二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



雪がメル様を褒めるだけ ( No.277 )
日時: 2019/09/07 18:11
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

※このエピソードは新訳帽子世界のネタバレを含みます


ある日‥‥‥‥


ハインリヒ
「‥‥‥‥君が、宅地雪君か」

たくっちスノー
「あ、貴方は確かハインリヒ氏‥‥‥」

ハインリヒ
「君を呼んだのは他でもない、是非とも聞いておきたいことがあるのだ」

たくっちスノー
(この人‥‥‥‥確か、不老不死の研究をしてるんだったな‥‥‥‥なにを聞く気だ?マガイモノの作り方か?それとも実験台にしようってか?)

ハインリヒ
「メル‥‥‥‥どう思う?」

たくっちスノー
「えっ?」

ハインリヒ
「君は、メルの義理の弟なのだろう?」

たくっちスノー
「え、ええ‥‥‥‥何故それを?貴方はメルの何なんです?」


ハインリヒ
「私はメルの父だ」

たくっちスノー
「ほえええーーーー!?」

たくっちスノー
(う、嘘だろ!?メル姉に父親が!?初めて会った頃はそんな気配も設定もなかったはず!?)
※新約帽子世界で初登場

たくっちスノー
「ど、どう思うって‥‥‥‥メルの事を?僕に?話せと?」

ハインリヒ
「ああ」

たくっちスノー
「‥‥‥‥‥メル姉には言いませんよね?」

ハインリヒ
「言わない」

たくっちスノー
「‥‥‥‥‥‥‥‥まぁ、その、お父さんの前で言い難いんですが、一言で言うなら」





たくっちスノー
「めちゃくちゃかわいいです」

ハインリヒ
「‥‥‥‥どういった部分が?」

たくっちスノー
「‥‥‥‥ギャップですかねぇ?例えば」

‥‥‥‥‥

メル
「おいたくっちスノー、アイス買ってきてくれ」

たくっちスノー
「んー、わかった」

数分後

たくっちスノー
「はいコレ、アイス‥‥‥‥て、布団から出なよ」

メル
「やだよー‥‥‥‥メル様ずっとこうしてるぜ、眠いから」にへら


たくっちスノー
「うっ!!」

‥‥‥

たくっちスノー
「メル姉は気づいてないかもしれないけどね、普段荒っぽい人がゆるい顔してると結構くるんだよ」

ハインリヒ
「少し単純すぎないか?」

たくっちスノー
「でも貴方も似たようなの見たら悶えますよね!?」

ハインリヒ
「何となく共感はするが悶えたりはしない」

雪がメル様を褒めるだけ ( No.278 )
日時: 2019/09/07 18:11
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ハインリヒ
「他には?」

たくっちスノー
「うーん‥‥‥‥」

‥‥‥

メル
「たくっちスノー、アイス買ってこーい」

たくっちスノー
「あいよー、なに味がいい?」

メル
「そうだなー、ぶどうで」

たくっちスノー
「あいよー!!」

数分後

たくっちスノー
「おまたせー‥‥‥って、布団から出ろよ!!」

メル
「うっせぇなぁ、あと3分だけ」

たくっちスノー
「それぜってぇ起きないやつの言い回しだよ!!オラッ!起きろぉ!!つーかそれ僕の布団だぞっ!!」


メル
「うりゃ」


たくっちスノー
「!?」


‥‥‥‥

たくっちスノー
「その時、抵抗で猫みたいな柔らかいパンチしてきたんですよ」

ハインリヒ
「君、陰でチョロインとか言われていないかい?」

たくっちスノー
「メル姉はなにしたって可愛いんですよ」


ビッグママ
【そうね‥‥‥‥!!】

ハインリヒ
「なんて事だ、妻まで現れたか」

たくっちスノー
「あ、ビッグママさん‥‥‥今貴方の夫とメルが可愛いという話を」

ハインリヒ
「いや、私は義弟の君に帽子世界を抜けたあとのメルの近況を聞きに来ただけなのだが‥‥‥‥」

ビッグママ
【混ざってもよろしいでしょうか?】

ハインリヒ
「君も君で食いつくんじゃない」

たくっちスノー
「で、あとは‥‥‥‥」

‥‥‥

メル
「たくっちスノー、アイス」

たくっちスノー
「はーい、ぶどうでいいね?」

メル
「いいからはよ買ってこい」

数分後

たくっちスノー
「おーきーろーよー!!」

たくっちスノー
「毎日毎日僕の布団を支配しないでよ!!」

メル
「うっせー!!くらえ、アイスマシンガン!!」

たくっちスノー
「あっ、お前!!これまで貯めてきたアイス投げやがって」


ハインリヒ
「待て待て待て待て」


‥‥‥‥

ハインリヒ
「思考が追いつかない」

たくっちスノー
「意外ですか?」

ハインリヒ
「一体君はメルにどんな生活をさせているんだ、聞いたところ毎日君からアイスをパシらせてるじゃないか」

たくっちスノー
「なんか暑くないけど毎日食べたいっていうから」

ビッグママ
【さっき思いっきり武器にしていませんでした?】

たくっちスノー
「ちゃんと食べましたよ?」

ビッグママ
【ああ、でしたら】

たくっちスノー
「スタッフが」

ビッグママ
【貴方の生活は手間取った時の料理番組なんですか?】

雪がメル様を褒めるだけ ( No.279 )
日時: 2019/09/07 18:12
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ハインリヒ
「‥‥‥‥しかし、メルが今でも元気にやっているということは伝わった」

ハインリヒ
「それは何よりだ」

ビッグママ
【でも食べ物を粗末にしないように】

たくっちスノー
「すみません‥‥‥‥」

ビッグママ
【あの、たくっちスノーさん、私からもいいですか?】

たくっちスノー
「え、どうぞ」

ビッグママ
【メルは1人でなんでもできます?】

たくっちスノー
「そりゃまぁ、精神上は大人ですから」

たくっちスノー
「ハインリヒ氏や貴方が思ってる以上に、メル姉は成長しきっています」

たくっちスノー
「僕なんかにこんなことを言う資格はないかもしれませんが、親が子を思う気持ちは素敵ではあると思います」

たくっちスノー
「でも、縛ることだけはやめてあげてくださいね」

ビッグママ
【ええ、もちろんよ】

ハインリヒ
「‥‥‥‥君にメルを任せてもいいか、否か、ずっと悩んでいた」

ハインリヒ
「だが、メルが今の生活を楽しんでいるのなら、私はもう何も言わない」

ハインリヒ
「名前なき生物よ、君にメルを託そう」

ハインリヒ
「私は無能な医者であり、不器用な父親だが‥‥‥‥」

ビッグママ
【私達の愛はプログラムで作られたものじゃない、本物の愛ということは忘れさせないようにしてください】

たくっちスノー
「‥‥‥‥ええ、当然ですよ」


たくっちスノー
「僕はあの時、メル姉に誘われて‥‥‥歪んだ形だけど家族が出来て、救われましたから」





メル
「言いたいことはそれだけか?」


たくっちスノー
「っ!?」

ビッグママ
【あっ】

ハインリヒ
「メル‥‥‥‥!?いつからここに?」

メル
「そうだなー‥‥‥‥ビッグママが来たあたりから」

たくっちスノー
「そういえばビッグママプログラムはメルの帽子とリンクしてるんだった‥‥‥!!」

メル
「おめーらよくもメル様の居ないところで好き勝手言ってくれたな‥‥‥‥」

メル
「アイス棒で串刺しにしてやるから覚悟しとけよ!!」

ハインリヒ
「その怒涛のアイス推しはなんなんだ!?」

メル
「うるせー!!父でも母でも容赦しねーーー!!出てけやボケ〜〜!!!」


たくっちスノー
「あっはははは!!可愛いところはあるけど、やっぱりメル姉は危なっかしいなぁ!!」

終わり(感想OK)
最近は感想OK報告あるらしいから記載

マリオ「メイドウィン小説におけるスマブラについて」 ( No.280 )
日時: 2019/09/07 18:21
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ある日の事、任天堂世界

マリオ
「来たな皆」

リンク
「ああ」

カービィ
「ぽよ」

マリオ
「他のスマブラメンバーもよく来てくれた、今回来てくれたのは他でもない」


マリオ
「‥‥‥‥‥メイドウィン小説で、びっくりするくらいスマブラ勢が空気ということだ」

リンク
「ああ」

マリオ
「カキコの二次創作短編集の定番といえばスマブラだ」

マリオ
「参照順に調べても上位の短編集はだいたいスマブラが入っている」

マリオ
「なのに俺達はどうだ?影も形もありゃしない」

カービィ
「ぽよ」

ピット
「で、でも【スマブラ戦記】があるよね?オリキャラばかりだけど任天堂ゲームを能力化させて戦ってるんだからさ」

クッパ
「あの作品は最後に任天堂興味無いやつばかりってオチがあっただろ」

マリオ
「まぁアレは俺もでたけどさ‥‥‥‥任天堂戦士の能力になったゲーム知ってるか?」

ヨッシー
「スタフィー、カービィ、ファイアーエムブレム、ファミコンウォーズ、カードヒーロー、カービィ、ちびロボ」


マリオ
「なぁ」

マリオ
「確かに任天堂だけどさ」


マリオ
「スマブラに参戦してんの2作品だけなんだけど、強いていえばアシストフィギュアとして参戦してるのもあるけど」

マリオ
「よくこれでスマブラ名乗れたな」

デデデ
「悪役のモチーフはスマブラだゾイ」

マリオ
「肝心なスマブラ悪側にすんなよ!」

フォックス
「ああ、スマブラ戦記といえばあとアレだ、タブーについて」

ピーチ
「ええ‥‥‥」

マリオ
「うちの作品のタブー、結構シリアス系になったよな」

クッパ
「マガイモノの始祖のひとつであり、たくっちスノーの兄ということになったからな」

マリオ
「短編集だと酷い役回りばっかなのに」

ピット
「それなんだけど、せっかくのラスボスだからカッコよく書いたってあとがきにあったよ」

マリオ
「逆にダーズとキーラもギャグ堕ちすりゃいいのになぁ‥‥‥‥」

マリオ
「まあスマブラ戦記の事はやめよう、短編集での俺らの扱いだ」


マリオ
「なんで俺ら呼ばれねーんかなぁ」

マリオ「メイドウィン小説におけるスマブラについて」 ( No.281 )
日時: 2019/09/07 18:22
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ヨッシー
「単純に懐の広さじゃないんですかね?」

ヨッシー
「マリオさんの言うよくスマブラが出る短編集だって、スマブラだけじゃなく作者の好きな作品出してるじゃないですか」

ヨッシー
「そういうものですよ」

マリオ
「‥‥‥‥そういうもんかねぇ」

マリオ
「でもさ、俺やっぱり世界一有名な主人公なわけでさ、活躍したいのよ」

マリオ
「唯一出たスマブラ戦記なんて出番アレだし、のび太戦記ACEにだって出たのにアナザールートじゃ音沙汰なしだ」

マリオ
「逃走中でも汝は災害なりや?って奴に出たが、もっぱらチートキャラとの比較のための参戦だった、こんな扱い酷い主人公他にいる?」


マリオ
「お前ら、なんでルイージ呼んでないか分かるか?」

リンク
「あ、そういえばいない」

カービィ
「いじめ?」

マリオ
「いじめじゃねーよ、あいつは最早俺の手の届かない所にいる」


マリオ
「寄生ジョーカーの松山共々始まりの者となり、メイドウィン小説の始祖になっちまった」

マリオ
「言うなればアルセウスと同等にまで上がっちまった、何もしてないのに」

マリオ
「それくらいメイドウィン小説のルイージってのは特別な存在なんだ」

カービィ
「ぽよ」

フォックス
「質問!」

マリオ
「どうした?」

フォックス
「短編集の話をしてて思ったんだが‥‥‥」



フォックス
「なんでウチって裸族いないの?」

マリオ
「は?正気かお前?」

フォックス
「いや、いらないけどさ‥‥‥‥」

マリオ
「裸族に関しては作者が」


たくっちスノー
「裸族に興味はあるけど誰を裸族にすればいいのか分からない」

マリオ
「ってわけで裸族は当分出ないと思う」

カービィ
「もほ?」

クッパ
「ありがたいと言うべきか、なんというか」

デデデ
「複雑だで‥‥‥‥」


マリオ
「‥‥‥‥うーん、俺にもっとインパクトがあればなぁ」

リンク
「インパクト?」

マリオ
「たとえばこの作品の前の短編に登場したメル」

マリオ
「一見幼くて可愛らしい少女だが、中身は荒々しくて口が悪い‥‥‥そういうインパクトが今のキャラクターには必要なのかもしれない」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。