二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.46 )
日時: 2018/02/01 22:31
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

Miruraさん

たくっちスノー
「ロボガッシャは中々出来ないんですよ、ボスを倒した後の特典のうちの一つですから」

ロストメイドウィン
「俺もパッフィーを仲間にしたときそれが浮かんだ、もちろんパッフィーというキャラは知らなかった」

たくっちスノー
「ロボットロボットしてる...のはいいんだけど、実はエイリアンのようなツギハギの怪物も仲間に出来るんだよ」

ロストメイドウィン
「エヴァンゲリオンなんてまだ可愛いほうだな」

たくっちスノー
「『ベターマン』なんていう謎の生き物もロボットと一緒に戦ってくれるよ」
※一応霊長類扱いらしい

ロストメイドウィン
「ロボットって何だっけと思わせられる作品だな....」

たくっちスノー
「何せ参戦作品300超えだからね、イロモノだって出てくるでしょ」

コメント感謝だよ!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.47 )
日時: 2018/02/02 22:48
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

『これまでのメイドウィン小説で思い付いたけど書けなかったネタを吐き出す話』

~時空監理局外伝『牙組』編~

たくっちスノー
「このお話はその名の通り、初期案だった時、時間の都合で省いた等の本編で書けなかったネタを解説を交えながら軽く紹介するよ」

たくっちスノー
「解説の時は『』で表記するからね」

【水・星・球・技】

たくっちスノー
「ここは...惑星サザナーラ!」

松山
「まさか宇宙にまで出回るとはなぁ...」

ポワイ
「このベルトはもうポワイの物だから!」

戦兎
「意地でも取り返すぞ!!」

たくっちスノー
「サザナーラ人はサッカーを得意としている...サッカーに勝って無理矢理奪い取るしかない!!」

龍我
「んなこと言われたってサッカーなんて小学生以来一回もやったことねぇぞ」

たくっちスノー
「あ、勝てないとこの世界の地球滅亡するから敗北は許されないよ...」

龍我
「おいどういうことか説明しろ」

たくっちスノー
『「イナズマイレブンGO3ギャラクシー」の世界よりポワイ・ピチョリ氏だ!これを書く前の旧・牙組のメンバーでもあった!』

たくっちスノー
『一応解説しておくと、原作で負けると星が滅亡する宇宙規模のサッカーに地球代表として代わりに牙組が選ばれたというわけ』

たくっちスノー
『そして、試合開始するときにはなんと....!!』

ナイトローグ
「まさかお前達と手を組むことになるなんてな...」

ブラッドスターク
「火星に比べりゃまだまだいい星なんだがねぇ...これも地球のためさ」

たくっちスノー
『そう!ファウストとの一時的な共闘シーンもあったんだ!』

たくっちスノー
『無くした理由だけど、単純に無くてもいいからだよ、ポワイは好きなんだけどね』

たくっちスノー
『ただ...昔の牙組はズァークとポワイがカップリングされていたから、途中からズァークが空気になったのはポワイがいなくなったせいでもある』

たくっちスノー
『ちなみにポワイが持っているフィフティ・シリーズはフォーゼドライバーだよ!』

サザナーラ人
「もう終わりだぁ!(レ)」

ブラッドスターク
「うるせぇスカイウォール生やすぞ」

【たくっちスノーの変身】

たくっちスノー
『自分の変身も妄想のなかでは色んなパターンがあったんだよ、まずはこれ』

【ウェイクアップ!ブラックフェイク!Are you ready?】

たくっちスノー
「変身!」

【ウェイクアップフェンリル!!ブラックフェイク!イエーイ!】

たくっちスノー
「クローズドラゴン式の変身、最初のネタだよ...どうやって入手するのかは考えてない...次のパターンがこれ」

かなちゃん
「ほら、行きますよたくっちスノーさん!」

【はい!start your engine!!】

【drive!type:actorz!】

たくっちスノー
『仮面ライダードライブ式で自分がベルトになりかなちゃん様が変身するタイプ、一応アレも仮面ライダードライブ扱いだよ』

たくっちスノー
『タイプトライドロンみたいな感じでざくアクキャラを模したタイヤをカキマゼールする戦法を使う、例えば....』

ドライブドライバー
【タイヤカキマゼール!!】

エステル/シノブ/メニャーニャ
【エレメントサモナー!】

ジュリア/ニワカマッスル/こたつドラゴン
【アーミーガーディアン!】

ヅッチー/ヤエ/マーロウ
【ライトニングブレイカー!】

ローズマリー/デーリッチ/エステル
【ざくざくアクターズ!】

たくっちスノー
『と、このようにパターンだけは沢山あった、コウジゲンバーとかいうのと違って使い分けてる』

たくっちスノー
『どうして自分、蒸血にしたんだろ...』

(まだまだ続きます)

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.48 )
日時: 2018/02/02 22:51
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E


たくっちスノー
『前回に引き続き没ネタ集だ!』

【戦兎の暴走、そしてスターク覚醒】

『ハザードオン!』

『ラビット!タンク!スーパーベストマッチ!!』

戦兎
「うわあああああああ!!!」

龍我
「戦兎ォ!!」

『ガタガタゴットンズタンズタン!!ガタガタゴットンズタンズタン!!Are you ready?』

戦兎
「....変身....」

『アンコントロールスイッチ!ラビットタンクハザード!!ヤベーイ!!』

ビルドハザード
「ウアアアアアアアアアアア!!!」

たくっちスノー
『実はバレ画像を見て数ヵ月前からラビットタンクハザードの事は把握してたんだ、変身音は今ここで追加したけどね』

たくっちスノー
『なんとなくヤバいフォームって事は考えていたから、後にこいつを暴走させようかななんて軽いこと考えていた、そして...』

石動
「葛城巧...いや、戦兎、俺はお前を取り戻す、そして自分自身にけじめをつける」


石動
「いくぞ」

【コブラ!救急箱!ベストマッチ!】

『Are you ready?』

石動
「変身!!」

『猛激毒薬!コブラワクチン!イエーイ!』

スターク
「俺は仮面ライダー...スタークだ!」


....

石動
「これから時空監理局で世話になるな」

たくっちスノー
「まさかお前が協力してくれるなんて...」

石動
「....戦兎!」

戦兎
「....おかえり。」

石動
「!」



「ただいま。」

たくっちスノー
『石動の味方化、そして仮面ライダースターク...初期はこんなことも考えてたなぁ、お帰りの掛け合いのせいかな』

たくっちスノー
『何故この展開を没にしたかと言うと、本編の石動がこんなヤツじゃないって証明してくれたからだよ』

たくっちスノー
『というかあそこまで外道っぷりを見せなかったらラスボスにはならなかったと思う』

たくっちスノー
『けどさ、石動って口調とかは軽いし上っ面だけはいいヤツなんだよ...だから知ってても信じたくなかったんだよ...』

【グリードと末路と究極形態】

名無しの怪物
『もうお前はいらないよ、スーパーヴヴァ』

Sヴヴァ
「俺が...いらない...?不要...?殺されるのか...?」

Sヴヴァ
「嫌だ...嫌だ!!俺はまだ死にたくねぇ!!メシだってもっと食いたいし!!またサッカーをやりてぇ!!俺は!!まだやりたいことが!!」

名無しの怪物
『スーパーヴヴァ...君はずいぶん欲望だらけになったんだね...』

「でも、もういらない」

名無しの怪物はスーパーヴヴァの内部のコアメダルを割る

Sヴヴァ
『ウア...た、助け...助けてくれ...!!!』

『俺は...まだ....!!』

...スーパーヴヴァの体は崩れ数十枚のメダルとなった

ネメシア
「ヴヴァさん....」

たくっちスノー
「スーパーヴヴァ...君もマガイモノ王国に連れてってやりたかったな」

名無しの怪物
『また新しいのを作ればいいだけだよ』

たくっちスノー
「....ふざけるな!!」
たくっちスノーは金色のコアメダルを回収し、ネメシアのドライバーに差し込む

ネメシア
「こ、これは....!!変身!!」

『スーパー!スーパークワガタ!スーパーカマキリ!スーパーバッタ!スゥーパァーガタキリバッ!!ガタキリバッ!!スーパァ!!』

たくっちスノー
『スーパーヴヴァは前提としてサッカーに参加したり時空グルメ祭でメシを食うシーンも妄想にはあったんだ、そしてスーパーヴヴァのメダルからスーパーガタキリバへと変身する....』

たくっちスノー
『クローズレイジングのような強化フォームだが、没にしたのは単純に贔屓になってしまうからだな』

たくっちスノー
『応募オリキャラって扱いのバランスが難しいんだよねぇ...』


...

たくっちスノー
「さて、これくらいかな...後は細かい違いくらいだろうし」

たくっちスノー
「しっかし全然内容違うなぁ...まぁ、その場の妄想から自分の小説は作られてるし」


たくっちスノー
「え?別に没にしなくたって良いじゃないかって?」


たくっちスノー
「ごめん、自分あんまり長くさせるとめんどくさくなるんだ...大体一ヶ月で終わってるよね、偶然だけど」

たくっちスノー
「次回はざくアクZの没ネタ編!幻の第四章について解説するよ!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.49 )
日時: 2018/02/02 23:19
名前: mirura@

なるほどぉ・・・・
石動さんの味方化とかはあっても良かったと思ってます。
まぁ、外道・・・・まぁ。

ゼネイラ『Sヴヴァ・・・・やべぇ、ちょっと泣きそうだ』

ミルラ「写真撮りますよ?」

ゼネイラ『灰にされたいなら許可しよう』



本編と全然違う内容に驚きましたね・・・・

さ、さっかー?え?
あっ、ポワイさんだ!ポワイさんだー!

って感じです。

ミラ「全然意味分からないんだけど」

まぁまぁ。

オリキャラ扱い時、バランスの難しさは・・・半端じゃ無いですよ?
だって今の自分がそうだから←(小説絶賛停滞中)


更新、頑張って下さい!

ゼネイラ『・・・・ミルラ、お前「こんにちは」はどうした?』

ミルラ「・・・・・あ」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.50 )
日時: 2018/02/14 21:23
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

Miruraさん

たくっちスノー
「スマブラ戦記もざくアクZものび太戦記も、そして今書いているロスヒも最初に考えてた頃とは大きく違ってくるんだよなぁ」

メイドウィン
「そっちも大変そうだなぁ....」

たくっちスノー
「人の事言えないだろ、こっちだって話を引き延ばすの大変なんだぞ?」

メイドウィン
「普段だったら3~4レスでサクッと終わる内容だが...俺達がハイペースなのか向こうがローペースなのか...」

たくっちスノー
「多分両方」

コメント感謝だよ!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。