二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.270 )
日時: 2019/09/01 12:25
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: NLUWbxNB)

メル
「うーむ‥‥‥よし、もっと汚してやろう」

メル
「消毒が追いつかないくらいにな!」

メル
「【殺戮者のエントリー】!!」

ラヴィ
「とんでもないカード握ってましたね」

ジャニス
「警察系のカードをもっと積むべきだったか」

シキ
「殺戮者ってただの殺人鬼?」

メル
「そうだよ、他にどんな殺人鬼がいるんだよ」

ラヴィ
「なぜこんな言葉が当たり前のように飛んでくるんでしょうか?」

シキ
「そう、じゃあ【世界ザ・ワールド】には勝てないわね」

メル
「こんなのに使っていいのかよ」

ジャニス
「ザ・ワールド?なんだそれは?」

メル
「あー、えっとな、簡単に言うと時を止められる奴で、ナイフ使いだよ」

ドーラ
「これの相手は簡単だよ、ザ・ワールドは協力といっても所詮はスタンド、精神能力に過ぎない」

ナタリー
「こ、これは‥‥‥語彙大富豪お馴染みの本体狙い‥‥‥!!」

メル
「つっても本体のDIOも相当強いカードだぞ」

ドーラ
「大丈夫、吸血鬼でも【尋常ではない尿意】には勝てないから」

シキ
「さっきからあんたのカード酷すぎない?」

ドーラ
「コレに関してはシールドパックが悪い」

メル
「尿意はやめろ尿意は!」

ナタリー
「え?」

ナタリー
「マジ?」


ナタリー
「私コレに勝たないといけませんの?」


ナタリー
「‥‥‥‥こうなったら、尿意を打ち消すほどの凄まじい感覚にならなくては」

ナタリー
「【洗脳】して対象の尿意を消しますわ」

メル
「漏らしそう」

ドーラ
「凄い尿意の中洗脳されるDIO可哀想」

シキ
「ある意味最高にハイになりそうね」

ジャニス
「洗脳?それがどうした、【ビームライフル】で焼き払う」

ラヴィ
「あっ、その【ビームライフル】‥‥‥‥私の【デーモンハンド】で破壊しますね」

ナタリー
「慈悲の欠片もない」

メル
「もう何が来ても驚かねぇぞ」

シキ
「ほら、さっさとデーモンハンドを超えるものを用意しなさいよ」

メル
「やってやろうじゃねぇかこの野郎」





ヨウコ
(トップテンが集まってるから何事かと思ったら変なゲームしてる‥‥‥‥)

ハインリヒ
(なんだあれは‥‥‥‥‥)

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.271 )
日時: 2019/09/01 12:41
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: NLUWbxNB)

メル
「デーモンハンドか‥‥‥問答無用でぶっ殺す奴を太刀打ちすることは無理だ」

シキ
「一応呪文扱いだからマホカンタとかそういうのでいけるんじゃかいの?」

メル
「呪文メタは握ってない、だから死なない奴を用意する」

メル
「デーモンハンドでも死亡しないだろ【なろう主人公】なら」

ラヴィ
「なろうはちょっと‥‥‥‥」

ジャニス
「しかしだいたい死なないのも事実だな‥‥‥」

ナタリー
「そりゃ怪我でもしたら炎上するような作品群ですもの」


シキ
「なろう主人公でしょ?あいつらちょっとしたことでキレるよね?」

ドーラ
「メルよりキレやすいよ」

シキ
「そして、最近のなろう主人公は静かに暮らしたい系が多いから、関わらければいいわけよ」

シキ
「【驚異のスルースキル】でなろう主人公の活躍を無視するわ」

シキ
「うーん、彼もまた新たななろう主人公」

ジャニス
「スルースキルMAXの異世界転生?」

ドーラ
「普通にありそう」

ドーラ
「しかしこれは‥‥‥あっ、ボクこれ革命できるかも」

メル
「何!?」

ドーラ
「今の言葉はなろう主人公をスルースキルで無視する一般人の立場、つまりモブってことでいいよね?」

シキ
「名有りキャラがなろう主人公を無視出来るわけないでしょ」

ドーラ
「じゃあ、【モブおじさん】で革命ね」

メル
「ふぁっきゅー!!」

ラヴィ
「えっ、革命?えっ?」

ナタリー
「似たような意味の言葉を並べて革命が可能になるのですわ、革命後は強いものではなく弱いものを用意しなくてはいけないの」

ラヴィ
「逆になるんですか」

ナタリー
「つまり私はモブおじさんより弱いものを‥‥‥‥いや、地味にキツイ!パスよ!」

ジャニス
「うーん‥‥‥‥モブといえばリーマン」

ジャニス
「社会的地位なら【YouTuber】の方が下か」


ラヴィ
「YouTuberより下‥‥‥‥あっ、なら【オムライス】でどうですか」

ジャニス
「企画に使われた!?」

シキ
「超デカいオムライス作ってそう」

メル
「はあ!?オムライスより下!?」

ドーラ
「メルさ、もしかして強いカードしか書いてないでしょ?」

ナタリー
「こういう時革命されると詰むのよね‥‥‥‥」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.272 )
日時: 2019/09/01 13:18
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: ZYxCEFbA)

メル
「畜生!まずオムライスが何に勝つのか分からねぇ!パスだ!」

シキ
「これは私も無理よ、パス」

ドーラ
「ボクもパス」

ナタリー
「もう1回パス‥‥‥」

ジャニス
「私もパスだ」

メル
「全員パスして場が流れたか」

ラヴィ
「こういう時はどうすれば?」

ドーラ
「最後に出した人が新しい語彙を手札から出す、今回の場合はラヴィがもう1枚」

ラヴィ
「ではこれを」

【ドン!(擬音)】

ドーラ
「ワンピースでしか見た事ないやつだ」

シキ
「最近はべん!になってるそうよ」

メル
「何に対して使うんだよこんな語彙」

ドーラ
「次メルだよ」

メル
「あ、そうかメル様か‥‥‥えーと、ドン!といえばさっきも言った通りワンピースだ」


メル
「ワンピースに人気度で勝てるマンガなんて中々ない!こいつもそれのひとつだ!」

メル
「【ワンパンマン】」

シキ
「あー、キャラじゃなくて漫画の方か‥‥‥‥」


シキ
「でもワンパンマンなら大体倒せるからなんでも引けそうね」

シキ
「革命してる間は邪魔だし【時計少女】捨てておくか」

ドーラ
「じゃあボクもそこから【魔トリョーシカ】捨てておこう、設定的に立場は時計少女の方が上でしょ」

メル
「そいつら一応メル様達の原作の裏ボスだろ‥‥‥‥後処理感覚で出すなよ‥‥‥‥」

ラヴィ
「こんな雑に扱われて可哀想」

ナタリー
「でも魔トリョーシカならなんでも出せるわね‥‥‥そうですわね、ではここは」


ナタリー
「【ワザップジョルノ】で」

ジャニス
「もうブームもジョジョ5部も終わったぞ」

シキ
「これに勝つも負けるも難しいような」

メル
「いや、実質ジョルノジョバァーナだしそいつと戦うことを想定すればいい」

ジャニス
「そうか、ジョルノジョバァーナとは主人公か?」

メル
「まあ一応主人公だな」

ジャニス
「主人公相手なら【死亡フラグ】も意味をなさないだろう」

ナタリー
「ジョルノは結構ボロボロになるけどなんだかんだで生き残りますわね」

シキ
「ジョセフ・ジョースターなら100%勝ってた」

ラヴィ
「死亡フラグとは死ぬ寸前というわけですから、負けたということは既に死亡しているわけで‥‥‥‥」


ラヴィ
「【0%0%0%】」

メル
「メル様のスーパーデラックスがああああ!!」

ドーラ
「地味にトラウマ特効持ちだから厄介だよコレ」

ナタリー
「ワザップジョルノとか言ってたらセーブデータが破壊されてしまったわ‥‥‥‥」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.273 )
日時: 2019/09/01 14:15
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: e/ZG7OkK)

メル
「ああ!?ゼロゼロゼロだぁ!?」

ドーラ
「ゼロ!ゼロ!ゼロ!」

シキ
「や め ろ」

メル
「0‥‥‥ゼロ‥‥‥お前の出番だ!!【マジンガーZERO】で再革命!!」

ナタリー
「何ーーっ!!?」

ジャニス
「ここで元通りだと!?」

メル
「時計少女と魔トリョーシカを捨てたのは愚策だったなぁ?」

シキ
「それが何よ」

シキ
「マジンガーZEROだって所詮は漫画なんだから【作者】で勝てるわ」

メル
「チッ‥‥‥‥」

ドーラ
「作者ならこれを使えば余裕だよ」

ドーラ
「【毒薬】でお陀仏だ」

ラヴィ
(マジンガーZEROの作者さんごめんなさい)

ナタリー
「毒薬は確かに確実に人を殺す事も出来ますが、毒性反応みたいな証拠も残りますわね」

ナタリー
「その点【デスノート】は何の証拠も残らないから殺人道具としては上ですわ」

メル
「名前さえ分かれば謎の心臓麻痺で殺れるからな」

ジャニス
「デスノートは見た目的にはただの本か?」

ドーラ
「そうだね、真っ黒なノートだよ」

ジャニス
「そうか、なら紛失してしまえば何の意味も持たなくなるな」

ジャニス
「【底なし沼】に落としてしまえばいい」

ナタリー
「もう二度と拾えませんね」

メル
「そんな夜神月見たくねぇ」

ラヴィ
「底なし沼ですか、では底なし沼に落ちても問題ないということにしましょう」

ラヴィ
「【負けイベント】」

ドーラ
「底なし沼に落ちた後どうなるんだいそれ」

メル
「負けイベント?知るかよ!その幻想をぶち殺す!!」

メル
「【帽子世界】の底なし沼なら上がれる!」

ドーラ
「この世界当たり前のようにワープあるからね」

ラヴィ
「なんとなく仕組んでると思ってました」

ジャニス
「しまった、こちらも帽子世界7大迷惑仕込んでおくべきだったか」

ナタリー
「帽子世界かビッグママは入れてると思いましたわ」

メル
「うるせー!!いいから早くしろ!」

シキ
「ないわよ帽子世界に勝てるカードなんて‥‥‥‥パス」

ドーラ
「ボクもパス」

ナタリー
「私もありませんわ」

ジャニス
「ふむ‥‥‥‥帽子世界か‥‥‥ゲームとはいえあまり歯向かいたくはないのだが」

ジャニス
「【クォーツァー】で歴史書き換えるか」

シキ
「歴史来たかー!!」

ドーラ
「お前達の帽子世界って、醜くないか?」

ラヴィ
「ある意味救われるようなアリなような‥‥‥パスです」

メル
「あ?クォーツァーがなんだ、こっちは【オーマジオウ】だぞ」

シキ
「なんでダイレクト特効入れてんのよ」

ドーラ
「皆で見に行ったあの映画、面白かったから仕方ないね」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.274 )
日時: 2019/09/01 14:49
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: .3DSw5US)

ラヴィ
「オーマジオウのスペックってどれくらいですか?」

シキ
「ヨウコによると相手よりも強くなるんっですって」

ジャニス
「語彙大富豪出禁にしろそんなやつ」

ドーラ
「いや、尿意には負けるでしょ」

ナタリー
「尿意を出禁にするべきでは?」


シキ
「まあどんなスペックでも【ハンター】には勝てないでしょ」

ラヴィ
「カキコの逃走中はどんなキャラでもスペック普通レベルにしますからね」

ドーラ
「前にオール・フォー・ワンの扱いで揉めたりしたけどね‥‥‥‥」

メル
「なんだこの意外な方向からのメタは」

ドーラ
「ハンターか‥‥‥‥今相手してるのは逃走中のハンター、つまりアンドロイドだ」


ドーラ
「コンピューター【ウイルス】に感染させよう」

シキ
「そういえばそういうネタ使ったカキコ逃走中ってあるのかな」

ナタリー
「これから仮面ライダーゼロワンが関わっていけば増えていくんじゃないかしら」

ラヴィ
「ハンターはヒューマギアじゃありませんから!」

ナタリー
「えーとえーと、ウイルスといえばあの映画ね、ネタバレになるけど黒幕として唐突に出てきたアレ」

ナタリー
「でも主人公はコレを選んでウイルスをうち果たしたわ」

ナタリー
「【ドラゴンクエスト】」

メル
「ユアストーリーの話かそれは!?」

ジャニス
「数多くの人間の心を狂わせたあの映画の話はやめるんだ」

ドーラ
「でも低評価率は二ノ国が上回ったらしいよ」

シキ
「なんで上回るんだよ!?」

ジャニス
「ドラクエ‥‥‥この中では無理だ、パス」

ラヴィ
「ドラゴンクエストはゲームですよね、子供がやり過ぎないように‥‥‥‥【親】が見守ります」

ナタリー
「ゲームは一日1時間ですのね」

シキ
「ふっかつのじゅもん打ち込むだけで数分削られるわ」

メル
「で、親か‥‥‥‥よーし」

メル
「ドンドンドン!ドンドンドン!」

メル
「オラッ!溜まりに溜まった【取得税】払えやオラッ!」

ラヴィ
「税金払う人はそんな言い方しませんよ!?」

シキ
「‥‥‥‥‥でも、親より税金の方が強いわね」

ナタリー
「‥‥‥あれ?待って、これ」



メル
「へっへっへ、あがりだ」

シキ
「こいつ‥‥‥強カード積みまくってたのに勝ちやがった‥‥‥!!」

ジャニス
「あの革命をよく凌げたな‥‥」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。