二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

普通で普通じゃない日常劇場
日時: 2019/10/12 22:11
名前: W683
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=318

皆様初めまして、W683と申します。
他作者様のクロスオーバー小説の面白さに感動し、此方でも執筆する事にしました。どうぞ宜しくお願い致します。

==注意 Caution==

・此方では「二次創作」や「クロスオーバー」を取り扱います。
・オリジナル設定によるキャラ崩壊が多く含まれております。
・設定はその都度変わる事が御座います。
・作者W683の文章力の低さによる意味不明な部分が発生する事が多々あります。
・完全俺得なネタやマイナーネタ(阿部さんネタや鉄道ネタなど)が含まれている場合が大いにあります。
・不定期更新というか更新速度は遅めになると思います。
・感想やキャラの貸し出し等はコメントにていつでも受け付けます。但し、誹謗中傷等他の読者様のご迷惑となる行為はおやめ下さい。

以上、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

(追記)
上記のURLに此方で扱うキャラ達の設定を載せております。此方のキャラの設定等はそちらをご覧頂くか、pixivの『普通で普通じゃない設定集』をご覧ください。

==目次 Contents==

〔簡単な設定集〕
世界観>>1
登場人物紹介>>2-3
新メンバーと料理関連+アンケート>>81-83
SB69組とひなビタ♪組>>325
第3期新メンバー>>469
スマブラSPメンバー>>500
スマブラ組(最新版)>>620
ボカロ組・まどマギ組・ガルフレ組>>637
第5期新メンバー>>777

〔短編〕
海水浴de交流会>>4-7
短編詰め合わせ>>56-63
来たれ!!新入り達!!>>68-74
ナージャ組deギャグマンガパロ>>97-101
ハルヒ組deでんじーパロ>>109-113
新メンバーとカオスな新年会!!>>316-325
SB69deでんじーパロ>>333-336
カオスまみれの温泉馬鹿ンス>>342-349
短編詰め合わせ2>>390-397
ポップンdeポプテピパロ
(前半)>>451-453 (後半)>>454-456
スマブラ&らき☆すたdeでんじーパロ>>496-500
スマブラ的細か過ぎて伝わらないモノマネ選手権>>614-620
狂気しかない新ジャンル歓迎会>>628-637
ガルフレ&スマブラdeポプテピパロ
(前半)>>654-657 (後半)>>658-661
Super Crossover Quiz Show>>666-671
狂気と混沌のカートレース大会
(前編)>>679-684 (後編)>>692-700
短編詰め合わせ3>>707-714
オフ会報復作戦>>733-740
ナージャ&まどマギdeポプテピパロ
(前半)>>792-794 (後半)>>795-797

〔長編〕
『カオスまみれのレクリエーション大会』
準備編>>8-10
パフォーマンス編
(前半)>>11-15 (後半)>>19-25
裸族編>>31-36 お仕置き編>>46-49

『学力対決!!』
5教科編>>124-129
副教科編>>136-141
その他編>>147-152

『ポップンフレンドパーク』
Part1>>370-375 Part2>>380-386
Part3>>401-405 Part4>>410-415
Part5>>431-436 Part6>>440-446

〔裸族による裸族の為の講座 in W683〕
1回目>>86-92 2回目>>461-469

〔料理対決〕
『1回目』
準備編>>167-171
試食編
(1~5番)>>178-185 (6~10番)>>191-198
(11~14番)>>204-211 (15~17番)(裸族注意!)>>220-231
(18~20番)(カオス要注意!)>>238-247
結果発表>>259-263
お仕置き
(前編)>>267-276 (後編)>>281-290

『2回目』
準備編>>507-512
試食編
(1~4番)>>523-528 (5~7番)>>535-540
(8番)(遺言回注意!)>>546-552 (9~12番)>>561-567
(13~15番)(カオス要注意!)>>578-588
結果発表&お仕置き>>598-606

『3回目:料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~』
準備編>>748-755
試食編
(1~4番)>>763-770 (5番)(裸族注意!)>>777-785
(6~8番)>>804-809 (9~12番)(裸族注意!)>>816-825
(13番)(カオス要注意!)>>831-838←New!
結果発表
お仕置き

〔痛快!! UMB Channel!!〕
第1回>>297-300 第2回>>355-358
第3回>>421-424 第4回>>482-485
第5回>>642-645 第6回>>720-724

2017.07.29開業
2017.10.08移転開業
2019.10.12更新

(タグ)
クロスオーバー/キャラ崩壊/ギャグカオス組/裸族/腐った女子/鉄道ネタ/スマブラ/ポップン/明日のナージャ/涼宮ハルヒの憂鬱/らき☆すた/SHOW BY ROCK!/VOCALOID/魔法少女まどか☆マギカ/ガールフレンド(仮)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169



料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第4章(9) ( No.824 )
日時: 2019/09/28 22:59
名前: W683

続き

《11番》

クッパJr.「何で料理対決がああなったの…」
マック「行きたくないッス…そう言えば残りは…」
クッパJr.「確か…」
マック「いや、まだ大ハズレはあるッスけど…それを除けば大当たりの方が多い…?」
クッパJr.「兎に角反省しない問題児は出尽くしたって事…?」


そう、反省しない問題児が出尽くしたので、11番以降は仮にやらかしたとしてもちゃんと反省するタイプしか残っていない。つまり、11番以降は結果発表での修羅場を回避できる…。しかもまだ大当たりは沢山いる…。兎に角11番の+α審査員である未来の大魔王と最強のボクサーは会場へ向かうが、司会の1人であるジョーカーがまだ来ていない…。何処に行ったのかと待っていると、彼が帰ってきたが…


ジョーカー「ん?どうしたの?」←タバスコまみれ
イカ2人&マック「「すいません、アイツらを始末したんですね?そのタバスコを拭いてください」」
クッパJr.((°°ДД°°))あわわわわ


嗚呼…反逆モードで奴等を処分したんだな…;;;て言うかもうお仕置き組でも良いんじゃないか?兎に角これで試食が再開できる状態になった。新しい会場に向かうと、固定審査員が机に机に伏っしていた。ある程度は復活したものの、元気がない様子だ…;;;


W683「嗚呼…クッパの息子とマックが+αか…;;;」
リンク「あのアホ共はガチで潰す…!!!!!!しかもハズレ2コンボ2セットとかマジであり得ねぇよ…!!!!!!」
クロム「前半だけで此処まで問題児が出るか…;;;最悪だな…;;;」
ジョーカー「籤は何が起こるか分からないからね。一先ず11番の料理を持って来るか。マックにJr.君、君達も出来たら手伝ってくれないか?」
マック&クッパJr.「良い(ッス)よー」


固定審査員達に無理させないよう、司会と+αの2人が料理を取りに行く。そして、出てきた11番の料理はとんでもない物だった…!!!!!!


マック「凄いッス…お椀が輝いて見えるッス…!!!!」
デデデ「これは…まさか…!!!!」


11番の料理は野菜たっぷりのチャンポンだった!!!!魚介ベースのスープに中華麺、そして多種多様な野菜(キャベツ、人参、ニラ…etc.)が乗せられており、その横には酢とカラシが添えられている。更にその横にはほうじ茶風味のティラミスと薫り高いほうじ茶が用意されており、どちらも出来立てのようだ。


イカガール「11番から伝言で、「チャンポンの方は途中でお酢とカラシを付けると味が変わってもっと美味しく頂けます。そして審査員の皆さんが倒れたと聞いたので急遽ティラミスを作りました。そちらは評価に入れなくても良いですよ」…だって」
イカボーイ「はぇ~。これは期待出来そうだな」


と言うわけで11番の料理を試食していく…


W683「文句なしに美味いな!!!!スープもコクがあって麺ともよく合うな!!!!」
リンク「此処で来てくれてマジで最高だ…!!!!」
ピーチ「しかも野菜たっぷりとか…私達にも丁度良いわね!!!!」
デデデ「これはもう箸が止まらんゾイ!!!!!!」
ルキナ「ホントに美味しすぎます…!!!!!!」
クロム「あっ…もう無くなっちまった!!しかもお代わりなしか…悲しいなぁ…」
クッパJr.「デザートのティラミスも十分に美味しい!!!!苦いのは少し苦手だけど、それでも気にならないよ!!!!」
マック「流石は…(11番)さん…!!!!!!感謝、感激、雨、あられッス…!!!!!!!!」


全員が完食した所で名残惜しみつつも評価に移った。



11番の総合評価:☆5

W683の評価:☆5
此処で大当たりが来るとは思ってなかった。マジで有難う御座いますOTL11番らしく栄養面に気を遣って野菜具沢山にしたのは言わずもがな高評価だし、具材やスープに至るまで一つ一つ丁寧に作ってくれてるのがよく分かる一品だった。追加のティラミスも文句なしに美味かったから評価しないわけにはいかないな。兎に角最高の一品に感謝。

リンクの評価:☆5
地獄からの天国とは正にこう言う事か…;;;麺料理でありながら野菜を多く入れてる点にお前の健康への意識の高さが窺えるな。それでいて飽きさせないような工夫が凝らされているのも加点ポイント。追加のティラミスもほうじ茶特有の苦味もなくて十分食える一品だった。正直言うと☆5でも足りないレベルだ。是非とも犠牲になった+α審査員にも振る舞ってやってくれ。

ピーチの評価:☆5
死にかけた私達に最高の料理を有難う…(感涙)。何処ぞの末期色馬鹿2人とデブワニと馬鹿蜥蜴も見習って欲しい位ね。野菜を多く入れたのも健康に気を遣う貴方にとっては当然の采配だし、スープもあっさりしつつもコクがあって美味しかったわ。デザートの方も勿論高評価。兎に角これを食べたい人が沢山いる筈だから用意してあげて!!

デデデの評価:☆5
わしらに至福の一時をくれて感謝するゾイ。それに比べて1番と4番と10番と来たら…;;;;チャンポンと言えば魚介系の濃いスープのイメージがあってこってりしたイメージがあるが、意外とあっさり食える上に野菜も取れて健康意識の高い11番ならではのチョイスって感じだゾイ。ティラミスも文句なしで美味かった。また食べてみたいもんだゾイ。

ルキナの評価:☆5
此処で貴方の料理が来てくれて本当に感謝しかありません…!!あまりに美味し過ぎて言葉に出来ませんね…。でも、貴方が料理や健康面、栄養面に気を遣って作ったのが染々と伝わってきました。正直言うと、これを5番や10番のアレの犠牲になった人達にも渡したい位です…;;;ほうじ茶ティラミスも即席でありながら凄く美味しかったです!!

クロムの評価:☆5
これは色んな意味で奇跡だな。11番の事だから健康志向で来ると思ったら、まさかのチャンポンでたまげたなぁ…;;;でも野菜を多く入れた辺り、常に栄養面には抜かりがないのが分かるな。ティラミスも文句なしの味で美味かった。お代わりがないのが少し残念だが、それでも最高の一品に変わりはないな。結果発表は凄い事になりそうだな~。

マックの評価:☆6
この料理を作ったのが(11番)さんでマジで嬉しいッス…!!!!!!!!俺達の健康を考えたレシピでありながら誰もが満足出来るような味に仕上げてる辺り、スキルの高さを感じるッス!!!!ティラミスも追加で作ったとは思えないクオリティな上に此処までの気配りをしてくれたのにタダでは申し訳ないッス…!!!!皆は☆5でも俺はもう1つ追加するッス!!!!!!また作って貰えると嬉しいッス!!!!!!

クッパJr.の評価:☆5
11番のお姉さん、僕達の為に美味しい料理を有難う!!!!チャンポンって美味しい上に野菜もいっぱい取れるから毎日でも食べたいよ!!!!デザートのティラミスも美味しかったよ。僕は苦いのは嫌だけどお茶の苦さもなくてさらっと食べれた。医務室にいるお父さん達に持っていったら喜んで食べると思うよ!!!!て言うか1番と4番と10番がお父さんの同僚だなんて信じられないんだけど…;;;



イカガール「私も食べてみようかな…うん、美味しいね!!」
イカボーイ「これは店に出せるレベルだよ…美味い!!」



11番半端ないって!!!!!!!!!! 感想はまだ。

料理で大乱闘!?~スマブラ組料理対決~――第4章(10) ( No.825 )
日時: 2019/09/28 23:01
名前: W683

続き

《12番》

ロイ「これはさっき大当たりが出た感じだな?」
ガオガエン「そう言われたら尚更腹減ってきたな」


次に試食する紅い奴2人がやって来た。直前の11番が大当たりだったので、自分も大当たりを食いたいと願うが…


ロイ「おっ嬉しそうだな?」
W683「さっきのは大当たりだったからなぁ~」
クロム「すっげー美味かったぞ~」
ガオガエン「ホンマか!?俺も食いたかったけどな~」
ルキナ「まあまだ大当たりはありますから;;;;」


反省しない問題児はほぼほぼ出尽くしたので、ある程度は安心して試食出来る。しかも皆が切実に願う大当たりも残っている。そして出てきた12番の料理は…














12番の料理:山盛りの肉が盛られたラーメン



リンク&ピーチ&ルキナ&ロイ「「えぇ…(困惑)」」


はい、出てきた途端に誰が作ったのか分かってしまった(ミサイル投下)。12番の作ったラーメンの上には大量のもやしに被さるようにデカいチャーシューが乗っており、明らかにガッツリ系であるのが分かる。そして横には何故か黒烏龍茶まで置いてある。


W683「なるほど…野菜マシマシ肉マシか…」
クロム「これは食い応えがありそうだな…」
デデデ「ほーうこれが二〇系ラーメンという物か…これは期待出来るゾイ」
ガオガエン「滅茶苦茶腹減ってるからこれぐらいの量は余裕や」
リンク「いやいやお前ら何でそんなに食う気満々なんだよ;;;」
ロイ「これを全部食べるのは流石にキツいよ…」


まあ量は多いが、一番問題なのは味。味が良ければ問題はないので一先ず試食する事に。


リンク「まあ普通に美味いな」
ピーチ「脂っこさもなくて良いけど…」
ルキナ「スープは豚骨ベースでしょうか?」
ロイ「チャーシューも拘ってて良いね」
W683「この太麺こそが〇郎系の醍醐味やな!!!!」
クロム「この噛み応えに食い応え…たまらねぇぜ…」
デデデ「こりゃ美味いゾイ!!!!脂も少なくて食べやすいゾイ」
ガオガエン「美味い、美味過ぎる…!!!!これこそが究極のラーメンや!!!!!!」
イカ2人「後半の4人は何でそんなガツガツ食べれるの!?!?!?」


まあ色々ツッコミ処はあるものの、流石に全部食べるのはこの後の試食にも支障を来すのである程度食べた所で止めにする。



12番の総合評価:☆3

W683の評価:☆3
ガッツリ系が好きな俺には丁度良いが、やっぱり食い切れない奴もいたからもう少し量は考えて欲しかった。まあ味は美味かったから良いけどな。

リンクの評価:☆3
そうだな、味は普通に美味かったんだが、何しろ量が多過ぎだな。食い残しは食材を無駄にする事にもなりかねないから作る量には気を付けろ。

ピーチの評価:☆2
流石に全部は食べられないわ…;;;味自体は全く問題ないのに;;;でもチャーシューにはちゃんと拘ってるのが分かって色んな意味で安心したわ。

デデデの評価:☆4
わしにはこれぐらいでも全然構わんゾイ。ラーメンのスープはわし好みの豚骨ベースで、しかも意外と太麺にも合ってて美味いゾイ。チャーシューへの拘りも高評価。美味かったゾイ。

ルキナの評価:☆2
ちょっと量が多くて…食べるのがしんどいです…;;;多分チャーシューに拘るあまり麺や具材の量を考えるのを忘れてたんでしょうね;;;次からは気を付けて下さいね。

クロムの評価:☆4
俺は全然問題なく食えたぞ?豚骨ベースのスープに噛み応えのある太麺、大量の具材に拘りのチャーシュー、全部ガッツリ食う奴等には満足出来る一品だな。食う人によって量を変えても良かったんじゃないか?

ロイの評価:☆3
味は普通の豚骨ラーメンって感じで美味しいんだけど、如何せん量をが…;;;全部食べたら確実にお腹壊しそうになるから量だけは考えて欲しかった。でもあのチャーシューは君なりの拘りがあって美味しかったから悪くはないんだけどね;;

ガオガエンの評価:☆4
本場の二〇系にも負けへんレベルで美味かったぞ。チャーシューも中々凝ってて美味いし、スープも文句なしに美味い。これは正に満塁からのサヨナラホームランレベルの美味さやな。病み付きになりそうでヤバイな。



ジョーカー「人によって評価が別れる料理って…;;;」
W683「確かにこれは人を選ぶかもな」



…長くなったので今回は此処まで。て言うか10番で凄い食ったな、うん…;;;取り敢えず何時も通りヒントをば…


9番:人の話を聞かない奴がやらかしたパターンその3。苺パスタってだけでも人を選ぶレベルなのにそれ以上に兎に角ヤバい人工甘味料のオンパレードで吐き気を催すレベルの甘さ。修羅場確定その4。
10番:5番同様に服を着た状態で裸族調味料も使わずに料理した。5番のケースも警戒したが、まさかにオナラファイヤーで大惨事に;;;;マジデフザケンナヨクソガ。当然ながらお仕置き不可避であり、修羅場確定その5。
11番:奇跡レベルの料理を作った健康意識の高いお姉さん。栄養面も考えた上で誰でも食べれるレシピで勝負した。追加のほうじ茶ティラミスも絶品。ご立派ァ!!
12番:FEの肉好き団長。チャーシューの拘り様は凄いが、肝心のラーメンの方は量が多いのである意味人を選ぶ…かも?あ、味は普通に美味いですぜ。


※9番は兎に角ゲロ甘いので予め水やポーションベリーやら回復アイテムやらを用意してから食べる事をお奨めします(ぇ)。と言うかそもそも甘過ぎるので食べる勇気があれば…の話ですが。


※10番のアレは5番と同様、任意の裸族がやりに来るので油断しないように。しかも炎属性が追加されてるので確実に大惨事不可避です;;;また、ピーチ姫の評価文にある通り、今回の試食は饂飩好きや麺料理が好きな人、及びそれらにトラウマのある子達には絶 対 に 試 食 さ せ な い で 下 さ い。


※この時点で1番、4番、5番、9番、10番はお仕置きコースが確定しましたOTL繰り返しますが、お仕置きに関しては全 部 の 料 理 の 試 食 が 終 わ っ た 後で受け付けますのでご注意下さい。募集開始前に送られて来ても採用はしないので悪しからず。尚、フルボッコ系、暴力系のお仕置きは此方では一切受け付けませんのでご理解下さい。場合によってはお仕置き募集を無しにする場合も御座います。



長かった…;;; 感想と試食したい方はどうぞ。

Re: 普通で普通じゃない日常劇場 ( No.826 )
日時: 2019/09/29 00:34
名前: アーク

アーク「問題児は全員出たか。けどまだ安心は出来ないのは変わらないんだよな;」
フローラ「なんで?」
アーク「まだラストポイズンの可能性が残ってるからだよ」
フローラ「そうだった。反省する人の中にポイズンがいるんだった;」
館のリビングでは…。
こなた「はぁ…」
かなた「どうしたの?こなた」
こなた「あ、お母さん…。またご飯が胃薬確定だから…」
かなた「そうだったの;けど裸族調味料を使わない裸族料理ってなによ。余計な事をせずに普通に調理して終わり。それだけで十分よ」
その頃別の場所では…。
ワリオ「決めた!!俺様は現時点をもって裸族を辞める!!今から俺様は制裁班のワリオ様だ!!」

Re: 普通で普通じゃない日常劇場 ( No.827 )
日時: 2019/10/09 07:51
名前: 桜木 霊歌

こんにちは!桜木霊歌です!
今回も試食させていただきます!

9番 +α審査員はルートヴィッヒ・グリム
ルーイ「おげぇ!・・・俺、ただでさえ甘い物は苦手なのにこれは無いだろ・・・!」
霊歌「私だって苺は大好きだけど、ここまで甘すぎると私だって無理なんだよ・・・」

10番 +α審査員はルイーサ
ルイーサ「何で私まで裸族料理に当たるのよ・・・」
霊歌「まあ、裸族調味料を使ってないから安心だけどね。・・・ティムの一見からすごく不安だけど。・・・あっ、私うどん苦手だからルイーサにあげるね」つ10番の料理
ルイーサ「相変わらずね・・・」
マルス「ホントに大丈夫?・・・ってえ?何かチューブが必要以上に長い気がする・・・」チューブを伝って行く

チューブを伝った先で見たもの:そちらの10番の如くケツにチューブをぶっ刺している霖之助

マルス「霊歌、ルイーサ!ガスコンロを使うな!」
ルイーサ「え?」←とっくにガスコンロを使っている

ドゴーーーーーーーーーン!!!!!

ティム「ルイーサ!霊歌さん!大丈夫か!?」
霊歌「ティム、これが大丈夫に見える?」
タオ「なんでよりにもよって裸族料理がティムとルイーサに当たるんだよおい!?」

11番 +α審査員はヴィルヘルム・グリム
ヴィルヘルム「僕は美味しいって思う!よく頑張ったんだね」
霊歌「ごめん、11番には悪いんだけど・・・;」つ11番の料理(私はちゃんぽんが苦手です;)
ヴィルヘルム「霊歌・・・;」

12番 +α審査員はアイク
アイク「肉だああああああああああー!!!!!」
霊歌「アイクは相変わらずね。・・・あっ、私はお肉が好きだけど、ちょっと少ない方が良かったかな?」

あっ、なんかラストポイズンの臭いが・・・;↓を追加で送ります;

救援:ファム(ギャグカオス組&グリムノーツ)、クリスティーヌ(気絶組&グリムノーツ)、赤ずきん(純粋組&グリムエコーズ)
クトゥルフ討伐班:ファントム(カオスクラッシャー&グリムノーツ&大剣アタッカー)、ヤーコプ・グリム(カオスクラッシャー&グリムノーツ&篭手アタッカー)、ヴィルヘルム・グリム(カオスクラッシャー&グリムノーツ&大剣アタッカー)、ルートヴィッヒ・グリム(カオスクラッシャー&グリムノーツ&片手剣アタッカー)、ウィリアム・シェイクスピア(カオスクラッシャー&グリムノーツ&大砲シューター)、ハンス・アンデルセン(ツッコミ組&グリムノーツ&盾+槍ディフェンダー)

次回も楽しみにしています!それでは!
PS桃太郎は『~ござる』という話し方をするので、正しくは、
桃太郎「特に臭いがキツくて死にそうになったでござる…OTL」
になります

Re: 普通で普通じゃない日常劇場 ( No.828 )
日時: 2019/09/29 07:23
名前: クラスラック

どうも!クラスラックです。早速試食に行こうと思います。


《9番》
クラス「オロロロロロロロロ………」
苗木「うぷ……何これ……;;」
舞園「流石にこれは無理です……;;」
霧切「ごめんなさい、ちょっとトイレに…」
十神「ただの味覚破壊料理だな」


《10番》
視聴後……

明久「なんで裸族に当たるの;」
雄二「だが割と安全じゃないか?」
秀吉「そうじゃのう……」
クラス「ま、食べるか」
康太「(…?このチューブどこに繋がってる?)」

康太がチューブを辿ってるとそこには…!!


そちらの10番宜しく、尻にチューブをつけたワリオの姿が!!


康太「……!?オイ!!それを使うな!!!」
明久「え?」


ドゴーーーーーーーン!!!!


その後4人は医務室に運ばれワリオは康太のスタンガンで〆られました。


《11番》
一夏「すげえなこのチャンポン!栄養価バッチリじゃないか!!」←ウチで一番の健康マニア
箒「うむ!これならいくらでも食べていられるな!」
セシリア「美味しいですね!それより作者さんはなんでそんなにケチャップまみれなのですか?」
クラス「あはははは♪」←ケチャップまみれ
ラウラ「10番のアレか……同じ裸族として恥ずかしいぞ;」


《12番》
クラス「肉だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!(・∀・)」
アイク「肉だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!( ・∀・)」
ロイ「肉だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!( ・∀・)」←便乗
マルス「やかましい!!!!!!」
3人「あべし!!!!!」
カムイ「うん!とっても美味しいよ!それより3人がwwwwwwwwwwww」


残りを見る限りまだまだ油断出来ませんね……次回も楽しみにしてます!それでは


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。