二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.451 )
日時: 2021/06/18 22:21
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

…………

たくっちスノー
「して、皆の者………マガイモノ王国には何が足りないと思う?」

sonic.exe
「はい」

たくっちスノー
「どうぞネズミ部門」

【マガイモノ王国 トゥエルブナイツ『鼠』】
Sonic.exe

sonic.exe
「俺としてはエンターテイメント部門が足りないと思う、向こうの芝居劇場のような子供が楽しめる施設が必要だ」

たくっちスノー
「一理あるな、それに関しては問題ない」

たくっちスノー
「雪がデーリッチランドを設立する金を貯めている、俺もこっそり投資してるから時期に完成するはずだ」

sonic.exe
「じゃあそれ以外で」

たくっちスノー
「え?まだなんか欲しいの?」

sonic.exe
「当たり前だろ、お前これだけでマガイモノ王国何とかする気だったのか、しかものんなアテのないもので」

たくっちスノー
「うぐ………じゃあ他に何が必要だって言うんだ言い出しっぺ」

sonic.exe
「マガイモノ王国だからこそのエンターテイメントが必要だ、つまり」



sonic.exe
「1000円で1時間ティーを殴り放題というのはどうだろうか」

たくっちスノー
「殴られ屋!!?」

sonic.exe
「まぁ何、お前ではなくお前の人形だ、いくらでも再生するお前の人形を殴らせて鬱憤を…………」

たくっちスノー
「嫌だよそんな名所!!テレビで俺(の人形)が殴られる姿が映される事になるぞ!?」

sonic.exe
「いいことじゃないか?」

「今でも貴方恨んでる人、山ほどいますからね〜」

たくっちスノー
「くっ……エアオラ!!てめぇウチの参謀だろ!?なんか意見は無いのか!?」

【マガイモノ王国参謀】
「黒嵐のエアオラ」

エアオラ
「殴るだけでは味気ないので、蹴る潰す玉を蹴る等のオプションも付けましょう、売れますよ」

sonic.exe
「マガイモノ王国1の人気スポットになるぞ」

たくっちスノー
「なってたまるかっ!!」

たくっちスノー
(………こいつはエアオラ、留守にしていた時に王国を支えてくれた、俺(リニュ前)が作った中ではナンバーワンのマガイモノ参謀だ)

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.452 )
日時: 2021/06/18 22:56
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「飲食店はどうだ?」

エアオラ
「可もなく不可もなくといったところでしょうか〜、何せ有名店のチェーンは手当り次第置いときましたから」

たくっちスノー
「それじゃうち独自の店がないだろ!!なんかこう、コラボカフェみたいな特別な料理は無いのか!?」

エアオラ
「いずれそんな無茶ぶりを言うだろうと思って色々考えておきました〜」

エアオラ
「まずはあなたの成分から顔を再現したたくっちスノータピオカ〜」

たくっちスノー
「キモいよ!!つーかタピオカブームもう終わってるわ!!」

エアオラ
「米が全部たくっちスノー様の顔をしたチャーハンとか」

たくっちスノー
「何でもかんでも俺含めなきゃ気がすまんのか!?」

エアオラ
「マガイモノ製造知育菓子〜」

たくっちスノー
「それは俺も欲しいけどお土産レベル!!」

たくっちスノー
「なんだこの商品!!もっと食いたくなるものを頼めよ!!」

エアオラ
「私は好きですけどねー、貴方を口に言えるという背徳感がなんとも」

たくっちスノー
「やめろ!!お前さっきから俺の事をストレス発散アイテム扱いしてるだろ」

たくっちスノー
「もういいマックタウロス!!なんか上手くそれっぽい料理作ってレシピを回せ!!」

マックタウロス
「イエス」

たくっちスノー
「あと、あと必要なものはなんだ?」

sonic.exe
「宣伝が足りないとか?」

エアオラ
「宣伝なんて何を伝えろと?」

たくっちスノー
「…………この国の長所って何?」

エアオラ
「長寿比率がトップクラスとか?」

たくっちスノー
「そりゃ不老不死がこんなに居たら比率も上がるわ!!」

エアオラ
「あと出生率も高めですよ〜」

たくっちスノー
「え、マジで?」

sonic.exe
「マジみたいだ、ほら」

たくっちスノー
「…………ホントだ、赤ん坊がここから沢山生まれてるな」

sonic.exe
「エアオラによると、『マガイモノ王国出身の大スターを育成、広告塔にしていく』らしい」

たくっちスノー
「へー、気が遠くなりそうな計画だがいいアイデアだな」



たくっちスノー
「それでどうして赤ん坊こんなにいんの?」

エアオラ
「捨て子を山ほどさらってきました☆ということで〜」

たくっちスノー
「怖っ!!!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.453 )
日時: 2021/06/18 23:42
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「…………あ〜、ダメだダメだ、どいつもこいつもろくな案出てこない」

たくっちスノー
「というかやってることがハグレ王国の二番煎じになる」

sonic.exe
「まぁ、この国の奴らは向こうの国のように他世界出身が集まったわけでもなくここから生まれたからな」

たくっちスノー
「そうか、言われてみればここの国民って大体が俺と雪の作ったマガイモノか………」

たくっちスノー
「マガイモノの国なのに!!」

sonic.exe
「おまけに元祖革命団がマガイモノメイカーを集めてるせいで評判は最悪だ」

エアオラ
「観光客が少ない理由十中八九それですね〜」

たくっちスノー
「そうじゃん!?なんで気づかなかったこんな根本的なところ!!」

たくっちスノー
「くそっ、こうしちゃいられん!!マガイモノメイカーとマガイモノをかき集めて正義のマガイモノ王国をつくるんだ!つくるんだ!!」

たくっちスノー
「ボーマンに負けていられるかーーー!!!」

………

エアオラ
「単純ですねたくっちスノー様〜」

エアオラ
「本当は雪さん目当てで観光客が急増してるのに〜」

エアオラ
「いい女がいっぱい居ると男が集まって、単純ですね〜」

sonic.exe
「…………なんであんなバカからこんなヤバそうな参謀生まれたんだろうな」

エアオラ
「大丈夫ですよ〜、これでもちゃんと観光客が増える手段は考えておきましたから〜」

sonic.exe
「…………それをティーに言えばいいものを」

エアオラ
「いえ」



エアオラ
「この国はあの人だけのモノじゃないので〜」


エアオラ
「なるべく彼の垢は付けるわけにはいきません」

エアオラ
「彼は王様なんですから、玉座でふんぞり返っていればそれでいいんですよ〜」


sonic.exe
「………………」

エアオラ
「私はマガイモノ王国の参謀」


エアオラ
「王無くして、この国は守れませんので〜」




エアオラ
「………………もう、失いたくないから、この国を」

sonic.exe
「………………お前」



たくっちスノー
「エアオラ!!候補数百件見付かったぞ!!」

sonic.exe
「多っ!!」

エアオラ
「はい、ただいま〜」

END
感想OK

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.454 )
日時: 2021/07/05 08:14
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【夏の小説大会に向けて】

たくっちスノー
「10本!!」

たくっちスノー
「7月は10本小説を書くぞ!!」

sonic.exe
「正気か?」

たくっちスノー
「その内7本が新作だ!!」

sonic.exe
「正気か????」

たくっちスノー
「大丈夫大丈夫、全部プロットが完成してる奴だ」

たくっちスノー
「ざっとしたプロットを元に書けばいいだけだから」

sonic.exe
「…………細かい内容はお前の妄想頼りだろ」

sonic.exe
「10本も連続なんて流石に頭が死ぬぞ?」

たくっちスノー
「しりとりバトルなんかは頭使いそうだが、まぁかなちゃんクエストやクソゲー日記みたいにバカみたいな内容のやつもあるから大丈夫だ!」

たくっちスノー
「それに実はプロットが完成してる小説はまだ沢山ある」

たくっちスノー
「ある程度オリジナル作品も混じってるけどな」

たくっちスノー
「今回はそれらを解消するためにこんなに書いたわけでもある」

sonic.exe
「無計画、ということではないんだな?」

たくっちスノー
「そろそろメイドウィンアベンジャーズも更新しないといかんしな………」

sonic.exe
「てかアニメはどうした?ネタのために見るんじゃなかったのか?」

たくっちスノー
「鉄人28号FXはいつでも見れる」

sonic.exe
(こいつ結局最新のヤツ見てないのか………)

たくっちスノー
「あと0083見たけど最後意味不明だった」

たくっちスノー
「…………しかし何を優先するかなぁ、ナントカとクソゲーは遊んでるだけだから書きやすいけどそればっか書く訳には」

sonic.exe
「というか10個もあるなら俺が主役の『アレ』いい加減投稿してもよかったろ」

たくっちスノー
「ごめんマジでそれ忘れてた」

sonic.exe
「おい!!」

【よろしくお願いします】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.455 )
日時: 2021/09/27 22:38
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

〜二行でわかる今回の話〜

ヨウコ
「大変よ!!鬼滅の刃の世界でティーの涙の反応があったわ!!」

たくっちスノー
「マジかよ!?俺が行ってくる!!」


ーーーーーーーーーーーーーーーー

【T滅の刃】


………


たくっちスノー
「くそっ、よりによって鬼滅の刃の世界か………」

たくっちスノー
(この世界の何が嫌って、鬼殺隊にせよ鬼にせよ持ってかれたら面倒ってことだ)

たくっちスノー
(ティーの涙………量産型の成分から生み出された黒い鉱石)

たくっちスノー
(手にした者は俺と同等の力を得られると言われているが………)

たくっちスノー
(その精神は闇に蝕まれてしまう、下手したら……)

たくっちスノー
(鬼殺隊の一般隊士程度でも拾えば柱でも止められるか怪しいヤツになってしまう)

たくっちスノー
(かと言って下級の鬼か十二鬼月、鬼舞辻無惨にでも渡れば即、ゲームオーバーみだ。)

たくっちスノー
「………って、そういえばこの世界は人気でよく確認したが………」

たくっちスノー
「無惨って未だに1回も姿を見せてないって言うんだよな………」

たくっちスノー
(………と、姿の見えない無惨はいい……俺が最も警戒すべきは………)


たくっちスノー
(………ネタバレ防止で暫くは名前を明かしちゃいけないアイツ、十二鬼月・上弦の弐だ。)

たくっちスノー
(宗教やってる上に無惨を祀りあげているような奴だ、オマケに性格はアレ………)


たくっちスノー
「一刻も早く見つけないとな!!」


「…………」




たくっちスノー
「しっかしなんで山なんかにあるんだよ………夜だから鬼殺隊の格好してれば誤魔化せるけど、俺鬼と戦ったことねぇんだよな」



「しゃァァァ!!」

たくっちスノー
「とか言ってたら来たし!!ちっ、しょうがねぇ」

たくっちスノー
「すううぅ〜〜〜………….ブラックスモーク!!」ブシュウウウ


「!?」

たくっちスノー
「俺の成分を口の中で気体に変えた、そいつを吸えば………徐々に内臓が壊死して、死ぬ。 」

たくっちスノー
「時間稼ぎにはなるよな、あばよ!!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。