二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

普通で普通じゃない日常劇場
日時: 2019/08/17 11:47
名前: W683
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=318

皆様初めまして、W683と申します。
他作者様のクロスオーバー小説の面白さに感動し、此方でも執筆する事にしました。どうぞ宜しくお願い致します。

==注意 Caution==

・此方では「二次創作」や「クロスオーバー」を取り扱います。
・オリジナル設定によるキャラ崩壊が多く含まれております。
・設定はその都度変わる事が御座います。
・作者W683の文章力の低さによる意味不明な部分が発生する事が多々あります。
・完全俺得なネタやマイナーネタ(阿部さんネタや鉄道ネタなど)が含まれている場合が大いにあります。
・不定期更新というか更新速度は遅めになると思います。
・感想やキャラの貸し出し等はコメントにていつでも受け付けます。但し、誹謗中傷等他の読者様のご迷惑となる行為はおやめ下さい。

以上、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

(追記)
上記のURLに此方で扱うキャラ達の設定を載せております。此方のキャラの設定等はそちらをご覧頂くか、pixivの『普通で普通じゃない設定集』をご覧ください。

==目次 Contents==

〔簡単な設定集〕
世界観>>1
登場人物紹介>>2-3
新メンバーと料理関連+アンケート>>81-83
SB69組とひなビタ♪組>>325
第3期新メンバー>>469
スマブラSPメンバー>>500
スマブラ組(最新版)>>620
ボカロ組・まどマギ組・ガルフレ組>>637
第5期新メンバー>>777

〔短編〕
海水浴de交流会>>4-7
短編詰め合わせ>>56-63
来たれ!!新入り達!!>>68-74
ナージャ組deギャグマンガパロ>>97-101
ハルヒ組deでんじーパロ>>109-113
新メンバーとカオスな新年会!!>>316-325
SB69deでんじーパロ>>333-336
カオスまみれの温泉馬鹿ンス>>342-349
短編詰め合わせ2>>390-397
ポップンdeポプテピパロ
(前半)>>451-453 (後半)>>454-456
スマブラ&らき☆すたdeでんじーパロ>>496-500
スマブラ的細か過ぎて伝わらないモノマネ選手権>>614-620
狂気しかない新ジャンル歓迎会>>628-637
ガルフレ&スマブラdeポプテピパロ
(前半)>>654-657 (後半)>>658-661
Super Crossover Quiz Show>>666-671
狂気と混沌のカートレース大会
(前編)>>679-684 (後編)>>692-700
短編詰め合わせ3>>707-714
オフ会報復作戦>>733-740

〔長編〕
『カオスまみれのレクリエーション大会』
準備編>>8-10
パフォーマンス編
(前半)>>11-15 (後半)>>19-25
裸族編>>31-36 お仕置き編>>46-49

『学力対決!!』
5教科編>>124-129
副教科編>>136-141
その他編>>147-152

『ポップンフレンドパーク』
Part1>>370-375 Part2>>380-386
Part3>>401-405 Part4>>410-415
Part5>>431-436 Part6>>440-446

〔裸族による裸族の為の講座 in W683〕
1回目>>86-92 2回目>>461-469

〔料理対決〕
『1回目』
準備編>>167-171
試食編
(1~5番)>>178-185 (6~10番)>>191-198
(11~14番)>>204-211
(15~17番)(裸族注意!)>>220-231
(18~20番)(カオス要注意!)>>238-247
結果発表>>259-263
お仕置き
(前編)>>267-276 (後編)>>281-290

『2回目』
準備編>>507-512
試食編
(1~4番)>>523-528 (5~7番)>>535-540
(8番)(遺言回注意!)>>546-552
(9~12番)>>561-567
(13~15番)(カオス要注意!)>>578-588
結果発表&お仕置き>>598-606

『3回目:料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~』
準備編>>748-755
試食編
(1~4番)>>763-770 (5番)(裸族注意!)>>777-785←New!
結果発表
お仕置き

〔痛快!! UMB Channel!!〕
第1回>>297-300 第2回>>355-358
第3回>>421-424 第4回>>482-485
第5回>>642-645 第6回>>720-724

2017.07.29開業
2017.10.08移転開業
2019.08.16更新

(タグ)
クロスオーバー/キャラ崩壊/ギャグカオス組/裸族/腐った女子/鉄道ネタ/スマブラ/ポップン/明日のナージャ/涼宮ハルヒの憂鬱/らき☆すた/SHOW BY ROCK!/VOCALOID/魔法少女まどか☆マギカ/ガールフレンド(仮)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158



料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第1章(3) ( No.765 )
日時: 2019/07/31 22:56
名前: W683

続き

《1番》

クッパ「正直言って普通の物が食べたいのだが…;;;」
ドンキー「俺だって同じ気分だよ畜生OTL」


最初の試食はジャングルの王者のゴリラ野郎と亀一族の大魔王。完全に不安しかないが、取り敢えず覚悟を決めて着席する。


デデデ「正直お前らが来たら嫌な予感しかないゾイ;;;」
ピーチ「マジでハズレしか来なさそうでヤバいんだけど…;;;」
クロム「まさかのトップポイズンかもな…;;;」
クッパ&ドンキー「其処まで言うか!?!?!?」


まあそうなるのも無理はない。コイツらが疫病神になるか否かは1番の料理に委ねられるが…


イカガール「取り敢えず1番の料理を…えっ…?」
イカボーイ「マジかよ…;;;;」
W683「まさか…のっけからアカン奴っぽい…?」
ジョーカー「これは…ヤバいかもしれない…」


すいません、のっけからヤバい料理が出るってどういう事ですか?これには司会だけじゃなく、審査員8人も困惑する。んで、出て来た1番の料理は…










1番の料理:竜の如く炎が騰がっている丼(爆弾投下)



8人( )          °Д°


はい、のっけからこの様です。っつーか何をどうしたらこんな炎が騰がる料理が出来るんだよ;;;;


リンク「なあ?これって麺料理だよな?」
ピーチ「炎の所為で見えないんだけど?」
ジョーカー「一応レシートは取ってるから…」つレシート
デデデ「アイツは担々麺でも作るつもりだったのか…って…ん?」


1番が作ろうとしたのは担々麺のようだが、もうこの時点で誰がやらかしたかが分かってしまった。というのも…


クロム「おい、何で世界一辛いホットソースと世界一辛い唐辛子が入ってやがるんだよ」
ルキナ「しかも発火性のフレームペッパーにデスソース、終いには発炎ラー油まで入ってるんですけど!?!?!?!?」
クッパ&ドンキー「これ絶対に(1番)の馬鹿じゃねぇかぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


何と1番の発炎担々麺には兎に角辛い物がぶち込まれ、その上に発火性の唐辛子にデスソース、ラー油と言った刺激物のオンパレードまで入ってるという正に味覚破壊兵器と化しているのだ!!!!!!正直言って例の激辛麻婆丼とかひえーカレー以上にエグいぞ!?!?!?!?!?兎も角こんな物作るのはアイツしかいない…


W683「こうなりゃ仕方ねぇ…氷水持ったか!?!?」
7人「はいっ!!」
W683「よし…ほな食うぞ…」


意を決して1番の激辛兵器を口にするが…


W683「アッツィィィィィィィィ!!!!!!!!!!!!!!!!」
リンク「舌と喉がっ!!!!!!!!ゲホッゴホッ!!!!!!!!!!」
ピーチ「嫌ぁぁぁぁぁ!!!!!!!!色んな所が痛いぃぃぃぃ!!!!!!!!」
デデデ「何じゃこりゃぁぁぁぁぁ!!!!!!火だるまだゾイ!?!?!?」
クロム「アーツィ!!!!!!アーツ!!!!!!!!!!!!!!!!アーツェ!!!!!!!!!!!!!!!!!!アツゥイ!!!!!!!!ヒュゥー、アッツ!!!!!!!!!!アツウィー、アツーウィ!!!!!!!!!!アツー、アツーェ!!!!!!!!!!!!」
クッパ「流石の我輩でもこれは耐えられん!!!!!!!!!!!!」


予想通り色んな所にダメージを受けた上に全身火だるまという大惨事に…でもこれより酷いのが…


ルキナ&ドンキー「」←全身火だるま&その場で気絶
司会「取り敢えず医療班早く来てー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


激辛耐性のない2人に至っては気絶してたぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!何てこったぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!



1番の総合評価:0

W683の評価:0
最初から激辛兵器ってどういう事だよオイ。しかも発火性の唐辛子とかマジでふざけてんのか?その炎でお前自身を焼いてやろうか?ん?

リンクの評価:0
炎が騰がるレベルの激辛担々麺とかマジであり得ねぇよ。氷水飲んでもまだヒリヒリするんだが?後でお前の皮を剥ぎ取って鞄にしてやるから覚悟しろ。

ピーチの評価:0
あのトラウマ(激辛麻婆丼)を思い出したんだけど?そもそも炎が騰がってる時点で料理じゃなくてただの火炎兵器だわ。取り敢えず私達と話し合い()決定。

デデデの評価:0
のっけから激辛料理なんて聞いてないゾイ…;;;何時かお前の料理の所為で火事が起きてもおかしくないゾイ;;;ドンキーよ、お前は強く生きろゾイ;;;

ルキナの評価:0
私、辛いの苦手なのに何て事してくれるんですか!?しかも全身火だるまとかあり得ないですよもう…;;;今度の乱闘で当たったら真っ先に潰しますよ!?!?

クロムの評価:0
比較的辛さ耐性のある作者やクッパでもこの有り様ってどんだけだよ;;;舌も喉も身体もエグい位に痛むし、マジでふざけんなよ…;;;

ドンキーの評価:0
(評価のみ書いて、コメント無記入)

クッパの評価:0
これは流石にアウトだ。お前の所為で辛党のイメージがますます悪くなったぞ…;;;後で説教してやるから楽しみにしておけ。やっぱり我輩は疫病神なのか…???



開始早々何 だ こ れ は 感想はまだ。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第1章(4) ( No.766 )
日時: 2019/07/31 22:57
名前: W683

続き

ドクター「いきなり運ばれて…って何だこの様は!?!?!?」
凛「しかも全身火だるまだったり大火傷してるじゃない!!!!」
ヴァイス「先ずは作者達の身体を冷やすんだ!!!!!!」
アーベル「大量の氷水を用意しろ!!!!!!」
氷海「分かったわ!!!!まさか最初からこんな事になるなんて…」
ブレディ(ゆめひめ)「何をどうやったらあんな炎が騰がるブツが出来るんだよ!?!?!?!?」
優衣(桜木)「そちらの1番さんは料理を何だと思ってるんですか!?!?!?此方の世界のモヒカンより酷くないですか!?!?!?!?!?」
奥田(クラス)「早速作者の医療装置が活躍する時が来ましたね;;;;;」
サクラ(アーク)「兎に角W683さん達を優先しないとこの後に支障が出ますよ!?!?!?!?」
鈴仙(みゐ狐)「お試し用だけど蓬莱の薬を早速使うわ!!!!!!」
ルフレ(ノア)「回復の杖で回復させるぞ…!!!!!!」


すいません、まさか1番の時点でこんな大惨事になるなんて思っても見なかったよ畜生OTL医療班は火だるま状態だったり大火傷を負った審査員達を必死に治療した…;;;;今回は医療班に氷属性の氷海と彼女の両親がいるので彼らの能力で何とか治療出来た…












で、120分後…


W683「もう激辛はマジで勘弁してくれ…;;;」
リンク「兎に角1番のアホはたっぷり話し合い()だな」
ピーチ「よりによって最初に激辛なんて普通に考えてあり得ないんだけど…;;;;」
デデデ「作者の籤運は一体どうなってるんだゾイ…;;;」
ルキナ「まだ身体のあちこちがヒリヒリしてて痛いんですけど;;;;」
クロム「しかもこんなクソ熱い時に激辛はマジで殺しに来てるだろ…;;;」


一応何とか回復したが、氷嚢を巻いてたり、包帯を巻いてたりでまだ完全に復活という訳では無さそうだ。尚、ドンキーとクッパの2人は結果発表まで安静コースになった模様。


ジョーカー「料理対決って此処まで命を懸けた戦いだとは思わなかった…」
イカボーイ「まあ真面目に作らない奴とかガチな意味でやらかす奴もいるからな…」
イカガール「皆大丈夫?取り敢えず差し入れでも食べる?」


固定審査員一同、先ずは口直しと言わんばかりに差し入れを口にする。


W683「おっ、このクッキー美味いな!!」
クロム「もみじ饅頭も中々美味くて良いゾ~これ」
ピーチ「そう言えばアイスティーがあるけど飲む?」
ルキナ「良いんですか!?!?頂きます!!!!」
デデデ「あー美味いゾイ。熱い時は冷たい物に限るゾイ」
イカガール「そろそろ次の試食があるからそれぐらいにしといた方が良いんじゃない?」
リンク「そうだったな…。まあ何とか回復したし試食再開だな」


差し入れである程度回復した固定審査員6人。この後も試食が残っているので食べ過ぎないように一先ず口直しを終える…。



まだまだ続きます。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第1章(5) ( No.767 )
日時: 2019/07/31 22:58
名前: W683

続き

《2番》

メタナイト「作者達は大丈夫なのだろうか…」
シーク「それよりもあの問題児に当たらなければ良いが…」


2番の試食に来た紺色仮面と疾風の分身体。開幕2連続でハズレはなんとしても避けたいところだが…


メタナイト「取り敢えず来たが…」
シーク「その姿は…」
リンク「見たら分かる通り開幕早々問題児に当たっちまったんだよOTL」
メタナイト「何か背筋が凍るのだが…」
ルキナ「まあ貴方達は1回で済むからまだ良いじゃないですか…;;;」
イカボーイ「そろそろ2番の料理持って来て良いかー?」


+αの2人が座った所で2番の試食に入る。さて、2番の料理は…


クロム「おー冷製パスタか~。ええやん」
ピーチ「見た目も洒落てて良いわね」
W683「雲丹ウニ、海老、鱈子…海鮮具沢山やな」
デデデ「かなり涼しげでこの夏に持って来いだゾイ」


2番の料理は海老、蛸、帆立、雲丹と言った魚介類が具沢山の冷製パスタのようだ。盛り付けもかなり凝ってて如何にも美味そうな雰囲気を漂わせている。


W683「ほな食ってみるか…」
メタナイト「どれどれ…これは中々美味い」
クロム「このクリームソースも良い感じの仕上がりだな」
シーク「意外と海老とかがこのクリームに合ってて全く違和感もないね」
ルキナ「後味もスッキリしてて良いですね♪」
リンク「ここまで洒落た料理を作るのは(2番)だろうな」


味も見た目も洒落てる冷製パスタだが、此処まで洒落た料理を作るのは恐らく今回の挑戦者の中に1人しかいないと考え、評価に移る。



2番の総合評価:☆4

W683の評価:☆4
こういう暑い時にはピッタリのメニューでしかも見た目も良くて美味いし、これは文句なしの高評価。海鮮系とクリームソースは結構合うし思ったよりこってりした感じもなくて食いやすかった。後はもうちょいアレンジ出来れば完璧って所だな。ああいう脳筋発言してた割りには結構こういう洒落た料理も作れるんだな。

リンクの評価:☆4
中々に美味かった。冷製パスタは夏の暑い時にあっさりと食えるし、クリームも海鮮系に合ってる上に胃もたれする程濃い味でもなかったから食う側の事も考えられてて良いと思うぞ。後はお前なりに工夫を凝らしたりすれば☆5は確実だな。取り敢えず(2番)のあの発言については触れてやるな…;;;

ピーチの評価:☆4
凄くお洒落で食べやすいし、しかもクリームソースの割りに後味もスッキリしてて美味しかったわ!!こう言う暑い日の冷製パスタは躊躇なく食べれるし、色々具も入ってて飽きないのも評価出来るポイントね。正に王子の献立に相応しい仕上がりよ!!今度はもう少しアレンジを加えるなりすれば良いんじゃないかしら?まあ貴方のあの発言については…何も言わないわ;;;

デデデの評価:☆4
コイツは今の時期にはピッタリで、見た目でも味でも両方楽しめる逸品だゾイ。海鮮系はこう言うクリームソースとの相性も中々良い上に、クリームだからと言って後味も気にならないから尚更美味く感じるゾイ。出来ればワシにもそのレシピを教えて欲しいゾイ。是非とも参考にさせて貰うからな。

ルキナの評価:☆4
うん、これはクリーム系の割りには結構あっさりした感じで食べやすかったです。冷製パスタは今の時期食べるには文句のないメニューですし、旬の海鮮が多く使われてるのも食べる楽しみが合って良いと思います!!こんなお洒落な料理を作ったのがあの脳筋発言をした人とは思えないですよwwwwええwwww

クロムの評価:☆4
こんな洒落た料理を作るのはお前しかいないだろうな。クリームソースは海鮮系に合わせてのチョイスみたいだが、あんまりこってりした感じもなくて食いやすかったと思うぞ。時期に合わせた冷製パスタっていうチョイスも良かったんじゃないか?後はあの脳筋発言について色々突っ込みたい所があるがな。

シークの評価:☆4
冷製パスタっていう涼しげのあるチョイスはこの夏食べるには丁度良いし、見た目もかなり凝ってて普通に店で出てもおかしくないレベルだね。クリームソースって味が濃くて口に残るイメージがあるけど、これはそんなに気にならないし、魚介類にもマッチしてて良かった。正に一国の王子に相応しい料理だ。所であの脳筋発言が何なのか気になるんだけど…;;;

メタナイトの評価:☆4
これは中々の美味だった。今の暑い時期にはピッタリの冷製パスタに魚介系にマッチしたあっさり目のクリームソースは食べる側に配慮されてて、そこも評価に値すると思う。様々な具が乗ってるも食べてて飽きが出ないという点でまた良いポイントだ。貴様そなたの剣術の才能は認める所だが、料理の才能まで秀でていたのは驚いた。また作って貰えると有り難い。



そこそこの当たりに遭遇 続きます。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第1章(6) ( No.768 )
日時: 2019/07/31 22:59
名前: W683

続き

《3番》

シュルク「何ですかね?この胸騒ぎと言うか何と言うか…」
ゼルダ「さっきリンク達があの料理の犠牲になっただけに不安です…」


3番の試食に臨むのはモナドの使い手の青年とトライフォースを操る知恵の王女。もし此処で問題児が出れば「あの方」が黙ってないだろう…。


リンク「まさか姫が3番の試食とは…;;;」
クロム「此処でふざけた奴は絶対に死ゾ…」
デデデ「そうか…お前さん達付き合ってたな…;;;」
ジョーカー「此処で変な物が出て欲しくないけど…という訳で3番持ってくるよ」


さて、運ばれてきた3番の料理は…


W683「素麺…?」
リンク「素麺だな」
ピーチ「素麺よね…?」
デデデ「素麺かゾイ?」
ルキナ「素麺ですね;;;」
クロム「素麺かよ」
ゼルダ「素麺ですか…?」
シュルク「素麺…か…」


何と3番の料理は何の変哲もない素麺と浸け出汁、薬味というかなりシンプルな料理。見た目が普通でも味がヤバかったという例は幾らでもあるので油断は出来ないが…???


リンク「まあ食わない事には評価は出来ないからな…」
ルキナ「取り敢えず食べましょうか;;;;」


と言うわけで試食するが…


W683「やっぱ普通だな」
ピーチ「まあ普通よね」
デデデ「もう少し位アレンジしても良さそうゾイ」
クロム「何かもの足らないっつーか…」
ゼルダ「これだと少し飽きが来ますね…;;;」
シュルク「まあ変に不味くされるよりはマシですけどね;;;;」


どうやら味も普通だったようだ。所でこれを作ったのが気になるが…


クロム「素麺…と言えば思い当たるのは…」
ルキナ「ですよねーwwwwwww」



3番の総合評価:☆3

W683の評価:☆3
良くも悪くも普通って感じだな。もうちょい位お前なりにアレンジを加えても良かったんじゃないか?まあ下手にポイズン化されるよりかはマシだけどな…;;;

リンクの評価:☆3
多分あんまり料理しないお前なりに作ったのは分かるが、もう少し(適度に)遊びを加えても良いんじゃないか?正直俺らは普通の奴でも十分有り難いけどな;;;;

ピーチの評価:☆3
まあ普通と言えば普通よね。下手に出るのを躊躇ったのがよく分かるけど、私としてはもう少し頑張って欲しかったわね。それにしても何で態々素麺を選んだのよ?

デデデの評価:☆3
何と言うか…何かもの足りない気がするゾイ…;;;まあお前さんなりにやった結果だからワシらは文句は言わんゾイ。寧ろ1番の馬鹿は3番を見習って欲しい位だゾイ。

ルキナの評価:☆3
見た目も味も普通であんまりインパクトに欠けるって言うか…マニュアル通りにやった感じが否めないですね;;;でも基本的な事は出来てると思うので後は自分なりのアレンジを加えるだけで伸びると思いますよ。

クロムの評価:☆3
そうだな、味も見た目も…普通だな。別に悪くはないが、もう少し位工夫を入れても良かったと思うぞ。まあ別の意味でアレンジ()を加えて評価を下げるよりかは幾分マシだけどな;;;所で何故素麺をチョイスしたんだ?

ゼルダの評価:☆3
ちょっともの足りない感じがしますが…でもシンプルなのもまた良いと思いますよ。せめて私もミスなしでこのレベルの料理を作れるようになりたいですね;;;;

シュルクの評価:☆3
シンプルに直球勝負に出たっぽいけど…やっぱりちょっとコメントに困るかな…?例えば浸け出汁に隠し味を加えるだとか、薬味を工夫するだとか、具を入れたりと言ったアレンジを加えるともっと伸びると思う。まあそこは自分のイマジネーションに依るけどね。


イカボーイ「正直こんな普通過ぎる料理だとコメントしづらいよな…;;;;;」
イカガール「確かに…でも、ポイズンよりはマシじゃない?」
ジョーカー「そ れ は そ う」



普通過ぎる料理はコメントに困りますなぁ;;;

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第1章(7) ( No.769 )
日時: 2019/07/31 23:00
名前: W683

続き

《4番》

ゲッコウガ「もうこの時点で地獄しか見えないでござる…;;;」
ルイージ「奇遇だな…僕もだよ…;;;」


次の試食は配管工兄弟マリオブラザーズの弟の方と水属性の忍者蛙。この時点で大当たりはまだ出てないので此処で出て欲しい所だが…


ゲッコウガ「今の所はどのような感じでござるか?」
リンク「初っぱなから激辛が出てその後は☆4と☆3が出た」
ルイージ「最初に激辛が出るってどういう事!?!?!?!?」
クロム「リアルの作者に聞いて、どうぞ」


いや、此方だって初っぱな問題児なんて思ってもみなかったよ畜生OTLそもそも3分の1ハズレとかマジで自分の籤運どうにかしろって感じだからな?(by リアルの作者)


イカガール「それじゃー4番の料理を持って…って嘘でしょ…;;」
イカボーイ「どうしt…ちょっとマジかよ…;;;;」
ジョーカー「皆これは覚悟しといた方が良いかも…;;;」
ピーチ「この感じは…」
ルキナ「アウトですよね…」


すいません、出てくる前からヤバい雰囲気なんですが;;;そんな中出て来た4番の料理は…










4番の料理:真っ黒に変色した謎のドロドロしたスライム的な何か(水爆投下)



8人( )          °Д°


えっ…これって麺料理だよね?何でこんなドロドロしたスライムみたいな物になってんの?これやらかしたの絶対ポイズン勢のどっちかだろ!?!?いやマジで。


W683「コイツは何を作ろうとしたんだよ;;;」
ジョーカー「一応レシート持ってきたけど…豚骨ラーメンでも作ろうとしたみたいだけど…」
リンク「ちょっと待て何で材料にエイリアンが入ってるんだよおいコラ」
クロム「しかもナイトメアにメトロイド…って絶対(4番)だろこれ!?!?!?!?」
デデデ「しかもモンスターの肉にまむしはらわたが入ってるってどういう事だゾイ!?!?!?」
ルイージ「これじゃーもう豚骨ラーメンの面影もないよね!?!?!?」
ゲッコウガ「こんな下手物を食さねばならぬのか…」
W683「そんでもって何か邪悪なオーラが出てて気色悪いぞ…」


何と4番が作った元豚骨ラーメンには未知の生物の肉やそのままの姿がぶち込まれていたり、明らかに毒しかねーよっていう下手物が入ってたり、挙げ句の果てには目で見ても分かるレベルの真っ黒なオーラを纏っていたりで、最悪のブツとなってしまったのだ(テポドン投下)。こんなもん食ったら確実に御陀仏確定だが、ルールはルールなので一口でも食べなければいけない…


W683「しょうがねぇ…食うぞ…」


4番の下手物を口にした審査員達だが…


審査員8人「「ヤッパポイズンキングダッタンジャナイスカネー」」←笑顔でぶっ倒れる
司会「「倒れたー!?!?!?!?!?医療班もう一回来てくれー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」」


当然こうなりました。しかも回りに黒い煙が立ち上がっててかなり危険な状態に…;;;すいません、まだ第1章なのに問題児が2人も出るってどういう事なの…???



4番の総合評価:贖罪

W683の評価:贖罪
お前は料理を何だと思ってるんだ?豚骨ラーメンを悪夢の流体に変えるんじゃねえよクソが。取り敢えずお前も問答無用でお仕置きだお仕置き。

リンクの評価:贖罪
お前、人の話聞いてたか?俺らを亡き者にして何がしたいんだ?先ず未知の生物を生でぶち込むんじゃねぇよ。後でトライフォースラッシュの刑だから覚悟しやがれ。

ピーチの評価:贖罪
そもそもお題守った?何でラーメンがこんな絶望と悪夢の液体に変わるのよ?マジであり得ないんだけど?あんたのその腐った脳味噌ぶっ壊して良いかしら?ふざけないで。

デデデの評価:贖罪
お前さんワシらの話聞いてなかったな?そもそも未知のモンスターの肉なんて入れるもんでないし、黒魔術なんて論外ゾイ。お前も1番共々話し合いだゾイ。マジで最悪だゾイ…;;

ルキナの評価:贖罪
普通に考えて未知のモンスターをそのままぶち込むなんてあり得ないんですけど…;;;後で貴方をファルシオンで微塵切りにしても良いですか?

クロムの評価:贖罪
人が食えない物を平然とぶち込むんじゃねぇよ馬鹿野郎。っつーか1番と言い4番と言い、お前らはまともに料理出来ねぇのか?SP組の恥晒し共はとっとと土に還ってくれ、マジで。

ルイージの評価:贖罪
兄さんのも中々酷いけど、これはそれをも上回る悪夢のレシピ。普通に考えてメトロイドとじゃナイトメアなんて料理に使うもんじゃないよね?今度乱闘で当たったら真っ先に潰す。

ゲッコウガの評価:贖罪
化学反応でも起こしたのかと思う程に戦慄の料理でござるな…;;;兎に角、貴様そなたのその異常なまでにふざけた思考をこの手で切り刻んでも良いでござるか?



最 悪 の 展 開 感想はまだ。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。