二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

普通で普通じゃない日常劇場
日時: 2019/02/23 23:47
名前: W683
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=318

皆様初めまして、W683と申します。
他作者様のクロスオーバー小説の面白さに感動し、此方でも執筆する事にしました。どうぞ宜しくお願い致します。

==注意 Caution==

・此方では「二次創作」や「クロスオーバー」を取り扱います。
・オリジナル設定によるキャラ崩壊が多く含まれております。
・設定はその都度変わる事が御座います。
・作者W683の文章力の低さによる意味不明な部分が発生する事が多々あります。
・完全俺得なネタやマイナーネタ(阿部さんネタや鉄道ネタなど)が含まれている場合が大いにあります。
・不定期更新というか更新速度は遅めになると思います。
・感想やキャラの貸し出し等はコメントにていつでも受け付けます。但し、誹謗中傷等他の読者様のご迷惑となる行為はおやめ下さい。

以上、皆様のご理解とご協力をお願い致します。

(追記)
上記のURLに此方で扱うキャラ達の設定を載せております。此方のキャラの設定等はそちらをご覧頂くか、pixivの『普通で普通じゃない設定集』をご覧ください。

==目次 Contents==

〔簡単な設定集〕
世界観>>1
登場人物紹介>>2-3
新メンバーと料理関連+アンケート>>81-83
SB69組とひなビタ♪組>>325
第3期新メンバー>>469
スマブラSPメンバー>>500
スマブラ組(最新版)>>620
ボカロ組・まどマギ組・ガルフレ組>>637

〔短編〕
海水浴de交流会>>4-7
短編詰め合わせ>>56-63
来たれ!!新入り達!!>>68-74
ナージャ組deギャグマンガパロ>>97-101
ハルヒ組deでんじーパロ>>109-113
新メンバーとカオスな新年会!!>>316-325
SB69deでんじーパロ>>333-336
カオスまみれの温泉馬鹿ンス>>342-349
短編詰め合わせ2>>390-397
ポップンdeポプテピパロ
(前半)>>451-453 (後半)>>454-456
スマブラ&らき☆すたdeでんじーパロ>>496-500
スマブラ的細か過ぎて伝わらないモノマネ選手権>>614-620
狂気しかない新ジャンル歓迎会>>628-637
ガルフレ&スマブラdeポプテピパロ
(前半)>>654-657 (後半)>>658-661←New!

〔長編〕
『カオスまみれのレクリエーション大会』
準備編>>8-10
パフォーマンス編
(前半)>>11-15 (後半)>>19-25
裸族編>>31-36 お仕置き編>>46-49

『学力対決!!』
5教科編>>124-129
副教科編>>136-141
その他編>>147-152

『ポップンフレンドパーク』
Part1>>370-375 Part2>>380-386
Part3>>401-405 Part4>>410-415
Part5>>431-436 Part6>>440-446

〔裸族による裸族の為の講座 in W683〕
1回目>>86-92 2回目>>461-469

〔料理対決〕
『1回目』
準備編>>167-171
試食編
(1~5番)>>178-185 (6~10番)>>191-198
(11~14番)>>204-211
(15~17番)(裸族注意!)>>220-231
(18~20番)(カオス要注意!)>>238-247
結果発表>>259-263
お仕置き
(前編)>>267-276 (後編)>>281-290

『2回目』
準備編>>507-512
試食編
(1~4番)>>523-528 (5~7番)>>535-540
(8番)(遺言回注意!)>>546-552
(9~12番)>>561-567
(13~15番)(カオス要注意!)>>578-588
結果発表&お仕置き>>598-606

〔痛快!! UMB Channel!!〕
第1回>>297-300 第2回>>355-358
第3回>>421-424 第4回>>482-485
第5回>>642-645

2017.07.29開業
2017.10.08移転開業
2019.02.23更新

(タグ)
クロスオーバー/キャラ崩壊/ギャグカオス組/裸族/腐った女子/鉄道ネタ/スマブラ/ポップン/明日のナージャ/涼宮ハルヒの憂鬱/らき☆すた/SHOW BY ROCK!/VOCALOID/魔法少女まどか☆マギカ/ガールフレンド(仮)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133



第1回料理対決――O☆SHI☆O☆KI☆Death(後編2) ( No.282 )
日時: 2017/12/14 10:41
名前: W683

続き

一同「……;;;」
ピーチ「作者…;;」
W683「何や?」
ピーチ「今度やるときは本気でメンバーを考えた方が良いかも…;;」
W683「せやな…;;;「オーイ、作者ー!!!!!!!!!!」…ん?ミミニャミの2人か、どないしたんや?」

反省組のお仕置きに言葉が出ない一同の元にポップンの看板娘の2人がやって来た。

ミミ「実はね、作者宛に請求書が来てたみたいなの」
W683「請求書!?嫌な予感しかせんな…;;」
ニャミ「取り敢えず渡しておくね…」つ請求書

ミミニャミの2人から請求書を受け取った作者達は固まってしまった!!!!!!!!すいません、何て書かれてあったんですか……?

キョン「請求額が…450万!?」
氷海「ウホ男君人形2017年スペシャルパックに…裸族技セレクション2017!?」
ゲオルグ「請求先は…作者と右手、左手、MZD、ミミにニャミ…ってどういう事だ!?!?!?!?」
ピーチ「これ絶対『あいつら』でしょ!?!?!?!?!?!?」
W683(^ω^###################)
黒井「うわぁっ!?!?作者がキレてる!?!?!?」
W683「よし分かった。アイツらにはレクリエーションの時以上にクッソえげつないドぎついお仕置きをプレゼントしたるわ。これが俺からアイツらへのクリスマスプレゼントや、喜べ馬鹿共(^ω^#################)」

そう言うと今度はこれから行われる裸族のお仕置きをモニターに写した…



ワリオ「おわぁぁぁぁぁっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

さて、此処からは色々問題を起こしまくった裸族共のお仕置きの時間だ。審判の間で裸族に関する事柄を書きまくって審査員達をマジ切れさせた黄色の貴公子はひたすら落下していき…;;;

ワリオ「アゲェェッッ!!!!!!!!おい、此処は何処だ!?!?!?」

ワリオが落ちた先は薄暗い部屋のような場所。なのだが…;;

「「助けてくれー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」」
ワリオ「ん?何でお前らが此処にいるんだ!?!?!?!?」
スネーク「何か、ロッソとビアンコと一緒に裸族講座の予定を練ってたら、黒尽くめの奴らに手錠掛けられて、気付いたらブタ箱だよ畜生!!!!!!」
こなた「此方なんてロクターさんの所の裸族映像見ようとしてたら頭鷲掴みにされて此処にブチ込まれたんだけど…(≡ω≡;;)」
みさお「しかもあろうことかあたしらが写ってるシーンで来たんだけど…;;;」
ロッソ「お前らも大変だな…;;そう言えば料理対決はどうだったんだ?」
ワリオ「嗚呼、俺達の最高傑作にアイツらは贖罪を付けやがったんだよ!!!!!!!!!!!!!!」
ビアンコ「はぁぁぁっっっ!?!?!?!?!?アイツら頭湧いてんじゃねーのか!?!?!?!?」
ワリオ「だよな!?!?!?!?!?納得行かねぇよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

何と、先客がいました。何でもコイツらもあの裸族映像に出演していた為、固定審査員で話し合った結果コイツらにもお仕置きをすることにしたのだ。後、あんな論外過ぎる料理を作ったら誰だって贖罪付けるのは当たり前だアホ。尚、同じく映像に出演した抜間さん裸族とロクター裸族は各々の制裁班にお仕置きされたと言うことだけは伝えておこう。

ワリオ「そう言えばタブーはどうした?」
スネーク「嗚呼、アイツなら…」






桜庭「オイこのクソミントハゲェェェェェ!!!!!!!!!!!!!!お前また女子の下着盗んだのか!?!?!?!?!?!?!?!?」
ハジメ「お前、抜間さんの暗殺女子達の下着だけじゃなく、ロクターさんのデレマス女子達の下着も盗んだって聞いたぞ!?!?!?!?!?!?!?」
ルフレ「スマブラ女子達の下着を盗んで何がしたいんだ????僕だって怒るんだけど!?!?!?!?!?」
風雅「氷海や美結ちゃんだけでは飽きたらず、2Pの子達にも手を出したなんて信じられないんだけど!?!?!?!?!?」
ハービー「またナージャ達の下着パクったのか!?!?!?!?!?!?お前最低だな!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
古泉「もう貴方には呆れましたよ…;;長門さんや朝比奈さんのパンツ盗んで何してるんですか?」
白石「学生組だけじゃなく、黒井先生や桜庭先生にも手を出したのかテメェは!?!?!?!?!?マジでふざけんなよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
タブー「やめてくれぇぇぇぇぇっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!三杯酢だけはマジで勘弁してくれぇぇぇぇぇぇっっっっっっっ!!!!!!!!!!!!」

あの裸族映像でミントハゲの被害に遭った被害者の関係者達が一斉にミントハゲに三杯酢をぶっかけ、それに悶絶するミントハゲの姿…。皆さん目がマジです…;;;後、此方のミントハゲも三杯酢が弱点なのかよ!?!?!?!?!?


ワリオ「……;;;」
スネーク「多分、今頃三杯酢まみれになってるぞ…;」
ワリオ「アイツらえげつねぇな…;;;もうちょっと手加減しr…」
???「手加減なんてする訳ねぇだろたわけが」
こなた「誰!?!?!?」





リンク「お前らあんだけ問題起こしといて反省しないとはどういうつもりだ?あ"ぁ"っっ!?!?!?!?」
裸族6人「」

裸族6人の前にはハイラルの勇者の姿が。彼も極上料理四天王の一人であり、尚且つ制裁班リーダーであるので今回裸族がやらかした事にマジ切れ。しかもちゃんとマスターソードもバッチリ装備してます。


裸族への制裁開始!! 感想はまだ。

第1回料理対決――O☆SHI☆O☆KI☆Death(後編3) ( No.283 )
日時: 2017/12/14 10:42
名前: W683

続き

リンク「ホントなら此処でお前らにお仕置きしたいところだが、他にもお仕置きしたい奴らがいるようだからな…;;」

そう言うと勇者は懐からスイッチを取り出し…;;;

リンク「お前らの犯した罪を『身体で』償って来い」(スイッチを押す)

パカッ←裸族共がいる場所の床が開く音

裸族6人「落とすんかよ!?!?!?!?!?」

ハイラルの勇者がスイッチを押すと同時に裸族共は穴に落ちる…のは落ちたのだが、その穴から鉄の棒が出てきて、瞬く間に大砲へと姿を変えた。そして大砲を発射するボタンを用意し…

リンク「発射!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」(ボタンを押す)


チュドーーーーーーン!!!!!!!!!!!!!!!!!!


裸族6人「ばいばいき~んっっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
リンク「よし、じゃあ俺は打ち上げの準備をしに行くか」

そう言ってお仕置き部屋から立ち去るリンク。そして裸族共を飛ばした大砲にはこんな文字が…


『ゲスト達による裸族の為の粛清エンターテイメント』
~ワリオ他裸族6人へのお仕置き~


裸族6人「ア"ア"ア"ア"ア"ーーーーーッッッッッッッ!!!!!!!!…あっでぇぇぇぇっっっっ!!!!!!!!!!!!!!」

大砲によって飛ばされた裸族は何処かの大ホールのような場所に辿り着いた。現在6人は椅子に腰掛けた状態だが、どうやら着地に失敗したらしく、ケツに大きな衝撃が走った。

ロッソ「いくらなんでも雑すぎるだろ…;;;」
ビアンコ「て言うかこんな席に座るなんて俺らはVIPか何かなのか?」
???「へぇ~。自分の事をVIPだと思ってるの?」


♪(ブルゾンちえみのテーマ曲)


ノワール(ゆめひめ)「自分の料理が最高傑作だと思ってる裸族の皆~」←ブルゾン衣装
ツッコミ班「ちょっとノワール!?!?!?何やってんの!?!?!?」
ギャグカオス組「オイwwwwwwwまさかのブルゾンネタwwwwwww」

裸族の目の前にいたのはブルゾン衣装に身を包んだゆめひめサイドのノワールとwith B衣装のタクミとヒノカの姿が。オイちょっと待て。ノワールってこんなキャラだったっけ???

エリーゼ(ゆめひめ)「ちょっwwwwよくよく見たらうちのタクミとヒノカもいるじゃんwwwwwww」
ブレディ(ゆめひめ)「」←まさかの恋人の登場に言葉を失う。因みにゆめひめサイドのノワールとブレディは恋人同士です。
嵐雅「ブフォwwwwwww今年流行りのブルゾンネタを此処でやるのwwwwwwwwwwwwww」
凉海「うきゃーwwwwwwwこれあっちの子世代の子達に見せようかなwwwwwwwwwwwwww」
ルキナ「うわっwwwwwww普段の弱気なイメージは何処にwwwwwwwある意味キャラ崩壊モノじゃないですかwwwwwwwファーwwwwwwwwwwwwww」
マルス&カムイ「こんな後輩(先輩)の姿は見たくなかったよ…OTL」

FEのアーチャーの意外すぎる姿にギャグカオス組大爆笑。一方でまともなFE組のマルスとカムイはOTLさらに恋人のブレディは唖然…;;


まさかのブルゾンネタwwwwwww 感想はまだ。

第1回料理対決――O☆SHI☆O☆KI☆Death(後編4) ( No.284 )
日時: 2017/12/14 10:43
名前: W683

続き ノワールちえみ with ifによるお仕置き

ノワール(ゆめひめ)「ホントにそんな料理で☆5を取れると思ってるの?」
ワリオ「当たり前だろ!!!!」
ノワール(ゆめひめ)「じゃあ質問です★






――自分の身体から出たゴミを喜んで食べれますか?






…ムリ★…て言うか普通食べない★」
スネーク「嘘だろ!?!?!?!?」
こなた「先ず勝手にゴミ扱いしないでよ!!!!!!!!!!!!」

裸族料理の存在を否定された裸族は此処ぞとばかりに反論する。後、動物の汗は老廃物が含まれてるからゴミなのは間違いではないぞ。

ノワール(ゆめひめ)「え?裸族料理を喜んで食べる人がいる?」
みさお「当たり前なんだってヴぁ!!!!!!!!!!」
ロッソ「裸族ファンなら喜んで食べてくれる筈だぞ!!!!!!」
ビアンコ「裸塩は万能調味料だぞ!!!!!!!!!!」
ノワール(ゆめひめ)「フフッ…






――ダメ裸族★」
裸族6人「」
ノワール(ゆめひめ)「じゃあ質問です!!







――裸族ファンの皆さんは貴方達の料理を喜んで食べましたか!?






…食べてないでしょ?食べたとしても直ぐに吐いた筈。そしてぶちギレた筈」
裸族6人「」

悉く裸族料理を全否定するノワールを前に言葉が出ない裸族共。そして…

ノワール(ゆめひめ)「裸族料理で気分を悪くした人が何人いると思う?






…3 5 億 ★(※勿論嘘です)」
タクミ&ヒノカ(両方ともゆめひめ)「with if!!!!」←裸族共に殺人チャーハン(作・フェリシア)をスパーキング!!!!
裸族6人「$●↑▼◆′*●∩∃⊥⊂↑∋ーーーーー!?!?!?!?!?」
ギャグカオス組「wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

ネタの締めの台詞を言うと共にタクミとヒノカが殺人チャーハンを裸族に向けてシュゥゥゥゥゥゥゥ!!!!!!!!!!!!!!!!(超!!エキサイティン!!!!!!)スパーキングされた裸族共は当然ながら悶絶。さらに新たなる客が。

MAYU(パール)「ねぇ貴方達にこれあげるね!!さぁ口開けて!!」
ワリオ「やっと飲み物に…ってクッソ辛いぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
スネーク「水をくれぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!あちぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
ロッソ「次々と入れるな…ってア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ア"ッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
ビアンコ「ファッキンホォォォォォォット!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
こなた「熱いよーーーーーーーーーーーーー!?!?!?!?!?」
みさお「喉が焼けてしまうぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

今度はパールサイドのヤンデレボカロが裸族共の口に激辛ソースを大量投入。おい、一瞬だけ5番での惨事を思い出したじゃねぇか。

カービィ「こwwwwれwwwwはwwww酷wwwwいwwww裸族の口が噴火してるよwwwwwwwwwwwwwwww」
氷海「」←5番の料理を思い出し言葉が出ない
あきら「うわっwwwwwwwwwwww結構えげつないwwwwwwwでも自業自得だよねこればかりはwwwwwww」
ライラック「これは熱いwwwwwww修造より熱いんじゃないwwwwwwwwwwwwww」
ピーチ「あんたらはあの光景を見て笑うな!!!!!!!!!!!!!!!!」

兎に角水を求める裸族だが、いつの間にか拘束されており動けない状態。そして…

MAYU(パール)「じゃあ次のプログラムに行くよ!!」

そう言うとヤンデレボカロは立ち去り、スクリーンが降りてきた。


一応言いますが、これはお仕置きです。 感想はまだ。

第1回料理対決――O☆SHI☆O☆KI☆Death(後編5) ( No.285 )
日時: 2017/12/14 10:44
名前: W683

続き

スネーク「ん?何か映像が写ったぞ?」
こなた「…ってちょっと待って!!!!ロクターサイドのお仕置き組がいるんだけど!?!?!?」

スクリーンに写し出されたのはロクターサイドから裸族にお仕置きしに来た面々。しかも感想で試食し、評価してくれたデューテに杏、さらにはエリザベートまでいる…!!!!!!!!

デューテ(ロクター)『君達は何であんな論外過ぎる料理を作ったの?』
杏(ロクター)『しかも此方のC5勢のほぼ全員のパンツ盗むし…』
エリザベート(ロクター)『私だって料理は苦手だけどこれは流石に無いわ』
きらり(ロクター)『此方の裸族も君達の裸族料理で気分を悪くしたんだにぃ?』
エミヤ(ロクター)『此方の馬鹿裸族がお前らに協力したと聞いていても立ってもいれなくなったんだが?』
ワリオ「はぁぁぁぁっっっっっ!?!?!?!?!?!?論外過ぎるとはどういう意味だ!?!?!?!?!?」
ロッソ「下着を盗んだのはタブーであって俺達では決してないぞ!?!?!?!?!?」
ビアンコ「気分を悪くするなんて何かの間違いだ!!!!!!!!!!!!」
みさお「折角そっちの裸族女子と交流できたのに!?!?!?!?!?」

スクリーンの向こう側にいる5人の怒りの隠った言葉に此処でも反論する裸族共。おい、何度も言うけどあんな衛生面的にアウトな料理出されたら誰だってキレるっつーの。

デューテ(ロクター)『と言う訳で今からロクターサイドを代表してボク達がお仕置きするよ(^ω^#############)』
エリザベート(ロクター)『あんたらのやってる事は食に対する冒涜よ…(^ω^#############)』
きらり(ロクター)『杏ちゃん達にあんなもの食べさせたのは許せないにぃ…(^ω^#############)』
エミヤ(ロクター)『しかもこなたとみさおは此方の馬鹿共の映像にも出たらしいしな…(^ω^#############)』
杏(ロクター)『あんたらにスペッシャルなプレゼントをくれてやる…(^ω^#############)』←手にジャムトースト

そう言うと一斉に手にジャムトーストを持って…



バリバリバリバリッッッッ!!!!!!!!!!!!←スクリーンを突き破る音



デューテ&エリザベート&きらり&エミヤ(4人ともロクター)「これでも食らえぇぇぇぇぇっっっっっっ(だにぃぃぃぃぃぃっっっっっ)!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
裸族6人「ギャーッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!クッソ不味いぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

スクリーンを突き破って出てきたと同時にジャムトーストを裸族共にスパーキング。そして裸族共は3度目の悶絶。因みこれはただのジャムトーストではなく、水瀬秋子特製『甘くないジャム』が塗られてあるので激マズ料理と化しているのだ。後、気付いた方もいるとは思いますが杏だけ此処に出て来ていません。理由?それは言わずもがな。

ワリオ「ウゲェェェェェ!!!!!!!!!!マジぃぞこれは…」
スネーク「て言うか早く此処から解放しろ!!!!!!!!!!」
デューテ(ロクター)「あっ、次のお仕置きに回さないと…」
エリザベート(ロクター)「これで終わりだなんて思わないでね?」
エミヤ(ロクター)「まだまだ続くぞ。と言う訳できらり、殺れ★」
きらり(ロクター)「分かったにぃ!!!!!!!!!!にょわーーーーっ!!!!!!!!!!!!」←横にあるレバーを引く
裸族6人「何する気だぁぁぁぁっっっっっ!?!?!?!?!?!?!?!?!?!?」←裸族の座っている椅子が急上昇☆

きらりが側にあるレバーを引くと共に裸族共がミサイルの如く椅子と共に急上昇。そして姿が見えなくなった。

穣子(ロクター)「まさかスクリーンから出てくるなんて思わなかったわ…;;;」
永琳(ロクター)「それもそうよね…;;後、何気にデューテとエリザベートの顔が怖かったんだけど…;;」
黒井「オイwwwwwwwスクリーンを突き破るってwwwwwww貞子よりもカオスやんwwwwwww」
DTO「そして安定の杏wwwwwwwwwwwwwwお前は出てこないのかwwwwwwwwwwwwww」


お仕置きはまだまだ続くぞ!!!!!!!! 感想はお待ちくださいな。

第1回料理対決――O☆SHI☆O☆KI☆Death(後編6) ( No.286 )
日時: 2017/12/14 10:45
名前: W683

続き

裸族6人「ギャーッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!ウワオッッッッ!!!!!!!!!!」←急停止

急上昇した裸族の椅子が急停止し、裸族達はその反動で投げ出される(拘束は上昇中に解かれている)。裸族6人が辿り着いた先は何処かの部屋の様だが、鉄製の戸がある以外は何もない。

ロッソ「こんな所に居ても仕方ねぇ!!!!!!さっさと戸を開けるぞ!!!!」
ワリオ「だったら俺様に任せろ!!!!!!!!!!!!」

超裸族級の怪力を持つ黄色の貴公子が鉄の戸を開けたが…;;

こなた「寒いよぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!((((;゜Д゜)))」
ビアンコ「これは流石に寒すぎる!!!!!!!!!!((((;゜Д゜)))」
みさお「凍えちゃうZEeeeeeeeeeeee!!!!!!!!!!!!!!((((;゜Д゜)))」
スネーク「お前ら此処で諦めるな!!!!!!!!と言いたいが、クソ寒いぞぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!!((((;゜Д゜)))」
裸族6人「寒いぃぃぃぃぃぃぃぃっっっっっっ!!!!!!!!!!!!」

裸族が居たのはスキー場のような場所。ただでさえ寒いのに猛吹雪が吹いているので寒さに拍車をかけている…。これには寒さにある程度慣れているであろう裸族でも流石に凍える…;;;

ワリオ「それはそうと裸族スキーをするには絶好の場所じゃねーか!?」
スネーク「そうだな!!そうと決まれば早速…」
???「あら、随分と呑気でいられるわね?まだお仕置きは終わってないのよ?」
ロッソ「誰だ!?」
ビアンコ「何か人影が見えるんだが…」

何処からか声が聞こえたが吹雪の所為で薄っすらとしか人影が見えない。だが…;;;

みさお「えっ!?!?何で氷海が此処に!?!?!?!?!?」
こなた「しかも何気に吹雪の威力が増してない!?!?!?!?!?」

彼らの目の前には…何と氷海の姿が。だが、『此方の』氷海はモニタリングしてるので此処にはいない筈。そう、彼女の正体は…


♪北陸ロマン(北陸新幹線イメージソング)


氷海(ゆめひめ)「そっちの私に何食べさせてるのよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!氷雪拡散最高出力アルティメット・スノープリズム!!!!!!!!!!!!!!!!!」
裸族6人「ひぎゃぁぁぁぁぁっっっっ!!!!!!!!!!!!!!寒いよぉぉぉぉぉぉっっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

はい、ゆめひめサイドの氷の生徒会長でした。あまりにふざけたことをしまくった裸族共に怒りが収まらず、裸族共に向けて大吹雪を放つ。よくよく見たら手にアイスフラワーを持っている…。オイ、鬼に金棒ならぬ『氷海にアイスフラワー』ってどういうことだよ。絶対に誰かが悪戯で持たせただろ。

いのり「ヤバイwwwwwwwアイスフラワーまで装備したら氷属性マシマシじゃんwwwwwwwwwwwwww」
まつり「て言うか誰がアイスフラワー持たせたのwwwwwwwwwwwwww」
あきら「私だよ(`・ω・´)」
アイク「お前かよwwwwwww想像以上に寒いじゃねーかwwwwwwwwwwwwww」
氷海「あっちの私、GJ」

暫くして雪玉になった裸族(因みに2つあり、各々に3人ずつ入っている)。その雪玉を…

氷海(ゆめひめ)「この雪玉が欲しいって麓にいる人に頼まれたから今から転がしてあげるわね」←雪玉を押す
裸族6人「やめてくれぇぇぇぇぇぇっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

雪玉になった裸族はひたすらゲレンデを転がっていき、ジャンプ台を飛んだり、蛇行したりと、正にジェットコースターの如く転がっていく…。そして…

裸族6人「ギャーッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
???2「おーい!!雪玉が来たぞ~!!!!!!」
???3「よっ!!!!待ってました!!!!!!!!!!」
???4「そうと決まれば早速仕上げにかかるぞ~!!!!!!!!」
???5「先ずは受け止めないと…;;」

麓には何と、クソガキ4人の姿が!!!!!!!!!!すいません、コイツらの事なんで何をしでかすのか想像できるんですが…;;

ソニック「コイツは此方に寄せて…」
村人「此処が丁度良いかな?」
ネス「それにしても結構重いなぁ…」
パステル君「結構降ったみたいだね」
裸族6人「オエッッ…;;;」←吐き気を催す

クソガキ共は2つの雪玉(裸族入り)を既に作り終わったドデカイ棒の両サイドに並べ…





クソガキ4人「出来た!!!!!!!!これぞ真の『ネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲』だ!!!!!!!!!!!!!!」

ツッコミ班「だろうと思ったよ畜生!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
ギャグカオス組「ブフォwwwwwwwwwwwwww完成度高ぇなオイwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

やっぱりだぁぁぁぁぁぁっっっっっっっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!コイツらまたあの下ネタ大砲(裸族入り)作りやがったよ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(テポドン投下)当然ながらこの予想通りとも言える展開にモニタリングしている一同騒然。もう一回言うけど、これお仕置きだよね?

ピーチ「ナレーション、私達だってツッコミたいんだけど…」
氷海「まさかあっちの私が作った雪玉があんな物に使われるなんて…OTL」


お 仕 置 き っ て 何 だ っ け ? 感想はまだ。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。