二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

『トライヒーロー計画』【11】 ( No.183 )
日時: 2018/09/27 18:49
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海底
「こんなもの...爆発力!!」

海底は手を掲げ、落下中の隕石を粉々に破壊する


たくっちスノー
「くっ...」

石動
「今だ!アナザービルド!!」

アナザービルド
「ウオオオオオオオオオ!!」

たくっちスノー
「邪魔だああああああ!!」

【ready go!!ジーニアスフィニッシュ!!】

たくっちスノーの頭部から生えたジーニアスビルドの腕がアナザービルドを掴む

石動
「何てことだ!ジーニアスフォームの遺伝子操作能力の事を忘れてた!」

アナザービルド
「グオオオオオ!!」

たくっちスノー
「無に帰れ、紛い物」


たくっちスノー
死告天使アズライール!!】


たくっちスノーが触れていたアナザービルドが、粉々に砕け散った


海上
「あのマガイモノが一瞬で...」

たくっちスノー
「次は...お前だ!!」


T
「あの子...あんな力があったのか!あれなら...」

海上
「いや、奴では勝てない」

T
「え?」

海上
「能力を使い終えた腕は役割を失い腐り落ちている」

海上
「元々使えなくなった能力を怒りで無理矢理引き出しているのだろう、戦場海底を殺す前に奴の体が自壊する」

T
「...どうにかならないのか!?」

海上
「無駄だ、俺もあんたも、マガイモノには詳しくない」

海上
「認めたくないが、奴が死んだときがこの世界の終わりだ」

T
「そんな...」

レイチェル
「えーと、あ!ありました!」

海上
「勇者、何をしていた?」

レイチェル
「そういえばですけど、もしもの為にフェニックスの尾を持ってきてたんです」

レイチェル
「これでどうにか蘇生出来ないかやってみます」

T
「い、いや...いくらなんでも、ファンタジーのアイテムが彼に通用するか」

海上
「やってみろ」

T
「海上!?」

海上
「もう方法は何も浮かばない、こんな理由で勇者に頼ることになるとは思わなかったがこの際奴が生き返ればなんでもいい」

レイチェル
「とりあえず口に入れてみますね」

...一方その頃

海斗
「あれ?ここは一体?」

「ごきげんよう、戦場さん」

海斗
「え?」

ミカヅチ
「申し遅れました、僕は天背院ミカヅチ」

ミカヅチ
「メイドウィン界隈では『異世界はスマートフォンとともに』のメイドウィンといわれています」

海斗
「え...貴方もメイドウィン?」

ミカヅチ
「はい、突然ですが、貴方は死にました」

海斗
「え?」

『トライヒーロー計画』【11】 ( No.184 )
日時: 2018/09/27 21:51
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

ミカヅチ
「僕はメイドウィンの他にもう1つ仕事があります」

ミカヅチ
「それは転生の儀、時空中に集まる死者のこれまでの行いから次の生まれを...」

海斗
「ま、待って!!俺って死んだの!?」

ミカヅチ
「はい、貴方は即死でしたので気付いてないのも無理ないですが」

海斗
「そんな...」

ミカヅチ
「心配しなくとも貴方は世界に対し多大な貢献をなさっていますので転生に関しては何の不備もなく...」

海斗
「いや、待ってください!!俺、まだ死ぬなんて...」

海斗
「俺、まだ戦場海底を倒してないのに!」

ミカヅチ
「ああ、やり残したことがあると、未練があるとですか」

ミカヅチ
「諦めなさい、死者は皆同じことを言いますよ」

ミカヅチ
「それに、貴方の体穴空いてますよ、もう無理です」

海斗
「でも、このままじゃ皆も...世界も消えてなくなるかもしれないんだぞ!?」

ミカヅチ
「...ほう、何やらただ事ではありませんね」

ミカヅチ
「まぁ、私も天使、人間にとっての生涯最期の話し相手なので聞きはしますけど」

ミカヅチ
「まぁ、聞くだけですよ」

海斗
「...」

...

ミカヅチ
「ああ、わりと深刻でしたか」

ミカヅチ
「戦場海底...まぁ、大体の事情は分かりましたよ」

ミカヅチ
「まぁ、諦めなさいよそんなこと」

海斗
「...どうしても無理なんですか?」

ミカヅチ
「この世から離れた時点で、貴方はもう世界とは全く無縁の他人になったんです」

海斗
「そうだとしても!!」

ミカヅチ
「それにですね...別に世界なんていいじゃないですか」

ミカヅチ
「結局のところ世界なんて一年か10年か、気が付いたら勝手に滅んでるんですから、また作ればいいんですよ」

ミカヅチ
「ミライシティとやらも滅ぶのがその時だった、それだけですよ」

海斗
「...ふざけるなよ」

海斗
「お前、それでもメイドウィンなのかよ!?」

ミカヅチ
「メイドウィンなんてみんなそんなものですよ、オモチャ箱みたいなものなんですから」

海斗
「そんなわけあるか!!雪さんは...たくっちスノーはそんな奴なんかじゃなかった!!」

ミカヅチ
「...はぁ?たくっちスノー...だと?」



ミカヅチ
「貴方...あのクソ狐の知り合いなのか?」


海斗
「知り合い程度の...存在ではない!!」

ミカヅチ
「...!!」

『トライヒーロー計画』【11】 ( No.185 )
日時: 2018/09/27 22:09
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海斗
「メイドウィンっていうのはさ、神様みたいなものなんだろ?」

ミカヅチ
「なぜそれを?」

海斗
「雪さんが言ってたんだよ...最初は、冗談かと思っていたさ」

海斗
「でも、あの人は確かに...自分の作った世界を、会ってきた人を、マガイモノを愛していた!!」

海斗
「あの人が...」

ミカヅチ
「うるさい!!」

海斗
「!?」


ミカヅチ
「あんなバケモノの何がいいんですか!?」

ミカヅチ
「貴方は知らないでしょうがね、彼は時空最狂の時空犯罪者だったんですよ!?」

ミカヅチ
「僕の他だって、あいつが憎い奴が沢山いるさ!!」

ミカヅチ
「指名手配票だってあっちこっちにばら蒔かれて!!時空監理局があちこちを手を伸ばして!!」

ミカヅチ
「なのに...あいつは...気が付いたら勝手に善人になってて...!!」

海斗
「...くだらないですよ、要するに八つ当たりじゃないですか」

ミカヅチ
「くだらなくて結構ですよ!貴方も知り合い以上というならよく知っているはずです、彼の強さを!彼の力を!」

ミカヅチ
「善人にせよ、悪人にせよ、あの方の匙加減で時空が滅ぶ可能性だってあるんです!!」

ミカヅチ
「強すぎる力なんて!生きてること自体が罪なんですよ!!」

海斗
「そうか...だったら」


海斗
「その罪を裁くために...俺は戦場海底を倒しにいく!!」

ミカヅチ
「待ちなさい!!」

ミカヅチ
「貴方はいずれ、クソ狐と出会った事、あいつが生きていることに後悔することになる!!」

海斗
「じゃあ...そんなに憎んでいるなら、殺しにいけばいいじゃないですか」

ミカヅチ
「それは...」


海斗
「...さよなら、また後で」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しばらくすると、海斗の場所が切り替わり、レイチェルが現れる

レイチェル
「やっと見つけましたよ!フェニックスの尾で蘇生しましたので早めにどうぞ!」

海斗
「え...ありがたいですけど、なんで俺を助けたんですか?まだ他人なのに...」

レイチェル
「ご主人様は言ってました、誰かを助けるのに理由はいらないと、それに...」

レイチェル
「心優しい化け物さんが待ってますよ?」

海斗
「化け物...雪さん!!」

海斗
「しまった、すぐ行かなきゃ!」

レイチェル
「はい、ついてきてください...ところで、私と会う前に何していたんですか?」

海斗
「あー...天使と喧嘩してきました!」

『トライヒーロー計画』【11】 ( No.186 )
日時: 2018/09/27 22:47
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海斗
「...はっ!!」

レイチェル
「おはようございます」

T
「ほ、本当に生き返った!フェニックスの尾スゴい!」

海斗
「あれ、俺って確か即死...あれ、なんともない」

海上
「蘇生品が一族の回復力を急速に強めたようだな」

海斗
「ああ...そうか、俺寝坊してませんか?」

レイチェル
「いえ、まだセーフぐらいの時間帯ですよ」

海斗
「そうか...あっ、雪さんは!?」

石動
「...何!?そんなバカな!?」

石動
「マガイモノでもないのに生き返るなんてありえないはずだ!?」

海斗
「あっ...」

海斗はたくっちスノーの方を見る


たくっちスノー
千回連続サウザント...」

たくっちスノー
「釘パンチ!!」

海底
「ちっ...!!」

たくっちスノー
「ぐっ...!!」

たくっちスノーの肉体は既に限界だった、大技による損傷に再生力がついていけなかった

海斗
「...レイチェルさん」

レイチェル
「はいはい」

海斗
「見ての通り...雪さんはもう無理だ」


海斗
「天使に啖呵を切った以上、俺がやらなくてはならない」

海斗
「俺があいつという罪を裁かないといけない!それに...」

レイチェル
「それに?」

海斗
「恐らくですが、あの中にいるエデンは貴方を待っています」

海斗
「貴方とエデンを会わせるためにも...」

レイチェル
「ははあ、そういうことでしたか」

レイチェル
「悪魔と相乗りする勇気はあるか?みたいなですか」

海斗
「多分違うと思うけどなぁ...ま、そんなことはどうでもいいか」

海斗
「雪さん...下がってて」


たくっちスノー
「うう...ああ」



たくっちスノー
「えっ?海斗君?なんで...」

レイチェル
「あ、なんかフェニックスの尾食べさせたらどうにかなりました」

たくっちスノー
「ええええええええええええ!?」

海斗
「...と、まぁそんなことなんで、雪さんは下がってて」

海底
「くう...貴様.....」

たくっちスノー
「...ふう」


たくっちスノー
「良かった...本当によかった...海斗君が無事で本当によかった...!!」

海斗
「戦場海底!」

レイチェル
「そちらに居られるエデンさん!」

海斗「いざ勝負!」
レイチェル「いざ勝負!」

『トライヒーロー計画』【11】 ( No.187 )
日時: 2018/09/27 23:34
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海底
「.....くだらない!」

海底
「何度生き返ろうが結果は同じだ!」

海斗
「うおああああああ!!」

海底
「移動力!!」

海底が背後に回った途端、海斗は回転し拳を浴びせる

海底
「ぐうあっ!?」

海斗
「毎度毎度同じところに...読み取れるんだよ!」

海底
「なら...こちらに!!」

レイチェル
「おっと!」

レイチェルはすかさずレイピアを取りだし、海底の拳をいなしていく


レイチェル
「なるほど、まさにうちの世界の鬼モンスターってパターンです」

レイチェル
「力を重たい棒みたいに振り回してる感じです」

海底
「何が言いたい!?」

海斗
「あんたの攻撃はド素人ってわけだ!」

レイチェル
「いえいえ、そこまでは言ってはいませんよ」ブンッ

レイチェルは的確に海底を突いていく


海底
「バカな...何故俺様がただの人間に押されるというのだ!?」

レイチェル
「ただの人間侮っちゃいけませんよ、うちの世界だとただの人間が破滅の龍を制したり、なんやかんや...おっと、お話ししてる場合ではありませんでした」

海底
「くっ...ありえない!!俺が、俺様が!!」

海斗
(...こいつを倒せば、皆が、雪さんが、世界が...救われる!)

海斗
(俺は生き続ける!世界のために...)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「貴方はいずれ、クソ狐と出会った事、あいつが生きていることに後悔することになる!!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海斗
「雪さんと出会ったことに...後悔しない為に!!」スッ

海底
「!?」

海斗
「...!!」

ドスッ

海底
(動きが変わった...!?)

石動
「ほう?」

レイチェル
「おお、戦法を変えたのですか、では私は後方に回っておきますね」

海斗
「...!!」

海底
(速くなっていく...!!)


たくっちスノー
「海斗君の動きが、変わった?」


海上
「...そういえば、戦場海斗の能力は何だ?」

たくっちスノー
「あ!そういえば!!」

海上
「そうだ...俺も気にしていたところだが、まだ分かっていない」

海上
「これと一緒に聞いてこい」

たくっちスノー
「え...何々...そっちの方が大事じゃないか!!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。