二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.260 )
日時: 2019/02/11 14:08
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: fGCBh5qW)

【僕鯖にバレンタイン】
デーリッチの場合

デーリッチ
「マスターさん、こんにちはでち」

【こんにちは】
【今日は何の日か覚えてる?】

デーリッチ
「今日はバレンタインでちね、ハグレの世界にもあるんでちよ、ちゃんと……」

デーリッチ
「………」

デーリッチ
「んー……先に言ってしまうとデーリッチはチョコなんて作ったこと無かったでち」

デーリッチ
「だからその……買ったものになっちゃうんだけど、いいでちか?」

【それでも嬉しいよ】←
【構わない】

デーリッチ
「わぁ!ありがとうでち!じゃあこれ……」

『チョコを渡す時の音』

デーリッチ
「世の中にはチョコレートプリンというものがあるらしいから、おこづかいの許す範囲でなるべく高いものを送ったでち」

デーリッチ
「全部で3個!1つはデーリッチが食べる分で1つはローズマリーの分、そしてマスターさんの最後の1個」

デーリッチ
「自分でも中々いい買い物をしたと思うでち」

【でも、高かったでしょ?】
【まさか王国の金を……】←

デーリッチ
「だ、大丈夫!チョコ代はちゃんとデーリッチのお金だから!ほんと!」

デーリッチ
「あっ、そろそろローズマリーにもあげないと!じゃあね!」



【使ったんだなぁ………】

ローズマリー
「あっ、ちょうどいいところにいた」

ローズマリー
「デーリッチを知らないかい?彼女また王国の資金を使って………」

ローズマリー
「マスター、手に持ってるそれは?」

ローズマリー
「……………………」

ローズマリー
「全くあの子は…今日ばかりは大目に見ておくとしよう」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.261 )
日時: 2019/02/11 15:29
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: deFTje6r)

〜とがめ編『ネタバレにつき真名隠蔽』〜

とがめ
「あっ、契約者殿!こんなところにいた!」

【急にどうしたの?】←
【何があった?】

とがめ
「うむ、2月14日というのは何やら特別な日らしいな」

とがめ
「だがそれは西洋のならわし、私にとっては無縁なもの……とは言うものの、今の時代では無視出来ぬものにまでなっているようだ」

とがめ
「というわけで郷に入っては郷に従えだ、受け取ってくれ!」

(受け取る音)

【え……?】
【団子……?】←

とがめ
「いくら私と言えどバレンタインというものに関しては無知だ、そこで他の英霊達を観察し私なりに推理したものがこれだ」

とがめ
「『バレンタインとは、信愛なる者に甘いものを受け渡す風習』」

とがめ
「となるともうこれしかないと思ったわけだ」

【これ、貴方が作ったんですか?】←

とがめ
「私が練るのは奇策のみだ、団子など作れるはずもないだろう」

とがめ
「私が知る中でも一流の職人の作った極上の品だ、こんなものは中々買えぬのだからじっくりと噛み締めて食べるんだぞ?」

とがめ
「さて、七花の分も渡したし無事にバレンタインを成し遂げる事が出来たようだ」

七花
「おーいとがめ、この箱詰めされてるやつも食っていいか?」

とがめ
「あ、待て!それは私用の団子だ!勝手に開けるな!」

タタタタ

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.262 )
日時: 2019/03/19 22:37
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: 8RtrOSRt)

皆さんはメイドウィン小説の時空間をどのように想像しているだろうか?

モヤモヤとしている空間?いいえ、実はしっかりと整備されているのです

今回は今まで明かされなかった時空間の実態について説明します

【完全解析!!これが時空間だ!】

………

版権世界やメイドウィン世界までの道を繋ぐ時空間、実はここも監理局によって交通整備が成されており、まるで本当に旅をしているかのような気分を味わうことも出来れば、乗り物に乗って旅行に行くのにも最適です

龍我
「さて、そろそろ帰るか」

時空間を通して世界を跨ぐことが出来る存在は限られており、時空間を見つけ出し足を踏み入れた者は【時空の旅人】と呼ばれるようになります

………

世界の入口近くには巨大なターミナルがあり、疲れた旅人達はここで一服します

龍我
「今回の世界も中々良かったなー!飯は上手いし風呂はあったけーし!今日はゴロゴロすっかなー」

龍我
「あ、身分証明証忘れてねぇな、よし」

世界を越えるものは皆ターミナルで身分証明証を発行し提出することで時空間を歩くことを許されるのだ、かの帝国アルストツカが異国民を遠ざけるため入国審査を行ったのと同じ原理である

龍我
「面倒だし先に手続きしとくか」

………

ピッピッピッ〇

龍我
「よし、はよ帰って飯でも食うか………」

「よっ、この……くそっ、届かねぇ」

「やろうか?」

「いらねぇよボケ」

龍我
「あっ……お前!たくっちスノー!」

たくっちスノー
「あっ、万丈!?」

メル
「あ?」

……

たくっちスノー
「偶然だね、自分らもちょうど旅の帰りだったんだ」

メル
「お前、局長なんだしこんなわざわざ面倒な事しなくて良いだろうが」

たくっちスノー
「それは流石にどうかと思うよ、メル姉……」

龍我
「しかし不思議だよな、ここまでキッチリやってんのに時空犯罪者なんてもんは現れるんだから」

たくっちスノー
「それはそうだ、彼らもちゃんと頑張ってるんだけどな」

メル
「本当か?お前の事だからどこかザルになってんじゃねぇの?」

たくっちスノー
「そりゃミスはあるかもしれないけど、監理局に無能なんて一人もいないよ!?」

龍我
「………はっ、相変わらずだな」

たくっちスノー
「そうか?監理局を見ているとみんないい人ばかりなのは事実だろ?万丈、君だってそうだし」

龍我
「まあな、俺の知り合いも悪いやつは多くなかった」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.263 )
日時: 2019/03/19 23:11
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: 8RtrOSRt)

メル
「なぁたくっちスノー」

たくっちスノー
「何?」

メル
「時空間って昔からこうだったか?」

たくっちスノー
「最初は道があっただけらしい、けどなんか技組の中でインフラ整備計画があったらしくって良さそうと思って自分が判を押したらこの調子さ」

龍我
「マジかよ」

たくっちスノー
「まじマジ、凄いでしょ?監理局の人達………ホント感謝しきれないよ、これで時空を行く人達全てを把握できるようになったし、旅人的にも楽になった」

龍我
「ああ、売店に販売機にベンチ、乗り物まであるからな」

たくっちスノー
「乗り物は自分が案を出したんだ、やっぱり大人数だとか老人だとかの為の物も必要でしょ?」

メル
「ちげーよ自分だよ」

たくっちスノー
「メル姉は歩くのめんどくせぇって言っただけだろ!?」

【おまたせしました、問題なしと判断した為通行を許可します……帰りはどちらに?】

龍我
「監理局、時空列車で頼む」

たくっちスノー
「え、ウチに何か用事?」

龍我
「菓子買ったから土産にでもとな」

たくっちスノー
「あっなんかごめんね」

………

時空間には無数の駅を繋ぐ電車や機関車、新幹線もあります、逃走中等のイベントで移動する場合は基本的にこういった乗り物を使うことが多いです

龍我
「まさか時空間に駅が開通されるなんてな」

たくっちスノー
「世界って多いからね、遠くに行く時はこれが一番だよ」

メル
「マガイモノ王国いくのに必須だしよ……」

龍我
「なぁなぁ、お前の国って今どうなってんだ?」

たくっちスノー
「かなり良好だよ、自分も本格的に心のあるマガイモノを作る段階に来ているんだ」

龍我
「おー!そいつはすげぇな!」

たくっちスノー
「【トゥエルブナイツ】っていうんだ、十二支をモチーフにしてて、後はネズミと鳥だけなんだ」

龍我
「心のあるマガイモノか……ってことは、お前も父親になるんだな」

たくっちスノー
「ははは、そうなっちまうな………出来ることなら、自分と同じ道は歩んで欲しくないけど」

メル
「てか、10人も子育てできんのか?」

たくっちスノー
「メル姉だって似たようなことやってきたんだ、やるしかないよ」

メル
「そいつはどうもよー」


龍我
「はははははは………」


………

龍我
「………ハッ」



龍我
「また、あの頃の夢……か。」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.264 )
日時: 2019/03/19 23:31
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: 8RtrOSRt)

龍我
「………新時代、か」

KG時代のターミナルは新たな監理局とTS時代によってさらに強固なものになり、
量産型たくっちスノーが旅人の選別を行うようになりました

徹底的な平和の為に旅人をコントロールするのです

龍我
「………」


………

龍我
「よう、exe」

sonic.exe
「万丈か、よくあの警備をかいくぐれたな」

龍我
「まあな………昔はこんなクソ面倒じゃなかったんだが」

sonic.exe
「と言うよりは、ティーがいなくなって以来やりたい放題になっていったからな」

龍我
「この間見た逃走中の件とかな……なんでもかんでも思い通りじゃなきゃ嫌だって、俺たちゃ人形遊びかよ」

sonic.exe
「ああ、最低最悪の時空犯罪者と呼ばれたあいつの名が時代として刻まれるのは皮肉のようだ」

龍我
「…………あいつら、何が不満だったんだろうな」

sonic.exe
「監理局か」

龍我
「少なくともたくっちスノーはしっかり給料は払ってたし、相談だって聞いてた、頼みはなんでも引き受けてたしなんでも作った」

sonic.exe
「不満だっただろう、それでも目立てないことに」

sonic.exe
「権力者というのは目立ちたがりだからな、何がなんでも歴史に爪痕を残すつもりだろう」

sonic.exe
「例えそれで本来の歴史が変わったとしても………最悪の未来を迎えることになったとしても」

龍我
「なんだよ、それ」

sonic.exe
「正義の味方気分だ、ヒーローになって皆から愛される……それが、今の監理局だ」

龍我
「なんだよそれ………そんなの、名無しの怪物の時代と何も変わっていないじゃねぇか」

sonic.exe
「………むしろ、リメンバー・ツルギ・プロジェクトを成功させて『しまった』分こっちの方が最悪だ」

sonic.exe
「俺達はあんなものの為に黒影と戦ってきたのか?」

龍我
「あのふざけた計画か………」


sonic.exe
「聞かせてくれ、万丈………仮に奴らが監理局ではなく敵だったとして………ティーは何するだろう?」

龍我
「そうだな……よく分からねぇが、むっちゃ一人で頑張ってくれることは確かだな」

sonic.exe
「まあな………」




龍我
「たくっちスノーがいれば、少しはマシになるんだけどな………なんとか、ならねえのか?」



sonic.exe
「……………」





「あるには、ある。」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。