二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



『トライヒーロー計画』【7】 ( No.145 )
日時: 2018/09/19 22:34
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ソウル(海)
「はあっ!!」

【ready go!ラブアンドピースフィニッシュ!!】

エデン
「はあっ!!」

【この世の全てに祝福を!】

エデンとソウルの攻撃がぶつかりあう

ソウル(水)
「よし!」

【Pause!!】



























【Re:start!!】

バキバキバキ!!


エデン
「...!!」

ソウル(水)
「効いてない!?」





海中
「兄ちゃん、ミサイルをあいつにぶん投げて!!」

海上
「任せろ」

海上は海中の用意したミサイルを片手で掴み、投げつけるが

エデン
「...!!」

即座にミサイルは錆び付き、達する前に爆発する

海中
「あー!この材質でもダメなの!?」

海上
「面倒な...おい、戦場雁」

大陸
「どうした?」

海上
「奴等を引きずり下ろす、俺は戦場海斗をやる、お前はエデンを叩き落とせ」

大陸
「...なるほど?」

海上
「俺としても、奴のせいで計画が大きく狂ったのでな...ほぼ無関係だった奴一人の手柄にされるのは御免だ」

大陸
「ああ、そういうことにしておこう」

海上
「.....」

ガシッ!ガシッ!

ソウル(海)
「えっ!?」

エデン
「おや」

海上
「おい、まだそういうのは早い、必殺技を止めろ」

エデン
「そ、そんなこと言われても」

【pause】

【Re:start】

ドカドカドカ!!

ソウル(海)
「ぐふっ!」

ソウル(水)
「あ、すみません」

海中
「もう一発!」

海上
「まて、こちらに当たるだろう」

海中が発射したミサイルを海上は天井へと投げ返す


ソウル(海)
「わ、分かった止めます!なんか俺もボロボロになりそうなんで...」

エデン
「...」


ソウル(海)
「で、あの...こういうのってどうやって止めるんですか?」

大陸
「......」

海上
「.....」

大陸
「それは...実力行使、だよな?」

海上
「そうだな、俺達はこのやり方が一番しっくり来る」


ソウル(海)
「えっまってちょっとちょっと!?」

海上
「力加減が狂うからあまり暴れるなよ」

ソウル(海)
「まっ、待って...まだ、心の準備が出来ていな、うわああああああああああ!!」

『トライヒーロー計画』【7】 ( No.146 )
日時: 2018/09/19 23:14
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

..

~エデンの楽園~

たくっちスノー
「あったあった...これがエデンの手紙?」

たくっちスノー
「ったくあいつめ、道端に置かなくても良いだろうに」

たくっちスノーはエデンの楽園に落ちている手紙を拾い上げる


【親愛なるANA TA様へ】

たくっちスノー
「なんで『あなた』がローマ字?なんか間も空いてるし...」

たくっちスノー
「あ、これどうすればいいんだろ...本人に見せるのもどうかと思うがエデンに聞いてみるか」

たくっちスノー
「よし、標準をこの手紙の持ち主に合わせて...と、出発!!」

たくっちスノーは時空の渦を作り、再びミライシティへと...

...

一方、ミライシティは海斗とエデンが地面に顔が埋まった状態となっていた

ソウル(海)
「...」

エデン
「...」

大陸
「やりすぎたか?」

海上
「奴も戦場の一族だ、この程度では死にはしないだろう」

大陸
「そうか、ならいいな」

たくっちスノー
「ふう...エデン!ちょっと聞きたいことが...」

たくっちスノー
「えっ待って待って何この状況!?」

ガバッ!

ソウル(海)
「あれ、遅かったですね雪さん」

たくっちスノー
「え、まぁ...ちょっと頼まれちゃってねぇ...ねぇエデン!起きてるー!?」


エデン
「ん...おや、お偉いさん、その手紙は...」

エデン
「お願い、聞いてくださったんですね」

たくっちスノー
「うん...それでさ、持ってきたはいいけど、この後どうすればいいのかなーと思ってさ」

エデン
「その手紙は貴方が持っててくれませんか?」

たくっちスノー
「え?なんで自分が?」

エデン
「いつか、役に立つときが来ますよ...もしかしたら、案外近いときに」

たくっちスノー
「ええー?」

ソウル(海)
「エデン、もう逃げられないぞ!」

エデン
「...どうやら、ここまでみたいですね」


エデン
「私の楽園もこの程度...でしたか、こんな結果では、勇者様にも顔向け出来ませんね...」

たくっちスノー
「勇者...」

海上
「...さっさとやれ」

たくっちスノー
「え?」


海上
「これはお前の仕事だろう?」

たくっちスノー
「...ああ、そうだね」



石動
「おいおい、それはないだろたくっちスノー?」

たくっちスノー
「...!!」

『トライヒーロー計画』【7】 ( No.147 )
日時: 2018/09/20 08:53
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

石動
「こんな結果じゃ、面白くないんだよ」

たくっちスノー
「石動!出てこないと思ったら...」

石動
「仮面ライダーエデンはダメだったか...もう少し使えると思ったんだけどなぁ」

石動
「ま、この世界にもっと使える奴がいるって知れたのは良かったけど!」

ソウル(海)
「な、何...何なんだ、お前は」

石動
「ほら、お前が遅くなったせいで出すのが遅れたこいつだ」

石動は時空の渦から海下を落とす


たくっちスノー
「うおっ、あぶな」

石動
「持ってきたものは最後まで使用するのが俺だ、物持ちいいんだよ~」

石動が赤いオーラをエデンにぶつけると、エデンが勝手に動き出し、海下の首を掴む


ソウル(海)
「エデン!?」

石動
「準備は整った!さぁエデン、戦場海下を殺せ!」

海上
「...しまった!」

たくっちスノー
「石動の狙いはあっちか!早く止めないと!」

石動
「もう遅い、今ここに悪魔は復活する!!」

エデンはそのまま海下の腹を貫き、そのまま手を抜く

海下
「うわあああああああああ!!」

石動
「だから時空の旅ってのはやめられない!面白いことが沢山あるんだからな!」

ソウル(海)
「...まさか!」

海斗は数日前、Tから語られた戦場一族の歴史を思い出した

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【戦場海上の弟...海下】

【普段は君がよく知っているように、穏やかで臆病な奴なんだが...奴にはもう1つの顔がある】

【極限状態にまで追い込まれると、もう1つの姿...『戦場海底』が顔を見せるようになる】

【あの状態になった奴は海上ですら手が付けられなくてね...最終的に私、海上、海中と共に封印される道を選んだ】

【まぁ、ちょっと前...恐らくだが君の力によって我々の封印も解かれ、海下が逃げ出した】

【そして、今に至る訳なんだ】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ソウル(海)
「戦場海底が...復活する?」

石動
「世界の崩壊の始まりだ!」

石動は時空の渦を形成する

石動
「俺の役目は終わった、後は楽しませてもらうよ」

たくっちスノー
「待て、石動!!」

石動
「チャオ!」


石動は渦に入り、消えていく


海上
「.....!!」

大陸
「なんなんだ...あれは...!?」



「フハハハハハハハハハハ!!」


END

『トライヒーロー計画』【8】 ( No.148 )
日時: 2018/09/20 14:38
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

前回のあらすじ

戦場の分家「戦場雁の一族」と出会った海斗達は、そのまま仮面ライダーエデンを倒す協定を築く

しかし、エデン撃破後...石動の手によって戦場海下のもう1つの姿、「戦場海底」が目覚めてしまう...!?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「何が起ころうとしているんだ...!?」


「ハアアアアアアアアアアア!!」

海上
「...く!」

海中
「まさか、復活するなんて...」

大陸
「なんだあれは!?」


海底
「.....ハァ」

海底はポケットから拳銃を取りだし、五発分額に打ち込む...

が...弾は出ず、地面に投げ捨て暴発した1つの弾が地面に打ち込まれる

たくっちスノー
「...なんのつもりだ?」

海中
「あいつは、死に対する運だけはメチャクチャいいの...さっきの、ロシアンルーレットもどきみたいなのだって...」

海上
「その癖も相変わらずだ...海底。」

海底
「.....」

海底
「何百年ぶりの空だか」

海底
「その景色が青でも、赤でも...俺様にはどうでもいい」

ソウル(海)
「嘘だろ...こいつ...戦場の一族であるとはいえ...腹に穴が開いたまま動けるなんて...」


海底
「...ん?」

海底は足元に倒れているエデンを見る


海底
「...何か足りないと思ったが、これがあれば埋められるか」

海底は、穴にエデンを突っ込み...『喰い』始めた

たくっちスノー
「何!?エデンを...」

海上
「何をするつもりだ!」

エデンを最後まで喰い終わった後...海底の腹は修復され、肉体が変化していく...

大陸
「あれは...!!」

そして、海底の肉体は仮面ライダーエデンそっくりに変貌していった


たくっちスノー
「エデンを...取り込んだ...!?」


海底
「...ん?そこにいるのは...」

海上
「......」

海底
「お前も生きていたのか...兄貴、片腕が無いがどこの獣に食われた?」

海中
「.....」

海底
「それと姉貴もか、相変わらずの奇抜な機械だ...」



海底
「もう分かっているだろうが、俺が戦場海底だ」

海底
「どういうわけだか、こうやって蘇った」

海底
「新たな力を得てな!」


シュゴオオオオオオオオ!!

海底
「戦場の一族...ここにあり!!」

『トライヒーロー計画』【8】 ( No.149 )
日時: 2018/09/20 15:24
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海底
「さて、久しぶりに戦場の一族なりの挨拶をしてやろう...」

海上
「...構えろ!」

海斗
「え?」


海底
「とりあえず...お前からだ!」

バーン!!


海底は海斗の顔めがけて拳を出し、海斗は咄嗟にガードするが、大きく吹き飛ばされる


ヒュウウウウッ ズドオオオオオン!!

たくっちスノー
「...今、一瞬で海斗君の前に...海斗君!!」

海斗
「...へ、平気です!なんともありません!」

たくっちスノー
「どこがだよ!変身解けてるだろ!」

海底
「まだ生きていたか」

海斗
「フッ!」

海底のパンチを今度はかわす


海斗
「鬼人モード!」


シュバッ!


ガッ!!


海底
「なるほど...この時代にも、まだここまで戦える戦場の一族が残っていたとは...」


海斗
「...大陸さん!」

大陸
「ああ!」ジャキッ!


大陸は刀を手に海底の元へと


海底
「...そっちは戦場雁か」


大陸
「はあっ!」


...


海底
「刀...時代遅れだ」

海底
「俺様を殺したいのなら、ギロチン台かチェーンソーを持ってこい!」


海底は人差し指と中指で刀を挟み、受け止めていた


大陸
「な...なんだと...!?」

海底
「はあっ!!」

そのまま二人を投げ飛ばした

海斗
「うわっ!」

大陸
「くっ...なんて奴だ!」

たくっちスノー
(戦場海下に、あんな設定があったなんて...)


海斗
「こいつ、本当に強い...」

海斗
(俺、海上さんより強いかも分からないのに...こんな奴に勝てるのか?)

海底
「終わりだ!」

たくっちスノー
「ふっ!!」

海底
「ん?」

海斗に近づこうとする海底に、たくっちスノーは地面から触手を伸ばす


海斗
「雪さん!」

たくっちスノー
「今、ここに居る中で一番強いのは自分だ」

海底
「....」

たくっちスノー
「自分は悪逆非道の神気取りとも、全てを貪る獣とも相手したことがある」


たくっちスノー
「相手をしてやるよ...鬼!!」

海底
「面白い」

海底はたくっちスノーの方を向き、一気に駆け出す

海斗
「雪さん!」


たくっちスノー
「問題ない!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。