二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



『トライヒーロー計画』【8】 ( No.155 )
日時: 2018/09/21 10:06
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ソウル(海)
「やああっ!!」

エボル
「フン!」

エボルはソウルの攻撃を受け流していく


ソウル(海)
「な、なんで攻撃が通らないんだ...!?」


エボル
「俺は本来の世界、本来の時空で何度も仮面ライダービルド...桐生戦兎と戦ってきた」

エボル
「だが、ビルドなんてものは俺の計画を進めるための『演じられたヒーロー』に過ぎないんだよ」

ソウル(海)
「だからって...!!」

エボル
「それだけじゃない」


エボル
「このエボルドライバーは、ビルドドライバーの元になっている」

エボル
「つまりお前は、模造品の模造品ということだ!」ゲッ

ソウル(海)
「ぐっ...!!」

エボルはソウルを蹴飛ばし、吹き飛ばす


ソウル(海)
「まさかそっちまで攻撃してくるとは...」

エボル
「ふん」

ソウル(海)
(あの一撃...海底ほどではなかったが、重みがある...あんな攻撃を、何回も耐えられるのか...!?)

エボル
「恐いだろう?今、世界の命運はお前が握っているんだ」

エボル
「今お前は世界を動かすんだ!」

ソウル(海)
「...俺が、世界を?」

エボル
「そうだ、お前が勝てば世界は救われ、お前が逃げれば全てが滅ぶ!」

エボル
「お前は今...全ての責任を背負っている!」

ソウル(海)
「お、俺が...!?」


ソウル(海)
「俺が、そこまでの...!?」

海上
(奴の口車に乗せられはじめたか)

大陸
(あんな幼い少年に不安を煽らせるなんて...)


ソウル(海)
「...っ 」

エボル
「お前はヒーローなんだろ?怖じ気ついている場合か?」

ソウル(海)
「俺は...!!」

エボル
「何をためらってる!!」

エボル
「お前には守る物があるんじゃないのか!?」

エボル
「自分が信じる正義のために戦うんじゃないのか?」

エボル
「それとも全部嘘だったのか!?」


ソウル(海)
「俺は...俺は!!」



【ready go!!】

【ボルテックソウルアタック!!】




ソウル(海)
「大事な世界を...守りたい!!」


ズガァァァァン!!

ソウルの一撃を、エボルは動じず受け止める


たくっちスノー
「...!!」

海中
「あっ...!!」



ソウル(海)
「あ、あたった...!!」

エボル
「それでいい...それでこそ、仮面ライダーだ!」

『トライヒーロー計画』【8】 ( No.156 )
日時: 2018/09/21 10:46
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

...

石動
「と、いうわけだ」

石動
「約束は約束だ、あいつの情報を教えてやるよ」

海上
「戦場海底に弱点はあるのか?」

石動
「はっきり言うと、『戦場海底』にお前達が実力で突ける弱点はない」

水晶
「ええ...じゃあどうすれば...?」

石動
「...俺は、シャドー・メイドウィン・黒影を取り込み、あいつの能力を手にいれた」

石動
「マガイモノにはなれて不死にはなったものの、あいつ機械音痴でな~」

海上
「...相手を取り込むと弱点までコピーするということか?」

石動
「正解だ!つまりお前達が知るべきなのは...」

水晶
「エデンの弱点!」

たくっちスノー
「ってことは、マガイモノの拒絶する力を...」

海中
「ダメよ、あいつは私たちと同じあんたの兄弟から生まれた存在よ」

海中
「それにあいつは死に対しての運がいい、かえってパワーアップするだけよ、戦場海斗みたいに」

たくっちスノー
「あっ、そうか...他には何があるんだ!?」

石動
「仮面ライダーエデンには唯一、自身でも敵わないと思った人間が一人だけ存在している」

海斗
「エデンでも敵わないと...そんな人が居たなんて...」

たくっちスノー
「ならその人物の力を海斗君達のヒーローソウルや海上さんの鎧とかに混ぜ合わせれば...」

海中
「で、そいつってどこにいるの?」

石動
「エデンがお前に渡した手紙がカギを握っている」

たくっちスノー
「え...あれが?」

たくっちスノーはポケットから手紙を取り出す

海中
「【親愛なるANA TA】へ...?」

海上
「一体誰に宛てた手紙なんだ?」

たくっちスノー
「それが、自分にもさっぱりなんだ...」

石動
「案外名前かもしれないぞ?」

たくっちスノー
「名指しで呼ばないあいつが?」

海斗
「...でも、これがエデン攻略のカギになっているなら、調べてみる価値はありますね」

たくっちスノー
「ああ、もしかしたら別世界の人間かもしれないし」

石動
「いやーでも、お前には感謝しているよ」

たくっちスノー
「何?」

石動
「お前が『間違った世界』に行ってくれたおかげで、俺は戦場海底の設定を手に入れられたんだからな」

たくっちスノー
「え?間違った...?」

石動
「なんだ知らなかったのか?お前がこの世界に来たとき、エデンはいなかったぞ?」

石動
「っていうか、エデンをあの世界に向かわせるよう仕向けたのも俺なんだけどな」

たくっちスノー
「ええええええええええええ!!?」

『トライヒーロー計画』【8】 ( No.157 )
日時: 2018/09/21 11:19
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「なんてこった...時空移動の行き先を間違えるなんて...!!」

石動
「ははは、ほんとトラブルを誘うよなぁお前も」

たくっちスノー
「...悔しいが、否定できない」

海斗
「...でも、俺はよかったと思ってますよ」

海斗
「また雪さんに会えたんですから」

たくっちスノー
「海斗君...」

石動
「さてさて、話せるのはここまでだ」

海中
「はあ!?これだけ!?」

石動
「俺もやりたいことが色々あるんだよ~」

石動
「それに、モタモタしてると海底がお前達の世界を滅ぼすぞ?」

海上
「...これ以上は無意味だ、出るぞ」

海中
「あ...うん」

水晶
「では、先に準備しておきますね」

大陸
「ああ」

海斗
「あ、待ってよ!」

大陸と水晶、海中と海斗は渦に乗って帰還する

海上
「...あれは試していたのか?」

石動
「何が?」

海上
「あの攻撃は、お前でも避けることは出来たはずだ...」

石動
「ま、そうだけどさ...ほら、瞬間移動って頻繁に使うと冷めるだろ?」

海上
「...本当は試していたんだろう?あいつを」

海上
「我が一族を倒す覚悟、英雄ヒーローとして世界を背負う覚悟...大事なものを守る覚悟を」

たくっちスノー
「...そうなのか!?」

石動
「さあ、何の事だかね」

石動
「だって、ああでも言わないとあいつはガチで本気を出さないだろ?」

石動
「死んだって聞くから諦めてたけど、手に入れられて嬉しかったよ」

石動
「戦場海斗の戦闘データ!」

たくっちスノー
「...そんなことだろうと思ったよ」


石動
「今度時間が出来た時には、戦場海上のデータも盗るから」

海上
「...好きにしろ」

石動
「ははは!楽しみだよ!」

海上
「...たくっちスノー、俺たちも行くぞ」

たくっちスノー
「ああ...皆が待ってる」




たくっちスノー
「石動!」

石動
「何?」

たくっちスノー
「あんたは...どれだけの年月をかけてでも捕まえる!」

石動
「いいよ、かかってこい」

石動
「暇になったら捕まってやって、やりたいことが出来たら脱獄してやるからさ」

たくっちスノー
「.....くっ!」

石動
「チャオ!」

こうして、たくっちスノー達は本来の世界へと戻り...戦場海底に対する会議が始まった!

END

『トライヒーロー計画』【9】 ( No.158 )
日時: 2018/09/23 19:10
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

前回のあらすじ

遂に復活した戦場海底は、仮面ライダーエデンを取り込み、強力な姿となる

危機を感じた海斗は石動惣一に情報を貰うことに(そしてちゃっかり海斗の設定を手に入れる石動)

すると石動は「仮面ライダーエデンでも敵わいと思った」という人物の話をした

はたして、エデンの弱点とは...!?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

戦場海底はエデンの力で過去へと向かっていた

海底
「...この力があれば」

~数分前~

石動
「よっ!」

海底
「...お前はなんだ?」

石動
「俺の事はいいだろ!ほら、エデンに渡し忘れたんだよこれ、受け取れよ」

石動は海底に金色のヒーローソウルとベルトを渡す

石動
「そいつを使えば過去も未来も全てが思いのまま!タイムトラベルもブレ1つなく行えるんだ」

海底
「...過去も、未来もだと?」

石動
「ああ、全ての時はお前のものだ!」

海底
「どこの誰かは知らんが...利用させてもらう」

...

海底
「...!!」

【オーマジオウ!!】

【お前達に私を倒すのは不可能だ。何故か分かるか?】

【――私は、生まれながらの王である】

海底
「もっと力を...!!」

...

【2018】

たくっちスノー
「あっ、わかった!!エデンの敵わない相手!」

海斗
「本当ですか!?」

たくっちスノー
「やっぱりこれは『貴方』じゃない、名前だ!」

たくっちスノー
「名前と考えて...これに当てはまる物が1つだけある!」

水晶
「そ、それって一体!?」

たくっちスノー
「【ANA TA】...これは、【アナンタ】なんだ!!」

海斗
「...あ、アナンタ?誰ですそれ?」

たくっちスノー
「別世界の住民さ...とんでもない人物だよ」

たくっちスノー
「彼女をリーダーとしたパーティは、実力であの世界のメイドウィンを打ち倒したという伝説が残っているんだ」

たくっちスノー
「言うならば、神を倒した」

海上
「神を?何故そんな奴をエデンが?」

たくっちスノー
「それは、アナンタ氏はエデンのよく知る人物と親交が深いからだよ」

たくっちスノー
「それこそが、エデンの敵わない相手にして弱点」

たくっちスノー
「その名も、勇者レイチェル!」

『トライヒーロー計画』【9】 ( No.159 )
日時: 2018/09/23 19:11
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海中
「え...勇者ってマジで存在してたの!?」

海上
「奴の初恋の...」

たくっちスノー
「海上さんらが聞いた野菜みたいな名前の村っていうのは、多分ブロッコリー村の事だね」

たくっちスノー
「レイチェルもその村で育ち、天才的な才能を持っていたって聞くんだ」

海斗
「でもなんでアナンタって人に?」

たくっちスノー
「それは君らには教えられない...けど、困ったな..」

海中
「困るって、何が?」

たくっちスノー
「弱点は分かったけど、別世界っていうのは都合が悪い」

たくっちスノー
「マガイモノにならずに設定を混ぜるには、互いが介入し合うこと...つまり、レイチェル氏をこの世界に呼び出さないといけないんだ」

海上
「お前は監理局だろう?出来ないのか?」

たくっちスノー
「監理局といえどなんでも出来るわけじゃない...監理局に所属しない生物を別世界に送るには色々と手続きが必要なんだ」

たくっちスノー
「向かうなら手短に済むんだけど、連れてくるとなるとどうしても間に合わなくて...」

たくっちスノー
「間に合わせるには、非合法的な装置で時空を越えるしか...」

水晶
「非合法って...違法って事ですよね、大丈夫なんですか?」

たくっちスノー
「平気平気、始末書は慣れてるし責任を取るのは自分だけだ」

海上
「だが非合法的に時空を越えるなどどうやって...」

たくっちスノー
「うん...調べてる暇もないだろうし...」

海斗
「雪さん」

たくっちスノー
「何?」

海斗
「俺、行きたいところあるんですけど...良いですか?」

たくっちスノー
「あ、うん...?なんで?」

海斗
「心当たりがあるんです、時空を越える方法に」

たくっちスノー
「え...あっ!!あれか!!」

海斗
「はい...クリスタルの技術です」

海上
「クリスタル?」

水晶
「あ...クリスタルっていうのは数あるヒーロー組織の1つです」

海斗
「まぁ、敵だけどさ...確か、クリスタルには世界を越える技術があるって、聞いたことがあるんです」

たくっちスノー
「た、確かに存在するし、それで世界を越えた人もいる...不可能ではない...」

たくっちスノー
「でも、どうやって探すの!?」

海斗
「...俺が見つけます!」

海斗
「その為にクリスタル会長、しちょうみことのりに会いに行きます!」

たくっちスノー
「えええええええ!?」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。