二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.493 )
日時: 2022/09/23 07:34
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「…………タッカー?とするとアンタは……ショウ・タッカー?」

タッカー
「………私の事を知っているのかい?」

たくっちスノー
「いや、知人から名前を聞いた覚えがあるんだ………えーーーと、なんでだっけ、忘れた」


ニーナ
「お兄ちゃん、なんであんな所で倒れてたの?」

たくっちスノー
「いやーそれが、しばらくここにいないといけないのに宿見つけられなくて………」

タッカー
「なら、うちの部屋を借りていってはどうかな」

たくっちスノー
「え!?いや、そんな助けてもらった上にそんな……」

タッカー
「遠慮しないでくれ、私もちょっと君には興味があるんだ」


タッカー
「………『たくっちスノー』君」

たくっちスノー
「!」


…………


その翌日

たくっちスノー
「でっけー犬だなぁ」

ニーナ
「アレキサンダー!お客さんだよ!」

たくっちスノー
「うおっ、どうしたお前、やめろったらやーめろー」

たくっちスノー
「あ、さてはお前」


たくっちスノー
「こいつが欲しいんだな?」

たくっちスノーはポケットからクロワッサンを取り出し、遠くまでぶん投げる

ニーナ
「ニーナもパン欲しい!」

たくっちスノー
「よーしあげるあげる!俺、優しいからな」


タッカー
「ティーさん、ちょっといいかな」

たくっちスノー
「あ、はい!」


…………


たくっちスノー
「へー、錬金術師だったのか、それも国家の!」

タッカー
「我々錬金術師でも君たちマガイモノメイカーの噂は聞いているよ、意思のある人工生物の開発に成功したとか」

たくっちスノー
「いやいや、人工と言ってもほぼ作り方めちゃくちゃっすよ?対話とかしただけだし………」

タッカー
「………実は私も、今人語を理解する人工生物キメラの研究を進めていてね」

たくっちスノー
「うーん、御指南は無理かな……俺、錬金術はシロートなんだ」

たくっちスノー
「でも、俺もあんたから何か学べることがあるかもしれない……出来ることは協力するよ」

たくっちスノー
「ニーナに助けてもらった借りもあるしな!」


たくっちスノー
「よーしニーナ、アレキサンダー!俺が旅の話してやるよ!」



タッカー
「…………」



タッカー
【マガイモノ…………か。】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.494 )
日時: 2022/09/23 07:41
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノーがタッカー家に滞在している時、それとはまた別の客が来ていた

それは、あの有名な『エドワード・エルリック』と『アルフォンス・エルリック』の兄弟。

後の国家錬金術師【鋼の錬金術師】であり、当時12歳。
国家錬金術師試験を受けるため、タッカー家にお世話になることになっていた。

たくっちスノー
「……………」

エドワード
「………」

たくっちスノー
「なんですこのキノコみたいなチビ」


エドワード
「だァれが生えたてのキノコみたいなドチビだコラァ!!!」

エドワード
「てか!お前は何なんだよ!!」

たくっちスノー
「助けてもらった先客」

エドワード
「つまり赤の他人じゃねぇか!!使用人面して通せんぼすんじゃねぇ!!」

たくっちスノー
「うっせー!なんかお前の面構えが気に入らねぇ!」

ニーナ
「喧嘩しちゃダメ!」

たくっちスノー
「はい、すみません」ビシッ

………


たくっちスノー
「とするとアンタも錬金術師志望か………」

エドワード
「ああ、俺達はなんとしても試験に合格して国家錬金術師にならなきゃならない……」

たくっちスノー
「……………」チラ

アルフォンス
「ん?」

たくっちスノー
「大丈夫かその鎧、重くないか?」

アルフォンス
「あ、うん……大丈夫だよ、もう慣れた」

たくっちスノー
「へー………」


………

数日後


たくっちスノー
「…………へへぇ〜」

タッカー
「どうしたんだい?」

たくっちスノー
「なんでもありません、決してニーナがあのドチビが来てからそっちに構ってばかりで嫉妬なんてしてません」

タッカー
「ははは、わかりやすいね君は」

たくっちスノー
「俺の方が仲良いんだもん……クロワッサンあげたり、旅の話とかしてあげたんだもん……」

たくっちスノー
「あの平凡ドチビより最強無敵の俺の方がかっこいいーーー!!」

エドワード
「だァれがド平凡ドチビじゃコラァ!!」ドゴッ

たくっちスノー
「いってええええ!!首取れる!!取れたらどうする!!」

エドワード
「人間の首がそう簡単に取れてたまるかァ!」
バタン!



たくっちスノー
「…………」

タッカー
「…………」

たくっちスノー
「そろそろ俺の正体がバレるのも時間の問題みたいっすね……」

タッカー
「ああ………」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.495 )
日時: 2022/09/23 07:48
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

タッカー
「君がどういう存在かは既に調べがついている」

たくっちスノー
「それって、アンタの管轄にバレたら……マズイってこと?」

タッカー
「それもある………その、ここまで君には少し世話になったこともあり、強くは言えないが……」

たくっちスノー
「あーーいえ、俺もなんか滞在しすぎました」

たくっちスノー
「錬金術のことは少し学ばせてもらったし……アンタの役に立てられなくてすまない」

タッカー
「………」

たくっちスノー
「エドワードから聞いたよ、そろそろ錬金術師の査定だそうだな」

たくっちスノー
「そんな大事な時期に、俺の件でピリピリしちゃまずいよな」

タッカー
「すまないね……これが上手くいかなかったら、私は研究費が貰えなくなってしまって……」

たくっちスノー
「そんなに大変なんすか、キメラ作りは」

タッカー
「マガイモノとは勝手が違うからね」

たくっちスノー
「…………」


たくっちスノー
「これ」

タッカー
「これは?」

たくっちスノー
「俺の連絡先と、クロワッサン……と、マガイモノの作り方をざっとまとめたもの」

たくっちスノー
「このパンはニーナたちに分けてやってくれ」

たくっちスノー
「あと、査定がダメだったら遠慮なく連絡してくれ、代わりの仕事くらいなら用意出来ると思うから」


……………


ニーナ
「えー?行っちゃうのー?」

たくっちスノー
「ごめんねー、お兄さんにもお仕事があるんだ、今までありがとうね」

エドワード
「へっ!うるさい奴がいなくなってせいせいするな」

アルフォンス
「もう、兄さんったら………ティーさんもお元気で」

たくっちスノー
「ああ、エドワードもまた会うまでにちょっとは身長伸ばしとけよ」

エドワード
「んだとぉ!?」

たくっちスノー
「…………ニーナ!」

ニーナ
「ん?」


たくっちスノー
「………おれを拾ってくれて、ありがと」


たくっちスノー
「…………なぁ、お兄ちゃん、ニーナの友達になっていいかな?」


ニーナ
「うん!ニーナ、お兄ちゃんと友達だよ!アレキサンダーも!」

たくっちスノー
「ははは!アレキサンダーもか!それはいい!」



たくっちスノー
「今度来る時はクロワッサン、山ほど用意してやるからな!」


ニーナ
「さようならー!」





……………


そして、

たくっちスノーが家を出て数日後



【あの事件】が起こったことを、たくっちスノーは知らず


これ以降、暫くエルリック兄弟は時空に出るヒマはなかったので

たくっちスノーはもうニーナに会えないことを、知る由もない。



………いつか、会いに行くまで。

【出張版、おしまい。】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.496 )
日時: 2022/12/22 23:34
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

これは、トジテンドを倒し…「ある医者」がカーレッジと最期の戦いを行っていた時の話。

たくっちスノーはその時何をしていたのか?


その日、たくっちスノーは呼び出されていた




フィノワールに。


たくっちスノー「リュート…来るのも久しぶりだな」

プラーク「来たか、アン・ノーマン…いや、たくっちスノー」

たくっちスノー「フィノワールに呼び出されたんだが」

プラーク「ついてきてほしい」





フィーネ「よう」

たくっちスノー「いきなりその姿かよ…」

フィーネ「悪いか?」

たくっちスノー「いや、お前が読んだんだもんな」


フィーネ「お前を呼んだのは他でもない、聞きたいことがある」


たくっちスノー「聞きたいこと?」


フィーネ「いずれ世界は滅ぶのか?」

たくっちスノー「……ああ」

フィーネ「チッ、やはりな…」

フィーネ「いいか、この対談はリュートの全員が聞いている、全部正確に話せよ」

たくっちスノー「……え?いいのかお前、リュートに自分のこと話して」

フィーネ「いつまでもプラークに隠し通させる訳にもいかない、それに人為的な物とは事前に言った」

たくっちスノー「そうか………で、何を聞きたい?」





フィーネ「お前ならルドルフという男を知っているはずだ」

たくっちスノー「……いや、知らない、女なら覚えがあるが」

フィーネ「その女ルドルフの名は」

たくっちスノー「シンボリルドルフ」

フィーネ「なら違うか…だが、そいつは絶対に居る」



フィーネ「いるはずなんだよ」


たくっちスノー「…話からして、そのルドルフってやつが世界を滅ぼすのか?」

フィーネ「そうだよ、神の意志だか何だか言ってな」

たくっちスノー「神の意志…メイドウィンが?」

たくっちスノー「バカ言え、メイドウィンその物には自分の作った世界を滅ぼす権限はない」


たくっちスノー「メイドウィンの死が破滅の始まりなんだよ」

フィーネ「んな…じゃあせめてルドルフはどこにいるんだ!!」

たくっちスノー「知るかよ!俺よりリュートの奴らの方が詳しいんじゃねぇの?」

フィーネ「…」




フィーネ「リュート卿和国の政治の仕組みは聞いたか?」

たくっちスノー「ああ、五人の卿の肩書を持つものが仕切るんだろ?」

たくっちスノー「その内の一人であり代表がフィーネ、プラークの兄貴も卿の一人で…」


フィーネ「違う」


フィーネ「リュート卿和国は五大卿じゃない、『六大卿』のハズだ」

フィーネ「六人目が、いるんだよ」



たくっちスノー「…それがルドルフ?」


たくっちスノー「分かった、分かった。もしルドルフってやつがいなかったら?」

フィーネ「いや、アタシの中では『ルドルフが存在しない』は成立しない」


フィーネ「ルドルフがいない……そうなると、アタシが生まれるはずがないんだよ」

たくっちスノー「………それは、フィノワール単体を表してるのか?」

フィーネ「最初っからアタシの人格があるわけねぇだろ」

たくっちスノー「存在否定……」



たくっちスノー「じゃあ聞くよ、なんでお前の人格は生まれた?」

フィーネ「………何年前だったか、フィーネがまだ皇女卿の立場じゃない頃」

フィーネ「フィーネがプラークとハングライダーで飛行中、ヴェルナーがそれを鳥と誤認して撃ち落とした事故があった」

たくっちスノー(ヴェルナー……さっき俺が言ったプラークの兄が?)

フィーネ「その事故の際、ルドルフの血を輸血したことでどうにか一命を取り留めたが、それによってアタシの人格が生まれた………」


フィーネ「つまり、ルドルフが居なけりゃアタシが居るはずはないんだよ」

フィーネ「………いないならいないで、アタシさえもいなければアイツ的には良かったんだがな」

たくっちスノー「………」

フィーネ「が、お前の言う通りいない可能性もあるにはあるだろう、ヴェルナーがいるからな」

たくっちスノー「そうだよ、事情はどうあれ姫を撃ち落とすなんて断罪モノだろ、ていうかあのプラークが黙っているはずが無い」

フィーネ「それはそうだ、プラークはフィーネの為ならなんでもやる騎士だ………」

フィーネ「じゃあなんだ?ルドルフもいない、あの事故も起きてない、ならアタシは何故生まれた!?」


フィーネ「一体何があってアタシはここに存在して、ここに居る!?」


たくっちスノー「………聞く相手は俺でいいのか?」



たくっちスノー「真に聞くべき相手が他にいるはずだ」


フィーネ「………」


フィーネ「………」スッ


たくっちスノー「フィーネ、聞かせてくれ」


フィーネ「はい」

…………


たくっちスノー「じゃあお前も、ルドルフという男については何も知らないんだな」

フィーネ「はい、リュート卿和国が六大卿だったこと、私が事故にあったこと……全て覚えがない」

フィーネ「でもフィノワールはそうやって生まれたと言う……」


フィーネ「まさか……でも……」

たくっちスノー「!」

たくっちスノー「その時の事故以外で何か覚えが!?」

フィーネ「………」



フィーネ「…………!」

フィーネ「もしや、あれが……!」

プラーク「姫!まさかアレが関係していると……」

たくっちスノー「何かあったのか!?」


フィーネ「数年前……私の所に謎の男が侵入して、何かを私の口に……」


プラーク「………その男は、今も尚見つかっていない」

たくっちスノー「とすると時空犯罪者の仕業だな、特徴は分かる?」


フィーネ「………白髪で」


たくっちスノー「白髪………(ん?)」

フィーネ「目は虚ろで、若め……」

たくっちスノー「………………何をされた? 」

フィーネ「黒い……ドロドロした物を口に入れられて………怖くて、気がついたら……フィノワールが……」

プラーク「指名手配書もある、これだ」


たくっちスノー「あ………あああ………」


たくっちスノーはその顔を見て、絶望する、なぜなら………





たくっちスノー「カーレッジ………」


カーレッジ・フレインだった。


プラーク「知り合いか!?今どこにいる!?」

たくっちスノー「……………」


フィーネ「カーレッジ……というのですね、その人は一体?」


たくっちスノー「カーレッジは……俺の生みの親だよ」

フィーネ「!!」



たくっちスノー「俺だけじゃない、あんたもだ……フィノワール」


フィーネ「………アタシがねぇ」


たくっちスノー「………」


たくっちスノー「簡潔に話そう、カーレッジは神、アンタらで言うところの神だ」

たくっちスノー「この世界にはこの世界の管理する者がいるが、その管理者を選ぶ権利を持つ上に、全てをコントロール出来る存在……ってところかな」

プラーク「それ程の力を持つ男が、なぜあんなことを………」


たくっちスノー「自分の為だ」


たくっちスノー「カーレッジは自分が楽しみたいがために時空を作った」

たくっちスノー「自分の好きな女と永遠に楽しむために………」

たくっちスノー「あ、その好きな女ってのはフィーネの事じゃないからそこは安心して欲しい」

フィーネ「………アタシが、神が世界を滅ぼすって言ったのを否定しなかったのは」

プラーク「カーレッジがこの世界を滅ぼす……」

たくっちスノー「ウチの方でもカーレッジとは色々あってな………」


たくっちスノー「カーレッジは気付かされた………自分の望みは何があってもかなわないと」


フィーネ「だから滅ぼすってのか、身勝手な神だな」

たくっちスノー「そうだ、それにあたって生まれたのもお前だろう」


たくっちスノー「元々カーレッジはその好きな女を生き返らせるためにアホほどマガイモノを作った、俺もその1人だ」



たくっちスノー「…………フィノワール、お前はそのうちのラストナンバーに加えられている」

フィーネ「!?」

プラーク「何故だ!」

たくっちスノー「理由はどうあれ、カーレッジによって作られた……という点だ」

たくっちスノー「………だから俺はフィノワールが出てきた時は体を乗っ取られたりしたんだな、同じマガイモノだから」

フィーネ「………つまり、フィノワールは……ノーマンの妹で……私も……」

たくっちスノー「や、やめてくれよフィーネ!そんな兄妹とかなんて!」

プラーク「カーレッジ・フレイン……たとえ神と言えど姫に近づきこのような……何故だ!!何故フィーネ姫を狙って」






たくっちスノー「理由なんてないよ、あいつはそういう奴だ」




たくっちスノー「…………そして、どんなにやるせなくてもプラーク卿、アンタの怒りはカーレッジには向けられない」

フィーネ「何故?居場所を突き止めれば連絡を………」




たくっちスノー「今、船を通して連絡があった。」




たくっちスノー「ある世界でカーレッジは『ギフ』と名乗り、俺たちとは無関係なある男達と抗争………」



たくっちスノー「今、ウチの仲間が……会いに行って………」





たくっちスノー「カーレッジ・フレインが………死んだ………?」


プラーク「…………」

フィーネ「…………」




フィーネ「恨んでるやつは山ほどいたって訳か、アタシみたいなのが」


たくっちスノー「………そう、だな」




たくっちスノー「まさか、カーレッジが………最後に戦う相手が俺じゃなかったとはな……」



…………

かくして、1度フィーネはりりすた革命団の船に乗せてもらった。


そこに……向こうの世界でカーレッジと戦った内の1人、ジョージ・狩崎の姿があり……



ジョージ「……カーレッジが密かに一京1番目の妹を作っていたとはね」

フィーネ「アタシとしては後天的に兄弟にされた奴が直近に居て、どういうことだって気分なんだがな」

たくっちスノー「俺の1個上の兄と一個下の妹………こんなのでいいのか?」


フィーネ「別世界の科学者、アタシとフィーネを分離することは出来ないか」

ジョージ「不可能では無いかもしれないね、試してみるか………」

ジョージがバイスタンプをフィーネに当てると、フィーネの体からフィノワールが飛び出す!


ジョージ「2つの人格、闇の精神……悪魔に当てはめて分離可能で助かったよ」

フィーネ「わ………私の体!元に………」

フィノワール「っしゃああああ!!!これでアタシは自由の身だ!」

ジョージ「で?分離してからはどうする気かな」

フィノワール「当然アタシは船に乗る!カーレッジは死のうが八つ当たりでもしないと満足出来ねぇ!」



フィノワール「じゃあなフィーネ、お前の体で世話になった、プラーク、よくここまでアタシに尽くしてくれたな」

フィーネ「フィノワール……」


フィノワール「まだリュートにはお前が必要だ、アタシが知ってる時と違って4人の卿が皆健在なんだ、なんとかなんだろ」


フィノワール「いくぞたくっちスノー、どうせ問題は山積みなんだろ」



たくっちスノー「…………ああ、山積みだ、山積みだからこそ」









たくっちスノー「俺は船に戻らない!!!」



たくっちスノー「俺一人で……旅をして、知らない世界と交流を深めて、仲間を作る!!」



たくっちスノー「母さんには否定されたし……その母さんも死んじまったけど!これが俺のやり方なんだ!!」



【こうして、たくっちスノーは旅に出た】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.497 )
日時: 2022/12/23 20:21
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

『最後の』

たくっちスノー「たくっちスノーだ!」


「宅地雪です、恐らくこれが今年最後の投稿となるでしょう」

黒影もどき
「黒影もどきじゃないよメイドウィンだよ!……え!?最後!?」

黒影もどき
「まだクリスマスの直前だよ!?」


「だって、次に書くのオリジナル系でしょ?」


「執筆的な意味では、今年はもうここに来ることは無いじゃん」

黒影もどき
「え、ええ……?そりゃそうだけど」

たくっちスノー
「で、サクッと来年の予定書くか、最近は寒くて手が震えてろくに文字も打てやしない」


たくっちスノー
「うーん………今年はそんなに書けなかったような気がするな」


たくっちスノー
「だから来年はストーリー系でも10本くらいは書きたいかな、アニメとか見るのもしばらくやめて思い付いて溜め込んだ予定作品の消化とか………」


黒影もどき
「………俺、今日思い付いたんだけどさ」



黒影もどき
「他作者の作品、最近見れてないよな?」

たくっちスノー
「最近見れてないどころか今年はカキコに入ることすら少なかったな」


「今年、結構サボってたもんね………」

黒影もどき
「………俺、今日思いついたんだけど、あにまん掲示板のネタなんだけど」


黒影もどき
「コメント出来なかった分を他作者作品の上映会って感じで俺たちが1から見るってのは」

たくっちスノー
「それやったらアンチが滅多に来ないことで有名なカキコでも燃えることになるんじゃないのか」


「Twitterでそういうツイートしたら流石のカキコでも不快に思う人がいるんじゃないかって返信来たしね……流石にやらないと思うよ」

たくっちスノー
「てかなんでそんなの思い付いた」

黒影もどき
「俺にも分からん、なんか急にそういうのが今日浮かんだ………」

たくっちスノー
「てかそれ以前にせっかくネタ消化しようとしてるって時に新しいネタを出すな!」

黒影もどき
「来年、10本かけるかなぁ?」


たくっちスノー
「まず4本、俺が出てきてずっと考えてたヤツやらんとな………あと、wiki更新も最近出来てない……」


「後は……うーん、父さんも死んだし、ストーリーはどうなるかな?」

たくっちスノー
「どーせパラレルワールドとか新しい悪役とか出てくんだろ?結末の無い物語ってのはそういうもんだ 」

黒影もどき
「食べても食べても無くならないクリスマスのケーキを永遠に食べるみたいな世界観だからなココ」


たくっちスノー
「まぁなにはともあれ」



「2022年もありがとうございました!」

黒影もどき
「2023年、いやたとえ100年経ったとしてもメイドウィン小説は続くぞ!」






黒影もどき
「ところでアンデラアニメ見るの?」

たくっちスノー
「アンデラはもう13巻まで漫画で見ちまったしなー、多分そこまで気にしないかも」



今年もありがとうございました


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。