二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.173 )
日時: 2018/09/26 10:04
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「覚悟しろ...!!」

海底
「くだらない!森林力!」

たくっちスノー
「切断力!!」

海底
「!?」

たくっちスノーは海底の放った大木を一気に刈り取った

石動
「はははは!怖いねぇ!」

たくっちスノー
「石動!お前またビッグママプログラムを使っていたのか!」

石動
「勘弁してくれよ~、この状態じゃエボルトの力は使えないんだよ」

石動
「というわけで、今のお前が相手なら安心して全力を出せる」

【コブラ!】

石動
「蒸血!」

【ミストマッチ...コブラ...コ・コブラ...ファイヤー!!】

ブラッドスターク
「あ~、この姿になるのも久しぶりだな」

ソウル(海)
「...変身できないはずでは!?」

ブラッドスターク
「ああ、『仮面ライダー』は歴史から消えている、しかしこの『トランススチームシステム』は仮面ライダーではない」

ブラッドスターク
「だから、こんな風に変身出来るって寸法さ」

ソウル(海)
「なんてやつだ...!?」

ブラッドスターク
「さーて、二人まとめてでもかかってこい!」

【ライフルモード!】

ソウル(海)
「雪さん!」

たくっちスノー
「石動と海底の攻撃は自分に任せろ、海斗君は隙を付いてカウンターだ!」

ソウル(海)
「だ、大丈夫なんですか!?」

たくっちスノー
「他のメンバーも時期に来る!転送にちょっとしたラグがあるだけだ!」

ブラッドスターク
「なめるなよ!多種多様の能力は、戦場の一族の特権じゃない!」

【トラ!】

ブラッドスターク
「くらえ!」

【フルボトル!スチームアタック!】

たくっちスノー
「城壁力!!」

ブラッドスタークはたくっちスノーは地面を叩き壁を形成する


ソウル(海)
(これが戦場の能力...雪さんがコピーした分も含めて、これだけの数が存在するなんて...)

たくっちスノー
「戦場海底...歴史操作も立派な時空犯罪だ、覚悟してもらうぞ!」

ソウル(海)
「...隙を見つけるって言われてもなぁ」

たくっちスノー
「移動力!」

海底
「...くっ!」

ブラッドスターク
「同じ能力同士では種族上マガイモノが有利か」

ブラッドスターク
「それなら...もっと進化させてやる!」

【デビルスチーム!!】

ブラッドスタークは海底に黒い煙を浴びせる

海底
「...!!」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.174 )
日時: 2018/09/26 16:02
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海底
「ウオオオオオオオオオ!!」

ソウル(海)
「な...なにをした!?」

ブラッドスターク
「ハザードレベル!俺の世界の戦闘指数をこのガスで増やせば、海底は人間もマガイモノも超越する力を得られる!」

海底
「...!!」

ブラッドスターク
「ハザードレベル4.5か!あれだけのガスでここまで強くなれるとはな!」

ブラッドスターク
「戦場の一族とはとんでもないやつだ!」

海底
「...移動力!!」

海底は残像すら見えない速さで後ろに回り、攻撃する

ソウル(海)
「...さっきより速くなっている!?」

たくっちスノー
「なんなんだよ、あいつ!?」

ブラッドスターク
「戦場海底は言うならばブラックホールだ!」

ブラッドスターク
「誰にもあいつは止められない!」

たくっちスノー
「...くっ!」

ソウル(海)
「雪さん、あの方達はまだ...!!」

たくっちスノー
「おかしい...そろそろ来てもいいはずだが...」


ブラッドスターク
「.....!!」

たくっちスノー
(スタークが何か細工したのか?)

海底
「これで今度こそ終わりだ!!」

たくっちスノー
「否!自分は諦めない!!」

ブラッドスターク
「能力は向こうが上だ!一体何が出来る?」

たくっちスノー
「少なくとも...得意分野なら底上げされた海底よりも上なものがある!」

ソウル(海)
「え!?」


たくっちスノー
「召喚力!!」


たくっちスノーは真上に大きな時空の渦を開き...

海上
「ダアッ!!」

海底
「なんだと!?」

空から海上、水晶、大陸が落ちてくる

たくっちスノー
「くっ...これが精一杯か!」

大陸
「遅れてすまない」

たくっちスノー
「何があったの?」

海上
「時空間から出られなくてな」

石動
「オーマジオウの力だよ」

たくっちスノー
「オーマジオウ!?2068年の魔王の力がなんで...」

ソウル(海)
「アレのせいで仮面ライダーの力が使えないんです!」

たくっちスノー
「この世界でも!?ジオウの影響すさまじいな!」

海上
「なんだ、力を出せないのか海斗」


海上
「戦えないなら下がっていろ...奴は俺が倒す」

たくっちスノー
「やめて海上さん!その流れだとかませキャラみたいになっちゃうから!貴方は強キャラで居てくれ!」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.175 )
日時: 2018/09/26 16:03
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海上
「...フッ!!」

たくっちスノー
「そういえば、海上さんにも能力があるんだよね?」

ソウル(海)
「あ、はい...なんでも、『超怪力』という能力らしくて」

たくっちスノー
「能力まで脳筋なのかよあの人...」

海上
「お前達は海中を遠くへ」

大陸
「分かった...ん?なんかもう一人居るが」

水晶
「あれ!?この人って確かアルテミスの...」

海上
「構わん、邪魔になるから一緒につれていけ」

水晶
「は、はい!」

水晶と大陸は二人を連れて出ていく

ブラッドスターク
「放置していいのか?」

海底
「戦場雁の一族なんて興味ない」

ブラッドスターク
「ああそう...んじゃ、やっちゃいますか」

たくっちスノー
「海上さん、ブラッドスタークはあのスチームブレードから氷と雷のガスを出してきます...煙に注意してください」

海上
「煙変力か」

たくっちスノー
「何言ってるのか全然わかりません」


海底
「戦場海上...数百年前の俺様と同じと思うなよ」

海上
「それは...こちらも同じだ」


海底
「フッ!!」

海底は手を掲げると、巨大な膜が発生し二人を押し出す

ソウル(海)
「な、なんだあれ!?」

石動
「あ、これは俺も知ってるぞ...確か戦場海水とかいう奴の『防御力』!」

海底
「そんな奴だったか?」

ブラッドスターク
「覚えといた方がいいって、お盆とか彼岸の時困るぞ?」

海底
「親族の名など興味ない」

ブラッドスターク
「無愛想な奴だ」

たくっちスノー
「やれるか?」

海上
「...能力を使っていたのは何百年も前だぞ?」

たくっちスノー
「それは海底も同じだよ」

海上
「それもそうか...ならば、試してみる価値はある」

海上
「これが戦場の覇者の力だ」

海上の左腕が巨大化していく

ブラッドスターク
「おお...これが超怪力かぁ!!」

たくっちスノー
「.....まさか骨格まるごと変えてくるとは」

たくっちスノー
「おかしいなぁ僕冗談抜きで平和で普通な世界に休暇しに行ってたはずなんだけどなぁ」

海上
「...!!」

バン!!!

海底
「無駄だ!この防御膜を破ることなど...」

海上
「まだ足りない、もう一押し分足りない」

たくっちスノー
「海上さん!貴方もT兄さん...マガイモノの子!」

たくっちスノー
「マガイモノ奥義を使うんだ!」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.176 )
日時: 2018/09/26 17:46
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海上
「マガイモノ奥義...か」

グッ!!

海上
「戦場海斗に出来て俺に出来ぬわけがない」

ズドォォォォン


ブラッドスターク
「あっ、マガイモノ奥義は冗談抜きでまずい...」

ブラッドスターク
「ふあああああああ!!」

【エレキスチーム!】

海上
「...!!」

ブラッドスタークは稲妻のガスで上から押し出すが...

海上
「ふんっ!!」

そのまま押し潰していく

ソウル(海)
「防御膜を破った!」

海底
「ば、バカな!」

海上
「終わりだ!」

海底
「グッ!!」

ブラッドスターク
「うおっ!!」

そのまま海底とブラッドスタークは吹き飛ばされ、オーマジオウの力が解ける

たくっちスノー
「...歴史のブレが無くなった!オーマジオウの力が無くなったよ!」

海底
「...オーマジオウのソウルに一族の力を混ぜたのは失敗だったか」

ブラッドスターク
「おっと、このままじゃまずい!」

【アイススチーム!】

スタークは後ろの海水を凍らせ、落下を防いだ

ブラッドスターク
「ンフフフフフフ、戦場の一族!」

ブラッドスターク
「なんて面白い奴なんだ!調べ甲斐があるぞ!」

ブラッドスターク
「有り合わせとはいえ、魔王の力を上回るとはな!」

ブラッドスターク
「これが戦場の一族の戦士と、マガイモノの王の力!」


ソウル(海)
(この人、まだ余裕そうにしている...!?)


ブラッドスターク
「だが...俺は常にその先を行く!」


ブラッドスタークは赤い残像となって海斗の背後に...!?


ソウル(海)
「う!?」ブスッ

たくっちスノー
「!?」

ブラッドスタークは細長く伸びる針のようなもので、ソウルを刺し、担ぎ上げる

たくっちスノー
「あっ...海斗君!」

ブラッドスターク
「詰めが甘いぞ代理局長!」

ブラッドスターク
「海底、俺は今からこいつの設定を徹底的に解析する」

ブラッドスターク
「まぁ、退屈はしない...何せ俺の最高傑作がそろそろやってくるはずだからな」

たくっちスノー
「最高傑作...!?お前、一体何を作って...」

ブラッドスターク
「チャオ!」


そのままブラッドスタークは赤い残像となり、空へと飛んでいった

たくっちスノー
「海斗君!!」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.177 )
日時: 2018/09/26 18:51
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「どうしようどうしよう...海斗君が...」

海上
「震えるなマガイモノの王、海底はすぐそばだ」

たくっちスノー
「分かっているけど...」

その時だった、マガフォンから着信音が

たくっちスノー
「...石動か?ちょっと引き付けておいて!」

海上
「分かった」

たくっちスノー
「もしもし?」

【ああ、たくっちスノー?】

たくっちスノー
「あれ?この声って...!?」

【ほら、私よ私!!戦場海中!!】

たくっちスノー
「い、いや分かってますよ!!でもなんで!?」

たくっちスノー
「自分、貴方にマガフォン渡してませんよ!?それにマガイモノしか...」

海上
「海中にはカラクリを操る機械力という能力がある」

たくっちスノー
「なるほど大体理解した」

【それで...海斗はどこ?伝えたいことがあるんだけど】

たくっちスノー
「...海斗君はいないよ、石動に連れ去られて」

【はぁ!?...ったくタイミング悪いわねあいつは】

【えーと...地図見るか...あ、この場所ならいいか、あいつ居るし】

【で、今もしかしなくても海底の所居るでしょ?だからあんたには話さない、んじゃ!】ピッ

たくっちスノー
「あっ、ちょっと...急に切っちゃった、せっかちだなぁあの人」

海上
「海中からか、用件は?」


たくっちスノー
「うーん、よくわかんないけど海斗君を探していたみたいだけど...」

海上
「...あいつはわざわざくだらない事を言う奴じゃない」

たくっちスノー
「期待していいってこと?」

海上
「...」

再び着信音が

【ああもしもし?】

たくっちスノー
「今度こそ石動か...」

【なんだよぉ、俺以外にテル友がいるのか?嫉妬しちゃうなぁ】

たくっちスノー
「...電話の相手なんていくらでもいるし、自分は君とテル友になった覚えはない!」

【そういえば例の最高傑作の話をしてなくまてさ、まぁ1つしか作ったことないから最高傑作なんだけど】


『水泳...』

たくっちスノー
「!!」

【お!その声はもう来てるな!】

海上
「後ろか」


『弓道...』


【よく出来てるだろ?俺のマガイモノシリーズ『アナザーヒーロー』だ!】


たくっちスノー
「おい...マジかよ...」

【さぁ!存分に暴れろ...アナザービルド!!】


『ベストマッチ...!!』


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。