二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.367 )
日時: 2020/09/07 18:10
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

【アニソン総選挙を終えて】

たくっちスノー
「リアルワールドでアニソン総選挙を終えたんだよ」

ヨウコ
「貴方そういうの面倒臭いこと言いそうね」

たくっちスノー
「人を限界民みたいに言うのやめろ」


「で、結果は?」

たくっちスノー
「まぁ順当な結果だったよ、アニメじゃなくて曲の知名度だからな」

たくっちスノー
「元ネタは知らないけど○○は知ってるランキングみたいなもんだ」


「それって岸辺露伴やジョジョは詳しく知らないけど『だが断る』って台詞は知ってるみたいな?」

たくっちスノー
「まーそんな所だ、みんなが好きなアニメシーンランキングよりは信用出来る」

たくっちスノー
「自分の好きなアニメだってエヴァや鬼滅にはさすがに勝てん、タイバニが21位なだけでもいいや」


「凄いよねタイバニの人気っぷり………」

たくっちスノー
「でもアレ2期はやってほしくねーな…………ワイルドタイガーの新しい問題が出たら抱えてる問題を先送りにする悪い癖が直ってたらいいが………」

ZERO
【マジンガー………】

たくっちスノー
「おいやめろZ!!マジンガーランクインしただけでもいいじゃないか!!タイバニより下だけど!!」

マジンガー
【何故ダ!!何故鉄人28号ヤエイトマンガランクインシテアル!!知ランダロソンナノ!!】

たくっちスノー
「13万人もいるんだからじいさんばあさんにも聞いたに決まってるだろ!」

たくっちスノー
「お前の歌がランクインしたのはそういう世代のおかげのようなもんだぞ!」

ZERO
【グ………】


「ZEROの元ネタ真マジンガーだけどね」

ヨウコ
「………たくっちスノーもさ、そういうアニメを先に見るべきじゃないの?」

たくっちスノー
「見たいもんから先見たい」

ヨウコ
「その結果がバディコン、ネウロ、アクロバンチ、ギンガイザー、ファイ・ブレインなの?」


「ルーク→ビゾンのCV櫻井コンボは草生えた」

たくっちスノー
「なんなら見たアニメ殆ど子安さん居た」


たくっちスノー
「まぁ何はともあれ!ランキング入りしたアニメ全然見てない自分のような君も!あるいはなんの話してるかわかんない君も!」


たくっちスノー
「好きなアニメとアニソンを推そうね!」

終わり

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.368 )
日時: 2020/09/12 22:39
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

「たくっちスノーが更生するきっかけとなった、未来人の話」
※過去に削除した、ロストメイドウィンに出会い最低の未来を回避するために改心することになるエピソードをセルフリメイクしました

たくっちスノー
「……………この場所まで来い、とかたくっちスノー様をパシリやがって………」

たくっちスノー
「ただじゃすまねーからな、ほんと………ん、あいつか」


ロストメイドウィン
「よう、来たか…………たくっちスノー」

たくっちスノー
「お前か、面構えからしてメイドウィンってところか………何の用だ?自分が誰だか分かってんの?」

ロストメイドウィン
「たくっちスノー様だろ」


ロストメイドウィン
「さっそくだが、お前は善人になってもらう」

たくっちスノー
「は?」

ロストメイドウィン
「時間が無いからざっくり言うが、俺は未来から来たお前、つまりたくっちスノーということだ」

ロストメイドウィン
「俺の時代は最低最悪の結末が訪れ、何もかも失ってしまった」

たくっちスノー
「…………なるほどな、勝手に壮大な話を飲み込む前に次々と放つ姿、間違いなく未来の自分だ」

たくっちスノー
「で?それ何とかして欲しいから良い奴になれって?馬鹿言え」

たくっちスノー
「自分の目的は黒影を超えることだ、なんでキャラクター達なんかにいいことしてやらんといかんのじゃ」

ロストメイドウィン
「………拗らせも大概にしてとけよ」

たくっちスノー
「は?」

ロストメイドウィン
「ならはっきり言うぞ、お前はマガイモノという種族なだけで散々見下しているキャラクターと何も変わらない」

たくっちスノー
「は!?何言って………」

ロストメイドウィン
「どんなに優れていようが、劣っていようが………物語は閉ざされている、どんなに抗ったところで結末は永遠に来ないし、お前の目的は果たされない」

たくっちスノー
「意味わかんねーよ」

ロストメイドウィン
「お前も俺もキャラクターも等しく平等に、永遠に誰かの物語を動かすための駒なんだよ」

ロストメイドウィン
「だから、どんぐりの背比べはやめろ………種族や設定が違うだけで、皆同じなんだから…………」


たくっちスノー
「……………それを否定しろって言いたいわけだな?」

ロストメイドウィン
「見下すのは本気でやめてもらいたいが、悪役としてのお前を否定しろ」

ロストメイドウィン
「もしかしたらお前にはとんでもない可能性があるかもしれないんだ」

たくっちスノー
「………よーは善人のフリしてろってことね、余裕余裕」

たくっちスノー
「それって自分にいい事あるわけ?」

ロストメイドウィン
「メイドウィンにもなれる、人望も戻る、力を存分に使える………いい事づくめだ」


たくっちスノー
「よし乗った、最強無敵なめんなよ」



…………【そして現在に至る】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.369 )
日時: 2020/09/13 20:42
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E




「ねぇ!!ねぇたくっちスノー!!大変だよ!!」

たくっちスノー
「え?何?今俺ワンピースのシルバーマイン編で忙しいんだけど」


「アニメなんか見てる場合じゃないよ!!本当に一大事!!」


たくっちスノー
「なんだ?怪物でも現れたか?元祖革命団か?それとも石動か?」


「それよりも一大事!!」

sonic.exe
「一大事一大事うるさいぞ!要件だけいえ!」



「…………えーと、あのさ、絶対驚くよ」




「今回の小説大会の結果!!」

たくっちスノー
「え?大会結果は毎度見てるけど………」



たくっちスノー
「!!?」





たくっちスノー
「何ぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!?」



「そう!!驚いたでしょ!!?」




「この作品!!【りりすた】が銅賞を受賞だよ!!」


たくっちスノー
「マジかよ!!?」



「うん!長年の夢だった小説大会入賞を、ようやく果たせたんだよ!!」


たくっちスノー
「なんか………変わったよな、だって昔の作者じゃ絶対無理だったもん」

たくっちスノー
「初期なんて手当り次第作っては完結も出来ず放置して、こういう日常短編系も何度かやり直して何本も作った」


「この作品も3回目ぐらいまでやり直したものだけどね」

たくっちスノー
「おだまり」


たくっちスノー
「それが………作中でもリアルでも時が経って、ここまでくるとはなー………」


たくっちスノー
「なにより!わりとめちゃくちゃやってる上に、カキコではお馴染みではない面々を使っておきながら、7000回以上も見てくれた上に銅賞を頂ける程投票してくれた読者様、本当にありがとうございます!!!」


たくっちスノー
「最近は新しくキャラを増やす為にアニメを沢山見ている為更新頻度はダダ下がりですが、意欲は不滅!!」


たくっちスノー
「これからもメイドウィン小説をよろしくお願い致します!!」



「みんな、本当にありがとう!!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.370 )
日時: 2020/09/26 08:59
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E


「…………あれ、なんか体が重い」



「うっ………よいしょっ………膝が……重り乗せてるみたいな………なんだこの重量感………」



………



「うわ、やっぱり………人間になってから、重量が増えてきた………」




「ダイエットしなくちゃなー………」

【宅地雪がちょっと太った話】(通常版)




「それでね、昨日体が重くて体重計乗ったら5キロ増えてて」

たくっちスノー
「別に5キロくらいいいんじゃねーの?俺の体重って40いくつだぞ?」

ヨウコ
「いや、それはいくらなんでもガリガリすぎる」

たくっちスノー
「ほぼ液体みたいなもんだからな」


「たくっちスノーはそれでいいかもしれないけど、私はもう人間だよ?」

ヨウコ
「ちなみに体重いくつぐらいになってたの?」


「あとちょっとで70いきそうってぐらい………」

ヨウコ
「雪の身長は?」

たくっちスノー
「163」

ヨウコ
「確かにこれは『ちょっと太った』ってレベルね……」


「仕事では着物を着てるから贅肉が見えたりはしないけど…………やっぱりちょっと恥ずかしいかな」

たくっちスノー
「よしっ、だから俺たちに相談してきたわけだな」



「徹底的にやるぞ!」

「うん!」

………


たくっちスノー
「ま、とりあえずはランニングからだな」


「なんで隣にいるの?たくっちスノーは走る意味ないんじゃ?」

たくっちスノー
「最初から1人だとモチベが続かないだろ、俺ならいつでも相手できるぞ」


「ふふっ、ありがとう」



「ひとまず近くの公園まで走るか!」


「うん!」


……


「疲れた………」

たくっちスノー
「結構ばてるの早いな」


「昔もすぐ息切れしてさ………わりと体力少ない方らしいよ、私………」


「昔みたいに疲れてる事も気付かず倒れたりしないだけまだいいけどさ」

たくっちスノー
「お前どんだけ体酷使してたんだよ………そうなると、俺達の不死身の身体も困りようだな」


「何キロくらい走った?」

たくっちスノー
「お前が増えたと思った体重くらい」


「距離の5キロと体重の5キロは全然違うよ………一休みしたら次の工程に移ろう」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.371 )
日時: 2020/09/28 12:45
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E


「今度はジャンプだ」

たくっちスノー
「飛ぶか……ハードルか?それとも縄跳び?」


「縄跳びの方で!」

たくっちスノー
「でも俺ら、あや飛びも出来ねーじゃん」


「そこはほら、前飛びでも100回やれば!」

たくっちスノー
「ま、いいか………」

………


「縄跳び買ってきたよ!」

たくっちスノー
「お前大丈夫なのか?走ったばかりで足痛くないか?」


「足は仕事で鍛えているから平気平気!」

たくっちスノー
「よし………飛ぶぞ!!!」


5分後


「………56 57 58」

たくっちスノー
「結構やったなー、こんなんでも汗かくもんだな」


「マガイモノは汗かかないでしょ………」

たくっちスノー
「普通に暑さとか寒さとか感じてるけどな」

たくっちスノー
「てかなんか、人混み増えたか?」


「そう?公園だしこんなものじゃない?」


「ほら公園のベンチといえばおじいさん、遊具といえばちびっ子でしょ?」

たくっちスノー
「それにしては俺ら………いや違うわ、雪を見てるな」

たくっちスノー
「しかもなんか……………」チラッ


「?」

たくっちスノー
「………そういうことね」(理解)

たくっちスノー
「雪、お前ちょっと5回くらい飛んでみろ」

たくっちスノー
「なるべく大袈裟に」


「大袈裟に?」

たくっちスノー
「なんというかこう、揺らすように」


「…………たくっちスノーじゃなかったらセクハラだよ?」

たくっちスノー
「普通に俺でもセクハラだけどな、頼むよ試したいんだ」


「………しょうがないな」



「その前にめっちゃ近いんだけど、巻き込まれるんだけど」

たくっちスノー
「俺も一緒に飛ぶからさ」


「はい1!!」ブーン

(ぷるん………ぷるん………)



「2!!」

(ゆさっ………ゆさっ………)



たくっちスノー
「雪、お前スパロボのカットイン並みに揺れてんな」


「せくはらー!!」

たくっちスノー
「というわけだ変態共!!おめーらなんかにいたいけな雪の乳揺れなんか見せてやるもんかバーーーーカ!!」



たくっちスノー
「雪!!公園はダメだ!!別のところ行くぞ!!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。