二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

『トライヒーロー計画』【8】 ( No.148 )
日時: 2018/09/20 14:38
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

前回のあらすじ

戦場の分家「戦場雁の一族」と出会った海斗達は、そのまま仮面ライダーエデンを倒す協定を築く

しかし、エデン撃破後...石動の手によって戦場海下のもう1つの姿、「戦場海底」が目覚めてしまう...!?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「何が起ころうとしているんだ...!?」


「ハアアアアアアアアアアア!!」

海上
「...く!」

海中
「まさか、復活するなんて...」

大陸
「なんだあれは!?」


海底
「.....ハァ」

海底はポケットから拳銃を取りだし、五発分額に打ち込む...

が...弾は出ず、地面に投げ捨て暴発した1つの弾が地面に打ち込まれる

たくっちスノー
「...なんのつもりだ?」

海中
「あいつは、死に対する運だけはメチャクチャいいの...さっきの、ロシアンルーレットもどきみたいなのだって...」

海上
「その癖も相変わらずだ...海底。」

海底
「.....」

海底
「何百年ぶりの空だか」

海底
「その景色が青でも、赤でも...俺様にはどうでもいい」

ソウル(海)
「嘘だろ...こいつ...戦場の一族であるとはいえ...腹に穴が開いたまま動けるなんて...」


海底
「...ん?」

海底は足元に倒れているエデンを見る


海底
「...何か足りないと思ったが、これがあれば埋められるか」

海底は、穴にエデンを突っ込み...『喰い』始めた

たくっちスノー
「何!?エデンを...」

海上
「何をするつもりだ!」

エデンを最後まで喰い終わった後...海底の腹は修復され、肉体が変化していく...

大陸
「あれは...!!」

そして、海底の肉体は仮面ライダーエデンそっくりに変貌していった


たくっちスノー
「エデンを...取り込んだ...!?」


海底
「...ん?そこにいるのは...」

海上
「......」

海底
「お前も生きていたのか...兄貴、片腕が無いがどこの獣に食われた?」

海中
「.....」

海底
「それと姉貴もか、相変わらずの奇抜な機械だ...」



海底
「もう分かっているだろうが、俺が戦場海底だ」

海底
「どういうわけだか、こうやって蘇った」

海底
「新たな力を得てな!」


シュゴオオオオオオオオ!!

海底
「戦場の一族...ここにあり!!」

『トライヒーロー計画』【8】 ( No.149 )
日時: 2018/09/20 15:24
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海底
「さて、久しぶりに戦場の一族なりの挨拶をしてやろう...」

海上
「...構えろ!」

海斗
「え?」


海底
「とりあえず...お前からだ!」

バーン!!


海底は海斗の顔めがけて拳を出し、海斗は咄嗟にガードするが、大きく吹き飛ばされる


ヒュウウウウッ ズドオオオオオン!!

たくっちスノー
「...今、一瞬で海斗君の前に...海斗君!!」

海斗
「...へ、平気です!なんともありません!」

たくっちスノー
「どこがだよ!変身解けてるだろ!」

海底
「まだ生きていたか」

海斗
「フッ!」

海底のパンチを今度はかわす


海斗
「鬼人モード!」


シュバッ!


ガッ!!


海底
「なるほど...この時代にも、まだここまで戦える戦場の一族が残っていたとは...」


海斗
「...大陸さん!」

大陸
「ああ!」ジャキッ!


大陸は刀を手に海底の元へと


海底
「...そっちは戦場雁か」


大陸
「はあっ!」


...


海底
「刀...時代遅れだ」

海底
「俺様を殺したいのなら、ギロチン台かチェーンソーを持ってこい!」


海底は人差し指と中指で刀を挟み、受け止めていた


大陸
「な...なんだと...!?」

海底
「はあっ!!」

そのまま二人を投げ飛ばした

海斗
「うわっ!」

大陸
「くっ...なんて奴だ!」

たくっちスノー
(戦場海下に、あんな設定があったなんて...)


海斗
「こいつ、本当に強い...」

海斗
(俺、海上さんより強いかも分からないのに...こんな奴に勝てるのか?)

海底
「終わりだ!」

たくっちスノー
「ふっ!!」

海底
「ん?」

海斗に近づこうとする海底に、たくっちスノーは地面から触手を伸ばす


海斗
「雪さん!」

たくっちスノー
「今、ここに居る中で一番強いのは自分だ」

海底
「....」

たくっちスノー
「自分は悪逆非道の神気取りとも、全てを貪る獣とも相手したことがある」


たくっちスノー
「相手をしてやるよ...鬼!!」

海底
「面白い」

海底はたくっちスノーの方を向き、一気に駆け出す

海斗
「雪さん!」


たくっちスノー
「問題ない!」

『トライヒーロー計画』【8】 ( No.150 )
日時: 2018/09/20 18:36
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

スッ

【リキッド!】

たくっちスノー
「変身!」

【rider time!】

【仮面ライダーリキッド!】

海底
「...!」

リキッド
「...まだ不満か?」

海底
「...!!」

リキッド
「...もう1つ!」

【ビルド!】

【rider time!仮面ライダーリキッド!】


【armor time!】

『2017』
【ベストマッチ!ビルド!!】

リキッド
「ビルドアーマー!!」

リキッドはドリルの腕で海底に突っ込むが、容易く受け止められる


海底
「...!!」

リキッド
「やっぱりこれだけじゃダメか!」

【finish time!】

【ボルテックタイムブレイク!】

リキッドはグラフに乗り、海底に突っ込む


海底
「.....」

リキッド
「まだ足りないって顔をしているな...なら!」

【ZERO!】

【armor time!】
【2013】

【マジンガー!ZERO!!】


【finish time!!】

【コウシリョクタイムブレイク!!】


リキッド
「くらえ!!」

リキッドは肩からビーム砲を打ち込む


海底
「...!!」

リキッド
「まだまだって顔だな!」

【デーリッチ!】

【armor time!】
【2012】
【デーリッチ!】

【finish time!!】

【タイガータイムブレイク!!】

リキッド
「デーリッチ覇王拳!!」

リキッドは手の甲からエネルギー波を発射する!

...

リキッド
「うーむ、見よう見まねでも案外出来るものなのか、こいつはすげぇや」

リキッド
「...でも、まぁ!」


海底
「...!!」

リキッド
「あいつを満足させられるほどではなかったか!」


リキッド
「ならフィフティ・シリーズの奥の手だ!」

海底
「ん?」

たくっちスノーはジクウドライバーを外し、いつもと逆の方向へと回転させる


【00:05】

【00:04】

【00:03】

【00:02】

【00:01】


たくっちスノー
「くらえ!!」

たくっちスノーはジクウドライバーを海底の方へと投げると、凄まじい音と共に爆発する!




たくっちスノー
「本当は処理は別のところでやりたかったけど!今回は仕方ない!」

『トライヒーロー計画』【8】 ( No.151 )
日時: 2018/09/20 22:06
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「...はぁ、でもさ、分かってたよ」

爆風を抜け、海底が姿を表す

海底
「それで終わりか?」

たくっちスノー
「あんたが、この程度で死ぬわけないってな!」

海底は手刀でたくっちスノーの首を跳ねる

たくっちスノー
「おっ!!」

大陸
「何!?あいつ...」


海底
「....」

たくっちスノー
「なんてな!」

たくっちスノーは外れた首を即座につけ直す

たくっちスノー
「残念だったね、自分の首は生まれつき外れているのさ!」

たくっちスノー
「なんだかんだでこの設定もよく使われるんだよ!」

海底
「ほう...?なら」

ズバッ

海底はたくっちスノーの胴体を真っ二つにする


海底
「これで...!!」

たくっちスノー
「いや、無理だよ」

海底
「!?」


たくっちスノー
「人間にせよ、鬼にせよ、神にせよ!」


たくっちスノー
「普通の『生き物』ではマガイモノを殺すことは出来ない!」

たくっちスノーの胴体は黒い液体がくっ付き合い継ぎ直されていく

海上
「あいつは化け物か...!?」

たくっちスノー
「ああそうさ、自分は化け物だよ!」


たくっちスノー
「でも、そこにいる君の弟と違って心は人に近いものと思っている!」

たくっちスノー
「なぁ...戦場の怪物?」

海底
「不死というのはここまで余裕を持てるものなのか?」

たくっちスノー
「あいにく、人工の約束された不死なのでね」

海底
「...まあ、いい、それは俺様も同じだ」


海底
「ああ、流れてくる...あの生物の、あの白いのの記憶が!!」

海底は魔方陣を描く

海底
「くだらない...奴は楽園を作りたがっていた!全てが幸福で悲しみのない世界!だが!その発端はたかが一人の女を幸せにするためとあった、くだらない!」

海底
「俺様は楽園を作る...だが、あの女のことなどどうでもいい!」


海底
「俺様の楽園...俺による、俺だけの楽園を!」


そう言って、海底は渦に乗り消えていく


たくっちスノー
「消えた...エデンの力か」

海斗
「.....」

たくっちスノー
「...海斗君の治療を優先しないと」

海上
「.....」

たくっちスノー
「海上さんも!カリギュラで腕を治しておきますからね!」

たくっちスノーは触手で海斗達を掴み、カリギュラへと飛んでいった...

『トライヒーロー計画』【8】 ( No.152 )
日時: 2018/09/20 23:06
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

...

カリギュラに戻った一行は、再び会議を始める

たくっちスノー
「...面倒なことになった」

たくっちスノー
「時空監理局が追っていた仮面ライダーエデンが、戦場海底に飲み込まれた...」

たくっちスノー
「これ、なんて報告すればいいんだよぉ!?」

海上
「まさか面倒な奴がさらに面倒になるとはな...」

たくっちスノー
「リキッドより強いとなると...まぁ、あれは対エデンを想定したものだからなぁ...」

たくっちスノー
「エデンも...出来ることなら助けてやりたかった...早くあいつの本当のことを知ってやれたら...」

海斗
「本当のこと?」

たくっちスノー
「...人間の頃とか、どうとかいうの」

水晶
「ああ...」

大陸
「それは後でもいいだろう...今は、あの戦場海底に関して」

海斗
「戦場雁の一族でも知らなかったんですか?」

大陸
「名前は聞いたことがあるが、何百年も前だからな...てっきり、もう死んだものかと思っていた」

海上
「しかし、例のエデンとやらが海底と...とは、予想できなかった」

たくっちスノー
「自分だって予測できなかったよ!...ったく、石動の奴め...」

海斗
「!」

海斗
「石動...?」

たくっちスノー
「ん...?気になるのか?」

海斗
「はい、エデンと何か関わりが?」

たくっちスノー
「...うーむ、一応話しておいた方がいいかな?」

水晶
「説明、してくれませんか?」

たくっちスノー
「...分かった、どのみち関わるだろうからな」

たくっちスノー
「石動惣一は、時空番号BR-2018Bの世界...君らで言えば本物の仮面ライダービルドが住む世界の住民」

たくっちスノー
「奴は『グローバル・ファウスト』という時空テロを名乗り、時空を飛び回っているんだ」

たくっちスノー
「グロファウのボスが、自分とT兄さんの創造主である黒影。」

海上
「.....」

たくっちスノー
「今のあいつは世界を飛び回り、設定を集めて地球外生命体エボルトの力を手に入れ、全時空を支配することを目的としている」

たくっちスノー
「エデンを脱獄させ...こんな事になったのも石動が原因なんだ」

海斗
「でも、雪さんなら捕まえられるでしょ?なんで出来ないの?」

たくっちスノー
「確かに一度は戦兎と捕まえたさ...でも」



たくっちスノー
「あいつは一度黒影を取り込んで最強のマガイモノメイカーになっているんだよ」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。