二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



『トライヒーロー計画』【9】 ( No.165 )
日時: 2018/09/24 10:08
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海斗
「...海自って?」

海中
「ずっと昔...戦場の一族で一番最初に名前を与えられた、『鬼』のリーダー格」

海中
「言うならば、先祖よ!!」

海斗
「先祖!!?それ歴史的に大丈夫なの!?」

海中
「多分、死んではいないからセーフなんだと思う...」

海底
「...!!」

海底は二人を大きく吹き飛ばす

【finish time】

【time break】


海底
「.....全てを消し飛ばす!!」


海底は魔王の力と鬼の力で周囲を吹き飛ばしていく


海中
「くっ...!!」

...

海斗
「うっ...!!」


海底
「先祖の力...」


海底
「確かに強いが、まだ足りない...」


海底
「一世代では、まだ足りない...!!」

石動
「おーい!」

海底
「...?」

石動
「どうだ?オーマジオウの力は」

海底
「今のところ悪くはない」

海底
「この力で過去にも行けるようになったからな」

石動
「だがまさか、過去の世代の一族を取り込んでいくなんてな」

海底
「戦場の一族なんて必要ない、俺様一人が『戦場』でいい」

石動
「というと、戦場海下って奴も不必要だったのか?」

海底
「一番要らぬのは奴だ」

海底
「奴は意味もないのに一緒に形成され俺の枷となってきた不純物だ」

海底
「あいつがいなければ、俺様はもっと自由に活動できたのだが」

海底
「あんなもの最初からいない方がいい」

石動
「ふーん、じゃあどうするんだ?」

海底
「オーマジオウの力で過去に戻り、海下の人格を殺しに行く」

石動
「ふーん、それだけで未来がかなり変わりそうだが?」

海底
「どっち道俺様の世界になるだろう?」

石動
「ああ、そう」

石動
「ま、この世界ならタイムジャッカーとか仮面ライダーゲイツとかも来ないし気楽にやれよ」

海底
「.....聞かせろ、何故俺様にこんなことを?」

石動
「なんでって楽しみだからだよ」

海底
「楽しみ」

石動
「ああ、お前の計画がどこまで行くのか、何が起こるのか、どんな風になるのか」

石動
「そんなことを考えていると楽くてしょうがないんだ」

海底
「...こいつらはどうする?」

石動
「お前に対しての対抗策は何もないんだ、ほおっておけ」

海底
「そうだな」



石動
(...今のところは、な)

END

『FGOを中途半端にプレイしている雪さんとリヨぐだの短編集』 ( No.166 )
日時: 2018/09/24 14:24
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

『さいしょに』

リヨぐだ
「このリヨぐだは『マンガで分かる!FGO』シリーズとは何の繋がりもありませんご了承下さい」

たくっちスノー
「あんなやべーやつになれるわけないやろ」

リヨぐだ
「てか、私使いたいならデフォネームの『藤丸立香』で良くないか?」

たくっちスノー
「FGOプレイヤーでその呼び名使ってる人見たことないんだけど」

リヨぐだ
「プレイヤーの分身だからなぁ...」


『バトルオブニューヨーク』

リヨぐだ
「やべぇぞニューヨークくっそムズい」

たくっちスノー
「エミヤさんいなかったら初期難易度の奴すら大変だったな」

リヨぐだ
「唯一の戦力のジャックがキャスターに対して不利だ、無敵なかったら死んでた」

たくっちスノー
「サポートのドレイク姐さんほんま有能やな...」

リヨぐだ
「これからもマスターミッションの為にコジキさせてもらいますわ」

たくっちスノー
「さぁこれを見ている読者もポテトを集める作業しようね!」

『貴方の推し鯖は?』

たくっちスノー
「そういや君の推し鯖ってなんなの?」

リヨぐだ
「知りたいのかそんなん」

たくっちスノー
「やっぱり知っておきたいじゃん、特定の鯖推してる漫画って人気高いし(じじぐだとかイバラキンとか)」

リヨぐだ
「うーん...私っつーか作者は男だとイスカンダルで、女だとバニヤンかな」

たくっちスノー
「そういえばバニヤンの為に始めたんだっけ...」

リヨぐだ
「バニヤンが欲しいって言ったらあのイベントが復活して、イスカンダル欲しいってツイートしたら数日後にfate Zeroのイベントが始まったという」

たくっちスノー
「...ねぇ、これ書き終わったら『ドレイク姐さん欲しい』ってツイートしてくんない?」

リヨぐだ
「どんだけドレイクに助けられてるんだお前」

『オリマスター考えたい』

たくっちスノー
「やっぱサーヴァントは一人の方が会うんだよな」

リヨぐだ
「そういやお前オリマスター考えてたっけか」

たくっちスノー
「あのサーヴァントならこういうマスターとかそういうの」

たくっちスノー
「やっぱイスカンダルのマスターといえばウェイバーだけみたいな感覚が抜けられなくてさ」

リヨぐだ
「どんなの考えたん?」

たくっちスノー
「酒呑童子のマスターはショタがいい」

リヨぐだ
「薄い本みたいな考えでマスターを作るな」

『FGOを中途半端にプレイしている雪さんとリヨぐだの短編集』 ( No.167 )
日時: 2018/09/24 14:51
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

『オリマスター考えたい2』

たくっちスノー
「イバラキンは逆に大柄のおっさんがいい」

たくっちスノー
「キングハサンはやっぱラスボス系で」

たくっちスノー
「レオニダスは筋肉質の女で」

リヨぐだ
「ずいぶん大雑把だな」

たくっちスノー
「まぁ小説に出すわけでもないし」

リヨぐだ
「よし、酒呑童子メインでfate小説」

たくっちスノー
「やめて、自分京都弁とか無理だから、マジ勘弁」

『真名に慣れない雪さん』

たくっちスノー
「自分未だにアルトリアの事『青セイバー』って呼ぶことがあるんだよ」

リヨぐだ
「マシュの事をシールダーって呼ぶことはないのにな」

たくっちスノー
「なんで真名堂々と明かしてるの?」

リヨぐだ
「まぁ、聖杯戦争と違ってバレたら困るものでもないしさ、それに...」

たくっちスノー
「それに?」

リヨぐだ
「あんなにサーヴァントが多いのにクラスで呼んでたらややこしいことになるし」

たくっちスノー
「確かに」

『英霊になれるのは信仰の深い奴のみ』

たくっちスノー
「ねぇ、英霊になれるのって信仰を集めた奴だけなんでしょ?」

リヨぐだ
「うん」

たくっちスノー
「なのにさ、気に食わないからって妻と母を殺して、大火事の濡れ衣で無数のキリスト教徒を処刑して」

たくっちスノー
「暴君って言われてた明らかに信仰0のネロがなってるわけ?」

リヨぐだ
「殺人鬼もいるのに何を今更」

『鯖が欲しい!!』

リヨぐだ
「ああああああ!!鯖が欲しい!!サーヴァントが欲しい!!」

リヨぐだ
「ギルガメッシュでも酒呑童子でもなんでもいいからサーヴァントが欲しい!」

たくっちスノー
「なお育てないもよう」

リヨぐだ
「その気になったら育てるから...」

たくっちスノー
「その気になったらって...他のソシャゲでも結局サービス終了になるまで育ててない気が...」

リヨぐだ
「いいだろFGOはそう簡単にサービス終了はしないだろうし!」

『今どんな話だっけ?』

リヨぐだ
「正直ストーリー飛ばしてる」

たくっちスノー
「だよな」

リヨぐだ
「詰んだら全部じっくりみたいよね」

たくっちスノー
「多分じっくり読んだのエミヤのストーリーだけかも」

『クッパ姫』

リヨぐだ
「クッパ姫っての流行ってるやん」

たくっちスノー
「うん」

リヨぐだ
「クッパ姫はTS TSといえばfate」

リヨぐだ
「つまりクッパ姫はサーヴァントなんだ」

たくっちスノー
(この人...サーヴァント欲しすぎて遂に頭が...)

『FGOを中途半端にプレイしている雪さんとリヨぐだの短編集』 ( No.168 )
日時: 2018/09/24 15:50
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

『勧誘』

たくっちスノー
「ねぇねぇ、メイドウィン及びサーヴァントになるつもりない?」

リヨぐだ
「嫌だよ、特異点扱いになって殺されるやん」

たくっちスノー
「でもわりとサーヴァント化してる人間多いよ?」

リヨぐだ
「アレとはワケが違う、マシュに殺されるとか冗談でも避けたいよ」

たくっちスノー
「メイドウィンになったらクラス:フォーリナーで★5にしてあげるけど」

リヨぐだ
「なります」

『ダウィンチ工房の使い方』

リヨぐだ
「ダウィンチちゃんの世話になるときって大体マナプリズムを呼符に交換するときだけだな...」

たくっちスノー
「え?そんな頻繁に貯まるっけプリズム」

リヨぐだ
「おう、★5霊装を片っ端から売ってるからな」

たくっちスノー
「霊装にそこまでの殺意を込めてるぐだ子って多分お前くらいだろうなぁ」

『節約』

リヨぐだ
「冷暖房が欲しい」

たくっちスノー
「え、使えんの?」

リヨぐだ
「カルデアは魔力供給にカルデアの電力を使うって設定があるじゃん」

リヨぐだ
「あれのせいで電気代とか結構かかるんだよ」

たくっちスノー
「あ、そうなんだ...一日だけでも切っちゃえばいいのに」

リヨぐだ
「いやー、そうすると真っ先にダウィンチちゃんがねー」

たくっちスノー
「めんどくせぇなあの人!」

『忘れられし所長』

リヨぐだ
「え?オルガマリー所長って死んでたの?」

たくっちスノー
「...マジで?気付かんかったの?」

リヨぐだ
「...FGOの登場人物、さっぱり把握してなくてさ」

たくっちスノー
「じゃあ、ロマニさんのことは?」

リヨぐだ
「ロマンって奴なら」

たくっちスノー
「フォウ君」

リヨぐだ
「なんかステータス上げる奴!」

たくっちスノー
(プロローグすらまともに見てないだと!?)ガビーン

『もしもたくっちスノーが』

リヨぐだ
「もしお前、サーヴァントとしてうちに召喚されたらどうする?」

たくっちスノー
「どうもしないよ...どうせ君、扱ってもくれないだろうし」

たくっちスノー
「★1~3だったら余ったらプリズムにするくせに」

リヨぐだ
「こうしてみると無関心ってレベルじゃねーな」

たくっちスノー
「君、なんでFGOやってるの?」

リヨぐだ
「キャラクター設定が欲しいから?」

END

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.169 )
日時: 2018/09/25 10:21
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

前回のあらすじ

エデンの弱点にして、唯一対抗策となる存在『勇者レイチェル』

設定を混ぜるために彼女を連れてくる為に、海斗はクリスタルの保有する時空装置を探すことを決める

しかし海底は無慈悲にも石動の手によって『魔王オーマジオウ』の力を手にし、全ての仮面ライダーの力と時を越える力を手にしていたのだった...

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


海斗
「...うっ」

石動
「ほら、やっぱりまだ生きていた」

海底
「しつこい生物だ」

石動
「でもまぁ...お前の力は使えないけどな」

海斗
「え?」

石動
「もうヒーローソウルは役に立たないってことさ」

海斗
「何を言って...ソウルチェンジ!」

海斗はヒーローソウルを嵌め込むが、反応がない

海斗
「変身出来ない...!?」

石動
「この世界には『仮面ライダージオウ』が存在しないだろうから説明してやるよ」

海斗
「ジオウ...?」

石動
「ジオウは仮面ライダーの力を鎧にして溜め込むことが出来る、だが力を奪われた仮面ライダーは歴史から抹消される」

石動
「そうして全ての仮面ライダーを奪った末が、今お前が見ているオーマジオウだ」

海斗
「つまり...!?」

石動
「あいつがオーマジオウを使用している限り、全ての仮面ライダーは存在しないことになるのさ!」

海斗
「ヒーローソウルの...無効化...!?」

石動
「所詮は機械だ、時空犯罪者ぐらいになれば対抗策なんていくらでもなぁ?」

海斗
「くっ...」

海底
「まだだ」

海底
「まだ俺様は海自の『能力』を使用していない」

海斗
「の、能力?」

石動
「えっ?」


海底
「聞いていないか、戦場の一族にはそれぞれ固有能力がある」

海底
「一人、一つずつな」

海底
「戦場海中は機巧カラクリを自在に操作する機械力、戦場海上は万物を破壊する超怪力を持っている」

海斗
「...」

海底
「本来能力は1つしかないが、俺様は生きたまま喰うことによって複数保持することが可能になった」

海底
「こんな風にな」

海底は瞬く間に海斗の背後に回り蹴る


海斗
「!?」

海底
「これは海自の『移動力』だ...しかし、先祖が移動系とは少し拍子抜けだが」

石動
「能力ガチャで失敗したんだろ?」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。