二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.52 )
日時: 2018/02/14 22:41
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「はぁはぁ...なんてことだ、ダストヒューマンの奴気でも狂ったか...?」

たくっちスノー
「もしもの避難のときの為に監理局内にシェルターを作らせておいて良かった...」

「あ、局長様....?」

たくっちスノー
「君は....心組組長のユキノ・アグリアじゃないか!」

ユキノ
「局長になってからは、こうやって話すのは初めてですね...」

たくっちスノー
「ま、まさか君もダストヒューマンの奴に狙われて...?」

ユキノ
「そうなのかどうかは分かりませんが、突然白髪の男性に襲われて...」

たくっちスノー
「ダストヒューマンの奴、こんなピュアの塊なリーダーさんにまで...」

ソラノ
「そうだゾ、うちの妹がカレシとかまだ早いゾ」

ユキノ
「お姉様...」

たくっちスノー
「お前もいたのか.....一応ネタバレには...ならないか、もう完結したし」

ユキノ
「お姉さま...こんな時ですけど、はいコレ...」

ソラノ
「これ...チョコ...私にかゾ?」

ユキノ
「はい、セイバートゥースの皆にもあげるつもりですが、まず最初にお姉様に」

たくっちスノー
「いいなぁ、僕にも姉が欲しい」

ソラノ
「メルとかいう奴から貰えばいいじゃない」

たくっちスノー
「メル姉は貰うほうだから...」

「ここにもチョコの匂いがするな....」

たくっちスノー
「あっ、来た....」

ソラノ
「なっ...完全に見境なくなってる!?」


ロストメイドウィン
「美女二人とか絶対に許さんぞたくっちスノ~...俺にはそんな経験無いのに」

たくっちスノー
「君なんか誤解してない!?」

ロストメイドウィン
「虚無のメイドウィンの力見せてやる!!ハッ!!」

ロストメイドウィンが手を掲げると、ソラノのチョコは光の粒になり消えていった!

ソラノ
「あっ....」

たくっちスノー
「あっ!チョコレートが!」

ロストメイドウィン
「ドラゴンボールの破壊神の要領だ!どんどんチョコをロストしてやる!」

たくっちスノー
「虚無のメイドウィンのくせにやることしょぼいな!!」

ユキノ
「わ、私が...お姉様の為に作ったチョコレートが...」プルプル

たくっちスノー
「女の子泣かせるとか最低だなダストヒューマン、君がそこまで外道になれるとは思わなかった」

ロストメイドウィン
「お前にだけは言われたくないな」

ソラノ
「許さん....絶対許さんゾ....」プルプル

ソラノ
「ユキノが私の為を思って作ってくれたチョコを目の前で消したこと...ユキノを泣かせたこと...万死に値する....」ゴゴゴゴゴ

たくっちスノー
「なにこのお姉ちゃんすごい」

ロストメイドウィン
「おっやるか?俺はメイドウィンだ、神みたいなものだぞ?」

ソラノ
「妹の為なら神だろうも悪魔だろうと消し飛ばしてやる!!」

ソラノ
「開け、彫刻座の扉!」

たくっちスノー
「ソラノがダストヒューマンの相手しているうちに逃げるぞ!」

ユキノ
「お姉様!また後でチョコレートあげますので頑張って!」

ソラノ
「おっしゃあああ!!」

たくっちスノー
「なにこの姉妹」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.53 )
日時: 2018/02/14 22:42
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

オルガ
「俺は止まんねぇからよ...」

七夜
「前がみえねぇ...と、突然殴られて動けねぇ...」

龍我
「なんなんだあいつ...」

たくっちスノー
「他のリア充達も既にやられてるみたいだな」

ユキノ
「どうして私まで...まだ男性にチョコレートをあげては...あっ、こっちもなくなってる」

龍我
「おいたくっちスノー、なんなんだ一体?」

たくっちスノー
「かくかくしかじか...」

龍我
「おいおい...これじゃあチョ○パイ食えねぇじゃねぇか」

たくっちスノー
「え?チョコパイは」

七夜
「おう!せっかく牙組で食おうと思ったのによ...あ、心組も食うか?」

ユキノ
「あっ、どうも...」

龍我
「あいつチョコならなんでも規制しているみたいだな、姉妹チョコにも反応している辺り」

たくっちスノー
「うーむ、自分としてもカントリーマ○ムが食べれないとなるとキツいなぁ...どうにかダストヒューマンを抑える方法は無いだろうか?」

エステル
「あっ、たくっちスノーじゃない!」

たくっちスノー
「なんでこういう話するときに限ってチョコ貰いそうな女が集まるんだよ!!」

龍我
「女のくせにチョコ貰ったりとかするのか?」

七夜
「男勝りって奴だな」

ユキノ
「カッコいいですね...」

エステル
「え?チョコ?やだ、もしかしてバレンタイン?」

たくっちスノー
「ああ、リアルワールドでは丁度その時期だからな...エステルはどうせもらったんでしょ?後輩に」

エステル
「貰ってないけどポストに入ってた」

たくっちスノー
「貰ったのと変わりねーよ」

ロストメイドウィン
「チョコの匂いがする....」

ユキノ
「ひっ!!」

たくっちスノー
「あいつ、もう追いかけてきたのか!」

龍我
「おいダストヒューマン!お前のせいで俺たちはチョコパ○が食えねぇんだよ!」

ロストメイドウィン
「はぁ?チ○コパイ?」

たくっちスノー
「やめろその伏せ方!!なんか卑猥になっちゃうから!!」

ユキノ
「ち、ち....」プルプル

たくっちスノー
「もう僕も堪忍袋の尾が切れるぞダストヒューマン!!こうなったらバレンタインが終わるまでお前に抵抗してやる!!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.54 )
日時: 2018/02/14 23:07
名前: mirura@

ネメシア「バレンタイン・・・・作者さんは友達にしかあげてないそうですよ」

ミラ「待って、そもそもバレンタインもチョコも分からないんだけど」

レウォル「お前の妹・・・一番外の世界を知る竜神になってるぞ・・・」


こんにちは!
リア充が何だか分からない私は巻き込まれませんよね?
全員分のチョコ作りに5時間掛けてたのは置いといて・・・・

ロストさん、あなたって人は・・・・・
リア充を滅する時はちゃんとロックオンしないといけませんよ?

ゼネイラ『一緒になってリア充滅しようとしてんじゃねぇぇぇぇぇ!!!』←赤雷連発

ミルラ「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁごめんなさぁぁぁぁぁい!!!」


・・・・コホン、
まぁ、今日一日の辛抱ですよ、まぁ。

ロストヒーローの更新、頑張ってください!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.55 )
日時: 2018/02/18 21:42
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

Miruraさん

たくっちスノー
「あれからダストヒューマン止めるの大変だったよ」

ロストメイドウィン
「ダー○一箱で許してやった」

たくっちスノー
「一個ちょうだい」

ロストメイドウィン
「断る...これは全部俺が食べる」

たくっちスノー
「チョコレート依存症になっても知らないよ?」

ロストメイドウィン
「!?」

コメント感謝だよ!

メイドウィンコピペbot(体験版) ( No.56 )
日時: 2018/02/18 22:22
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

Twitterで稼働中のコピペbot『メイドウィンコピペbot』

このレスは330個のコピペから25個厳選した体験版のようなものです


まぁ、コピペ集とかカキコでもよくあるし...

後半は大体かなちゃん×たくっちスノーorかなちゃんのセクハラです


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【メイドウィンのマクドナルドの略しかた】
メイドウィン「マック」
たくっちスノー「マクド」
リーン「マクナル」
ジャガー「マクルド」
パープ「マッダーナ」
レール☆スター「モス」


ズァーク
「遊戯王の『人造人間5号』の「このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる」の直接攻撃の意味がわからなくていきなり腹部を直接ぶん殴ってきたポワイを俺は絶対に許さない」

ラミス
「わたし、おおきくなったら、父さんのおよめさんになるの。そして、この魔導界を、根元から作り直すの」
メイドウィン
「俺、必要かなぁ」


メイドウィン
「アラフォーって何?」
たくっちスノー
「年齢四桁の女の事」
メイドウィン
「ああ!つまりルミナか!」


甲児
「体組の張り紙

竜馬
『ここには俺好みの女性がいねぇぞ』
カミナ
『悪りぃ、俺好みで採用してる。』

こんなの貼るなよ...」




野獣先輩
「犬は?」
デーリッチ
「わんわん!」
野獣先輩
「猫は?」
デーリッチ
「にゃんにゃん!」
野獣先輩
「象」
デーリッチ
「ぱおーん!」
野獣先輩
「きりん」
デーリッチ
「きりんきりん!」
野獣先輩
「...アザラシは?」
デーリッチ
「ヴァッ!」
野獣先輩
「ファッ!?」



【Q.好きな子ができたけど彼氏がいるようだ。】

「別れるまで待つよ。」
ティー
「あの手この手で別れさせるか!」
たくっちスノー局長
「その彼氏を屋上から突き落として彼女も落として僕も落ちる。」


たくっちスノー
「メイドウィン小説を見るときは、気分を明るくして現実から離れて見るんだ!」


ラミス
「世の中なんで男と女だけなの?ニ択じゃさみしいじゃない」
ルミナ
「なにを せんたくするの...?」
たくっちスノー
「大半の人は二択ではなく一択なんですけど...」

たくっちスノー局長
「あそこにベンツが停まっているね」
ピッフィー
「停まっとるなぁ」
たくっちスノー局長
「君が生まれてこなければご両親はあれが買えたと思うよ...でもきっと、両親はベンツ以上の幸せを得ているはずだよ」


カイザー
「流れ星か!?彼女ほしい!!」
たくっちスノー
「彼女欲しい彼女欲しい彼女欲しい」
チーズパイダー
「飛行機じゃねーかハゲ!!」
カイザー
「騙されるな!飛行機に見える流れ星かもしれんぞ!!追うんだ!」
たくっちスノー
「彼氏でもいいからー!」
チーズパイダー
「彼女…欲しいねぇ…」

Sonic.exe
「浦島太郎と桃太郎読んでくれ」
ウズ
「しょうがないわね」
Sonic.exe
「すまんな」
ウズ
「それじゃ、読むわよ?…『浦島太郎×桃太郎』」
Sonic.exe
「待て」

メイドウィン
「リアルワールドの24時間テレビは24時間もかけて地球を救うの?え?プリキュアは30分?ウルトラマンは3分でしょ?」

コバルオン
「おっと、それ以上ボクに近付いたら軽快な音楽と共に玉が転がり始め、ドミノへ衝突しパタパタ倒れ、そのドミノに押されたミニカーが斜面を滑り天秤の上に乗って掲げられた反対側の腕が爆弾の起爆スイッチに当たって君たち全員ボンッだよ!」
彩月
(みたい…)
正樹
(見たい…)

【大乱闘マガイモノブラザーズにありがちな事】
・素人でも使いやすいSonic.exe
・異様な頻度で使われるK
・キャラ開放までが面倒くさいたくっちスノー
・調子に乗った野獣先輩が空高くイキスギィ!
・ヅッチーをいじめるとフッチーの怒りでステージ崩壊


ズァーク
「ただいま」
ポワイ
「おかえり。ご飯にする? お風呂にする? それともポ・ワ・イ?」
ズァーク
「もちろんお前だ」
ポワイ
「愚かな…わたしとの戦いを選ぶとはな」
ズァーク
「昨日までの俺とは違うぞ」
ポワイ
「いいだろう。力の差に絶望し、自らの無力さを思い知るがいい!」
二人
「「デュエル!!」


野獣先輩
「exeがガキの相手でスーパーヒーローごっこをして、いつもやられ役をしてるんだが、その日は当たり所が悪く本当に痛かったらしく、一瞬黙り込んだ後『…許さん…絶対に許さんぞ…絶対に許さんぞムシケラども…』て言い出して2人を震撼させてた」

たくっちスノー
「本屋で「異世界はスマートフォンとともに」を指さしながら「これはどんな内容なの?」と尋ねてきた黒影に「いきなり9人の嫁が出来る作品」と答えたときの「そっかぁ、生活が苦しくなりそうだねぇ」という言葉が忘れられない」

かなちゃん
『「痩せ我慢」の反対は「デブ大暴れ」と言ったたくっちスノーさん、ちょっと話しがありますので出て来なさい。』

たくっちスノー
「PC-9801っていうのがすごく欲しくてかなちゃん様にねだったら『どうせ、Hなゲームがしたいだけでしょうっ!』って言われた。自分は泣いたよ。なんでそこまで知ってるんだと。」


たくっちスノー
「かなちゃん様と「イカは『一パイ、二ハイ…』と数えるけど乳の単位もパイなのかな?」「いえ、胸は乳房とも言うからブドウのように『一房、二房…』かと」という会話をしていたら、横からアンジーが「セクハラ訴訟は『一件、二件…』と数えるんだよー」とポツリと呟いて僕らは震えた。」

かなちゃん
『「男は女の体重勘違いしすぎ!!」とか「男は女のバストサイズ勘違いしすぎ!!」とか文句言ってますけど、じゃあ女の子は男に自分の体重やバストカップを勘違いしないようにちゃんと教えてあげるべきだと思うんですよ。だからまず脱ぎなさい、ほら。』

かなちゃん
「なんでパンツを見ちゃいけないんですか?だって尻を見られないためのパンツでしょう?だったらパンツは見るものっていうかむしろ見ないとパンツに申し訳ないじゃないですかぁ!わたしはパンツの存在意味を守るために断腸の思いで仕方なくパンツを見ているわけでお巡りさん離して下さい!」


かなちゃん
『「名前も知らない親たちが彼女を女子高生にしてくれた」というあしなが育英会のキャッチフレーズに計り知れぬ変態性を感じますね』

かなちゃん
「ピーマンの「ピー」って何を伏せてるのでしょうか、どちらかといえば「マン」の方隠すべきだと思いますよ」


以上です、Twitterの方のコピペbotもよろしくお願いいたします


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。