二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.509 )
日時: 2023/08/31 22:21
名前: メタルメイドウィン ◆E3WKNl.NZ. (ID: VOI/GMTL)

………夜中。

たくっちスノー「新ゲーム……結局どうしようか」

たくっちスノー「松山にボランティアでガキの遊びに付き合うわけじゃないって言われたのがめちゃくちゃムカつくんだけど」

たくっちスノー「なんとしてもそれっぽいゲームをつくるぞ!!」


………

月村「それで思いついたのが、色鬼風ゲームですか」

たくっちスノー「いいんじゃないかなと思って」

アサル「色鬼ってあの色鬼です?」

たくっちスノー「うん、俺はやった事ないけど、指定された色に手を触れて回避するやつね」

月村「うーん………どうです兄さん」

カケル「面白くはあるんじゃない?シンプルだし色はCGで用意すればいいし」

たくっちスノー「制限時間は無しでどれだけ生き残れるかのサバイバル式で……」

たくっちスノー「色に触れて生き残った1人が賞金ゲット!」

たくっちスノー「どうです?」

月村「一見すると悪くないように見えますが………」


スタッフA「あの……こういうパターンがあるかもしれませんよ」


さわさわ……

カノコ「んぁっ………」




カノコ「えーんえーん」


銘苅「歯を食いしばれこの変態」

スタッフ「違うんです!ゲームに託けて女の子の体に触れようとする輩が居るかという例のために!」

如月「手でいいだろ手で!なんで腹触った!」


たくっちスノー「カノくん……」


たくっちスノー「君そんな可愛い声出せるんだね……ちょっとビックリした」

大地「たくっちスノーさん!?」

たくっちスノー「でも実際問題、子供がやるならまだいいがいい大人がルールを利用してセクハラするのはまずいな」

たくっちスノー「ルールで禁止にしたところで守りきれるわけじゃないし、ゲーム前からふるい落としても残る可能性はあるか」

アサル「ゲーム時に男性と女性で分けるのは?」

銘苅「今の時代、男性が男性を、女性が女性を襲わないという保証もないわ」

たくっちスノー「うちの世界もだけどLGBTとかもその辺扱いが大変になるしな……」


たくっちスノー「何より問題は………」

月村「松山那雄宏……」

……


松山「お、赤か」

バコッ!!!


松山「よし、血が出た、これで赤な」


たくっちスノー「…………」

月村「保留で」


たくっちスノー「松山のバカヤロー!!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.510 )
日時: 2023/09/13 23:45
名前: メタルメイドウィン ◆E3WKNl.NZ. (ID: VOI/GMTL)

『パラレルワールド』

現在、カーレッジの手によって生み出されたパラレルワールドを東方ロストワードみたいにキーワード式にしてみた。




『ニュートラル』
本来のメイドウィン小説の時間軸。
この時空のカーレッジがパラレルワールドを思い付いたからめっちゃパラレルワールドが生まれた、全ての元凶。



『P時空』
perfect
御剣の赤い時空。
善も悪も全てが成功者、最強すぎてあまりにもギリギリすぎる物語。

孫悟空は超サイヤ人に覚醒し誰一人死なせずフリーザを撃退しナメック星を救ったが、フリーザの不老不死の願いは完遂されてしまう。

ルフィは海賊王の道を着々と進んでいるが、千両道化のバギーは海賊王クルー時代のカリスマを駆使し『クロスギルド』で海を支配した。

『N時空』
nothingness
クローンの黒い時空。
この時空はあまりにも無力だった。
人を信じきれなかったたくっちスノーの絶望は、デーリッチにも、カーレッジにも、どんなキャラクターでも止めることは出来なかった。
やがて全てが退場するまでたくっちスノーは哭き続ける。

『R時空』
ranking
TSSの青い時空。
カーレッジは優劣や善悪をめんどくさがり、無数のランキングを作成しランカーが正義の時空を作成した。
この物語では複数の上位ランクで無ければ主人公になる権利すら与えられない。
名前を与えられた『キャラクター』は全員高順位ランカーである。

そして、ランクを持たないキャラクターは見境なくゴミである、たとえそれが主人公であっても。
アンパンマンも、この時空では石を投げられる日々である。


『C時空』
Comedy

グリリバの緑の時空。
徹底的な全年齢規制、カートゥーンのような強靭な肉体、絶対に死なない笑い物たちのお芝居。
全ての物語は喜劇に始まり、過激な要素は徹底的に描写されない。
実は、リアルワールドにほんの少し影響を与えている。

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.511 )
日時: 2023/09/14 00:13
名前: おろさん ◆cSJ90ZEm0g (ID: wXN0Dq0s)

どうも。夏休みが明けて久々にやったアーケードのボンバーガールのイベントに驚愕しました、あと某狸氏の動画見てマルチバースネタが思い浮かんでしまったおろさんです。

後書きとか出たらコメントしようとして即座にロック掛けられタイミング逃してたヤツが多かったので、とりあえず朱い歯車に関する感想も含めてコメントさせていただきます。

……あれこれ言って結局カーレッジがなぁ……まあ自分が得た力を過信してたしやっぱこのレベルなんか。というか微妙に不憫なちいかわとダンディ氏。剣の旅団(でいいのか?)がリニューアルされ、何だかんだ言って、ここからどんな展開になるんだろうか……


で、こっちでは武蔵復活編で出たパラレルたくっちスノーの設定、と。(あれ、白狐に関してはどういう感じ何だと言いたいところだがそれはそうとして金賞おめでとうございます)

……改めてみると、格差社会とか終末世界とかで歪な状況下に置かれていますねぇ。
しかもそちらだとサザエさんとかグリリバ方面に変化してるとは。

メタナイト「しかし……ここまで大層な状況になっていると、きらら作品のように元が日常作品の系統の世界は中々大変だな……」

デデデ「実際、あっちの作品で一回破壊された世界があるなどとも聞くからな。盛大に図に乗った1人のエゴイストがやった結果がこれか……傍迷惑にもほどがあるぞ。」



みほ「これ考えると、こっちはどういう扱いになってるのかなぁ。一応パラレル設定になったけど。」

大地「こっちもパラレル設定が入ってるが……まあ何かしらイベントがない限りはメイドウィン小説で取り上げられるわけが無いし、ここで話すことじゃねぇよ。」



何はともあれ、今回はこれで失礼します。それでは。

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.512 )
日時: 2023/09/14 07:39
名前: メタルメイドウィン ◆E3WKNl.NZ. (ID: VOI/GMTL)

おろさん さん


たくっちスノー「あの動画とロスワがパラレル生まれた切っ掛けだったりする」

たくっちスノー「怪獣世界線が個人的に好き」


たくっちスノー「………朱い歯車に関してはギブアップしたよ」

松山「それがなー、本当は映像板時代みたいにハチャメチャなの書きたかったんだがあの通り一貫性のある真面目な話になっちまったのが気に入らなくて」

たくっちスノー「その影響を最も受けたのがスペース★ダンディ、アレは真剣な顔でテキトーなことやるアニメだからね、シリアスもたまにやるっちゃやるけど基本アホじゃないとダメ」

たくっちスノー「この為に事前にドラえもんやサザエさんのマジキチSSとか見てきたのに!!」

松山「諦めろ、10年も経つとお前も成長するんだよ」

たくっちスノー「だってよぉ、10周年記念であのめちゃくちゃな話をもう1回って企画だったんだぞ?」




松山「ところでなんで完結するとロックするようにしたんだ」

たくっちスノー「ココ最近のやつは『早く書きたいな』という作品と『早く終わらせたい』の2つの感情でサッと作ってサッと終わらせてるだけになんか申し訳ないから」

たくっちスノー「今年になってさぁ……書きたい作品もあるんだが長く書きたくないって感じになっちゃってね……」


…………

たくっちスノー「パラレルは出来ることならもっと出したいね」

松山「収集付かなくなるから冗談程度に思ってくれ」

たくっちスノー「白の時空は……せっかくだからまだ非公開だ、元々悪役として引っ張り出したのがパラレルだしな」

たくっちスノー「白の時空編、トウスターでやってみようかな?まだネタは沢山あるが……」

たくっちスノー「ニュートラルのやってたサザエさんは1975年以前(Wikipediaより)の過激な話の頃で、テレビでおなじみのアレはグリリバの時空の影響を受けたという設定だ」

たくっちスノー「まあ、その時のサザエさん本当にヤバイしやむ無しと」





たくっちスノー「俺の見てるアニメ配信アプリで完走した作品はお気に入りにしてるんだけど」

たくっちスノー「日常系が全然なかった」

松山「じゃあ元は日常作品は大変なのかのアンサーはまだ出せないのか」


たくっちスノー「そこら辺はまた来年ね!」



たくっちスノー「じゃあここで次どうするかも折角だから言おうかな」


たくっちスノー「何書くかは決めてないけどまた全話まとめて投稿しようかなって」

たくっちスノー「大会の時とか参照を気にする時は少しづつ投稿するけどね」

コメント感謝だよ!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.513 )
日時: 2023/09/21 22:52
名前: メタルメイドウィン ◆E3WKNl.NZ. (ID: VOI/GMTL)

『数年ぶりのロボダン短編』

『前提』
ロボットダンジョンはあれからアプデで『ロボっと!ダンジョン』にタイトル変更。
数百種類の機体を仲間にしてダンジョンを無限に進むスパロボ風の二次創作ゲームです。

その名の通りロボアニメの主役ロボが山ほど参戦してるのですがなんかウルトラマンとかも居ます。

そして今回のアプデで……


ちなみにうちのリーダーは常にアムロです。
………

『いよいよ機械とか巨大ですらない』

アムロ「特撮ヒーローにはもう慣れた………この際何が来ても驚かないぞ」

【大コスモの王子 登場!】

アムロ「は?」

カミーユ「大尉、いよいよもって怪しいのが来ましたよ」

マサキ「あいつ原作なんだっけ」

甲児「塊魂」

マサキ「塊魂!?」

甲児「誰だよアイツ入れようって考えたやつ!」

※ちなみにそこそこ強かった


『おかねがたりない』

甲児「アムロ!そろそろマジンカイザーにさせてくれよ!」

竜馬「いや、それよりもゲッタードラゴンをすごい放置されているぞ!」

凱「そろそろガオファイガーにアップグレードを……」

アムロ「そうは言われてもアップグレードには資金がかかるんだ、俺なんてディジェ→リ・ガズィ→νガンダム→Hi-νガンダムまであるんだぞ!」

マサキ「パワーアップならまだしも新技覚えるだけのガッカリ感」

万丈「サンアタック乱れ打ちは強いぞ?」

『演出』

万丈「日輪の輝きを借りて、今必殺の!!」(片腕が一周するエフェクト)

万丈「サンアタック!!」(カットイン)

万丈「ダイターンクラッシュ!」(さらにカットイン、敵アイコンまるごとぶち抜く)

甲児「お前すごい演出優遇されてない?」

アムロ「お前もブレストファイヤー系があるじゃないか」

※正直言うとブラスターテッカマンブレードのボルテッカはマイク破壊する時のアレ欲しかった、メイオウ攻撃はゼオライマーがメイオーって言ってくれました


『スーパー○○大戦』

アムロ「ドーラの船とポルコの赤い飛行機と風の谷のナウシカが出てきた時はもうなんのゲームか分からなくなってきたな」

マサキ「なんでロボットダンジョンなのにウルトラマン出てくるんだよーって言ってたあの時まだ可愛かったんだな」

アムロ「しかも……」

『スペースインベーダー登場!』

アムロ「リアクションに困る……」

ガロード「あのUFOって敵だったはずじゃなかったか?」

クワトロ「まあそんなこともあるだろう」

カミーユ「大尉とシャアザクが同時に出てくることに比べれば……」


『原 作 再 現』

『破壊大帝メガトロン登場!』

メガトロン「ええい何故行けども行けどもコンボイの奴は現れんのだ!」

万丈「ボスキャラも我々の後に来るのはやめてもらいたいがね」

マサキ「おい見ろ、アイツ仲間を連れてるぞ」

コンボイ(格納庫)「あれはスタースクリームとサウンドウェーブだ、気をつけろ」

竜馬(新)「スタースクリームならアレやりたい」

……

スタースクリーム「今日からデストロン軍団のニューリーダーはこの俺様だ!」

メガトロン「この愚か者め覚悟しろ!」(反撃)

スタースクリーム「ゆ、許してくださいメガトロン様」(満身創痍)

マサキ「専用台詞あるんだ……」

※スタースクリームを混乱させる等でメガトロンに攻撃させると専用セリフを見れる


『合体機ってさぁ……』

アムロ「竜馬、お前ゲットマシンバラバラになって来ることもないだろう」

竜馬「仕方ねぇだろ、合体機は全員揃ってようやく1つになる仕様だからな」

ジロン「まさかザブングルも合体機扱いになるとはなぁ」

竜馬「すぐ揃うならいいけどダブりまくると雑魚機体がかさばって地獄なのは承知だ」

アムロ「………別々のゲッターロボでも融通を利かせて合体は出来ないのか?ゲッター1だけでも山ほどいるぞ」

竜馬「出来そうだが仕様の問題で出来ねぇよ」

甲児(仕様じゃなかったら出来そうなんだ……)

『多分本家じゃ絶対に出来ない奴』

アムロ「エレン、金余ってるからお前の巨人の力アップグレードするぞ」

エレン「すまないなアムロ」
※繰り返しますがこの作品のタイトルは『ロボっと!ダンジョン』です

………

エレン「よう……ミカサ」

ミカサ「えっ誰?」

エレンを最終アプグレすると始祖の巨人に覚醒するので
エレン・イェーガー(ファイナル)とミカサ・アッカーマン(season1〜)の共演が出来る。


それだけ。

END




Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。