二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



メイドウィンコピペbot(体験版) ( No.56 )
日時: 2018/02/18 22:22
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

Twitterで稼働中のコピペbot『メイドウィンコピペbot』

このレスは330個のコピペから25個厳選した体験版のようなものです


まぁ、コピペ集とかカキコでもよくあるし...

後半は大体かなちゃん×たくっちスノーorかなちゃんのセクハラです


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【メイドウィンのマクドナルドの略しかた】
メイドウィン「マック」
たくっちスノー「マクド」
リーン「マクナル」
ジャガー「マクルド」
パープ「マッダーナ」
レール☆スター「モス」


ズァーク
「遊戯王の『人造人間5号』の「このカードは相手プレイヤーに直接攻撃できる」の直接攻撃の意味がわからなくていきなり腹部を直接ぶん殴ってきたポワイを俺は絶対に許さない」

ラミス
「わたし、おおきくなったら、父さんのおよめさんになるの。そして、この魔導界を、根元から作り直すの」
メイドウィン
「俺、必要かなぁ」


メイドウィン
「アラフォーって何?」
たくっちスノー
「年齢四桁の女の事」
メイドウィン
「ああ!つまりルミナか!」


甲児
「体組の張り紙

竜馬
『ここには俺好みの女性がいねぇぞ』
カミナ
『悪りぃ、俺好みで採用してる。』

こんなの貼るなよ...」




野獣先輩
「犬は?」
デーリッチ
「わんわん!」
野獣先輩
「猫は?」
デーリッチ
「にゃんにゃん!」
野獣先輩
「象」
デーリッチ
「ぱおーん!」
野獣先輩
「きりん」
デーリッチ
「きりんきりん!」
野獣先輩
「...アザラシは?」
デーリッチ
「ヴァッ!」
野獣先輩
「ファッ!?」



【Q.好きな子ができたけど彼氏がいるようだ。】

「別れるまで待つよ。」
ティー
「あの手この手で別れさせるか!」
たくっちスノー局長
「その彼氏を屋上から突き落として彼女も落として僕も落ちる。」


たくっちスノー
「メイドウィン小説を見るときは、気分を明るくして現実から離れて見るんだ!」


ラミス
「世の中なんで男と女だけなの?ニ択じゃさみしいじゃない」
ルミナ
「なにを せんたくするの...?」
たくっちスノー
「大半の人は二択ではなく一択なんですけど...」

たくっちスノー局長
「あそこにベンツが停まっているね」
ピッフィー
「停まっとるなぁ」
たくっちスノー局長
「君が生まれてこなければご両親はあれが買えたと思うよ...でもきっと、両親はベンツ以上の幸せを得ているはずだよ」


カイザー
「流れ星か!?彼女ほしい!!」
たくっちスノー
「彼女欲しい彼女欲しい彼女欲しい」
チーズパイダー
「飛行機じゃねーかハゲ!!」
カイザー
「騙されるな!飛行機に見える流れ星かもしれんぞ!!追うんだ!」
たくっちスノー
「彼氏でもいいからー!」
チーズパイダー
「彼女…欲しいねぇ…」

Sonic.exe
「浦島太郎と桃太郎読んでくれ」
ウズ
「しょうがないわね」
Sonic.exe
「すまんな」
ウズ
「それじゃ、読むわよ?…『浦島太郎×桃太郎』」
Sonic.exe
「待て」

メイドウィン
「リアルワールドの24時間テレビは24時間もかけて地球を救うの?え?プリキュアは30分?ウルトラマンは3分でしょ?」

コバルオン
「おっと、それ以上ボクに近付いたら軽快な音楽と共に玉が転がり始め、ドミノへ衝突しパタパタ倒れ、そのドミノに押されたミニカーが斜面を滑り天秤の上に乗って掲げられた反対側の腕が爆弾の起爆スイッチに当たって君たち全員ボンッだよ!」
彩月
(みたい…)
正樹
(見たい…)

【大乱闘マガイモノブラザーズにありがちな事】
・素人でも使いやすいSonic.exe
・異様な頻度で使われるK
・キャラ開放までが面倒くさいたくっちスノー
・調子に乗った野獣先輩が空高くイキスギィ!
・ヅッチーをいじめるとフッチーの怒りでステージ崩壊


ズァーク
「ただいま」
ポワイ
「おかえり。ご飯にする? お風呂にする? それともポ・ワ・イ?」
ズァーク
「もちろんお前だ」
ポワイ
「愚かな…わたしとの戦いを選ぶとはな」
ズァーク
「昨日までの俺とは違うぞ」
ポワイ
「いいだろう。力の差に絶望し、自らの無力さを思い知るがいい!」
二人
「「デュエル!!」


野獣先輩
「exeがガキの相手でスーパーヒーローごっこをして、いつもやられ役をしてるんだが、その日は当たり所が悪く本当に痛かったらしく、一瞬黙り込んだ後『…許さん…絶対に許さんぞ…絶対に許さんぞムシケラども…』て言い出して2人を震撼させてた」

たくっちスノー
「本屋で「異世界はスマートフォンとともに」を指さしながら「これはどんな内容なの?」と尋ねてきた黒影に「いきなり9人の嫁が出来る作品」と答えたときの「そっかぁ、生活が苦しくなりそうだねぇ」という言葉が忘れられない」

かなちゃん
『「痩せ我慢」の反対は「デブ大暴れ」と言ったたくっちスノーさん、ちょっと話しがありますので出て来なさい。』

たくっちスノー
「PC-9801っていうのがすごく欲しくてかなちゃん様にねだったら『どうせ、Hなゲームがしたいだけでしょうっ!』って言われた。自分は泣いたよ。なんでそこまで知ってるんだと。」


たくっちスノー
「かなちゃん様と「イカは『一パイ、二ハイ…』と数えるけど乳の単位もパイなのかな?」「いえ、胸は乳房とも言うからブドウのように『一房、二房…』かと」という会話をしていたら、横からアンジーが「セクハラ訴訟は『一件、二件…』と数えるんだよー」とポツリと呟いて僕らは震えた。」

かなちゃん
『「男は女の体重勘違いしすぎ!!」とか「男は女のバストサイズ勘違いしすぎ!!」とか文句言ってますけど、じゃあ女の子は男に自分の体重やバストカップを勘違いしないようにちゃんと教えてあげるべきだと思うんですよ。だからまず脱ぎなさい、ほら。』

かなちゃん
「なんでパンツを見ちゃいけないんですか?だって尻を見られないためのパンツでしょう?だったらパンツは見るものっていうかむしろ見ないとパンツに申し訳ないじゃないですかぁ!わたしはパンツの存在意味を守るために断腸の思いで仕方なくパンツを見ているわけでお巡りさん離して下さい!」


かなちゃん
『「名前も知らない親たちが彼女を女子高生にしてくれた」というあしなが育英会のキャッチフレーズに計り知れぬ変態性を感じますね』

かなちゃん
「ピーマンの「ピー」って何を伏せてるのでしょうか、どちらかといえば「マン」の方隠すべきだと思いますよ」


以上です、Twitterの方のコピペbotもよろしくお願いいたします

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.57 )
日時: 2018/03/08 19:26
名前: 美奏良


どうも。

美奏良「お、お久しぶりです……」
夜羽「ひ、久しぶり……」

美奏良「家の事情や、学校の事情で顔を出せずにいました……」
夜羽「メイドウィンさんの作品みて、また頑張って小説更新しようかなって思いました」

美奏良「今日明日、新小説を書こうかなと思ってますのでよろしければ見に来てもらえたらなぁと思います!!!」

失礼しました!!
更新頑張ってくださいっ

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.58 )
日時: 2018/03/08 21:44
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

美奏良さん

たくっちスノー
「ひっさしぶりだね~!君がいない間に四作くらい小説が完結したよ、暇なときに見に行ってくれ」

ロストメイドウィン
「今年は試験を難なく終わらせ、安心ムードだ」

たくっちスノー
「新小説出来たらすぐ見に行くからー!」


コメント感謝だよ!

















たくっちスノー
「ああ、分かってるよ、気になるよね?【何かが足りない】って」

たくっちスノー
「でもね、仕方の無いことなんだ」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.59 )
日時: 2018/03/28 22:15
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

短編まとめ

『ポコテフクック』

ポッコ
「わたしは神だー!」

福ちゃん
「おー!」

ポッコ
「知りたいことなんでも聞いてあげるのですよー!(ざくアクwiki調べ)」

福ちゃん
「クラマ君の事どれくらい好きか、教えて?」

ポッコ
「.....いっぱいちゅき」

『昔は怖かった選手権』

Sonic.exe
「exe時代はお前の心臓を食ってやるが定番ネタだった」

たくっちスノー
「リニューアル前はドラゴンボールの全王より強かった」

野獣先輩
「ありとあらゆるコンテンツを引きずりこんで風評被害を撒き散らし、ありとあらゆる人間の人生をめちゃくちゃにした」

ローズマリー
「貴方たち本当に何者ですか...」

『トラウマ台詞選手権』

マリオン
「我が名は星の守護者マリオン!これより審判を開始する!」

Sans
「俺と一緒に最悪な時間を過ごす気はないか?」

マジンガーZERO
【な ん だ と 思 う ?】

永夢
「次なんて無い...敗者にふさわしいエンディングを見せてやる」

たくっちスノー
「○○は動作を停止しました、セーブしてないときに停止するのやめてよマジで」

『知らない人には絶対読めない選手権』

野獣先輩
夜神月やがみらいと

たくっちスノー
乾巧いぬいたくみ

トウロウ
蟷螂かまきり

Sonic.exe
凹凸てとりす

たくっちスノー
「ただのキラキラネーム合戦だこれ!」

『仕事』

ピッフィー
「電車に乗っとる時、近くの座席で泣いとる赤ん坊を必死にあやす親がおったんや、ワイが何か言おうと思ったら正樹が『赤ん坊は泣くのが仕事だ』と言って慰めとった、ニポン人はやっぱええなと思ったわぁ」

たくっちスノー
「自分もテレビで見たから似たようなこと言ったら何も関係ない白太郎が『いいよなぁ!!赤ん坊には泣くという仕事があってよぉ!!俺にも寄越せ!!』って逆ギレしてた」

ピッフィー
「よしあいつブッ飛ばすか」

『ロボダン日記その3』

たくっちスノー
「ロボはいいぞ、どんどん仲間にするんだ」

野獣先輩
「それにしても、結構知らないロボ多いっすね」

たくっちスノー
「スパロボに出てない作品もまだまだ沢山あるからね...」

Sonic.exe
「ロボダンをやってるとき、合体機は嫌だ...とずっと嘆いてたのが聞こえたが」

たくっちスノー
「...うん、一体ずつ仲間にしないと合体しないからね、特にゴライオンとかダンクーガとか五体合体する奴とかはむっちゃ苦痛」

たくっちスノー
「まだ合体しきれてないロボとかむっちゃある」

野獣先輩
「頑張れ、むっちゃ頑張れ」

『次回作はこんなの作りたい』

二大スーパーロボット、まさかの激突

マジンガーZERO
【マジンガーコソ最強ノ機体】

ゲッターエビル
『ゲッターこそ最強に相応しき戦士』

超合金に包まれた魔神マジンガー

限りない進化を続ける奪還者ゲッター

ヒーローであるはずの彼らが、最強の座を巡り火花を散らす

君はどちらを応援するか?

そして...この戦いの勝者は...

「マジーン、ゴー!!」
「チェェェェンジ、ゲッタァァァァァ!!」

【マジンガー軍団VSゲッター軍団】

この戦い、時空が危ない!!


たくっちスノー
「...ま、ざくアクZ2は結構長くなる予定だから、まだまだ先の話なんだけどね」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.60 )
日時: 2018/04/28 21:46
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

とある世界にて

たくっちスノー
「風魔、君にやってもらいたいことがある」

黄葉
「俺に?一体何を?」

たくっちスノー
「事情は後で話す...ミライシティに向かってくれ」

黄葉
「ミライシティだと!?」

...

ミライシティ...かつての俺の故郷であり、たくっちスノーの思い出の場所。


何故、俺をあの場所へと...?


No.2

サイドストーリー・イン・風魔
【もういい、もういいんだ。】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ダークライダー風魔...及び辰馬木黄葉が向かった先は、失踪してから三年経ったミライシティ



黄葉
「この街に来るのも久しぶりだ...三年も経てばある程度人も集まるか」

たくっちスノー
【風魔、向かう場所はユニバースというヒーロー組織だ】

黄葉
「ユニバース?何故あそこに...」

たくっちスノー
【後で話す、ユニバースに向かって驫木飯盒という人に会いに来てくれ、見つけたら通信機を押すんだ】

黄葉
「了解だ」

...
ユニバース。

「明後日より先を行く」をモットーにする誠実なヒーロー組織だ

G3、バース、ビルドといったマシーン系のライダーを主に使っている奴が多かったな...


黄葉
「ここに一体何が...」

たくっちスノー
【あ、アレがユニバースだよ】

黄葉
「了解」

...

「ようやくユニバースも立ち直ってきたな...余裕も出来たし、ヒーローとして街の援助に回らなくては...」

黄葉
「失礼する、俺はここらを旅する者だが」

黄葉
「ユニバースの驫木飯盒という者を探しているが」

飯盒
「飯盒は僕だが」

黄葉
「少し見てもらいたいものが...」

黄葉が通信機のスイッチを押すと、たくっちスノーのビジョンが浮き出てくる


たくっちスノー
【会いたかったですよ、ユニバースの会長さん】

飯盒
「こ、この技術は一体...!?」

たくっちスノー
【それに関しては省略しますが...まぁ、怪しいものではありますが敵ではございません】

黄葉
「怪しいものというのは否定しないんだな」

たくっちスノー
【だってめっちゃ怪しいじゃん今の僕?】

飯盒
「...それで、僕に何の用が?」

たくっちスノー
【貴方というより、ユニバースに用があったんだ】



たくっちスノー
【あるんでしょ?君の組織に『G4』のヒーローソウルが】

飯盒
「何故、それを知っているんだ...」

黄葉
「G4とはなんだ?」

飯盒
「G4...仮面ライダーG4、悪魔の兵器。」

飯盒
「ヒーローソウルは本来、あらゆる仮面ライダーの力を正しく使っていく為の物...」

たくっちスノー
【ええ、僕の知る仮面ライダーは犯罪者も多かったもので...正しいことに使われるっていうのは悪い気分にはなりませんよ】

飯盒
「しかし...G4だけはどうしても正義のために使用することは出来ない代物だった」

黄葉
「出来ない?」

たくっちスノー
【ああ...黄葉はG4を知らないのかい?】

黄葉
「見たこともないからな」

飯盒
「無理もないですよ...どうしても出せなかったのだから」

たくっちスノー
【仮面ライダーG4は、その名の通りG3と同じ機種のマシンライダーだ、G4は3と違い、AIによる制御が行われているんだ】

飯盒
「ユニバースがG3の上位系として使用することを検討していました...ですが五年ほど前の事、まだ僕が会長じゃなかった頃の話です」

...

五年前のユニバースの地下室

飯盒はそこで部下達と共に新型ヒーローソウル『G4』のテストをしていた。

『ソウルチェンジ』

「G4のヒーローソウル、今のところ安定しています」

「出力40%増加!機動力、破壊力共に急増中!」

飯盒
「凄い力だ...これほどの力があれば、ミライシティの平和は...!!」

「....轟木さん!!大変です!!」

飯盒
「どうした!?」

「出力が.....止まりません!!120% 130% 140% 150%!!!」

『うああああああああ!!!』

「このまま上がり続ければ装着者の命はありません!!」

飯盒
「すぐにヒーローソウルを外すんだ!」

『だ、ダメだ...AIがベルトに触れさせてくれない!!』

飯盒
「ヒーローソウルの電源を!」

「はい...あっ!!」

『....うっ』

飯盒達が慌ててプログラムを解くも間に合わず、装着者は地に伏せた

何かが切れたかのように

「心肺停止しました!!」

飯盒
「....医療班を呼びに行く、皆は心肺マッサージを!」

「いえ、待ってください!!」


『.....』

しばらくすると装着者はふらつくように立ち上がる...


「G4システムが再起動した...装着者の心臓は止まっているのに...」



飯盒
「まさか...AIが動かしているのか...!?」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。