二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



『トライヒーロー計画』【7】 ( No.139 )
日時: 2018/09/19 14:21
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「海斗君!これ使って!」

たくっちスノーはヒーローソウルを投げ渡す

海斗
「こ、このソウルは?」

たくっちスノー
「万じょ..知り合いが協力して作ってくれた特別な品だ!」

海斗
「分かった!ソウルチェンジ!」

【クローズビルド!!Be・The・One!!】

ソウル(海)
「こ、これは凄い...!!」

たくっちスノー
「ビルドとクローズの力を1つにした特別な仮面ライダーだ!」

ソウル(海)
「うりゃっ!!」

ソウルが飛び出すと、細身の存在の後ろへと回る

ソウル(海)
「凄い!追い付けた!」

「...!?」

たくっちスノー
「ドラゴンのパワーも健在だ!そのままいけ!」

ソウル(海)
「はい!」

そのまま殴り、細身の存在を叩き落とす

ズドォォォォン!!

ソウル(海)
「よし!」

「...更に進化した?」

ソウル(海)
「さらに...!!」

ソウルが左腕を出した瞬間、細身の存在は肩の上に乗る

ソウル(海)
「...いつのまに!?」

たくっちスノー
「まだ本気を出していなかったのか!?」


(...もしかすると)


細身の存在は刀を仕舞い、鞘でソウルを叩き落とす

ソウル(海)
「うわっ!」

たくっちスノー
「鞘であの威力か!?」

「.....」

ソウル(海)
「な、なんて力だ...一体何者なんだ!?」

「...お前」

ソウル(海)
「ん?」

「お前は戦場の一族だろう?」

ソウル(海)
「え?...ああ、まぁちょっと前に知ったばかりだけど、一応そうだよ」

「...そうか」

ソウル(海)
「...あの!それより貴方こそ一体誰なの!?」

「ああ...自分か?」

「自分の名は、戦場雁大陸」

たくっちスノー
「...え?今、戦場雁って」

「...知っているのか?」

たくっちスノー
「う、うん...知っているよ、この世界じゃないけど」

ガシュウウウウン

海斗
「ど、どういう事です雪さん?」

たくっちスノー
「言いにくいんだけと、実はね...」


...

海斗
「別世界の俺が戦場雁の名字の子と会っていた!?」

たくっちスノー
「うん...子といっても、赤ん坊だけどさ」

「その子の名前は?」

たくっちスノー
「たしか、戦場雁陸人...だったような?」

「陸人...か。」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.140 )
日時: 2018/09/19 15:04
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海斗
「で、結局貴方はなんなんですか?」

大陸
「自分は戦場雁の一族だ」

海斗
「またなんか変なの居るよ...」

たくっちスノー
「おかしいなぁ自分は普通の世界に休暇に来ていたはずなのに休暇後から普通じゃない事が発覚してきたぞ」

大陸
「仮面ライダーがある時点で普通ではないと思うのだが?」

たくっちスノー
「そ、そうかな...で、君の事を教えてくれない?個人的にも興味あるんだ」

大陸
「その前に...」

水晶
「...?」

海斗
「ああなるほどね、水晶は先に行ってて」

水晶
「はい」

大陸
「我々も人気の少ない方へと行くぞ」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
戦場の一族についてはどこまで聞いている?

海斗
「俺の先祖が鬼ってところと、呪いのこと...あと、日本を制したとか...?」

大陸
「完全に制したわけではない」

海斗
「え?」

戦場の一族は2つある...分家、みたいなものだ

我らの一族は東日本を、お前達は西日本を制した

そして我らは西日本からやってきたお前達の先祖を我々の先祖がなぎ倒していった

その姿を世間はこう呼んだ

「戦場狩り」と

それから名を変えられ、戦場雁になっていった...

たくっちスノー
(マジかよ...じゃあ、あの子も...?)


そしてだ、時は遡り戦国時代

当時の我らの長、戦場雁陸章は当時の戦場の長、戦場海兵に言われた

「戦場一族が道を誤り、何か恐ろしいことが起きる可能性があれば、戦場雁一族が止めてほしい」と

長はその頼みを受け入れ、杯を誓いあった...


そして現在、戦場の一族が暴れていたから、自分が...
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「なるほど、そういうことだったか」

海斗
「エデンって敵っぽいイメージないからはぁ」

たくっちスノー
「まぁそういうもんかなぁ」

大陸
「まずかったか?」

海斗
「あまり気にしてなかったよあの人...」

たくっちスノー
「......」

海斗
「どうしたんです雪さん」

たくっちスノー
「あの、今の情報って信じていいんです?」

大陸
「今の歴史に嘘はない」

たくっちスノー
「...ちょっと聞いてみよう」

たくっちスノーはマガフォンを取りだしTに連絡する

大陸
「奴は?」

海斗
「あ...えっと、戦場の一族の妹らしいです」

大陸
「ふーん...えっ」

『トライヒーロー計画』【7】 ( No.141 )
日時: 2018/09/19 15:41
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: 10J78vWC)

たくっちスノー
「もしもしT兄さん?」

【どうかしたのかい?】

たくっちスノー
「戦場雁の一族について聞きたいけど...」

【ああ、あの人らに出会ったのか...】

たくっちスノー
「戦場の一族と戦場雁の一族が杯を...」

【うん、私も海上から聞いたから間違いないだろう】

たくっちスノー
「ならいいけど...」

大陸
「そこで喋ってるのも戦場の一族か?」

たくっちスノー
「あ、うん...変わるね」

【ごきげんよう、現在の長であるTだ】

大陸
「...?」

【ああすまない、戦場大海といった方が伝わるだろう?】

大陸
「戦場大海...?歴史上だと死んだとされている、あの?」

【私、向こうだと死んだことにされてるのか?ひどいなぁ】

大陸
「...いや、あれから何百年も経っているし、封印されたと聞いたからな」

大陸
「それに...なんか、妹とやらもいるし」

【ああ奴の事?戦場の一族とは無関係だよ、血は繋がってないし】

大陸
「ん?ああ...そうなのか」

【...しかしまぁ、最近戦場雁の事を聞かなかったから、そっちも存命でよかったよ】

大陸
「...ああ」

海斗
「そんなに聞かないの?戦場雁って」

【え?ああ、海上もあまりあの一族の話をしてくれなくてねぇ...】

たくっちスノー
「ふーん」

【...ああ、そうそう!海上なんだけどさ、君ら見てない?】

海斗
「え?俺達ちょっと諸事情で海外に行ってたので...」

【諸事情で海外!?...まあいいや】

【実は、海上がどこかに行っちゃってね...まだ腕も治っていないのに】

たくっちスノー
「え、そういえば...まだだったね」

【もしかしたらエデンを探しているのかもしれない、一緒に探してくれないかな?】

たくっちスノー
「え、でも彼の妹は?」

【海中はもう出てる、多分もう到着するだろうから...】

海斗
「分かりました、すぐ行きます!」


海斗
「...と、その前に水晶と合流だな」

大陸
「自分も出来る限り協力しよう」

たくっちスノー
「分かった、大陸さんと海斗君は先にエデンの方へ...」

海斗
「え、雪さんは?」


たくっちスノー
「僕は...調べたいことがあるから」

『トライヒーロー計画』【7】 ( No.142 )
日時: 2018/09/19 16:11
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

プルルルル

石動
【お前から掛けてくるなんて珍しいなぁ】

たくっちスノー
「おい、石動...お前今、エデンのそばに居るな?」

石動
【まあな、その答えは当たらずも遠からずだ】

たくっちスノー
「もう1つ質問だ...戦場海下、お前が身元を預かってるな?」

石動
【よく知ってるなぁ、確かに今俺が持っている!】

たくっちスノー
「何が狙いだ?」

石動
【もう分かってるだろぉ?エデン以上に興味深いんだ】

たくっちスノー
「...」

石動
【あいつを連れ戻したいなら、エデンの所まで来るんだな】


たくっちスノー
「...やはり避けられないのか...!?」

プルルルル

石動からの電話を切ったあと、マガフォンから着信が入る

たくっちスノー
「はい」

「ごきげんよう、お偉いさん」

たくっちスノー
「...エデン!?お前、マガフォンも無いのにどうやって自分と連絡を...!!」

「ふふ、天使の電話は特別なんです」


「お偉いさん、貴方にしかできないことです、やってほしいことがあります」

たくっちスノー
「やってほしいこと?内容によっては断るけど...」

「貴方が断ることはない内容です、私の楽園から...手紙を持ってきてくれませんか」

たくっちスノー
「...手紙?ああ、分かった 」

「大事な方へ送る手紙...なのです、大事に大事にしていた」

たくっちスノー
「う、うん...なら、時空番号を教えてくれないか?」

「はい」

...数分後

たくっちスノー
「分かった、じゃあ...さよなら」

「はい、さよならです」

ピッ

たくっちスノー
「エデン...どうして僕にこんなことを...?」

たくっちスノー
「ひとまず、エデンの世界に行こう...その後に渦で、エデンの側に行けば...」

たくっちスノーは渦を形成し、エデンの世界へと入っていく...

...

そして...海上と海中は、エデンと戦っていた

エデン
「.....これで、よし」

海中
「あんた、あいつと何を話していたの?」

エデン
「あの方は私のくだらない用件を聞いてくれた、それだけですよ」

海上
「天使が、手紙を書くのか?」

エデン
「いえ、あれは私が人間だった頃の手紙です」

海上
「何?貴様も人間だったのか?」

エデン
「はい、この体を手に入れる前は...どこにでもいる人だったのですよ、意外ですか?」

『トライヒーロー計画』【7】 ( No.143 )
日時: 2018/09/19 17:13
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海中
「あんたが人間...!?」

エデン
「はい、ヒトとしての記憶は薄れてきます」

エデン
「しかし楽園のない人間の心がどれだけ荒んでいるのか、それだけはよーく覚えていますよ」

エデン
「私の生まれは...村でしたかねぇ、野菜の名前をしていたような気がします、ニンジンでしたかなぁ、それとも...えーと、カボチャ?」

エデン
「ヒトでしたので初恋の相手も居ましたよ、その方は確か...勇者なんて呼ばれてもてはやされてましたよ」

海中
「何ふざけたことを言っているの!?」

エデン
「いいえ?事実なんですよ?」

エデン
「私の歴史に嘘なんてございません」

海上
「口ぶりからして、ふざけているわけでもないな」

海中
「ちょっと...」

海上
「だが、人であれ、天使であれ...おまえが倒すべき相手である事は変わらない」


海上
「覚悟しろ、エデン...これが最後だ」


エデン
「私も...そのつもりです!」



エデン
「私は天使...楽園を...生き物を...人間を...!」


エデン
「苦しんでる誰かを笑顔にするために生まれた、仮面ライダー!」


エデン
「貴方に負けるほど...私は人生を諦めてはいませんよ!」

海上
「ふっ!」

海中
「はあっ!」

エデン
「!!」

エデンと海上は手を出し合う


海上
(エデンが攻撃を始めた...!?)

エデン
「...人間の頃を思い出してきました」

エデン
「確か、こんな風に人間を無力化してました」

エデンは海上の右腕を上へと締め上げる

海上
(絞め技...奴め、こんなことも出来るのか、だが...)

海上
「対象が甘い、人間を締め上げる程度の握力では届かん」

海上は強引にエデンを振りほどき、投げ飛ばす

エデン
「...なるほど」

海上
「俺も...貴様に負けるほど、落ちぶれてはいない」

海上
「戦場雁の鬼の方が強かった」

エデン
「.....私こそ、人としてであった勇者様の方が貴方より強いと感じています」


海上
「そうか...本当に存在するなら、会ってみたいものだな...勇者に!!」

海中
「負けてたまるか!!」

エデン
「私こそ」


...

海斗
「居た!あそこだ!」

水晶
「あの人を援護すればいいんだね!?」

「「ソウルチェンジ!!」」

【クローズビルド!】
【クロノス!】


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。