二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

普通で普通じゃない日常劇場
日時: 2019/12/28 20:59
名前: W683
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=318

皆様初めまして、W683と申します。
他作者様のクロスオーバー小説の面白さに感動し、此方でも執筆する事にしました。どうぞ宜しくお願い致します。

==注意 Caution==

・此方では「二次創作」や「クロスオーバー」を取り扱います。
・オリジナル設定によるキャラ崩壊が多く含まれております。
・設定はその都度変わる事が御座います。
・作者W683の文章力の低さによる意味不明な部分が発生する事が多々あります。
・完全俺得なネタやマイナーネタ(阿部さんネタや鉄道ネタなど)が含まれている場合が大いにあります。
・不定期更新というか更新速度は遅めになると思います。
・感想やキャラの貸し出し等はコメントにていつでも受け付けます。但し、誹謗中傷等他の読者様のご迷惑となる行為はおやめ下さい。

以上、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

(追記)
上記のURLに此方で扱うキャラ達の設定を載せております。此方のキャラの設定等はそちらをご覧頂くか、pixivの『普通で普通じゃない設定集』をご覧ください。

==目次 Contents==

〔簡単な設定集〕
世界観>>1
登場人物紹介>>2-3
新メンバーと料理関連+アンケート>>81-83
SB69組とひなビタ♪組>>325
第3期新メンバー>>469
スマブラSPメンバー>>500
スマブラ組(2018年版)>>620
ボカロ組・まどマギ組・ガルフレ組>>637
第5期新メンバー>>777
スマブラ組(2019年版)>>864

〔短編〕
海水浴de交流会>>4-7
短編詰め合わせ>>56-63
来たれ!!新入り達!!>>68-74
ナージャ組deギャグマンガパロ>>97-101
ハルヒ組deでんじーパロ>>109-113
新メンバーとカオスな新年会!!>>316-325
SB69deでんじーパロ>>333-336
カオスまみれの温泉馬鹿ンス>>342-349
短編詰め合わせ2>>390-397
ポップンdeポプテピパロ
(前半)>>451-453 (後半)>>454-456
スマブラ&らき☆すたdeでんじーパロ>>496-500
スマブラ的細か過ぎて伝わらないモノマネ選手権>>614-620
狂気しかない新ジャンル歓迎会>>628-637
ガルフレ&スマブラdeポプテピパロ
(前半)>>654-657 (後半)>>658-661
Super Crossover Quiz Show>>666-671
狂気と混沌のカートレース大会
(前編)>>679-684 (後編)>>692-700
短編詰め合わせ3>>707-714
オフ会報復作戦>>733-740
ナージャ&まどマギdeポプテピパロ
(前半)>>792-794 (後半)>>795-797
戦場は年末大前線>>907-915←New!

〔長編〕
『カオスまみれのレクリエーション大会』
準備編>>8-10
パフォーマンス編
(前半)>>11-15 (後半)>>19-25
裸族編>>31-36 お仕置き編>>46-49

『学力対決!!』
5教科編>>124-129
副教科編>>136-141
その他編>>147-152

『ポップンフレンドパーク』
Part1>>370-375 Part2>>380-386
Part3>>401-405 Part4>>410-415
Part5>>431-436 Part6>>440-446

〔裸族による裸族の為の講座 in W683〕
1回目>>86-92 2回目>>461-469

〔料理対決〕
『1回目』
準備編>>167-171
試食編
(1~5番)>>178-185 (6~10番)>>191-198
(11~14番)>>204-211 (15~17番)(裸族注意!)>>220-231
(18~20番)(カオス要注意!)>>238-247
結果発表>>259-263
お仕置き
(前編)>>267-276 (後編)>>281-290

『2回目』
準備編>>507-512
試食編
(1~4番)>>523-528 (5~7番)>>535-540
(8番)(遺言回注意!)>>546-552 (9~12番)>>561-567
(13~15番)(カオス要注意!)>>578-588
結果発表&お仕置き>>598-606

『3回目:料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~』
準備編>>748-755
試食編
(1~4番)>>763-770 (5番)(裸族注意!)>>777-785
(6~8番)>>804-809 (9~12番)(裸族注意!)>>816-825
(13番)(カオス要注意!)>>831-838 (14~18番)>>846-854
結果発表>>870-874
お仕置き
(前編)>>878-887 (後編)>>892-900

〔痛快!! UMB Channel!!〕
第1回>>297-300 第2回>>355-358
第3回>>421-424 第4回>>482-485
第5回>>642-645 第6回>>720-724
第7回>>860-864

2017.07.29開業
2017.10.08移転開業
2019.12.28更新

(タグ)
クロスオーバー/キャラ崩壊/ギャグカオス組/裸族/腐った女子/鉄道ネタ/スマブラ/ポップン/明日のナージャ/涼宮ハルヒの憂鬱/らき☆すた/SHOW BY ROCK!/VOCALOID/魔法少女まどか☆マギカ/ガールフレンド(仮)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185



料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第2章(2) ( No.778 )
日時: 2019/08/16 11:25
名前: W683

続き

氷海(ゆめひめ)「取り敢えず来たけど…何なのこの有り様は!?!?!?」
アーベル「見ての通り4番の黒魔術にやられたんだよ;;;」
ドクター「大分マシにはなったが、副作用があるかも知れんぞ…!!!!」
クッパ(アーク)「皆しっかりしろ!!!!!!ほら、特効薬飲め!!!!!!」
ピーチ(アーク)「そっちの私、目を覚まして!!!!!!誰かエリクシール持ってきて!!!!!!」
鈴仙(みゐ狐)「黒いのは消えたわ!!!!最後に鎌鼬の毒を貰える!?!?!?」
奥田(クラス)「分かりました!!!!皆さんもう少しの辛抱ですよ~!!!!」


医務室では前回の4番の黒魔術を食った審査員達の治療が続いていた。山場は越えたが、完全回復にはかなりの苦労を要した…。













で、暫くして…



W683「マジで…走馬灯が見えたぞ…」
ルキナ「一瞬だけ三途の川の向こう岸が見えたような気がしましたよ…」
デデデ「のっけから2回も医務室とかあり得んゾイ…」
クロム「ある意味生き地獄だぞ…;;;」
ピーチ「取り敢えず1番と4番は説教(物理)決定ね(^ω^######)」
リンク「料理を何だと思ってるんだアイツらは(^ω^######)」


何とか意識を回復し、試食出来る状態になった固定審査員一同。まだまだ試食が残ってるが、完全回復という訳ではないので油断は許されない。尚、ルイージとゲッコウガは例によって結果発表まで安静コースに。序でにあの毒物(4番の料理)はカービィとツキノ(処理班として来ていた)が胃袋に収めました。


ジョーカー「取り敢えず何か口直しでもするかい?」
W683「マジでそうせなヤバいからさせて貰うで…」
デデデ「あんな不味いもん食ったからせめて美味い物が欲しいゾイ…」


と言う訳で口直し。


クロム「今の時期のアイスケーキは最高に美味ぇなぁ~!!」
リンク「このオランジェットも中々だな」
ピーチ「向こうの私もやっぱり料理上手ね~♪」←チーズタルトを食べてる
ルキナ「そりゃ何処見てもピーチさんとリンクさんはメシウマ組ですからね~♪」←ガトーオペラを食べてる
デデデ「こう言う料理上手な者がいると助かるゾイ」
W683「やっぱ紅茶が美味いよなーって」
イカガール「そろそろ次の審査員を決めても良いかな?」


適度に口直しを終えたところで次の+α審査員を決める事にする。


イカボーイ「よし、次の+α審査員を決めるぞ!!」
ジョーカー「早速引くぞ…はい決まった!!」


5:カービィ、ロゼッタ
6:ルフカ、リュウ
7:プリン、しずえ
8:ブラピ、パルテナ


ロゼッタ「此処で選ばれてしまいましたか…;;;」
カービィ「せめて普通の物であって欲しいなぁーって…;;;」
ルフカ「何かもう…変な気分なんですけど…;;;」
リュウ「マジで勘弁してくれ…」
プリン「どんな料理が出て来るのかな~?」
しずえ「きっと美味しい料理が出て来ると思いますよ?」
ブラピ「取り敢えず食える料理なら何でも良いけどな」
パルテナ「そうですね」



感想はまだ。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第2章(3) ( No.779 )
日時: 2019/08/16 11:26
名前: W683

続き


※※緊急カオス警報が発令されました※※


《5番》


ロゼッタ「皆さんさっきは大変でしたね…」
クロム「正にその通りだよ畜生…OTL」
デデデ「アイツらがワシと同じ悪役組なのが信じられんゾイ;;」
ピーチ「しかも後3人問題児がいるからもう嫌なんだけど…」
カービィ「あの下手物食べれた私でも流石に裸族料理は勘弁して欲しいよ;;;」
リンク「確かに裸族料理は誰だって食いたくないしな」
ルキナ「て言うかあの下手物を食べれる事自体凄いんですが…」
カービィ「正直あんまり美味しくなかったけどね;;;」
W683「まあカービィは兎も角、ロゼッタは変な物が出ない事を祈っとけ」
ロゼッタ「そうですね、でも妹に変な物食べさせたら怒りますよ?」


5番の+α審査員は星の(クソガキ)戦士と星空の王女の『星娘コンビ』(とたった今作者が命名した)。両者ともギャグカオス組ではあるものの、一方は食べる事が好きな大食い娘、もう一方は子供組の保護者の一人であり、 此処でふざけた馬鹿は確実に死ぬのは目に見えている…;;;全員が着席した所で早速試食に移るが…


イカガール「問題児達は+αの2人に喧嘩売るような事しないでよ…?」
イカボーイ「それじゃー5番の試食に…って、ん?」
クロム「ん?どうしました?」

















イカボーイ「ごめん、謎のDVDがあったOTL」
審査員8人「「」」
ジョーカー「…正直嫌な予感しかしないから医務室の様子を見てきて良いかな?」
イカガール「正直言ってその方が良いかも…」
イカボーイ「見たらショックを受けるかもな…」


すいません、いきなりDVDがあるってどういう事ですか(爆弾投下)?今まで此方や他の作者様の料理対決を見れば分かると思うが、「映像関連=裸族料理出現」の方程式が成立しており、全員が嫌な予感しかしない。だが、評価は寛大且つ公正且つ公平にやらなければならないので一旦我慢して臨む事に。因みに5番の指示で、映像を見た後で試食に移るようだ。


W683「取り敢えずプレーヤーか何かないか?」
イカボーイ「プレーヤー?此処には無かった筈d…」
クロム「あっ、おい待てぃ!!俺の部屋にプレーヤーとプロジェクターがあったから持って来てやるよ」
イカガール「分かった。なるべく早くね」



5分後…



クロム「よし、準備は出来たぞ」
リンク「早速流すぞ…」
ピーチ「お姉ちゃんにカービィ?心の準備は良い?」
カービィ「全然良いよ」
ロゼッタ「まあこればかりは仕方ないわね…」


明らかに嫌な予感961775%の状態だが、スクリーンを用意しDVDをプレーヤーに入れて再生する…



完 全 に ア レ の 予 感 が…

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第2章(4) ( No.780 )
日時: 2019/08/16 11:27
名前: W683

続き


※※此処からはガチで閲覧注意です※※



♪ポプテピクッキングのテーマ



\ラゾラゾクッキングー!!!!!!!!!!!!/



まともな人達「「ラゾラゾクッキングって何じゃぁぁぁぁぁぁ!?!?!?!?!?!?!?」」
ギャグカオス組「「ちょっwwwwwwwポプテピのあのネタかよwwwwwww」」


まさかのポプテピクッキングのパロディに審査員一同騒然。そうこうしてると、画面にデイジーとレトリー(友情出演)の姿が。


レトリー『ラゾラゾ~!!!!』
デイジー『クッキング~!!!!』
レトリー『今日はどんな裸族料理を作るの?』
デイジー『今日はひと味違う裸族料理を作るヨ』
レトリー『一味違うってどう違うのさ?』
デイジー『それはネ…』
















デイジー『裸族調味料を一切使わないんダヨ!!!!』
レトリー『えーっっっ!?!?!?裸族調味料使わないのー!?!?!?!?』
リンク「いやいや何で驚いてんだよ!?!?」
ピーチ「そもそもあんな変な物入れないのが常識なんだけど?」
デイジー『もう一つ言っちゃうと服も脱がずにちゃんと衛生面にも気を使って料理するんダヨ!!』
デデデ「て言うかそれが普通ゾイ」
レトリー『そう言えば、前に褌一枚でキッチンに入ったら巨乳兎チュチュ社畜豹ロムニキに滅多打ちにされたのを思い出した…』
デイジー『だからこそ衛生面に気を使った裸族料理を作る時なんダヨ!!!!現に先輩達もやって来たんだからアタシらだって出来るヨ!!!!』


何と菊姫が提案したのは『裸族調味料を一切使わず、尚且つ服も脱がないで作る裸族料理』なのだが、その提案に馬鹿犬レトリー仰天。一つ言っとくけど裸で料理はガチで危ないから止めろ。そりゃチュチュとロムニキが止めるのも無理ねぇよ。ほんでもって裸族調味料は論外だっつってるだろ馬鹿。


レトリー『そうか!!!!服を着て裸族調味料さえ使わなければ誰にも文句言われずに裸族料理が出来るんだね!!!!!!』
W683「おいwwwwwwwそれじゃーただの料理だろうがwwwwwwwファーwwwwwww」
ルキナ「そんな事『ピーチさんは可愛い』っていうのと同じぐらい常識なのにwwwwwww」
ロゼッタ「そんな世紀の大発見みたいに言わないで下さいwwwwwww」
カービィ「小学生でも分かる事を堂々とwwwwwww」
クロム「笑い事じゃないと思うんですがそれは…」
デイジー『そうダヨ!!アタシ達がちゃんとやれば☆5は確実だし、可愛さとあざとさしか取り柄のないピーチちゃんとかロージアちゃんも土下座してくれるだろうネ!!!!』
ピーチ「ねぇあのボンクラ2匹を潰して来ても良い?」
デデデ「落ち着くゾイ;;;まだ始まったばっかりだゾイ;;;」
レトリー『そうと決まれば早速材料調達に行かなきゃね!!!!』
デイジー『合点承知のスッポンポン!!!!!!』
リンク「スッポンポンって何だよ!?!?…って何時の間に変な馬車が有るんだぁぁぁぁぁ!?!?!?!?」
W683「その裸族馬車何処から持って来たんだよwwwwwww」
クロム「しかも馬車にしては超高速じゃねーか、やべぇな」
イカ2人「て言うかあの2人は何処に行くつもりなんだ(なの)ー!?!?!?!?!?!?!?!?」


会場でのツッコミも虚しく、裸族王女と馬鹿裸族犬の2人は裸族馬車に乗って何処かへ行く。因みにこの裸族馬車、本体は全てモブの裸族らしいが、何せ脚力に長けている為、馬車でありながら高速走行が出来るらしい。


クロム「あ、近くの高速で事故ったみたいだな」
リンク「また請求書の山が…OTL」
ルキナ「あの裸族馬車、一回乗ってみたいですね♪」
カービィ「馬車であのスピードとか絶対気持ち良いじゃん」
ロゼッタ「こんなのがレースとかで出てきたら思わず笑っちゃいますよwwwwwww」
W683「そwwwwwwwれwwwwwwwなwwwwwww」
ピーチ「笑ってる場合じゃないわよね?」



続きますぞ…

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第2章(5) ( No.781 )
日時: 2019/08/16 11:28
名前: W683

続き

裸族馬車で行き着いた先は何処かの農場のような所であり、旬の野菜は勿論、牛や豚等の家畜も飼育・栽培されている。そんな中で2人が作ろうとしているのは…


レトリー『で何作るの?』
デイジー『今回は麺料理がテーマだから…カレー饂飩を作ろうカナ?勿論材料は全て此処で賄うヨ』
レトリー『そう言えば此処ってレアなモンスターが居るんだよね?確かその肉は絶品だって噂を聞いたよ』
デイジー『うん、勿論それを使うヨ』
クロム「あーあの肉か。アレ結構攻撃力とかエグいし、この前俺とアイクで狩りに行ったけどマジで苦戦したぞ…」
W683「美味いのは美味いんだけど、アイツは気性が荒いし下手すりゃ死ぬからな…」


5番が作るのはカレー饂飩のようで、材料をこの農場で全部確保するらしい。先ずは肉となるレアモンスターを捕らえるのだが、かなり狂暴なモンスターを仕留めるのは至難の技だ。と、其処で…


レトリー『そうだ、アレ仕留める作戦とかってあるの?』
デイジー『あるヨ。何てったって凄い狂暴だから慎重に近付かなきゃいけないヨ』
レトリー『成る程影を隠すんだね!!』
デイジー『ただ影を隠すだけじゃないヨ?此処からが服を脱がずに裸族料理を作る秘訣だからネ』


モンスターに気づかれないよう影を隠す作戦に出たデイジーとレトリー。普通なら読んで字の如く『自分の姿』を隠すだろう。だが、この2人はそのスキルを…


















自らの服・下着を透明化させるのに使ったのだ(テポドン投下)!!!!!!!!!!!!


イカ2人&リンク&ピーチ&デデデ「「」」
W683「おいwwwwwww服だけ透明ってマジかよwwwwwww」
ルキナ「そのスキル結構使い勝手が良いのにwwwwwww無駄遣いじゃないですかwwwwwww」
カービィ「やばいwwwwwww普通に大事な部分が3つもwwwwwww」
ロゼッタ「これ完全に子供には見せられないですよwwwwwww」
クロム「て言うか普通に服と下着の残像が見えるぞ…」
レトリー『成る程!!!!こうすれば服は着た状態だけど外から見れば裸族らしさは損なわれないんだね!!!!』
デイジー『そうダヨ!!!!マジックミラーの能力を宿せば合法的に裸族っぽさは補えるのサ!!!!』
リンク「何処が合法的だ!?!?!?思いっきり丸見えじゃねぇか!?!?!?!?」
ピーチ「同じ女として恥ずかしいわ…」


マジックミラーの能力をあんな下品な用途で使ってはいるものの、効果はバッチリであり2人はモンスター討伐に成功する。だが、服が透明になっている(ように見える)為か、見えたらアカン物が見える。カメラ的にアウトだと思うが、大事な部分は映ってない。と言うのも…















周囲にある物で上手い事隠れていたからだ(水爆投下)!!!!!!!!!!


デデデ「ちょっと待て!?!?!?煙で隠れてるゾイ…ってアップするなゾイ!!!!!!!!」
カービィ「ヤバいwwwwwwwモンスターで下の部分が隠れてるし、触角が胸の方も隠してるよwwwwwww」
クロム「今度は加工場の道具とかで隠れてやがる…たまげたなぁ…」


とまあこんな感じで上手いこと大事な部分を隠しながら行動する2人の裸族に一同騒然。すいません、これ料理対決で合ってるよね?


イカボーイ「そんなのオレらが聞きたいぐらいだよ畜生OTL」
イカガール「て言うかまだ映像は続くのね…(呆れ)」



5番の暴走はまだまだ続く…!!!!

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第2章(6) ( No.782 )
日時: 2019/08/16 11:30
名前: W683

続き


※此処から先はどうやって大事な部分が隠されてるかをダイジェストでお送りします※


リンク「んなもん要らねぇからさっさと終わってくれこんな映像(キッパリ)」
W683「やべぇよwwwwwww撮影技術の限界にでも挑んでんのかwwwwwww」



レトリー『肉だけじゃなくて野菜も要るよね?』
デイジー『勿論!!人参に馬鈴薯ジャガイモ、玉葱は必須ダヨ!!!!』
ピーチ「全裸同然の姿で野菜引っこ抜き使わないで…って野菜で上手い事隠れてるじゃない!?!?!?!?!?」



デイジー『お肉の加工も終わって準備は万端ダヨ!!!!』
レトリー『野菜も切り終わったし炒め始めても良いよね?』
ルキナ「ちょっwwwwwww絶妙なカメラアングルの所為か首から下が切った野菜の山で隠れてますけどwwwwwww」
クロム「これ絶対何テイクかやっただろwwwwwww」



レトリー『もうカレールー入れても良いかな?』
デイジー『あっ待って。隠し味に麺汁めんつゆを入れるヨ』
レトリー『饂飩にも合うし、コクも出て一石二鳥だね!!』
デデデ「こら動くでないゾイ!?!?って麺汁で胸の方が隠れたゾイ!?!?!?」
カービィ「こんなモザイク中々ないよねwwwwwww」



デイジー『そろそろ饂飩を茹でないと…』
レトリー『目指すは釜揚げ状態だね!!』
W683「湯気がええ塩梅にアカン場所を隠しとるwwwwwww何じゃこりゃwwwwwww」
ロゼッタ「隠す物が物なだけにお風呂場にしか見えないんですけどwwwwwww」



まあ色々ツッコミ処はあるものの、着々とカレー饂飩を作る作業を進めていく2人。一応此処までの時点では怪しい動きはなく、(普通に考えて全裸にしか見えないが)服も全く脱いでない。そして肝心の裸族調味料も全く入ってない処か登場してすらいない。そして、茹で上がった饂飩の上にカレールーをかけて…




















デイジー&レトリー『王道を往くカレー饂飩、完成!!!!!!』



普通に完成しました(水爆投下)。


W683「いやーマジ笑ったわwwwwwww所で変な物は入ってないよな!?!?」
クロム「まさか普通に作ったのか!?!?」
イカボーイ「うん、何度も確認したけど裸族調味料は一切入ってなかった」
イカガール「まあ一応服は着てた…って事で良いよね?」
ピーチ「って事は…安心して食べられるのね!!!!」


映像は色々アレだったが、服も脱いでないし、裸族調味料も入ってない。つまりは普通に食う事が出来るという事だ。映像が終わった後、司会は5番作のカレー饂飩を持って来る。恐らくあの映像は真面目にやった事を証明する物だったのだろう。一番の不安要素である裸族がちゃんと人の話を聞いた事に一同は感心し、試食すべく料理を待つ。



裸族でもちゃんと作れます。 感想はまだ。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185