二次創作小説(紙ほか)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

日常日和。4
日時: 2020/10/13 17:05
名前: 桜 (ID: exZtdiuL)

新しい日常日和。4に来て下さりありがとうございます。このたび前の掲示板のデータがいっぱいになったことにより後継掲示板で日常日和。を4として再開することになりました。なのでブタのヒヅメとの戦いやぷよクエ実録も今後はここですることになります。それでも私は変わらないし変わるつもりもありませんので見ていただければ幸い!


「目次」


「短編」
多才のわらじ>>1-2
賢者大作戦!>>38-43
成りすましアラビア二番手>>49-50
ツキノちゃんと孤高な天騎士さん>>73
サックスとリンゴ>>78-79
恋愛裁判地獄絵図>>85-89
Ai:birthday>>146-147
可愛い可愛いメイドさん>>177-179
栄光の天騎士ロード>>183-190
隠しの天才>>196-197
疑惑のラブレター>>203-204
悪魔さんの歌と少女のオーボエ>>248-249
2番手vsローティーン共の大戦争>>265-267
フルートの約束>>276-278
海水浴での休暇>>338-342
ふうりんアフェットゥオーソ>>365-369
月光の進化と共に>>374-377
王ドラ、イーブイ達を拾う>>382-383
とっておきのうた>>389-392
ある日降り立ったウーベルチュール>>410-411
学☆芸☆会☆大☆騒☆動>>415-416
サウンド・ショウ・タイム>>420-421
大量の楽器紛失事件>>425-429
龍笛を巡る運命(さだめ)>>434-435
今時の温泉パークはプールも付いているらしい>>451-452
トラブルな仙女!>>467-468
影の怪盗と妹の姫君と操りのポケモン>>471-475
お花見は時に危険なこともあるらしい>>478
争奪のシナリオ>>515-519
Nebula from Sunny>>522-525
勘違いにご用心!>>528-530
舞い降りた花>>543-545
桜版裸族による裸族のための講座2>>548-550>>552-553
解き放たれた恋愛のもつれ>>558-561
8月31日のポルックス>>605-606
月下の明かりの下で>>607-608
Flying to you>>637
ロックパンダは騒動がお好き!?>>638-639
オーボエはギネスブックになるほど難しいらしい>>640-642
ファゴット・ミッション!>>643-646
アリシアと魔法のエメラルドの腕輪>>649-650
Nostalgie Voice>>651-652
雑草達のそばにあるキレイな二輪花>>655-656
薔薇とリンゴとトロンボーンとモノクルの香り>>657-658
狐をめぐるもつれ>>659-660
乙女のカメラ対決!?>>661-662
主の居ぬ間に洗濯!?>>663-671
Mysterious Days>>672
オトナになったもん!>>673-675
若頭と雅楽師と笛と>>676-678
ニュージーランド劇場に参加しまショー!>>681-685
北海道inアンサンブルコンテスト>>686-687
髪は男女ともに命らしい>>688-689
ジャパンの侍犬魂>>690-691
没ネタ2本立て>>692-694
大騒ぎなお嬢様参観日>>695-696
ロックパンダとの別れの時>>697
薔薇色の狙撃>>698-700
嬉し恥ずかし修羅場>>701-704
とある日の海水浴事情>>705-707
NOBUNAGA to visit shores>>710-712
カメラにご注意を>>715
ドタバタ☆アクション!>>741-744
いつの世も儚きや>>773-774
クリスマス☆ラブパニック!>>777-778
森の女王様と闇の美少女と花の魔導師>>781-783
違う時代からの流通者>>787-788
ラモール・エスポワール〜ブケファラスと共に〜>>794-795
アンダーノースザワでの出会い>>802-804
生徒会番長の苺の裏事情!>>808-811
初夏の露呈式!?>>815-818
天の川の天から舞い降りた落とし子>>822-823
ラブナの隠されたとある秘密>>826
少年戦士ト麒麟ノメイドノ物語>>829-830


「やってきた。」
音大生漫画家がスマブラ屋敷にやってきた。>>439-440
ロック・パンダがスマブラ屋敷にやってきた。>>634-636
生意気司令官がスマブラ屋敷にやってきた。>>653-654


「ぷよクエキャラで料理対決!」
その2>>10-16
結果発表>>22-25
オシオキ編>>32


「テストネタ」
テストネタ1>>443-448
テストネタ2>>455-462


「フルート実録」
フルート実録2>>1
フルート実録3>>173


「闇天使の“重責”の呪縛」
猫と踏切と闇天使>>208-209
恋したサックス>>212
一旦の別れ>>215-216
事件の波乱>>221-223
神様も止められない紅蓮の羽四つ>>227-228
ウサギランド出現>>231-234
“願い”の先>>238-244


「ブタのヒヅメ決着」
月長石と星の水晶と黄玉物語>>283-284
全ては「キミ」のため>>289
慕う気持ち、向上心と小さな籠>>292-293
夕焼けの空と曇りの空>>296-298
青空はいつでも夕陽を待っている>>301
ゾーアの覚醒>>307-308
未来への絆>>313-314
悲しみはここに置いて>>318-320
さようなら、ありがとう>>324-326
終わりの始まり>>331-332


「全国学生音楽コンクールでの絆」
夏の花の嵐>>564-565
紅葉からの条件>>568-569
圧倒的な表現力がボレロを貫く>>574-575
四葉宮高校との対面>>578-579
四葉宮高校とのアンサンブル対決!>>582-584
棟梁と魔人と黒音と>>587-589
黒音学園とのアンサンブル対決!>>592-594
それぞれの動向と彼女から手を引いて>>597-598
本来の音>>601-602


「天空のレビアッタでの激闘と決戦」
星の舞う庭>>609-610
ゆっくり回り始めた歯車>>611-615
秋のルビー、悲しみを歌いながら愛しさを>>616-619
激闘の瞬間ーーーときーーー>>620-621
兎蝶グラフィティ>>622-623
道化とスライムのレジリエンス>>626-628
悲しみよりも深く優しく>>629-630
No charge memorys>>631-632
これからの課題と目的>>633


「トランペッターのケロン人襲来!」
占いの結果のトランペットとウラハラとタママ>>747-748
純粋アンチテーゼ100%>>751-752
トランペットでのイリュージョン>>755-756
大切な人からくれた宝物>>759


「マリア・ザ・リッパーの行く末」
休息にトロイメライ>>841-842
White fox the Ripper>>843-844
マリア・ザ・リッパー!>>847-848(更新)


「ぷよクエ実録」
時空の旅人クリアまでの道のり>>254
マーベットの挑戦状日和>>270


「前後編」
旋律幻想曲>>56-58>>64-66
果てなき命の宴>>132-134>>139-140
フルートのショコラティエ>>151-152>>156-157
吸血鬼の赤き洗礼>>257-258>>261-262
オルガンストレッタ>>348-351>>356-360
秋のポケモンコンテスト!>>397-400>>405-406
愛と涙のサッカーバトル!>>533-535>>538-540
それぞれのお忍びの騒動の三重県伊勢志摩旅行>>762-764>>767-770
大切な思い出>>833-834>>837-838


「特別編5」
序章:八奇人>>94-95
第一章:わがまま>>101-102
第二章:見てきたもの>>107-109
第三章:夢涙>>115-117
第四章:絆>>121-122
終章:響く>>123-124


「特別編6」
序章:オーボエの王子様>>481-482
第一章:小さな店で>>486-488
第二章:シグレの覚醒>>492-495
第三章:目には目を、口撃には口撃を>>500-503
第四章:オーボエの涙>>507-509
終章:運命の奇妙な巡り合わせ>>510-511


「特別編7」
序章:始まりの約束>>718-719
第一章:デートの途中で>>722-723
第ニ章:すれ違い・・・?>>726-727
第三章:本当のこと、その本当の気持ち>>730-732
第四章:報復☆DEATH>>735-736
終章:日本までやってきた来客>>737-738

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169



ぷよクエキャラで料理対決!(結果発表)(その2) ( No.23 )
日時: 2016/11/23 01:12
名前: 桜 (ID: exZtdiuL)

シェゾ「次は☆3な。2番、10番、16番、22番!」


呼ばれた☆3組は+α審査員が持っている評価用紙と属性宝石を取りに行く。


ウィン「二人が食べてくれたんだ。ちゃんと作ったけど本当にごめんね;」
サタン「いや、料理でふざける奴よりはまだマシだ。次は見た目に気を遣えば☆4は狙えると思うぞ」
ギガディス「しかし、ウィンは本当に可愛いな。よろしければ、余とお茶を・・・「ガシッ」ぐえっ」
フレッド「もう一度言ってみろこの尻軽魔王・・・カーチェスの元に突き出してくれるぜ」
ギガディス「冗談だ!」
フレッド「冗談とは笑えるものを指すんだぜ?」
ギガディス「悪かったから離せー!!!」


フレッドはギガディスを引っ掴んで例の実験室に連れ出す。すると、また閉め出された瞬間にさらに打撲音と破壊音が・・・;


ウィン「フレッド船長、どうしたの;」
ナルカミ「フレッドさん・・・;」
カナカ「気にすることはないで。ああいう節操の無い人は制裁を受ければええ」
ユズ「ナルカミさんの料理は美味しかったけど、スパイスをもうちょっと勉強すればええと思うわ。うちが教えたる!」
ナルカミ「ありがとうございます、二人とも」


ルクス「二人が食べてくれたんだ。やっぱり紅茶にこだわったのはまずかったかな;」
チュチュ「いいえ。ちゃんと紅茶と合わせるカレーにしようとしたことは偉いですわ!」
モア「カレーは普通に美味しかったから自信持つぴゅる!」
ルクス「ありがとう、二人とも」


キリン「みさえさんが食べてくれたんだ!あんなカレーで本当にごめん・・・;」
みさえ「いいえ。これを半分夫に持っていた後にあの人は喜んでたし、あなたはあなたのペースでいいのよ。次は味に気を配れば☆4は狙えたはずよ」
キリン「うん!頑張る!」


一部ではトラブルがあったもののなんとか収まった中、ツーストは☆2の結果発表をする。


ツースト「じゃあ、次は☆2な。これはまだ改善の余地はある。8番、15番、19番、20番!」


ツーストに呼ばれた☆2組は+α審査員が持っていた評価用紙と属性宝石を取りに行く。


ヘド「あちゃー;俺なりに頑張ったつもりだがな;」
ギロロ「本当にな;だが、見た目は残念だったが、味は美味しかったぞ」
夏美「あなたが音楽に関して筋金入りのプロフェッショナルなのは分かるけど、料理も基本よ。美しい音楽は美しい生活からってね!」
ヘド「そうだったのか!それじゃ、次は頑張ってみるぜ!」


ジュリア「アナタ達ガ食ベテクレタノネ。本当ニゴメンネ・・・;」
ラン「ううん。ジュリアちゃんのアイデアは良かったし、頑張ったことは知ってるよ」
カレン「まあ、あんたのアイデアは良かったし、次は火加減に気をつけて頑張ればいいんじゃないかしら?」
ジュリア「アリガトウ。頑張ル」


ビャッコ「のだめ姉ちゃんと千秋兄ちゃんが食べてくれたのか!本当にごめん・・・;」
千秋「いや、こればっかりは流石にしょうがない。だが、ちゃんと成長してるっていうことはちゃんとわかってるから」
のだめ「それに美味しかったデスしね♪」
ビャッコ「ありがとう・・・!次は頑張る!」


ウンディーネ「本当ニゴメンネ・・・;悪気ハナカッタノ;」
マルク「いや、水っぽくてもちゃんと作ったのは分かるから次はちゃんとステップアップすればいいのサ」
グリル「カレーは水っぽくても美味しかったしねー」
ウンディーネ「アリガトウ!次ハ頑張ル!」


☆2組が次回までのステップアップに向けて躍起になる中、王ドラは☆1と☆0を発表する。


王ドラ「では☆1と☆0を発表します」






王ドラ「18番、21番、23番、26番、28番、29番。あなた達は本気だった、反省しているというのはよく分かりますが・・・;」
コスタ&フローレ&サロメ&ペルヴィス&ガラテア&ミヤビ「・・・;」






呼ばれた☆1組と☆0組は反論もできずに反省していた。属性宝石と評価用紙を持ってきた彼らの+α審査員は気にかける。


ひろし「あの・・・キミも反省していることはよく分かるからね;」
フローレ「ありがとう・・・;反省はしてる・・・;」


サロメ「ネネちゃん、ごめんなさい〜〜〜〜〜!!!(ショックのあまり大号泣」
ネネ「ううん;泣くほど反省してるなら許すしかないから;」


ペルヴィス「レン、本当にごめんね・・・;」
レン「大丈夫。キミだって反省はしてることはよく分かるから;」


ガラテア「KAITO、ちゃんとポイズンは作らないようにしていたのじゃが、本当にすまんのう;」
KAITO「ううん。キミも反省しない一部のメシマズ組よりもマシだからね;」


デデデ「ミヤビ、なんで料理でブラックホールやカレーハザードを作ったんだゾイ・・・;」
ミヤビ「私も何が何だか分かりませんが、食べられないものやモンスターの再利用物は入れてません;それがなんであんなことに・・・;」


ペルヴィス「えっ!?あのコスタが☆1なの!?」
ヘド「意外だなー;」


コスタ「・・・;」
キッド「・・・」


すると、コスタは自分が誰かに無意識にされたことをキッドに話しながら謝ろうとする!


コスタ「キッド、本当にごめん!だが、俺のカレーを気付かないうちに誰かにすり替えられて・・・!」
キッド「いや、それはわかってる」
コスタ「えっ?」
王ドラ「先ほど私の皿の下にあったSDカードからあなたが作ったものではないと認識しました」
バーテブラ「つまり、コスタの作った料理じゃないと!!?」


これに大半の全員は騒めく。すると、インターホンが鳴った。とあることで相談に来たインギールだ。


シェゾ「インギール!?なんで・・・」
インギール「いや、ちょっとそこのオレンジの猫型ロボット君に相談があってね」
王ドラ「?私に?」
インギール「先ほどね・・・」






インギール「ライバルのキミの名前を叫ぶ赤髪の角がある「裸族」と名乗る露出狂の男が暴れてたんだけど・・・;」
裸族について知っている人達「」






なんと、マタドーラが脱走してました。しかし、マタドーラのことだから野生の勘で脱走したんじゃ・・・;王ドラはマタドーラに電話をかける。


王ドラ「あっ、もしもし、マタドーラ?実はクロさんの屋敷にいるのですが、今から来てくればゲンブさんのお色気写真あげたいのですが「くれ(約0.1秒」はーい、じゃあ待ってますねー」


完全にマタドーラの死亡フラグ確定。これに桜はチラッと裸族について知っている人達に合図する。


桜(チラッ)
空「(あっ;)ビャッコ君、ミヤビちゃん、ランちゃん、向こうでセッションしに行こっかー;」
ビャッコ「えっ!?いいの!?」
ミヤビ「私も行くっす!」
ラン「私も歌えるかフルート演奏できるなら行きますー!」
クルーク「サロメ、アイレーン、ボクがクレープ奢るからクレープ店に行こうかー;」
サロメ「いいんですか!?」
アイレーン「やったのだー!」
アミティ「シアン、ウンディーネ、あたしと一緒にゲームセンターに行こう!」
シアン「いいにゃん!?」
ウンディーネ「ワタシモ行クヨ!」
メタナイト「カービィ、ベルナール、シエル、私とある一緒にカレーバイキング食べに行くぞ;」
カービィ「いいの!?やったー!」
ベルナール「・・・♪」
シエル「計算した額で食べれるなら大丈夫です」


純粋組を保護者組がほんの数秒で避難させた後にこれに裸族について知らない人達は戸惑う。


千秋「おい!どういうことだよ!?」
王ドラ「それはSDカードを入れてから分かります」


王ドラはSDカードを大きいダブレットに入れてようやく動画に入る。そこには・・・






ようやく裸族について知らない人達は裸族を知ることに・・・;

ぷよクエキャラで料理対決!(結果発表)(その3) ( No.24 )
日時: 2016/11/23 01:17
名前: 桜 (ID: exZtdiuL)

死ぬ覚悟はできてますOTL






ナレーション「ここはラゾイツ。音楽が本場であるヨーロッパ地方の一つだ」
大半の人達「何ラゾイツって!!?」
桜「ラゾイツって何wwwどこの国www」


初っ端からツッコミ満載です。ナレーションは続ける。


ナレーション「ここにはある男が裸族内楽のグループのリーダーとして君臨していた」
千秋「なあ、室内楽を頑張ってるフランクやターニャに全力で謝れ(^ω^#)」
シュウ☆ゾー「ちょwwwマジでこんなのがあるんだwww」
ナレーション「その男こそが・・・」






マタドーラ「裸族内楽「ラゾーナ」ヴァイオリン本体と弓の代わりのヤスリ担当!パガニーニ!」
しんのすけ「裸族内楽「ラゾーナ」ハンドフルート担当!ランパル!」
ケロロ「裸族内楽「ラゾーナ」ケツタンバリン担当!ネヴィス!」
裸族「三人合わせて!超有名裸族内楽「ラゾーナ」!」
フローレ「室内楽をやってる奏者や室内楽ファンに謝罪しろ馬鹿共ぉぉぉぉぉー!!!」
アビス「つか、名前が歴史上の有名な奏者の名前ではないか!!」






はい、奴らが出てきました。恐らく撮影時間は料理対決が始まる2週間前なんだね(爆弾投下)マタドーラは言う。


マタドーラ「オレ達は裸族内楽兼裸族アーティスト戦士「ラゾーナ」として日々練習をして行かねばならない・・・」
しんのすけ「あの辛かった練習を思い出すと今でも身に染みるゾ・・・」
エニシ「は?あのふざけたやつが練習と言えるのか?(激怒」
ヤマト「エニシが激怒したっすうううううー!!!」
シェゾ「だから何も知らずに暮らさせて欲しかったんだ!!!」
ケロロ「我輩らは裸族アーティスト戦士・・・今日も我らに服を着せようとする闇アーティスト戦士を倒さねばならないであります・・・」
クロウ「服を着るのは普通のことなんだけど!!?」


早々のカオスに早くも一同が阿鼻叫喚。すると、映像に異変が。それは・・・


アナウンス「非常事態!非常事態!先刻、闇アーティスト戦士がラゾイツ全体に闇の音楽で服を着せようとしています!」
マタドーラ「来たな!みんな行くぞ!」
グリル「って、鈴々尻ブリッジで移動してるんだけどwww」


裸族は闇アーティスト戦士を倒すためにラゾリンまで向かう!すると、裸族内楽で闇の音楽の使者を倒し、ようやく闇アーティスト戦士を見つける!


マタドーラ「見つけたぞ闇アーティスト戦士!もうお前らの勝手にはさせない!」


その闇アーティスト戦士の正体は・・・






ミルヒー「失礼デスネェ。私達は闇の音楽で服を着せようとしただけデス」
ハンドレッコ「NoNo裸族!ONコスチューム!」
のだめ「ミルヒいいいいいーーーーー!!!?」
ロム「なぜにハンドレッコがそこにいるんだあああああー!!!?」






なんとスケベな外国人ジジイミルヒーこと世界的指揮者の巨匠シュトレーゼマン、BVLのドラムハンドレッコがギャグカオス組に加わってました(爆弾投下)これでのだめ組やSB69組にも変人増加確定・・・;これにギャグカオス組は大爆笑する。


グリル&サタン&ネネ「ゲラゲラゲラゲラwww」
吽「ヤバいですwwwこの世界には面白いものがあったんですねwww」
シュウ☆ゾー「ヤバいwww僕達も人のこと言えないwww」
ウィン「あっ、やっぱりそう思う?実はボクも面白いと思うよwww」
キリン「あれ、裸族って言うのwwwなんかめっちゃ面白すぎるんだけどwww」
セイリュウ「そこのギャグカオス組は黙れ!!!」
スザク「これ、今からトロンボーンをやろうとしてる私に失礼すぎませんか?(^ω^#)」


ヤバい、裸族について知らなかった人達にギャグカオス組が増えたwwwミルヒーは指揮棒で、ハンドレッコは愛用のドラムで攻撃する!


ミルヒー「この攻撃で恥かかせてあげマス!」
ハンドレッコ「アタイの攻撃を受けな!」
しんのすけ「うわっ!」
ケロロ「すごい攻撃波であります!」
マタドーラ「よーし、こうなればオレ達で演奏攻撃だ!」
みさえ「えっ、ヤスリで弾くの!?」
ガラテア「ワシの見ての通りじゃとあれはヴァイオリンのおもちゃじゃな」
ルクス「つまり、あれは本物のヴァイオリンじゃないね」
アイオーン「ヴッ、そうなのか」
ヘド「あれ、本物だったらどうしようかと・・・」
モア「そうぴゅる〜」
ゲンブ「まあ、のーんびり行きマショ?」
シグ「うん」
セヴィリオ「うん、キミらは黙ろうか;」


裸族はそれぞれの楽器で演奏する!つか、今気付いたんだけどハンドフルートも裸族楽器に入るって・・・;バンドフルート奏者、そのファンのみなさん、本当にすみませんでしたOTLマタドーラは言う。


マタドーラ「曲はこれだ!」


新たな裸族ソングは・・・!






BGM:裸族ドリームライン






クロウ&ヤイバ&ロム&レトリー「プラズマジカのアニメ曲を汚すなあああああー!!!」
桜「しかも、カービィ漫画の最終回でカービィや響達がこの曲を演奏したのにOTL(実話です」


ツッコミ満載と大爆笑の中、その裸族ソングは演奏となって現す!ここから先は替え歌の歌詞をお楽しみ下さい(おい)






夜空に輝く夢の裸族よ 同じ場所で裸舞してたいね
そっと裸族を そっと数えた 師匠を 尊敬するけど
気付いてるかな 裸舞を想うだけで トゥンクするんだ
裸舞をしよう こんな時は ああ複数だけ 裸舞を許して
夜空に輝く夢の裸族よ 同じ場所で裸舞してたいね
どんな人種でも 裸舞が 届ければ






新しい裸族ソングと裸族演奏にシグレとチュチュとルルーとラフィーナとリデルとセリリが気絶する。


シグレ&チュチュ&ルルー&ラフィーナ&リデル&セリリ「」←衝撃すぎるあまり気絶
ナルカミ「シグレえええええー!!!?」
アルル「チュチュ、ルルー、ラフィーナ、リデル、セリリ、しっかりしてえええええー!!!」
ストルナム「誰か四人を医務室まで運んでー!!!」


すると、裸族は裸族演奏の後にミルヒーとハンドレッコに攻撃する!


裸族「裸舞室内楽パワぁぁぁぁぁー!!!」
ハンドレッコ「きゃっ!!」
ミルヒー「イヤ〜ン!」
マルク「ハンドレッコは可愛い方に入るが、こんなオッサンの色っぽい声なんざ嬉しくねーよ!!」
ツースト「ん?」


すると、ツーストはあることに気付く。組み立て式のヴァイオリンのおもちゃの隙間に何か白いものがあったのだ。


ツースト「なんかヴァイオリンのおもちゃの隙間に白いものがあるんだが・・・;」
王ドラ「間違いなくあれですOTL」
カレン「ねえ、これ、何の話?」






※このお話は料理対決の結果発表です






そして闇アーティスト戦士が倒され、裸族はラゾン川の景色を見ていた。マタドーラは言う。


マタドーラ「説明するぞしんのすけ、ケロロ。闇アーティスト戦士がいる限り、闇の音楽は消えることはない。だが、オレ達裸族アーティスト戦士がいれば、闇アーティスト戦士は元に戻せるだろう・・・」
しんのすけ「だゾ!」
ケロロ「であります!」
勇飛「おい、服を着ることは普通なんだが?」
マタドーラ「今日はオレがご馳走を作るぜ?」


すると、映像はいつの間にキッチン映像に変わる。マタドーラは料理をし、ある塩を瓶に入れる。そう、これは・・・;しかし、それだけのみならずマタドーラは組み立て式のヴァイオリンを取り外し・・・






その中からしなしなになった切り干し大根と挽肉を取り出したのだ(爆弾投下)






その通気性が悪い組み立てのヴァイオリンのおもちゃの中の切り干し大根と挽肉が炒められることに大半の全員はフリーズ。そしてある塩とカレー粉を入れて炒められた・・・;






マタドーラ「マタドーラ特製裸塩入り裸族切り干し大根と挽肉のカレー炒めをぜひ堪能しろ!」
しんのすけ&ケロロ「演奏会の問い合わせの番号は859(裸族)ー2795(になるぞ)!」
大半の全員「おぼろしゃああああああー!!!!」






例の如くまさかの裸塩を使った裸族料理でした。しかも、通気性の悪い組み立て式のヴァイオリンのおもちゃのコンボ・・・;






新しい裸族ソング追加OTL

ぷよクエキャラで料理対決!(結果発表)(その4) ( No.25 )
日時: 2016/11/23 01:20
名前: 桜 (ID: exZtdiuL)

固定審査員&キッド「おrrrrrおrrrrrおrrrrr(ry」
ひろし「ぎゃあああああー!!!固定審査員とキッド君がオノマトペを吐いたあああああー!!!」


映像を見た人達はすぐさまに洗面所やトイレに、我慢できない人はゴミ箱を奪って死角の方向に走る。すると、実験室にいた人達は顔色が良くないまま出る。何ともない人はこめかみに青筋を立てていた。映像の音声で裸族を知ったからだ。


フレッド「あいつら、音楽や料理を馬鹿にしやがって・・・!!!」
クロス「・・・(こめかみに青筋を立てる」
クロードだったもの「・・・(ドン引き」
ギガディス「しかも世界的指揮者と可愛いミューモロイドっ娘がギャグカオス組って・・・OTL」


映像を見た人達も聞いた人達も騒動になっていた。唯一の救いは純粋組がこれを食べ、一部の人が殺人鬼にならなかったこと・・・;






すると、マタドーラがクロードの屋敷にやってきた!マタドーラは言う。


マタドーラ「待たせたな!ん?王ドラ、コスタ、どうしたんだ?」
コスタ「・・・なあ、お前さん、俺のカレーをすり替えたんだろ?」
マタドーラ「よく気付いたな!実はコスタが自家製の最高のスパイスでカレーを作ると聞いてこのままではコスタが失敗してしまうと考え、オレの料理をすり替えたんだ!」
王ドラ「ちなみにコスタさんが作ったカレーはどうしたんですか?」
マタドーラ「あれか!オレの料理とすり替えた後に裸塩をたっぷりかけていただいt「ふざけんなあああああー!!!!!」


自慢の料理をすり替えられた悲しみ、それを食べた悲しみ、すり替えられたことに何もできなかった悲しみ、相手に失礼なことをしてしまった悲しみ、全ての悲しみが怒りとなったコスタと王ドラはマタドーラに怒りのグーパンチを繰り出す。飛ばされたマタドーラはそのままヤイバがドアを開けた実験室まで飛ばされ、王ドラとコスタはそのまま実験室までダッシュ!


レトリー「ヤイバ、実験室は見ない方がいいよね・・・;」
ヤイバ「同意見。故に見たくない」


次回はオシオキ編。オシオキ対象の低評価キャラは・・・


「オシオキ対象のキャラ」


コスタ・フローレ・サロメ・ペルヴィス・ガラテア・ミヤビ・マタドーラ


マタドーラ以外は反省していると思いますが・・・;






久々に裸族編が書けれたけど、楽しかった(おい)感想OK

Re: 日常日和。4 ( No.26 )
日時: 2016/11/23 05:42
名前: トーチ ◆/MkMTfVD.6 (ID: xV3zxjLd)

サンをクリアしたトーチです(やりこみしたくない)

結局裸族オチか.....。安定感はあるけどね(こことpixiv限定)

カービィ「どんどん食べる!」
ヨッシー「食欲尽きません!」
バズズー「終わりはないでござる!」
ベトベトン「食ってたら進化したど~~~」

クッパ「まだ食うか.....」

お仕置きはもう決まっているのかな?でなければシオコショウぶっかけネタを送ります。それでは

Re: 日常日和。4 ( No.27 )
日時: 2016/11/23 08:00
名前: きらり星カービィ (ID: LmekyLqy)

過去 星空の虹 きらり星カービィ城 図書室


ブラックポミュ
「おそらく ここら辺が怪しいミュ」

エヴィルクリスタルドラゴン
「余が生まれる前にできていた図書館か・・・
 よく管理なされている・・・古代文明とか・・・」

スターライトグリマー
「・・・!あったわ!これよ!」

ブラックポミュ
「これが・・・暗黒夢星エネルギー・・・
 それを気づかない女王は平和に暮らしていたかもしれないミュ」

エヴィルクリスタルドラゴン
「ということは・・・現在にあるこの城だ!
 とにかく戻るぞ 現在に!」


現在 星空の虹 きらり星カービィ城 王の間


スターライトグリマー
「謎がすべて明かしたわ・・・暗黒夢星エネルギーは
 時空を支配するための兵器よ!私たちはそれを阻止しなければ
 ならないわけよ!」

「すでにトワイライトはワールドナイトメアドリームドラゴンに
 洗脳されてしまっているわ・・・トリクシーも・・・」

エヴィルクリスタルドラゴン
「若き女王も戻ってこない以上 洗脳されたことに違いない・・・
 カービィまでも戻ってこない・・・ファントムドリームスターもだ」

ブラックポミュ
「これはさすがにまずいミュ・・・
 桜に手紙を送らないといけないミュ!」

『拝啓 桜へ
 ついに原因を解明できたミュ!
 暗黒夢星エネルギーはワールドナイトメアドリームドラゴンが
 生み出したエネルギーだミュ!気がついてない勇者たちにも
 十分気をつけたほうがいいミュ!暗黒夢星エネルギーを使った
 洗脳魔法は超強力であっという間に思い通りのままに操られるミュ!
 この手紙を読み次第 警戒するミュ! 後で駆けつけるから
 それまでは 洗脳されないように見張るミュ! ブラックポミュより』

「これで書き終わったから送信するミュ!」

スターライトグリマー
「後はシャイニングドリームカービィを見つけて
 平和のために戦いましょう!」

エヴィルクリスタルドラゴン
「うむ・・・大変だが 余も負けてられぬ・・・
 このレポートを書きとめておくとしよう
 結果発表と真犯人だ」

ブラックポミュ
「結果発表ではスムーズにいけたのは当然だミュ
 そして今回18番の料理をすりかえられたのは
 裸族が脱走していたみたいらしいミュ・・・」

スターライトグリマー
「失敗するところで裸族料理にすりかえるなんてみんなは怒り爆発よ!
 当然 いたずらしないといけないようね
 本当にまったくだわ・・・」


というわけで今回の話を語ったスターライトグリマーたちでした♪
料理対決の結果発表と真犯人ですね。
結果発表はスムーズに進みましたが 18番の料理だけは
すりかえられたことで裸族が脱走していたみたいですね・・・。
失敗するところで裸族料理にすりかえた・・・
それはみんなは怒り爆発ですよ・・・。
次回はおしおきですね。楽しみにしています。
以上、きらり星カービィでした♪


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。