二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

『トライヒーロー計画』【2】 ( No.103 )
日時: 2018/09/01 17:04
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【前回のあらすじ】

海斗とたくっちスノーが助けた謎の人物、海下は海斗と同じ『戦場』の名字を持つ男だった。

海下は海上という謎の存在に命を狙われ、逃げ回っていた...

たくっちスノーは海下を海斗達カリギュラに任せ、エデン捜索を続行した

しかし...仮面ライダーエデンがミライシティの存在を知り、世界に降り立ってしまった...

...

海斗
「どうにか問題なくついた...」

海下
「ここが...カリギュラですか?」

海斗
「はい、ここなら大丈夫だと思います」

海下
「しかし...まさかあの一番規模の大きいと言われるヒーロー組織がこの街にあるなんて思いませんでしたよ」

海斗
「そうかな?この街結構知られてるのに」

海下
「はぁ...」

海斗
「とりあえず報告を...」

「あ、戦場さん!」

海下
「え?」

海斗
「多分俺の方だよ...誰かな?」

海斗がロビーを見渡すと、少年が海斗の方へと走り込んでくる

海斗
「ん...誰?」

「あれ?覚えてない?...まぁ、顔も違うし無理はないか」

「雨水水晶って言えば分かる?」

海斗
「雨水...あっ、俺のクローン!?」

水晶
「クローンっていうよりは、君の血液に僕のDNAを混ぜた合体獣キメラみたいなものなんだけどね」

海斗
「僕の...って、大本が居たんだ...てっきり、1から作ってたのかと思ったよ」

水晶
「僕もそう思ったよ、知らないところでDNAが使われてるなんて思ってなくて...全てを知った後に所属していた非正規のヒーロー組織からカリギュラに移ろうと決めて」

海斗
「そういうことだったのか...」

海下
「何の話ですか?」

海斗
「もう過ぎたことの話さ...なぁ水晶、今からこの人をカリギュラの保護対象にしたいんだけど、付いてきてくれない?やっぱり護衛は一人より二人の方が」

水晶
「いいよ、暇だったし」

海下
「はぁ、何かすみません...」

その時、カリギュラのテレビが臨時ニュースを移す

海斗
「なんだまたか」

水晶
「どうやら暴動が起こったみたいだね」

海下
「あれは...!!」

海斗
「どうした?」

海下
「あのテレビに写っている男...あれが...あれこそが...」

海斗
「...戦場...海上...!?」


海斗
「行きましょう!」

海下
「え、ええ!?」

海斗
「大丈夫です!」

そう言って海斗達は出ていく

水晶
「なんか忙しそうだな...ん?」

【こ、これは!男の上空に正体不明の仮面ライダーが現れました!一体この人物は、どこに所属しているのでしょうか!】

水晶
「...なんだ、この仮面ライダー...」

『トライヒーロー計画』【2】 ( No.104 )
日時: 2018/09/01 22:45
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

一方、たくっちスノーも騒ぎを聞きつけ...

たくっちスノー
「...!!」

「なんだよあれ」「あんな奴どこに所属しているんだ?」「あの仮面ライダー、顔がないぞ!のっぺらぼうのライダーだ!」「天使みたいな羽が生えてるぞ...」

たくっちスノー
「...顔無し、天使みたいな羽...間違いない!!ちょっと、どいてください!!」

「なんだなんだ」

たくっちスノーが観客を押し退け、近くへと出向く


「...何しに来た」

エデン
「たまたま貴方の姿が見えましたので通りかかった、それだけです」

「そうか、それならさっさと消えるがいい」

エデン
「そういうわけにもいきませんよ、今貴方を見ている人たちから楽園にふさわしき人を...ほう」

たくっちスノー
「エデン!!」

エデン
「お久しぶりですね、お堅いお仕事のお偉いさん?」

たくっちスノー
「やっぱりここに来てたんだな...」

エデン
「また私の楽園の邪魔をしにきたのですか?」

たくっちスノー
「正確には、あんたの邪魔をしにきた」

エデン
「おやおや恐ろしい」

たくっちスノー
「そこのあんた、エデンの関係者か?」

「こんなヤツと一緒にするな...俺は海上、戦場海上だ」

たくっちスノー
(...!!こいつが戦場海上!)


海斗
「雪さん!」

たくっちスノー
「海斗君!あの白いのがエデンだ!そしてあいつが...」

海斗
「海上ですよね!話は海下さんから聞いています!」

海下
「まさかもうここまで来るなんて...」

海上
「逃げられると思っていたのか...」

海上
「戦場海下、我が兄弟、いや、我が戦場一族最大の落ちこぼれよ、今、此処で抹殺を!」

海斗
「雪さん!」

たくっちスノー
「ああ!エデンは自分がやる...君は海上を!」

『リキッド!』

『rider time!仮面ライダーリキッド!』

『フォーゼ!321 utyu ktaaaaaaaaa!!!』


リキッド
「ううううううりゃあ!!」

フォーゼソウル
「いくぞ!!」

海上
「どこの誰から知らんが、海下の肩を持つというなら容赦は...」

エデン
「おやめなさい?」

リキッド
「!!」

海上
「...!」

エデンは三人の間に割り込み、リキッドと海上の拳を掌で受け止める

エデン
「私、喧嘩はキライなんですよ」

海上
「どけ...!!!」

エデン
「もし、貴方達が今ここで喧嘩をなさるというのであれば...」

フォーゼソウル
「...!!」

エデン
「私は全ての暴力を消し去ります」

『トライヒーロー計画』【2】 ( No.105 )
日時: 2018/09/01 22:45
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

フォーゼソウル
(彼は一体...)

海上
「なるほど、平和主義者...と言ったところか」


海上
「くだらん」

エデン
「どうぞ」

海上はエデンに殴りかかるが、エデンの体が凹み、そのまま跳ね返る

海上
「ほう...変わった肉体をしている」

フォーゼソウル
「この!!」

【rocket ON】

エデン
「次はこちらですか」

フォーゼソウルはエデンの脇腹を殴るが、びくともせず跳ね返る

フォーゼソウル
「なんだこれ...人間じゃなくてゴム人形を殴ってるみたいだ...」

エデン
「私のこの体はどんな攻撃も寄せ付けません」

海上
「なるほど、漫画で読んだことがある...これならどうだ?」

海上は鎧からナイフを取り出す

海上
「その体が斬撃を苦手としていることも熟知している!」

エデン
「おや...刃物ですか、そんな野蛮なものは」


『砕いてしまいましょう』


海上
「!」

海上の持つナイフが徐々に錆び付き、尽きていく

たくっちスノー
「なんだ、あの力!?」

海上
「...錆び付かせる能力も持っていたか」

エデン
「ええ、牢屋に入ってるときに思ったんですよ...鉄は野蛮なものを作るから必要ないと」

エデン
「だから私は楽園のために得たのです!争いと破壊と閉鎖を生む鉄を消し去る力を!」

たくっちスノー
「なんて厄介な...」

海上
(面倒なヤツが現れたものだ...一体どこの差し金だ?)

エデン
「さあここに居る大衆の皆さん...全てが幸福に包まれ、将来に不幸が訪れない楽園へと向かいましょう!」

フォーゼソウル
「あいつ、止めないとまずいですよね?」

リキッド
「ああ...なるほど、こんなことが出来るなんてな...だが、まだまだ詰めが甘い!」

リキッド
「海斗君は引き続き海上を!」

フォーゼソウル
「はい、雪さん!!」

リキッド
「エデン!!こいつを受けてみろ!!」

エデン
「来なさい、どんな暴力でも私が...」

リキッド
「じゃああああっ!!」

リキッドは黒い液体をエデンに飛ばす

エデン
「ぐああああああああああ!!!?」

リキッド
「万物を無視する...マガイモノの『拒絶する力』だ!!」

海上
「なるほど、液体...その手があったか」

海上
「それに...マガイモノか、中々面白い力を持っている」

ソウル
「よそ見をしている場合か!!」

海上
「そうだ...そっちも居たな」

『トライヒーロー計画』【2】 ( No.106 )
日時: 2018/09/01 22:46
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

フォーゼソウル
「とりゃあああああ!!」

海上
「...!!」

グッ..

フォーゼソウル
「!!」

海上はフォーゼソウルの拳を片手で受け止める

フォーゼソウル
(嘘だろ!?こっちは仮面ライダーだぞ!?全力の拳を片手、それも生身で...!!)

海上
「弾むあいつを殴るよりは簡単だった」

海上
「『人間』相手なら俺は不敗だ」ブンッ

海上はそのままソウルを投げ落とす

フォーゼソウル
「ぐっ...」

リキッド
「海斗君!大丈夫かい!?」

フォーゼソウル
「はい、なんとか...あいつ、ただものじゃありませんよ」

海上
「その見た目はカリギュラか」

海上
「ぬるい、生ぬるいぞ」

海上
「最強無敵の組織がこのザマか」

フォーゼソウル
「くっ...」

リキッド
「なんだあいつ...冗談抜きでタダ者じゃない雰囲気を感じてる」

リキッド
「時空犯罪者でもここまで威風ある奴は...大組織のボスぐらいだぞ!」

海上
「お前...あのエデンとか言ってる奴も言ってたが、巨大な集落の長...って雰囲気があるな」

海上
「一言で数万の人間が動く、それほどの覇気がある...」

海上
「面白いぞ、お前の力...他所の力を俺のものにしたいと思ったのは...初めてだ!」

海上は鎧からスコップを取り出し、リキッドの体を削り取る

リキッド
「うっ!?...しまった、油断していたから拒絶する力が...!!」

海上
「袋にでも詰めておくか...」

海上は鎧から小袋を取りだし液体を入れる

リキッド
(鎧の中、色々入ってんだなぁ...)

エデン
「く...ううう...天使の体に傷をつけるなんて、やはり貴方は楽園には相応しくありません!」

リキッド
「別にいいさ!鼻っから自分は楽園なんて興味がない」

海上
「顔無しライダー...用が無ければ失せろ、また浴びせるぞ」

エデン
「...彼と居ると仕事が出来ませんね」

エデン
「ここは一旦違うところに行きます!私は重大な仕事をしてるんですから関わらないでくださいよ!」

海上
(関わってきたのはお前だろう...)

リキッド
「あっ...待て、エデン!!」

エデン
「収穫はこの鳥でいいですかね、ではまた数時間後」

エデンは空を飛んでいた鳥を掴み渦を抜けていく


海上
「さて、邪魔物は消えた...そろそろ遊びは終わりだ」


海上
「海下、殺すのはこいつらの後だ」

海下
「ひいい...」

『トライヒーロー計画』【2】 ( No.107 )
日時: 2018/09/01 23:08
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海上
「.....」

リキッド
(くっ...自分ならあいつの攻撃でも耐えりる、今は海斗君達を逃がす方法を考えなくては...)

海上
「...お前、考えが甘い」

リキッド
「!?」

海上
「お前...顔面からして今、俺から逃げる方法を考えていたな」

海上
「海下のように上手く行くとは思うな」

リキッド
「それはどうかな...!!」


海上の振り下ろした右腕をリキッドがマガイモノ液で包み込む

海上
「ほう、そんなことも出来るか」

リキッド
「拒絶する力!!」

海上
「...ん?」

海斗達の後ろから少年が現れる

フォーゼソウル
『水晶!』

水晶
「やっぱりこんなことだろうと思ったよ...ソウルチェンジ!!」

【クロノス!THE・クロニクル ゲームスタート!!】

クロノスソウル
「いくぞ!!」

【PAUSE】

クロノスソウルはライダーの力で時を止めた


クロノスソウル
(とりあえず一発当ててから二人を安全なところに...)


海上
「時を止めて俺に勝ったつもりか?」

クロノスソウル
「え!?」

海上
「ハアッ!!」

クロノスソウル
「ぐあっ!!」パキーン


クロノスソウルは海上に張り飛ばされ、時止めが解ける

リキッド
「...嘘だろ、こいつ」


リキッド
「拒絶する力で腕を少しずつ削っても声1つあげないなんて...やるだけ無駄か!」シュルルル

リキッドは海上の手を離し、海下を掴む


海上
「分かっただろう、力の差というものを」

リキッド
「よく分かったよ...お前は強い、強すぎて殺してしまいそうなくらいだよ」

海上
「それなら結構」

リキッド
(あいつの狙いはあくまで海下...)

リキッド
「ねぇ君!海斗君を頼む!」

クロノスソウル
「あ、はい!」

リキッド
「リキッド隠し技!物体液状化!!」

リキッドは海下を掴んで地面の中へ沈んでいく

海上
「ほう」

クロノスソウル
「今だ!!」

【PAUSE】

クロノスソウルは煙幕を投げた後時を止め、フォーゼソウルを掴んで消えた


海上
「互いに逃がしたか...まさか、地面の中へ沈むとは思わなかった」


海上
「まあいい、珍しいものも手に入れたし...今回は引き上げるとしよう」

海上
「『マガイモノ』『拒絶する力』...か」

海上
「次に会う頃までには、使いこなしてやろう」

END


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。