二次創作小説(紙ほか)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

日常日和。4
日時: 2021/08/07 17:24
名前: 桜 (ID: exZtdiuL)

新しい日常日和。4に来て下さりありがとうございます。このたび前の掲示板のデータがいっぱいになったことにより後継掲示板で日常日和。を4として再開することになりました。なのでブタのヒヅメとの戦いやぷよクエ実録も今後はここですることになります。それでも私は変わらないし変わるつもりもありませんので見ていただければ幸い!


「目次」


「短編」
多才のわらじ>>1-2
賢者大作戦!>>38-43
成りすましアラビア二番手>>49-50
ツキノちゃんと孤高な天騎士さん>>73
サックスとリンゴ>>78-79
恋愛裁判地獄絵図>>85-89
Ai:birthday>>146-147
可愛い可愛いメイドさん>>177-179
栄光の天騎士ロード>>183-190
隠しの天才>>196-197
疑惑のラブレター>>203-204
悪魔さんの歌と少女のオーボエ>>248-249
2番手vsローティーン共の大戦争>>265-267
フルートの約束>>276-278
海水浴での休暇>>338-342
ふうりんアフェットゥオーソ>>365-369
月光の進化と共に>>374-377
王ドラ、イーブイ達を拾う>>382-383
とっておきのうた>>389-392
ある日降り立ったウーベルチュール>>410-411
学☆芸☆会☆大☆騒☆動>>415-416
サウンド・ショウ・タイム>>420-421
大量の楽器紛失事件>>425-429
龍笛を巡る運命(さだめ)>>434-435
今時の温泉パークはプールも付いているらしい>>451-452
トラブルな仙女!>>467-468
影の怪盗と妹の姫君と操りのポケモン>>471-475
お花見は時に危険なこともあるらしい>>478
争奪のシナリオ>>515-519
Nebula from Sunny>>522-525
勘違いにご用心!>>528-530
舞い降りた花>>543-545
桜版裸族による裸族のための講座2>>548-550>>552-553
解き放たれた恋愛のもつれ>>558-561
8月31日のポルックス>>605-606
月下の明かりの下で>>607-608
Flying to you>>637
ロックパンダは騒動がお好き!?>>638-639
オーボエはギネスブックになるほど難しいらしい>>640-642
ファゴット・ミッション!>>643-646
アリシアと魔法のエメラルドの腕輪>>649-650
Nostalgie Voice>>651-652
雑草達のそばにあるキレイな二輪花>>655-656
薔薇とリンゴとトロンボーンとモノクルの香り>>657-658
狐をめぐるもつれ>>659-660
乙女のカメラ対決!?>>661-662
主の居ぬ間に洗濯!?>>663-671
Mysterious Days>>672
オトナになったもん!>>673-675
若頭と雅楽師と笛と>>676-678
ニュージーランド劇場に参加しまショー!>>681-685
北海道inアンサンブルコンテスト>>686-687
髪は男女ともに命らしい>>688-689
ジャパンの侍犬魂>>690-691
没ネタ2本立て>>692-694
大騒ぎなお嬢様参観日>>695-696
ロックパンダとの別れの時>>697
薔薇色の狙撃>>698-700
嬉し恥ずかし修羅場>>701-704
とある日の海水浴事情>>705-707
NOBUNAGA to visit shores>>710-712
カメラにご注意を>>715
ドタバタ☆アクション!>>741-744
いつの世も儚きや>>773-774
クリスマス☆ラブパニック!>>777-778
森の女王様と闇の美少女と花の魔導師>>781-783
違う時代からの流通者>>787-788
ラモール・エスポワール〜ブケファラスと共に〜>>794-795
アンダーノースザワでの出会い>>802-804
生徒会番長の苺の裏事情!>>808-811
初夏の露呈式!?>>815-818
天の川の天から舞い降りた落とし子>>822-823
ラブナの隠されたとある秘密>>826
少年戦士ト麒麟ノメイドノ物語>>829-830
ラブっとvTORIスティック>>849-850
アムール☆トリップ>>854-857
日本のライブではハープやチェロも採用されるらしい>>858-859
やって来たのは少女剣士さま!?>>860-861
全面協力のバレンタインのラプソディ>>871-872
愉快!痛快!寿司狂騒詩!>>873-877
ルナティック・スウィング!?>>878-879
スパイハッピーバースデイ>>880-881
スーパー☆アストルフォちゃん!>>886-887
髪の毛は人間の命らしい>>888-889(更新)


「やってきた。」
音大生漫画家がスマブラ屋敷にやってきた。>>439-440
ロック・パンダがスマブラ屋敷にやってきた。>>634-636
生意気司令官がスマブラ屋敷にやってきた。>>653-654


「ぷよクエキャラで料理対決!」
その2>>10-16
結果発表>>22-25
オシオキ編>>32


「テストネタ」
テストネタ1>>443-448
テストネタ2>>455-462


「フルート実録」
フルート実録2>>1
フルート実録3>>173


「闇天使の“重責”の呪縛」
猫と踏切と闇天使>>208-209
恋したサックス>>212
一旦の別れ>>215-216
事件の波乱>>221-223
神様も止められない紅蓮の羽四つ>>227-228
ウサギランド出現>>231-234
“願い”の先>>238-244


「ブタのヒヅメ決着」
月長石と星の水晶と黄玉物語>>283-284
全ては「キミ」のため>>289
慕う気持ち、向上心と小さな籠>>292-293
夕焼けの空と曇りの空>>296-298
青空はいつでも夕陽を待っている>>301
ゾーアの覚醒>>307-308
未来への絆>>313-314
悲しみはここに置いて>>318-320
さようなら、ありがとう>>324-326
終わりの始まり>>331-332


「全国学生音楽コンクールでの絆」
夏の花の嵐>>564-565
紅葉からの条件>>568-569
圧倒的な表現力がボレロを貫く>>574-575
四葉宮高校との対面>>578-579
四葉宮高校とのアンサンブル対決!>>582-584
棟梁と魔人と黒音と>>587-589
黒音学園とのアンサンブル対決!>>592-594
それぞれの動向と彼女から手を引いて>>597-598
本来の音>>601-602


「天空のレビアッタでの激闘と決戦」
星の舞う庭>>609-610
ゆっくり回り始めた歯車>>611-615
秋のルビー、悲しみを歌いながら愛しさを>>616-619
激闘の瞬間ーーーときーーー>>620-621
兎蝶グラフィティ>>622-623
道化とスライムのレジリエンス>>626-628
悲しみよりも深く優しく>>629-630
No charge memorys>>631-632
これからの課題と目的>>633


「トランペッターのケロン人襲来!」
占いの結果のトランペットとウラハラとタママ>>747-748
純粋アンチテーゼ100%>>751-752
トランペットでのイリュージョン>>755-756
大切な人からくれた宝物>>759


「マリア・ザ・リッパーの行く末」
休息にトロイメライ>>841-842
White fox the Ripper>>843-844
マリア・ザ・リッパー!>>847-848


「ぷよクエ実録」
時空の旅人クリアまでの道のり>>254
マーベットの挑戦状日和>>270


「前後編」
旋律幻想曲>>56-58>>64-66
果てなき命の宴>>132-134>>139-140
フルートのショコラティエ>>151-152>>156-157
吸血鬼の赤き洗礼>>257-258>>261-262
オルガンストレッタ>>348-351>>356-360
秋のポケモンコンテスト!>>397-400>>405-406
愛と涙のサッカーバトル!>>533-535>>538-540
それぞれのお忍びの騒動の三重県伊勢志摩旅行>>762-764>>767-770
大切な思い出>>833-834>>837-838
ダイ山神話聖杯大戦>>862-866>>867-870
Composer:C>>882-883>>884-885


「特別編5」
序章:八奇人>>94-95
第一章:わがまま>>101-102
第二章:見てきたもの>>107-109
第三章:夢涙>>115-117
第四章:絆>>121-122
終章:響く>>123-124


「特別編6」
序章:オーボエの王子様>>481-482
第一章:小さな店で>>486-488
第二章:シグレの覚醒>>492-495
第三章:目には目を、口撃には口撃を>>500-503
第四章:オーボエの涙>>507-509
終章:運命の奇妙な巡り合わせ>>510-511


「特別編7」
序章:始まりの約束>>718-719
第一章:デートの途中で>>722-723
第ニ章:すれ違い・・・?>>726-727
第三章:本当のこと、その本当の気持ち>>730-732
第四章:報復☆DEATH>>735-736
終章:日本までやってきた来客>>737-738

旋律幻想曲(後編)(その1) ( No.64 )
日時: 2016/12/21 23:46
名前: 桜 (ID: exZtdiuL)

後編です!三つのグループによる騒動の行方は・・・!?






ゼオ「あっ、そういえば」


ゼオはゴソゴソとカバンの中から出す。風呂敷に包んだ豆大福だ。


ライオン兄妹のおばあちゃん「まあ、豆大福!?私、これが食べたかったのよ!あなた、よく分かってるじゃない!」
ゼオ「あんたが庶民的で温かい料理を愛していると聞いたんで」
ライオン兄妹のおばあちゃん「まあまあ!」
ロム(絶対ゼオはアイオーンと同じようにあざとさでアイオーンとアイレーンのばあさんに貢がせるつもりだ・・・;)


一方、空達はスザクを琴の治癒魔法で治してから引き続き理事長のところに行こうとしていた。


勇飛「ったく、なんでこんな矢が・・・;」
空「ホントだよねぇ;きっとセキュリティシステムが間違えたんじゃないの?」


一方、ダメナイト達はルンちゃんに会いに屋敷内を歩いていた。マルクは痛みでよろけている。


マルク「うう・・・;なんでこんな波動が・・・;」
タランザ「空気に似たような波動なのねぇ」
ギャラク「とりあえず様子を見て・・・」


すると・・・






空&ダメナイト「あ(目がピッタリ合った」






一方、ドラケロ防衛隊は歴史文化財で歩いていた。2階に上がる。


王ドラ「流石歴史文化財、階段も和式ですねぇ;」
マタドーラ「でも、本当に豪華だよなぁ。ん?」


すると、ドラケロ防衛隊にもめている声が聞こえた。ドラケロ防衛隊が透明マントで姿を消す中、そのもめている声の主は空とダメナイトだった。


空「どうもおかしいと思えばダメナイトが!」
ダメナイト「お前が余計なことしてたのか!」
空「私達はこれから理事長に会いに行くところなんだから、別の日にでもすればいいのに」
ダメナイト「はっ。どうせお前らんとこの理事長はお前らと同じでバカなんだろうが」
空「私達の学校の理事長はバカじゃないよ!ダメナイトこそどうせルンちゃんはキャバ嬢なんでしょ!?」
シャドー「えっ、そうなの!?」


「ルンちゃんをキャバ嬢扱いするな!!」「理事長をバカ扱いしないでよ!!」ともめる声が聞こえる中、マルクは聞く。


マルク「そういえば、空気みたいな波動を背中に打たれたけどあれ、スザクの仕業なのサ?」
スザク「違います!!!(びっくりして咄嗟にマルクをビンタする」
グリル「マルクちんに何をする!(スザクにビンタ」
セイリュウ「師兄に何をする!(グリルにビンタ」
マホロア「トモダチにナニをスル!(セイリュウにビンタ」
キリン「セイリュウ君に何をする!(マホロアにビンタ」
タランザ「お茶飲み仲間に何をするのね!(キリンにビンタ」
ゲンブ「女の子に何をする!(タランザにビンタする」


まさかのビンタ合戦。ええ、吉本でもありますよこれwwwこれを見た王ドラは・・・






王ドラ「私も参加する!(タママにビンタ」
タママ「イッタアアアアアー!!!」






マサオ「ちょっと!純粋組はビンタをしなかった人達が抑えてるけど、逆にまずいじゃん!!」
キッド「オレやべーよ殺される!!!」
王ドラ「男なら大人しく殴られて下さいよ!さあ!(キッドを押す」
キッド「やめろー!!!」


すると、ゼオの耳にキッドの声が聞こえた。


ゼオ「キッド?」
アイレーン「大勢の奴らの声も聞こえる・・・」
ライオン兄妹のおばあちゃん「どうやら私が関係してるみたいね。行きましょう」


アイオーン達はもめている一同のところに行く。すると、ライオン兄妹のおばあちゃんはもめている一同を見つける!


ライオン兄妹のおばあちゃん「ちょっと何やってんの!!?」
空「理事長!」
ダメナイト「ルンちゃん!」
ゼオ「そうだぞ!やめ・・・わぁっ!(こける」
フレッド「ぎゃー!!!(ゼオに倒されこける」
パトリ「うわー!!!(フレッドに倒されこける」
メタナイト「オーマイガー!!!(パトリに倒されこける」


なんとゼオがこけたことにより上記の人達がドミノ倒しでこけました。ということは・・・






ギロロ「えっ!!?」






ギロロは窓に倒されそして2階の下である旧家の隣の湖に落ちた・・・。叫び声を残して・・・


ザッパアアアアアーン!


ケロロ「ギロロおおおおおー!!!」
ゼオ「ナンテコッタパンナコッタ;」
ロム「ボケてる場合か!!!」
アイオーン「ゼオ貴様いい加減にしろアイレーンとリデルが怖がってるではないかー!!!」
ゼオ「ごめんなさい(うるるん瞳」
アイオーン「いいよー!(ぽわわん」
クロウ「いいわけないだろ!!?」


ギロロを湖で警察が全力で捜索中の中、ププルが3グループに事情を話す。これに空・ダメナイト・王ドラの三人は驚愕した。


空「えーっ!!?理事長、アイオーンとアイレーンちゃん様のおばあさまだったの!!?」
ダメナイト「ルンちゃん、お前らんとこの理事長だったの!!?」
王ドラ(やっべえ!!?私、この屋敷のこと歴史文化財って言っちゃったんですけど!!?)


すると・・・


王ドラ『やっべえ!!?私、この屋敷のこと歴史文化財って言っちゃったんですけど!!?(読心ルーペに映される』
タママ(`・ω・)←キッドに読心ルーペを借りた人
王ドラ「!?」
ハンドレッコ「お前マスター達のおばあマスターの屋敷をそんな風に思ってたのか!!」
王ドラ「チッ!(読心シール(クレしん原作の道具のパロディ)をタママに貼り付ける」
タママ『どうせミューモロイドはハンドレッコみたいなあんな無愛想じゃないですぅ(読心シールに代弁される』
タママ「」
ハンドレッコ「このおたまじゃくしのガキ(^ω^#)」


乱闘になる中、アイオーンはその読心シールが入った一杯の袋を見る。アイオーンはこの時ブツブツと呟いていた。


ゼオ「?」
しんのすけ「ほい(アイオーンに読心シールを貼り付ける」






アイオーン『少しだけ借りてゼオとリデルの本音を聞いておこう。いや、大量ならカービィ組の可愛い一頭身に本音を聞いた方がいいな。ああ、どうすればゼオ達を我が愛玩に収めてくれるのだ!』






アイオーン「」
ゼオ(^ω^#)


ゼオがアイオーンに対して殴る蹴るを続ける中、可愛いもの好き限定かなりのドMになりかけているアイオーンは「良いぞ!もっと殴れ!」「神のこともっと生ゴミを見るような目で見てくれ!」と変態発言をするために効かない。しんのすけはメタナイトに聞く。


しんのすけ「メタさん、どう思う?」
メタナイト「こんなのとできれば知り合いたくなかったOTL」


乱闘が周囲の制止でようやく終わった後、王ドラは聞く。


王ドラ「あのー、アイオーンさんとアイレーンさんに(精神的な)ダメージを与えたお詫びに労働払いで夕食を作っていいですか?(悪気ない」
ペイペイン「なわけないだろうがあああああー!!!(王ドラの胸ぐらを掴む」
ライオン兄妹のおばあちゃん「ペイペイン、やめなさい!」


一方、あるグループがライオン兄妹のおばあちゃんの屋敷を訪ねていた。魔導ARSSだ。


サタン「ここにリデルが訪ねて来たということか・・・」
ルルー「結納はここだと考えられますわね」
アルル(空達の学校の理事長がアイオーンとアイレーンのおばあちゃんだって知ってたシェゾが余計なこと言うから;)
シェゾ(だから悪かったってOTL)
サタン「では行くぞ(変装用の黒全身タイツ持参」


一方、ライオン兄妹のおばあちゃんはため息を吐きながら言う。


ライオン兄妹のおばあちゃん「・・・それにしても娘があいつと結婚したのは間違いはあるでしょうけど、逆にアイオーンとアイレーンは生まれてこなかったでしょうね」
アイオーン「母様と親父のことか?」
ライオン兄妹のおばあちゃん「別にあなた達孫達を愛してないわけじゃないわよ。ただアイオーン、これをーーー「母様。いいんです」!」


すると、現れたのは・・・






美しいライオン兄妹のお母さんだった・・・!






ライオン兄妹のお母さん「アイオーン・・・」
アイオーン「・・・母様?」
???「何しに来た」


すると、現れたのはライオン兄妹のお父さんだった。彼は言う。


ライオン兄妹のお父さん「誰の許可があってアイレーンと会っているんだ」
リデル(この方が、アイオーンさんとアイレーンちゃんのご両親・・・)
ライオン兄妹のお父さん「アイレーン。身体は元気か?お前は私の大切な跡取りなんだから、身体にはくれぐれも気を付けろよ」
ライオン兄妹のおばあちゃん「何が跡取りよ・・・!!!あんたがアイオーンを追い出してアイレーンに跡継ぎの勉強を強いたくせに・・・!!この仕事人間が・・・!!せっかく兄妹が・・・!」
ライオン兄妹のお父さん「娘の婿養子に対して偉そうな口を利くのですか?その仕事人間に、アイオーンに住まいを用意させてくれと言ったのは誰ですか?」
ライオン兄妹のおばあちゃん「・・・っ」
ライオン兄妹のお父さん「私の仕事を責めるあたりは、娘そっくりですね」
ライオン兄妹のお母さん「・・・っ」


今回は後編!

旋律幻想曲(後編)(その2) ( No.65 )
日時: 2016/12/21 23:51
名前: 桜 (ID: exZtdiuL)

すると、ドドドドドという声が聞こえた。ゼオが気付く。


ゼオ「?何の音?」
???「蛇だあああああーーーーー!!!」
大半の全員「!?」
???「アイオーン、出てこい!!出てこーーーーーい!!!」


すると、不審者に変装した魔導ARSSが蛇を持って屋敷の使用人全員を追いかけまわしていた!アイレーンが駆ける。


アイレーン「おい!何をしているのだ!」
サタン「ハーハッハッハッ!(アイレーンを人質に取る」
アイレーン「きゃあっ!!?」
ペイペイン「アイレーン様!?よくもアイレーン様に!(スカートの中からマシンガンを出す」
サタン「むっ!テンペスト!」
ペイペイン「!?」
サタン「ふははははは、マシンガン封じたり!」


サタンは要求を言う。


サタン「アイオーンを出せ!」
ゼオ「行ってこい(アイオーンの背中を蹴る」
アイオーン「ヴッ!?何の用だ?」
サタン「今から要求を言う!リデルと別れろ!さもなければ、お前の妹を魔法の刃で刺す!」
ゼオ「!」


すると、ゼオは自分の杖とメタナイトの宝剣ギャラクシアをヤイバに持たす。これにヤイバは戸惑い、サタンは聞く。


サタン「おい。何してるのだ?」
空「それは魔法の「ヤイバ(刃」で刺すでしょ!!?」
ゼオ(・ω・)コクコク
王ドラ「ゼオさん!座布団1枚!(ゼオで座布団を座らせる」
セイリュウ「やってる場合か!!」
ゼオ「昇太くーん」
メタナイト「言ってる場合か!!」
王ドラ「こんなことしてる場合じゃないこんなことしてる場合じゃないです!!」
ヤイバ「それは故にこっちのセリフである!!」


二人のボケに手玉に取られたサタンは暴れる。


サタン「本当に魔法の刃で刺すぞ!」
ゼオ「えっ?」
王ドラ「刺す・・・?」
ゼオ&王ドラ「どれ(興味津々で近づく」←かなりのドS
サタン「何期待してるのだ貴様ら!!アイオーン!!今すぐにリデルと別れろ!さもないと・・・「ザクッ」えっ?私、魔法発動してたんじゃ・・・?」
アイレーン「刃は振り回すと・・・危ない、のだ・・・(手にはサタンの魔法の刃による切り傷」
アイオーン「!!」


すると、サタンはマジでアイレーンを傷つけるつもりはないのに危害を加えてしまう。魔導ARSは慌てるサタンに対し内心でうろたえる。


シェゾ(なにやってるんだよサタン!!マジで傷つけて!!)
ルルー(今のはサタン様が悪いですわ・・・!)
アルル(オワタ\(^O^)/)
サタン「こうなれば誰もかれも傷つけるのみだあああああー!!!(やけくそ」
アイオーン「やめろーーーーー!!!」


BGM:ひまわりの約束


すると、空気はBGMとともにスローペースになり、そこにはみんながゆっくりとした動きで慌てるシーンだった。すると、ある人物が戻ってきた。それは・・・


サタン「しーーーーーねーーーーー」






何とか無事生還したギロロだった・・・!






ギロロはサタンのサタンクロスに撃たれ、そして倒れる。これに他のドラケロ防衛隊は慌てていた。そして・・・






ダメナイト「もしもし?」
セイリュウ「お前の着信音か!!!(他の人達同様にずっこける」






いつもの空気に戻った後、倒れたギロロをドロロが呼びかける。


ドロロ「ギロロ君!!大丈夫!!?」
ギロロ「!!」
ケロロ「生きてるであります!」
ギロロ「ベルトが守ってくれたみたいだな;(手には撃たれた後のベルト」
アイオーン「おい!!貴様らだけは絶対に許さーん!!!」
ライオン兄妹のおばあちゃん「あんたらー!!これ以上アイオーンやアイレーン達に何かしたらただじゃおかないわよー!!!」


妹が誕生日に傷つけられたことに激怒したアイオーンはパトリの死期名簿を破る!


パトリ「あー!!!ボクの仕事用具があああああー!!!」
アイオーン「アイレーン、待ってろ!今助ける!(ボタンを押す」


すると、壁の板がサタンのところに降りてきた!隙を突いたアイレーンは逃げ出し、板が剥がれた後の壁は・・・






素顔のメタナイトの可愛らしいポーズだった(爆弾投下)


メタナイトΣ(#`°Д°)






ハンドレッコ「何だあれ!?改造したのか!?」
アイオーン「タイトルは「可愛らしい剣士の洗礼」・・・」
メタナイト「あんなプライバシーの侵害物、洗礼とは言わん!!!」
サタン「貴様!貴様だけは絶対に許さん!!」
王ドラ「パーフェクトボーリング!アチョー!(パーフェクトボーリングを転がす」
サタン「ぎゃあああああー!!!」
ルルー「いやあああああー!!!」
アルル「うわあああああー!!!」
シェゾ「何でじゃあああああー!!!」


サタンから順に一部の人達が王ドラのパーフェクトボーリングによって敗れていく。すると、クロウが何かに気付く。


クロウ「あれ?その当てる時「にゃ」と「 ハートの光」って・・・」
王ドラ「私がシアンさんにクリスマスパーティで渡す予定であるオーダーメイドのクリスマスプレゼントです。はい、シアンさん、クリスマスプレゼント」
シアン「ありがとにゃんv」
クロウ(根性あるなシアン・・・)
ペイペイン「あなた達どきなさい!死になさい不審者共!!(火のついたランプを投げつける」
勇飛「やったー!バンザーイ!」


一同が大歓喜の中、魔導ARSSは言う。


魔導ARSS「貴様ら・・・」
ドラメッド「ん?」
魔導ARSS「全員説教部屋行きだあああああー!!!(正体がわかる」
ププル「うげっ!!?アルルさん達!!?」
風間「みなさーん!!!」
マタドーラ「やべー!!!保護者とセニョリータ燃やしてしまったあああああー!!!」
クルル「くーくっくっ」


すると、クルルが機械のバケツで水を魔導ARSSにかける!王ドラが恐る恐ると救急箱を出しながら言う。


王ドラ「あの・・・大丈夫ですか・・・?」
シェゾ「これが大丈夫なわけあるかボケー!!!」
チュチュ「で?なんでこんなことしたんですか?」
アルル「ボクは嫌って言ったんだよ!!」
シェゾ「俺も喋った途端に嫌って言ったんだけど、バカ魔王がアイオーンとリデルの仲をぶち壊そうと言ってたから、脳みそ筋肉ゴリラ女も賛成して・・・!!」
モア「つまりアイレーンを使ってぶち壊そうと思ったぴゅる?」
サタン「おっしゃる通りですOTL」


すると、ライオン兄妹のおばあちゃんは謝る。


ライオン兄妹のおばあちゃん「あら、お客様!?ごめんなさいねこんなことに・・・(ルルーを立たせる」
ルルー「あ、ありがとう・・・」
ライオン兄妹のお父さん「じゃあ、私は行く」


ライオン兄妹のお父さんが立ち去る中、ライオン兄妹のおばあちゃんは言う。


ライオン兄妹のおばあちゃん「・・・あいつがアイレーンに跡継ぎの勉強を強いて・・・会うことすら許さないって・・・だから、アイオーンとアイレーンは・・・「でも、仕方ないの・・・」
ライオン兄妹のお母さん「あの人がアイオーンを追い出したのは、お母さんにも悪い部分があったから・・・」
ライオン兄妹のおばあちゃん「・・・」


すると、ライオン兄妹のおばあちゃんはアイオーンにあるものを渡す。アイオーンの通帳だ。


アイオーン「俺の通帳!?」
ライオン兄妹のおばあちゃん「あいつが私に託したあなたの通帳よ。一切手を付けてないわ。どうやらあいつ、アイオーンが出て行った後も通帳に入れているみたいね。あいつは反対していたけど、きっと心のどこかでアイオーンの気持ちを尊重していたのよ・・・」
リデル「・・・(走る」
アイレーン「!?アリス!?」


すると、リデルは戸惑っているライオン兄妹のお父さんを連れ出す!リデルはペコリと頭を下げながらライオン兄妹のお父さんに頼む。

旋律幻想曲(後編)(その3) ( No.66 )
日時: 2016/12/22 00:00
名前: 桜 (ID: exZtdiuL)

リデル「あの、アイオーンさんの夢もアイレーンちゃんの夢も認めて下さい」
ライオン兄妹のお父さん「!」
リデル「アイオーンさんはちゃんとバンド活動をしているし、アイレーンちゃんだってアイオーンさんを超えたくて頑張っています。何より私の約束やcantabileの音楽も尊重してくれたんです。だから」


すると、アイオーンとアイレーンはバッと父親に頭を下げる。これを見たライオン兄妹の父親はため息を吐く。


ライオン兄妹のお父さん「・・・ったく、まさかうちに引きこもりまでするとはな。そこまでの覚悟があるなら、MIDIシティに出てその夢を追いかけて見たらどうだ?その代わり、絶対にその夢を投げ出さないことだな」
アイオーン「!あり・・・がとう」
アイレーン「お父様、ありがとうなのだ!」
ライオン兄妹のお父さん「可愛い娘に頼まれちゃな。リデルさん。アイオーンのことをよろしく頼む」
リデル「!」
ライオン兄妹のお父さん「じゃあ、私は行く」


ライオン兄妹のお父さんが再び立ち去る中、リデルは思う。


リデル(あの優しげな笑顔。やっぱり親子なんですね・・・)
アイオーン「リデル。・・・すまない。ありがとう」
リデル「いえ、完全和解とは行かなくても夢だけは認めてるんじゃないかって・・・」
アイレーン「・・・助けてくれてありがとうなのだ。あ・・・“お兄ちゃま”」
アイオーン「!」


大半の全員が小さくて大きな家族愛に号泣している中、ライオン兄妹のおばあちゃんは言う。


ライオン兄妹のおばあちゃん「じゃ、アイレーンの誕生日パーティ、BRRでしましょうか!狭くても賑やかな事務所でやるのは楽しそうだし♪」
アイオーン「!・・・ああ」


BRRでアイレーンの誕生日パーティを開く。そして彼らは言う。






大半の全員「アイレーンちゃん様、お誕生日おめでとうございます!」
アイレーン「ありがとうなのだ!」


おしまい






「後書き」


今回はアイレーンちゃん様のお誕生日話でした!SB69アニメ二期が終わってしまって寂しいですね・・・。
バイトも年末で忙しくなったのでおそらくこれが2016年最後の投稿になります。2017年はいろんな終わりが激しかった分始まりの年でもあると思いますので今年の抱負は「終」ですね。2017年の小説もお楽しみに!ちなみに私はクリスマスは24日・25日ともにバイトです。






アイレーン「アリスー(リデルを探す」
ツースト&クロ(クロード)「!?(アリス=あいりだと思った勘違い」






感想OK

Re: 日常日和。4 ( No.67 )
日時: 2016/12/22 00:12
名前: トーチ ◆/MkMTfVD.6 (ID: XnbZDj7O)

工場勤務に休みなしのトーチです

自業自得再び。丸く収まってよかったよ。

クリスマスイブは休み。しかしやることはなし!それでは

Re: 日常日和。4 ( No.68 )
日時: 2016/12/22 00:44
名前: きらり星カービィ (ID: An3hhqaa)

桜の世界 スマブラ屋敷


エヴィルクリスタルドラゴン
「・・・だめだ 見つからぬ・・・
 いったいどこへ行ったというのだ・・・?」

スターライトグリマー
「あれだけ探しても見つからなかったのはしょうがないから!
 また今度 探すわよ」

全員
「「「はーい・・・」」」


魔法空間


スターライトグリマー
「・・・みんな 今年はどうだったのかしら?」

エヴィルクリスタルドラゴン
「シャイニングスターカービィが覚醒したのと
 それから またも行方不明になる・・・ 余はどうすれば・・・」

シャイニングドリームカービィ
「私は覚醒したことで新たなる力を編み出せるように
 成長したんだ それに 連携技には得意から!」

ブラックポミュ
「こっちは毎日のように仕事があったんだミュ
 ブラックカービィ城の警備にあたって
 とても大変だったミュ」

スターライトグリマー
「みんな それぞれの出来事ね 私は
 トワイライトスパークルがいない間
 偶然にもポミュと出会えたわ クリサリス城にてね」

「仲良く仕事をしていたわ 平和のために活動していくのが
 私のように 悪い計画を消して 正しい計画のために
 トワイライトスパークルに伝えられたのよ」

ブラックポミュ
「これから いよいよ2017年だミュ
 少しずつ激しくなっていく戦いにもよろしくだミュ!
 アイレーンの誕生日の続きだミュ!」

シャイニングドリームカービィ
「ライオンの父と母に会ったアイオーンとアイレーン
 本当は仲良しなんだね 一方でキッドは
 王ドラに殴られる覚悟だったみたいだね」

スターライトグリマー
「やっぱりリデルのことは忘れないわ アイオーンは・・・
 それでアイレーンの誕生日 お疲れね そして
 2017年もよろしくお願いするわ」


というわけで今回の話を語ったスターライトグリマーたちでした♪
アイレーンの誕生日編の続きですね。
ライオンの父と母に会ったアイオーンとアイレーン
本当は仲良しですね。一方でキッドは王ドラに殴られる覚悟でしたね。
やっぱりリデルのことは忘れませんね アイオーン。
次回は2017年からですね。楽しみにしています。
以上、きらり星カービィでした♪


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。