全ての人間が安心して暮らせる世の中にしたいと、そう思って、これまで理想を目指して動いてたの! 上に立つ立場だからこそ、民や国を、全部守らないといけなかった! あなただって、守りたいものがあるから。救いたいものがあるから、今こうして魔王と戦っているのでしょう!? どうしてわかってくれないの!?」

 姫さんも俺に喋らせないようにまくし立ててきた。……俺は王になった事はないし、そういう立場にはなった事はないけど……俺は口を開いた。

「姫さんって、責任とれるの?」
「えっ?」

 姫さんがぽかんとした表情で俺を見据える。

「いや、だから……何事にも責任が伴う事はわかってるのかって聞いてるんだって」
「……」

 姫さんは、黙って俯いた。

「俺だって、自分のやってる事に責任がある事は知ってるし、自分で始末がつけれる範囲で何でもかんでも行動してる。姫さんを助ける時だって、もし、あんたを殺してしまった時は、俺一人で背負う覚悟はあった。……まあ、覚悟はあっても、アストリアの事はみすみす見逃しちまったけど」

 俺は腕を組んで、姫さんを見る。彼女は、思うところがあるのか、俯いたままだった。

「姫さん、あんた全部守らないとなんていうけど、全部守った後、守った人のその後を世話してやれるのか? ……これ、副長とモーゼス兄ちゃんの受け売りだけどさ」
「守った、後?」
「そう。守った数が多いだけ、生活に必要な食糧も、必要な物資も、姫さんが全部用意できるのか? って話」


 副長も兄ちゃんも、手に抱えられる以外は守る事ができなかった。時には見殺しにする事もあった。俺はその時、どうしようもなく子供だったから、二人……いや、傭兵団の皆に反発した。

「なんでみんなを守らないんだよ! あの人たち、まだ――」
「無理だ……。俺はそこまで責任を負えない」

 モーゼス兄ちゃんは、悔し気に首を振る。それがわからなくて、その後も兄ちゃんを責めていたんだ。兄ちゃんは無言で、俺の罵声を受け止めていたが……そこで副長に頬を殴られ、盛大に吹っ飛ぶ。

「……全部救って、その後は? あいつらの世話でもできるのか? できないだろ。俺達は慈善団体じゃねえ。全部を救うなんて、英雄にでも無理なんだよ」

 その事を理解したのは、もうしばらく後だったけど。副長や兄ちゃんの判断は正しかったのかは、今でもわからない。犠牲のない世界が理想だけど、そんなのは無理だ。誰かが踏み台になるしかない。今は、そういう世の中だ。


 俺は、姫さんに副長が言ってくれた言葉を、そのまま聞かせてやると……

「極論だわ」

 そう言い返された。

「……全部守らなきゃいけないってのも、極論だと思うけどな」

 さらに俺は言い返す。

「本当に、父と同じことを言う……責任? だから何だって言うの!? 生きてさえいれば、必ず光は差す。だから、見殺しにして助けない選択肢より、助けて生かす選択肢を選ぶわ、私は!」
「生きていれば必ず光は差す……言う事だけはご立派だな」

 生きていればいい事ある……それは、恵まれてる奴の台詞なんだよ。恵まれてない奴が生かされてもそれは――

「"生き地獄"なんだよ」

 俺はため息をついて、立ち上がった。

「お前も結局"あのお姫様"と同じで、鳥籠の小鳥じゃねえか。お前は違うと思ってたのに、がっかりだ」

 そう言いながら立ち上がって、部屋を出ようと歩き出す。

「ま、待って! 話はまだ――」
「話す事はもうないよ、"お姫様"。おやすみなさいませ」

 俺はそう言い残して、静かに部屋を出た。イライラして仕方ない。本当にイライラする……!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。