二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.267 )
日時: 2019/09/06 17:22
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

『時空に存在する企業紹介1』
既に出たものをメインに

「クロノス社」

社長は不明

逃走中でお馴染みのあの会社、逃走中、戦闘中等の総責任社であり、他企業の逃走中を監視している
リニュ前たくっちスノーはその為の調査役。
また、メイドウィン達との強力で次世代型逃走中支援アンドロイド『メタルメイドウィン』の設計図を作り出した


「オンリー・サイクロン社」

社長はシュトロハイム‥‥‥‥みたいなノリの人
メタルメイドウィンを開発した企業であり、社内には『生きるメタルメイドウィン工房』メタルメイドウィン・No.1が活動している
かばん曰く「マッドサイエンティストの集う会社」


「氷室財閥」

時空の乱れで有能になった氷室幻徳を主軸とする企業群、桐生戦兎との共同で発展計画「プロジェクトビルド」を進めている
財閥設立により難波重工との対立が強くなったが、それはまた別の話で


「スパイダー運送」

社長は地球外生命体キルバス
表向きは宅配会社だが、その裏で個人情報に危険物、武器類を裏組織に売り捌く違法な取引を進める闇企業だった
シノビでキルバスが死亡し、この会社は逃走中シーズン2の時点で既に潰れている


「トレザード社」

社長は黒影の旧友、ロズムント・トレザード
主にトレーニングジムの運営と健康器具の販売で生計を立てている健康支援会社
開始する逃走中のコンセプトも「楽しく健康に体を鍛える逃走中」
クロノス社の次に時空で逃走中の規模が大きい会社で、いくつもの部署が存在する


「バリアフリー・ポーチ社」

社長はけもフレ2期かばん
動植物の品種改良、新種開発、絶滅類の復元を行う大変エコロジーな会社
だが、それらとは別の目的が‥‥‥?


『レッドハート社』

アイドルを育てる芸能事務所系の企業
アンジェも一時期ここに属していたが、雰囲気が合わずすぐに辞めていった。
その後、アンジェをメインに売り出してきたが‥‥‥?

『ユグドラシル・ステーション』

ドーラが社長兼運転手、シキが車掌を務める企業
シキの所有物である『時の列車ユグドラシル』を使った運行会社、版権世界を超える手段は色々あるが
逃走中等で大人数を移動させる場合はユグドラシルを使用して世界を跨ぐ必要があるため、現在は欠かせない会社である

なお、逃走中等で相当儲かっているがクソまずい駅弁の大量生産に使うため、いつも赤字スレスレである

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.268 )
日時: 2019/08/31 23:39
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【トップテン6人が語彙大富豪やったらこうなった】

メル
「語彙大富豪だ!!」

シキ
「確かカードで強さ比べするんだっけ?」

ナタリー
「お題に出されたカードよりも強いものを1枚ずつ出ていってゼロ枚になったらあがりですわ」

ドーラ
「あれ、10枚?ルールだと5枚じゃなかったっけ?」

メル
「10枚の方が面白いだろ、てめーら好きな言葉を書け!一枚でひとつな!」


‥‥‥
順番
メル、シキ、ドーラ、ナタリー、ジャニス、ラヴィ


メル
「最初は?」

【交通事故】

ラヴィ
「いきなりお題がヘヴィすぎます」

ナタリー
「戦う以前に死にますわ」

メル
「んなもん簡単だ、事故っても怪我しなけりゃいいんだ」


メル
「【鋼の肉体】で事故のダメージをカットだ」

シキ
「文字通りの鋼になってそうね‥‥‥‥うーん、鋼か」

シキ
「鋼の肉体と言っても、生き物なんでしょ?」

ラヴィ
「肉体がついてますから生き物ですね」

シキ
「んじゃ【腹ペコ】には勝てないでしょ」

メル
「飢えか‥‥‥‥生物特効持ってやがったか」

ドーラ
「うーん‥‥‥‥腹ペコかぁ」


ドーラ
「【魔トリョーシカ】」


メル
「‥‥‥‥は?」

ドーラ
「いやだって、人造人間だしお腹すかないでしょ?」

ナタリー
「何ぶっ飛んだもん出してやがるのよ」

ジャニス
「ウランとかと同じレベルだろ今のは」

メル
「つーか人造人間も飯食ってるだろ」


「「「「チェック」」」」

ドーラ
「あちゃー」

ナタリー
「腹ペコ‥‥‥‥普通なら危険な状態ですが、ここでそれを萌え要素にしてしまいますわ」

ナタリー
「【ヒロイン】でどう?」

メル
「うわ、めっちゃ食ってくるやつだ」

ドーラ
「大体大食い属性も付いてくるよね」

ジャニス
「次は私か、ヒロインに勝つか‥‥‥‥そうだな」

ジャニス
「ヒロインなんて存在しなかったことにすればいい」

ナタリー
「こっわ」

シキ
「現実改変系?」

ジャニス
「いや、文字通り【現実】を見せつける」

メル
「や め ろ」

ドーラ
「そうか‥‥‥‥ボクには1斤の食パン加えた街角ですれ違う腹ペコ系転校生のヒロインなんていなかったんだね‥‥‥」

ナタリー
「属性ぐちゃぐちゃ過ぎません?」

ラヴィ
「えっ、現実に勝つ、ですか‥‥‥‥‥すみません、パスします」

メル
「で、もう1回メル様か」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.269 )
日時: 2019/09/01 10:07
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

メル
「メル様のターン!現実に勝つ?んなもん簡単だ」

シキ
「言うほど簡単?」

ジャニス
「版権は皆現実に存在しないでメタ掛けれるぞ」

メル
「じゃあそんな不都合な現実世界を破壊する」

メル
「【無法】地帯を増やして経済的ダメージを与える」

ジャニス
「社会メタか‥‥‥!!」

シキ
「はぁ?この手札で無法に勝つって無理よ、パス」

ドーラ
「無法ってさ、人間扱いでいいんだよね?」

ラヴィ
「無法行為を行っている人間と解釈すればそうなります」

ドーラ
「なるほど、つまり無法行為が出来なくなればボクの勝ちだ、そこで‥‥‥」

【サーッ!(睡眠薬)】

ドーラ
「薬を盛る」

メル
「最低だよ!!手段は妥当だけど、表記の仕方が最低だよ馬鹿野郎!!」

シキ
「その表記法だと薬を盛るが別の意味にしかならない」

ラヴィ
「何の話ですか?」

ジャニス
「知らなくていい」

ナタリー
「ええ‥‥‥(困惑)私これに勝てと?なんか嫌‥‥‥」

ナタリー
「‥‥‥とりあえずもっと不快な物で上乗せすればいいわね」

ナタリー
「【百合に突然割り込んでくるおっさん】」

メル
「ガ‥‥‥‥ガイアっ!!」

シキ
「百合に割り込んでくる男ならなんでも不快なのにあえておっさんにしてくることで不快度を桁外れに上げているわね‥‥‥‥」

ドーラ
「そんなことしちゃいけない!!」

ナタリー
「汚いネタを叩きつけてきた奴に言われたくないですわ!」

ジャニス
「先を急ぎすぎたな‥‥‥‥‥【事故】に遭った」

ナタリー
「轢かれた!?」

シキ
「割り込んでくる時点で事故みたいなものだけどさ」

ラヴィ
「事故は起こりました、そしてその後‥‥‥【清潔と消毒の徹底】で事故の痕跡は落とされました」

シキ
「も、揉み消した‥‥‥‥」

ラヴィ
「ち、違います!私は後処理のつもりで‥‥‥‥」

ドーラ
「大丈夫だよラヴィ」

ドーラ
「ボクらの手札がおかしいだけだから」

メル
「おかしくなって当然のゲームだからな、キャプテン・アメリカに感度3000倍とかぶつかったりするし」

ナタリー
「地獄すぎる‥‥‥‥」

メル
「さて、次はメル様だが‥‥‥‥地味にキツイなこれ、【無法】はもっと取っとけば良かったか?」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.270 )
日時: 2019/09/01 12:25
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

メル
「うーむ‥‥‥よし、もっと汚してやろう」

メル
「消毒が追いつかないくらいにな!」

メル
「【殺戮者のエントリー】!!」

ラヴィ
「とんでもないカード握ってましたね」

ジャニス
「警察系のカードをもっと積むべきだったか」

シキ
「殺戮者ってただの殺人鬼?」

メル
「そうだよ、他にどんな殺人鬼がいるんだよ」

ラヴィ
「なぜこんな言葉が当たり前のように飛んでくるんでしょうか?」

シキ
「そう、じゃあ【世界ザ・ワールド】には勝てないわね」

メル
「こんなのに使っていいのかよ」

ジャニス
「ザ・ワールド?なんだそれは?」

メル
「あー、えっとな、簡単に言うと時を止められる奴で、ナイフ使いだよ」

ドーラ
「これの相手は簡単だよ、ザ・ワールドは協力といっても所詮はスタンド、精神能力に過ぎない」

ナタリー
「こ、これは‥‥‥語彙大富豪お馴染みの本体狙い‥‥‥!!」

メル
「つっても本体のDIOも相当強いカードだぞ」

ドーラ
「大丈夫、吸血鬼でも【尋常ではない尿意】には勝てないから」

シキ
「さっきからあんたのカード酷すぎない?」

ドーラ
「コレに関してはシールドパックが悪い」

メル
「尿意はやめろ尿意は!」

ナタリー
「え?」

ナタリー
「マジ?」


ナタリー
「私コレに勝たないといけませんの?」


ナタリー
「‥‥‥‥こうなったら、尿意を打ち消すほどの凄まじい感覚にならなくては」

ナタリー
「【洗脳】して対象の尿意を消しますわ」

メル
「漏らしそう」

ドーラ
「凄い尿意の中洗脳されるDIO可哀想」

シキ
「ある意味最高にハイになりそうね」

ジャニス
「洗脳?それがどうした、【ビームライフル】で焼き払う」

ラヴィ
「あっ、その【ビームライフル】‥‥‥‥私の【デーモンハンド】で破壊しますね」

ナタリー
「慈悲の欠片もない」

メル
「もう何が来ても驚かねぇぞ」

シキ
「ほら、さっさとデーモンハンドを超えるものを用意しなさいよ」

メル
「やってやろうじゃねぇかこの野郎」





ヨウコ
(トップテンが集まってるから何事かと思ったら変なゲームしてる‥‥‥‥)

ハインリヒ
(なんだあれは‥‥‥‥‥)

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.271 )
日時: 2019/09/01 12:41
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

メル
「デーモンハンドか‥‥‥問答無用でぶっ殺す奴を太刀打ちすることは無理だ」

シキ
「一応呪文扱いだからマホカンタとかそういうのでいけるんじゃかいの?」

メル
「呪文メタは握ってない、だから死なない奴を用意する」

メル
「デーモンハンドでも死亡しないだろ【なろう主人公】なら」

ラヴィ
「なろうはちょっと‥‥‥‥」

ジャニス
「しかしだいたい死なないのも事実だな‥‥‥」

ナタリー
「そりゃ怪我でもしたら炎上するような作品群ですもの」


シキ
「なろう主人公でしょ?あいつらちょっとしたことでキレるよね?」

ドーラ
「メルよりキレやすいよ」

シキ
「そして、最近のなろう主人公は静かに暮らしたい系が多いから、関わらければいいわけよ」

シキ
「【驚異のスルースキル】でなろう主人公の活躍を無視するわ」

シキ
「うーん、彼もまた新たななろう主人公」

ジャニス
「スルースキルMAXの異世界転生?」

ドーラ
「普通にありそう」

ドーラ
「しかしこれは‥‥‥あっ、ボクこれ革命できるかも」

メル
「何!?」

ドーラ
「今の言葉はなろう主人公をスルースキルで無視する一般人の立場、つまりモブってことでいいよね?」

シキ
「名有りキャラがなろう主人公を無視出来るわけないでしょ」

ドーラ
「じゃあ、【モブおじさん】で革命ね」

メル
「ふぁっきゅー!!」

ラヴィ
「えっ、革命?えっ?」

ナタリー
「似たような意味の言葉を並べて革命が可能になるのですわ、革命後は強いものではなく弱いものを用意しなくてはいけないの」

ラヴィ
「逆になるんですか」

ナタリー
「つまり私はモブおじさんより弱いものを‥‥‥‥いや、地味にキツイ!パスよ!」

ジャニス
「うーん‥‥‥‥モブといえばリーマン」

ジャニス
「社会的地位なら【YouTuber】の方が下か」


ラヴィ
「YouTuberより下‥‥‥‥あっ、なら【オムライス】でどうですか」

ジャニス
「企画に使われた!?」

シキ
「超デカいオムライス作ってそう」

メル
「はあ!?オムライスより下!?」

ドーラ
「メルさ、もしかして強いカードしか書いてないでしょ?」

ナタリー
「こういう時革命されると詰むのよね‥‥‥‥」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。