二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



『トライヒーロー計画』【4】 ( No.115 )
日時: 2018/09/08 22:55
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

そして三日後

海斗
「ただいま」

たくっちスノー
「よく頑張ったね、体鈍ってない?ちょっと寝たきりになっただけで筋肉が落ちるって資料に...」

海斗
「まぁ寝たきりではなかったから大丈夫ですよ」

たくっちスノー
「それもそうだな!」

海斗
「俺がいない間、エデンはどうでした?」

たくっちスノー
「動きはあまりなかった、向こうも海上に警戒しているのかも」

海斗
「で、海下さんは?」

たくっちスノー
「カリギュラだけじゃ経験上不安だからちとウチが細工しておいた」

海斗
「さ、細工ですか?」

たくっちスノー
「ふふっ、まぁたいしたものじゃ...ん?」

たくっちスノー
「あ、やっべエデンの反応だ」

海斗
「えっ、今度は何処から?」

たくっちスノー
「すぐだけど、大丈夫なの?退院して早々」

海斗
「どうってことはありません」

たくっちスノー
「よし!」

...

一方、エデンのいるところは

海中
「あいつがエデンね」

エデン
「加工された鉄の塊...なんて野蛮な」

海中
「鉄なのに野蛮なの?その鎧は石ころで出来ているっていうの?」

エデン
「これは鎧ではありません、純粋な肉体です」

海中
「ええ...なにそれ」

エデン
「貴方も楽園の邪魔をするなら、消えなさい」

エデン
「最近は虫とかしか誘えていませんからね、そろそろ純粋なヒトを」

たくっちスノー
「エデン!!」

エデン
「あの人...何故か私によく会うんですよねぇ」

エデン
「私はただ気まぐれに活動しているのに」

海中
(そんなんだから毎回毎回居場所の特定が面倒なのよ!)

たくっちスノー
「え、あれロボット?」

海斗
「あんなのあったっけ?」

たくっちスノー
「仮面ライダーの世界で巨大ロボットは三種類しか見たことないよ」

海斗
「え、たったの三種類なんですか?」

たくっちスノー
「うん、その内の1つは量産型兵士の合体版みたいなもんだから実質二個」

海斗
「へー、どうしますあれ」

たくっちスノー
「まぁ先客がいるなら自分は協力するよ」

海中
「ちょっとそっち!!」

海斗
「え、女性の声!?」

海中
「あんたも戦場一族の末裔なら少しは手伝え!」

海斗
「え?一族?」

たくっちスノー
「海斗君、自分は前の世界でも思ったがただの人間じゃないよな?」

海斗
「多分そうみたいっすね、名字被りも単なる偶然じゃなさそう」

たくっちスノー
「そりゃ戦場って名字は全国で30人程度しかいないらしいからな...」

『トライヒーロー計画』【4】 ( No.116 )
日時: 2018/09/09 09:45
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「どうする海斗君」

海斗
「うーん、言ってるしやろうかな」

たくっちスノー
「ああ、自分も海上と同盟の約束したからな」

海斗
「えっ、同盟の約束本気だったんですか!?考えに考えてブラフかと思ったんですけど!」

たくっちスノー
「自慢じゃないが自分はリニューアルされてからは嘘をついたことはないぞ!」

海中
「はぁ?同盟?」

たくっちスノー
「君の仲間から聞いてないのか?自分は君らと同盟を結んで海下を殺す以外の事なら出来る限り協力するし、責任もとるって...」

海中
「んなこと言ってたのか...」


たくっちスノー
「まあいいよ、伝わってなくても誠意で見せるから」ジャキッ

海斗
「あれ、変身しないんですか?」

たくっちスノー
「海上との戦いでリキッドはまだまだ戦うには戦闘力が低いって判断して改造中なんだ、だから使わない」

たくっちスノー
「海斗君、ここは自分に任せてあのロボットを離れさせてくれない?」

海斗
「え?どうして?」

たくっちスノー
「エデンは実力行使で追い払える奴じゃないからね」

エデン
「貴方もしつこいですね、どこかのお偉いさん」

たくっちスノー
「君さえおとなしく牢に籠っていれば、しつこくしないんだけどな」

エデン
「あの場所は楽園を作るには狭すぎます」

たくっちスノー
「そりゃそうだ、一人用だからな!」ブー ン

エデン
「どきなさい!」

たくっちスノー
「滅べ、怪物!!」

ズドォォォォン

たくっちスノー
「リキッドは使えないが、こっちは仮面ライダー無しでアーマーを使えるんだ!!」

【ビルド!】

『armor time!ベストマッチ!ビルド!!』

たくっちスノー
「このアーマーはお前の力でも錆びないぞ!!」ギュルルル

エデン
「くっ!貴方という人は」

たくっちスノー
「この三日間、何をしていた?」

エデン
「別の世界で楽園の誘いをですよ」

たくっちスノー
「だと思った!何人だ!何人拐った!」




エデン
「拐ったという表現は気にくわないですが...そうですね、三日間の分で人は149人、人以外の生物は4857匹」

海斗
「!」

海中
「...!」

エデン
「この世界でも、貴方達が邪魔をしなければこれくらいは出来るんですけどねぇ」

海斗
「こいつ、やっぱりとんでもな」

たくっちスノー
「あ、そうそう君が頑張ってる間に楽園世界に地球破壊爆弾埋め込んでおいたから」

エデン
「帰還しなくては」バッ

エデンは時空の渦を抜け、消えていく

海斗
「や、やりますねほんと、咄嗟にあんなことを」

たくっちスノー
「いや、嘘じゃないよ?」

海斗
「え?」

たくっちスノー
「あー、確かに爆弾は爆弾だけど、被害を受けるのは心の汚れた奴だけの特別な奴だから」

海斗
「やっぱ雪さんの方がとんでもねぇわ」

『トライヒーロー計画』【4】 ( No.117 )
日時: 2018/09/09 11:18
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「海斗君も話術とか鍛えようよ、ハッタリも立派な戦術だよ?」

海斗
「俺は雪さんほどなんでもありじゃないしいいですよ」

たくっちスノー
「ダメだよ!メイドウィン小説の敵だってなんでもありなんだからこっちも出来る限り!」

海斗
「なにそのインフレ合戦!?」

たくっちスノー
「でもまぁ、君はどんな奴が相手でも拳でゴリ押してくれる方が似合ってるしいいか」

たくっちスノー
「帰ったらうちのマガイモノ呼んでエデンに備えたトレーニングだからね!」

海斗
「あ、はい!」

海中
「あのさぁ!誰か忘れてない!?」

たくっちスノー
「あ、ごめんガチで忘れてた」

海中
「酷くない!?勝手に人の見せ場まで奪っちゃ」

たくっちスノー
「元はと言えばこれは自分の仕事、貴方達は無関係、協力はしても文句を言われる筋合いはありません!」

海中
「うっ...まあいいよ!結果的にこっちもダメージはゼロ!」

海中
「万全な状態であんたらを潰せるんだから!」

海中は巨大ロボットを操作し、海斗へと迫る!

海斗
「えっ、やっぱ俺たちを倒すつもりだったのか」

たくっちスノー
「エデン相手にロボットなんておかしいと思っていたが!」

海中
「吹っ飛べ!」

海斗
「ど、どうします雪さん!?俺巨大ロボットと戦ったことなんてありませんよ!?」

たくっちスノー
「まぁ、そうだろうね...大丈夫、自分がついてるじゃないか」

海斗
「雪さん、何か作戦が!?」

たくっちスノー
「まず普通にソウルに変身して」

海斗
「はい」

【フォーゼ!】

ソウル
「そ、それからどうすれば?」

たくっちスノー
「.....」

ソウル
「.....」

たくっちスノー
「時間稼ぎよろしく!!」

ソウル
「あーやっぱりかっ!!」

たくっちスノー
「だ、大丈夫大丈夫逃げはしないから!ちゃんと案はあるから!」

海中
「そこっ!!」

ソウル
「うわああああああ!!」ガシッ

ソウルはロボットの腕を必死に受け止める

ソウル
「な、何分!?何分持てばいいですか!?」

たくっちスノー
「三分でいい!三分間自分は無防備になっちゃうから、それまで頑張ってくれないかな!?」

ソウル
「は、はい!」

海中
(あいつ、一体何をするつもりだ?)

『トライヒーロー計画』【4】 ( No.118 )
日時: 2018/09/09 12:32
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「ぐ...ぐぐぐ...圧縮!!」

ソウル
「!?」

海中
「!?」

たくっちスノーの体がどんどん変形し潰れていく

ソウル
「雪さん!?」

海中
「ひっ、何あれ気持ち悪っ!!」

ソウル
「あっロボットが離れた!」

たくっちスノー
「そんなキモいのこの形態!?」

ソウル
「いやいやいや、何してるんですか雪さん!!」

たくっちスノー
「何ってキューブ型になってるんだけど」

ソウル
「ええええええええ!?」

たくっちスノー
「あ、これは本来の形が定まってない自分にしか出来ないから念のために言うと」

ソウル
「多分雪さんしかやりませんから!!」

たくっちスノー
「来いい!!セイブルヴィクス!!」

キューブ化したたくっちスノーは時空の渦を開け、黒いロボットを呼び出す

海中
「何あれ!?」

たくっちスノー
「格納!」

たくっちスノーは背中に収納され、ロボットが海中ロボットに迫る

ソウル
「え、ええええ!?雪さんもロボット持ってたんですか!?」

たくっちスノー
「作ったのはここを去ってしばらくした後だけどね!」

ソウル
「それ俺も乗れませんか!?」

たくっちスノー
「頭の上に乗ればカッコいいよ海斗君!」

ソウル
「乗るってそういう意味じゃなくて...もういいやそれで」

スタッ

たくっちスノー
「セイブルヴィクスのナインブレードが手足を切り刻むから海斗君はコックピットからパイロットを引きずり出して!!」

海中
「死んでたまるか!!」

海中ロボットからビームが発射されるが、たくっちスノーのロボは超高速で避けていく


たくっちスノー
「なめるな!こちとらSRCでは回避型として作ってある!」

ソウル
「あ、あのあんまり早く動かないで、落ちるし酔う...!!」

たくっちスノー
「大丈夫、もう少し!!」



たくっちスノー
「うおおおおおおおナインブレード乱れ斬り!!」

たくっちスノーのロボットから九つのビームサーベルが飛び出し、海中ロボットの手足を細切れに切り刻んだ

海中
「ひっ!?」

たくっちスノー
「今だ!引っ張り出せ」

ソウル
「ええ、本気ですか!?」

たくっちスノー
「死にはしないさ!!」

ソウル
「えっと...そういうわけなんで!!」

海中
「ちょっとおおおおおお!!」

ソウルは残った部分を引きちぎり、海中を引っ張り出した

『トライヒーロー計画』【4】 ( No.119 )
日時: 2018/09/09 13:39
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海中
「ちょ、ちょっと!?何してんの人のロボットに!!」

たくっちスノー
「敵意を向けてきたから壊した、それだけ」

海中
「あんた同盟する気あるの!?」

たくっちスノー
「分かってる分かってる、責任だってちゃんと取るし弁償もする、製作費はいくら?」

海中
「1億」

ソウル
「嘘つけ!」

たくっちスノー
「うん、分かった1億ね...ちゃんとそちらの紙幣で払うから」

ソウル
「雪さん!?」

海中
「ああ後、協力してくれるってんならエデンとあんたのデータも寄越しなさい」

たくっちスノー
「うんいいよ」

ソウル
「えっ、あの...」

海中
「そっちの奴...」

たくっちスノー
「それは自分でやってくれない?」

海中
「ちっ」

ソウル
「なんでそこまでやるんですか?」

たくっちスノー
「なんでって...君と扱いは同じのはずたけどなぁ」

海中
「...もういい、あんたの考えはついていけない、データは貰ったし帰るから」

たくっちスノー
「あ、ちょっと待って海中さん」

海中
「なんで名前知ってんの!?」

たくっちスノー
「そりゃ、上と下があるし真ん中もあるかなって」

たくっちスノー
「...うそうそ、三日のうちに監理局のデータで粗方調べさせてもらった、同盟を結ぶ相手の事を知っておかないと」

海中
「気持ち悪っ!!」

海中は部品を一部背負って去っていく

たくっちスノー
「あ!待ってよまだ言いたいことが...」

...

カリギュラに戻る帰りの事

海斗
「ねぇ雪さん、やっぱり俺よくわかりませんよ、同盟だからってあそこまで優しくします?」

たくっちスノー
「う、うむ...違和感ある?」

海斗
「あります」

たくっちスノー
「わ、分かった...変だったんだ、じゃあ海斗君には特別に話すよ」

海斗
「はい」

たくっちスノー
「あの人ら、時空監理局に入れたいなって考えてる」

海斗
「えええええ!?」

たくっちスノー
「だって、僕の体を解析してあそこまで使いこなしてるんだよ?」

たくっちスノー
「現状は犯罪者じゃないんだし、出来れば時空規模で使ってもらいたいなって...」

海斗
「それってスカウトって事ですか!?」

たくっちスノー
「うん」

海斗
「前はそんなことしてなかったのに!なんで!?」

たくっちスノー
「なんでって...」

たくっちスノー
「自分がいなくなっても、監理局が在り続けるように?」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海上
「海中、基地に1億ほどの札束が置かれていたが」

海中
「えっ、あいつマジで1億置いてきたの!?」

END


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。