二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.328 )
日時: 2020/02/29 17:29
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: 9lE4nIJq)

〜これはまだリニュ後たくっちスノーが時空監理局代理局長だった時の事〜

「局長、貴方に会いたいという方が」

たくっちスノー
「え?どなた?」

「時空テレビ局6番印から………」

たくっちスノー
「ええ……?どうぞ」

…………


たくっちスノー
「………え!?時空監理局に密着取材ですか!?」

「はい、時空のあらゆる面で貢献している監理局の仕事っぷりをぜひカメラに抑えたくて………」

たくっちスノー
「へ、へぇ………それは勿論構いませんよ、うちの部下も刺激を求めますし」

たくっちスノー
「いい方ばかりですから喜ぶはずです」

「ありがとうございます」

たくっちスノー
「……………あのすみません、時間ないもので仕事しながらで」シュバババババ

「あ、いえ………ではまた後日」

たくっちスノー
「あ、えっと………いつも通りにしてればいいんですね?」

「はい、よろしくお願いします」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜しばらくして〜

たくっちスノー
「ってことがあってな」

龍我
「へー、監理局の仕事っぷりが世間に認められ始めたってわけか」

メイドウィン
「あと少しでその番組が始まるんだな」

たくっちスノー
「いつも通りにしてたけど、なんかドキドキするなぁ………取材とか初めてだしよ」

メイドウィン
「お、始まった!」


【ヤングタイムヒストリー!さぁ、今日も突撃取材して全てを明らかにするヤング突撃のコーナーです】

【ぶっちゃけヤング小西が仕事場に入りなんでも聞いちゃうこの企画!今回はあの世界をまとめあげる時空監理局に密着!】

………

小西
「どうもー!ぶっちゃけヤング小西でーす!今回はあの時空監理局への立ち入りが許可されたので堂々と入っていこうと思います!」

【小西はパスを貰い、監理局の中に入っていく………】

小西
「いやぁ大きいですね〜」

入ってすぐ見えるのは【心 技 体】と書かれた3つの扉と局長室。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【時空監理局】は局長、副局長がまとめ、その下に心、技、体の3部門をまとめあげる組長、そして1つの組の中にも何百といったグループが存在しているのです
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小西
「では早速局長室へ入ってみましょう!」


Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.329 )
日時: 2020/02/29 17:58
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: ZYxCEFbA)

小西
「失礼しまーす」

たくっちスノー
「え??………あ、どうも、おはようございます」

【局長室にはそれらしき人物と………山ほどの資料!?】

小西
「足踏めませんね」

たくっちスノー
「すみません、これ全部本日分の資料なんですよ」

【こちらの方が、新生時空監理局の局長。】

【しかし、1つの疑問が………】

小西
「どうして局長なのに事務仕事をやっているんですか?」

たくっちスノー
「先代……メイドウィンの頃からの方針でこういう事務仕事は局長がやるようにしてるんです」

たくっちスノー
「面倒な仕事を自分たちがやることで、部下の皆さんはやりたい事を思いっきり行うことが出来るんです、そういうやり方によって様々なプロジェクトが発案され、時空の発展に繋がっていくのです」

小西
「なるほど………」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

龍我
「だからお前の部屋資料ばっかだったのか」

たくっちスノー
「まあね、カーレッジはあれでやっていけるんだから凄いよ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小西
「でもこの量終わるんですか?」

たくっちスノー
「終わるとか終わらないとか考えないようにしてます、出来るだけ早くやろうって………」

たくっちスノー
「それでも24時間は掛かりますね」

小西
「ぶっ続けじゃないですか!」

たくっちスノー
「マガイモノじゃなかったら死んでますね(笑)睡眠も食事も要らないもので」

たくっちスノー
「それでも先代はこの数をもっと早くこなしていたんですけどね………もっとあの人に近づかなきゃ」

小西
「…………しかし多いなぁ」

たくっちスノー
「ええ、始末書なんかもこちらに来ますからね、そういうの見たくないでしょ?」

たくっちスノー
「部下にストレスを与えたくないので全部ここに送られるんです」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メイドウィン
「…………」

たくっちスノー
「ん?どったの黒影」

メイドウィン
「お前そんな仕事してたっけ?」

たくっちスノー
「あー、そこら辺はこの後のインタビューで説明するから」

メイドウィン
「え?」

たくっちスノー
「ほら、ここからだよ」

龍我
「…………はあ!?」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.330 )
日時: 2020/02/29 18:35
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: ZYxCEFbA)

【監理局の運営には、局長の陰ながらの努力があった………】

【だが】

小西
「外出なくちゃならない時ってどうしてるんです?」

たくっちスノー
「あ、そこらへんはこれでなんとかしてます」ニュルニュルニュル

小西
「オッ!!」

【!?】

たくっちスノー
「体は液体みたいなものなんでこうやってクローンを作ることも可能なんです」

たくっちスノー
「こいつを転送してます、事件の時はこっちを主人格にしますけどね」
小西
「ええ………」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

龍我
「お前…………」

たくっちスノー
「ごめんね、なんかズルみたいで」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

小西
「休まれることとかないの?」

たくっちスノー
「マガイモノですよ?休み必要ないですって、とはいっても部下から休め休めってよく言われますが」

小西
「普通逆じゃね!?」

たくっちスノー
「あはは」

たくっちスノー
「良かったら部下の働きっぷりも見ていってください」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【技組で働く時空列車の作業員は…………】

8ラウンド
「今日も8連勤ですよ、ノルマ?とっくに超えてます」

8ラウンド
「おれの特性新幹線がもうすぐ完成するんです、誰かに勝手に弄られるんじゃないかと思うと夜も眠れなくて」

8ラウンド
「局長さんが資料とかやってくれるおかげで時空新幹線が完成しそうです!」


【だが、中には局長に不満を漏らす声も………】

ハートレス
「え?この仕事?お金は多いしやりたい事はやれるんですが、なんか世間に認められてないというか」

ハートレス
「局長が全然この仕事をアピールしてくれないせいで大したことないって思われるんですよ」

ハートレス
「この間なんて合コンで時空監理局です〜って言ったのに、誰も知らんような顔したんですよ、腹立ちません?」

ハートレス
「おめーらの世界の安全守ってやってんの俺だぞ〜って話ですよ、監理局が」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「…………なるほどなぁ、テレビって形だとなんでも分かっちゃうんだな」

龍我
「ああ………」

「その後、当たり障りのないような内容で、監理局の特集は終わった」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.331 )
日時: 2020/02/29 19:21
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: ALswGOeN)

その翌日………

たくっちスノー
「…………うーん」

たくっちスノー
「なんか今日は資料の数が少ないような………」

たくっちスノー
「24時間が4時間で終わっちゃった…………どうしよ………」

たくっちスノー
「…………」ソワソワ


たくっちスノー
「もしもし王様?」

デーリッチ
【えっ、どうしたんでち急に!?】

たくっちスノー
「仕事終わっちゃった☆なんか暇だからハグレ王国行っていいかな?」

デーリッチ
【それはいいけど………速くない?】

たくっちスノー
「なんか資料の数が減っちゃって」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「昨日のテレビ見た?監理局の特集」

デーリッチ
「うちの世界まだテレビが導入されてないでち」

たくっちスノー
「あ、そっかごめん」

デーリッチ
「時空監理局がテレビに………あんなことがあったのによくまぁOKくれたよね」

たくっちスノー
「自分もそう思うよ、黒影にはまだまだ追いつけないけど」

プルルル

たくっちスノー
「あ、ごめん電話だ…………はい、もしもし?」

たくっちスノー
「………あ、どうもお疲れ様です、はい、あ!はい、その件はご存知です、既に発行しておきました!」

たくっちスノー
「………え?はい、あの、あの?」

たくっちスノー
「いや、そのよく分からないというか……はい、失礼します」

プツッ

デーリッチ
「もしかしてまた失敗?」

たくっちスノー
「いや、よく分かんないけどお得意先から謝られて………」

デーリッチ
「へぇ………?」

…………

sonic.exe
「たくっちスノーという存在を偏見で見る者は少なくなかった」

sonic.exe
「まぁ、腐っても時空犯罪者だからな」

sonic.exe
「だが、あいつはよくやった」

sonic.exe
「偏見も差別もイジメも気にせず、ただ黒影に近づく為に働いた結果…………」

sonic.exe
「扱いが少しマシになった」

sonic.exe
「幸いなのは、あの山のような資料の数々ややり直しが得意先のイジメだと気付いてないことだろう」

sonic.exe
「…………ティー、頑張れよ」

【END】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.332 )
日時: 2020/03/03 20:37
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: HpSZdgHn)

【マガイモノのグルメ】

ビナー
「たくっちスノーはどこに行った?」

ヨウコ
「たくっちスノーなら外出に行ったわよ」

ビナー
「またか」



…………

不老不死のマガイモノに食事は不要

しかし娯楽として機能しており、食べることは可能だし人間のように味覚もある

そして、不老不死だからこそ彼らは食事を趣味として堪能し、人以上にめいっぱい楽しむ


これはたくっちスノーという男が、昼メシの流儀みたいな感覚で外食を味わうハートフルストーリー


【たくっちスノー 昼メシ堪能劇】
「回転寿司編」

………

たくっちスノー
「お金も溜まったしご飯食べるかな!」

たくっちスノー
「アニメやゲーム、漫画がタダ同然の自分にとって、食事は機会の限られた娯楽!!」


たくっちスノー
「食ってくって食いまくるぞ………そう!!」


たくっちスノー
「この【寿司屋】で!!」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「回転寿司屋は庶民的だとか言うやつもいるが、こうなんでも食えるのが魅力的なのよ」

たくっちスノー
「レーンに流れる選り取りみどりの寿司を見てるだけでもワクワクするぜ」

たくっちスノー
「そして、この注文ライン!さながらAmazonやDLsite、ニンテンドーeショップでゲームを探す時のワクワク感に似ているな」

たくっちスノー
「そしてこういう店にはもう大抵…………」

【醤油ラーメン】

たくっちスノー
「あった!」

たくっちスノー
「寿司屋でわざわざラーメンなんか食うか?と思うかもしれないが………ラーメン屋とはまだ違う魅力が寿司屋のラーメンにはある」

たくっちスノー
「それに美味いしな」ピッ

たくっちスノー
「そして更に‥‥‥サイドメニュー」

たくっちスノー
「寿司屋のサイドメニューといえば〜?茶碗蒸し〜?ないな」

たくっちスノー
「最近の寿司屋はサイドメニューでウケを取ることが多い、奇を衒うってのが大好きな俺は隅から隅へ‥‥‥‥」

たくっちスノー
「どっかの店じゃシャリカレーなんてものも出てるしな」

たくっちスノー
「よし、【オニオンリング】と【たこ焼き】を頼むか!」


たくっちスノー
「‥‥‥‥‥さて、そろそろ寿司食うか」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。