二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.471 )
日時: 2021/10/06 08:19
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「ああもう!次来いよ次!」

シンシア
「はい、来ましたわ」

たくっちスノー
「ええシンシア?………ちょっと覚えがあるような気もするな、言ってみろ」

シンシア
「今日はわたくしの誕生日でもありますわ」

ヨウコ
「あっそういえばそうじゃない!」

たくっちスノー
「だから!!!俺と関係ない別件を!!!そこで言うな!!!」

松山
「幽霊のくせに誕生日祝ってもらおうとすんな」

或人
「でもこういう場合ってどうすればいいんだろ?」

AI
「そもそも俺らって誕生日過ぎても年取らねぇからなぁ〜」

メル
「今更か?」

たくっちスノー
「それ言うか!?俺もそんな気はしてるけど!」

メル
「つーかお前、年齢あやふやなんだよ、今いくつだ?」


「永遠の17歳………」

或人
「肉体年齢は21歳ぐらいっぽいけど」

松山
「こんな太い21歳いねーよ」

たくっちスノー
「大丈夫だよあのねダイワスカーレットって奴が………」

ヘレン
「ところでたくっちスノーよ、ウマ娘始めたからには分かってるよな?」

たくっちスノー
「………MMトースターにはネタ出るんじゃない?ちゃんとアオハル杯クリアしたし」

松山
「で、お前の誕生日の話だけど」

たくっちスノー
「もういいよ!!どうせお前ら俺にプレゼントも用意してないんだろ!?」


「遂に拗ねちゃったよ」

ヨウコ
「まぁこんな調子だからね………」

松山
「ああでも全員がプレゼント用意してねーのは本当だ」

メル
「元・最悪レベルの時空犯罪者がそんなもん期待してんじゃねーよ」

たくっちスノー
「都合が悪くなったらそれ引っ張り出してくんのやめろ!罪は消したし今は何かと世界救ってんだろーが!!」


「そうだよ!たくっちスノーはあげてもいいけど私は必要ないから」

たくっちスノー
「それはダメだ!!お前は真っ当に幸せになれ!」

メル
「そうだ!こいつはどうなってもいいがお前は貰っとけ!」

たくっちスノー
「てめぇ!!!」

魔トリョーシカ
「何の騒ぎだい朝っぱらから」

たくっちスノー
「あっ母さん!こいつら酷いんだよもう!!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.472 )
日時: 2021/10/06 22:58
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

魔トリョーシカ
「というかさ、たくっちスノー………誕生日ってふたつもいる?」

たくっちスノー
「居るだろ!誕生日プレゼント2回も貰えるぞ!」

魔トリョーシカ
「仕事するような歳の人はもうプレゼントなんて貰わないんだよ」


たくっちスノー
「ブルジョワ共は貰ってるだろ!!俺達もそういう類だよ!!」

魔トリョーシカ
「あと、単純に混乱する……正規の誕生日だけ祝ってくれるならそれでいいじゃないか」

たくっちスノー
「じゃあ俺の誕生日教えてくれよ、俺いつ生まれたか知らねぇんだよ」

魔トリョーシカ
「おいおいね」


魔トリョーシカ
「というか君のそれって、メイドウィン共通の誕生日が追加されるってことなんだよね?」

たくっちスノー
「うん」

魔トリョーシカ
「それって所謂天皇誕生日みたいな単なる祝日でいいんじゃないの?」

メル
「別に10月6日に世界作ったわけじゃねーしな」

たくっちスノー
「なんだよー!?何が悪いっていうんだよー!!」


「用意がめんどい」

松山
「誕生日が2つあって得するのお前らだけだし」

レオン
「誕生日だからって特に俺らや自分の世界の奴らに何かしてくれるわけでもねーじゃん」


たくっちスノー
「ブルッフェェァァァァン!!!俺も誕生日プレゼント欲しいのおおお!!」

魔トリョーシカ
「そもそも君いくつだっけ?」

たくっちスノー
「リセットした時間を含まないとまだ3歳にもなってない」

魔トリョーシカ
「アンパンマンチョコ買ってあげるよ」

たくっちスノー
「なめられてる……(憤怒)」

レオン
「今更だけど俺たちの時系列スケジュールギッチギチ過ぎない?」

松山
「名探偵コナンも大抵そんなもんだ、あの流れがたった半年だしな」


「私達の場合はどんなに経っても歳を取らないってのがあるけどね」

たくっちスノー
「やだやだ!プレゼント欲しい!」

或人
「この人たまに大人だか子供だか分かんなくなる時あるなぁ………」

魔トリョーシカ
「しかも彼、子供扱いしたら拗ねるからね」

戦兎
「面倒くさすぎるぞこいつ」


「どうしようかこの人………」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.473 )
日時: 2021/10/06 23:34
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

………

たくっちスノー
「つーかよー、お前ら俺への不満とかそういうのもういいの?」

松山
「思い返してみれば別にお前の誕生日じゃなくてもよくボコってたしな」

たくっちスノー
「もしかして革命団内の俺のカーストって低めなの?」

魔トリョーシカ
「じゃあ改めて、この話題はこれで区切りをつけるよ」



魔トリョーシカ
「メイドウィンの2つ目の誕生日は、いるかいらないか」


全員
「いらない」

たくっちスノー
「うおーーーーーーいおいおいおいおいおい!!?」

たくっちスノー
「即座に否定しないでくれる!?」

ヨウコ
「だって、その制度さっきも言ったけど得するのメイドウィンだけじゃない」

ヨウコ
「大体メイドウィンってそんなに偉い存在なの?たくっちスノーがメイドウィンとしてあたし達になにかしてくれた?」

たくっちスノー
「う………それ言われちゃ………」


「ぶっちゃけると私たち、リアルワールドの人達にも信用されてないからね………」

たくっちスノー
「マジで!?あの野郎共!!」

ヘレン
「というわけなんで2つ目の誕生日廃止の署名出してくるか」

たくっちスノー
「で、でもよ!!そんなことしたら多数のメイドウィンからブーイング来るんじゃねーの?」

メル
「その程度でガタガタ文句言うやつなんてメイドウィンとしても大したことねーカス共だろ」

メル
「実際メル様はいらねーし、何ならお前の知り合いの例のアイツらもいらねーって言ってたぞ」

たくっちスノー
「嘘だろ!?求めたっていいのに!!」

松山
「まーそういうわけだ、解散解散」

………

たくっちスノー
「畜生………俺もうメイドウィン辞めようかな………なんて扱いの悪さだ……」


「まぁ、私達なんてそんなものだよ………ちゃんと活躍してるし、ゴミクズ扱いされないだけ良い方だと思いなよ」

たくっちスノー
「俺はお前ほど卑屈になれない」


「………もう、しょうがないなぁ」


「ほらこれ、百均で売ってるような小道具だけど」


たくっちスノー
「雪」






たくっちスノー
「俺この記憶10000000年は忘れないわ」



ハッピーバースデー メイドウィンの皆。

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.474 )
日時: 2021/12/30 23:02
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

『今年最後の………』

たくっちスノー
「よ!どうも、たくっちスノーだ!」


「雪です!」

黒影もどき
「今回は特別に出させてくれたよ!黒影もどきです!最近はセーブデータを投稿するお仕事してます!」

たくっちスノー
「…………」

たくっちスノー
「時空最速編は何とか終わったけど、今年最後なのにプリキュア終わってない」

黒影もどき
「ごめんと思ってる、まだゲーム積みまくって減らないのよ」

黒影もどき
「ほぼ全部片付けたら書き始めるから、ね、ね。」

たくっちスノー
「じゃあ後何本残ってるか教えろ」

黒影もどき
「あと121本(当時)」


「121!?まだそんなにあるの!?」

黒影もどき
「まだっていうか!俺が買ったゲームの中ではもう半分切ったぐらいだからな!?」

黒影もどき
「この間まで200以上はあったんだぞ!?どんだけ皆投稿してないんだよ!!正直すげぇめんどくさいよ!!」


「ていうかそれ、来年まで終わらないよね……?」

黒影もどき
「昨日14本、今日9本クリアしたペースだから、まぁ間に合わないね(チートとか使ってこれだし)」

たくっちスノー
「そ……それでもカキコには間に合わせる!!来年の目標を言うぞ!!」

たくっちスノー
「今年の小説大会で失敗した同時連載を成功させる!!」

黒影もどき
「えー?でもあれ面倒くさくなってダレたじゃん」

たくっちスノー
「だ、か、ら!1からまとめて書いたからめんどくさいんだ!」

たくっちスノー
「そこで俺は!投稿せずに完結するまで書き溜めて置いて、大会の時に放出する作戦を思いついたんだ!!」


「うわぁ」

黒影もどき
「あ、こんなこと言ってるけどゲーム終わったらちゃんと普通の更新もするかもしれないよ!主にトースターとか」

たくっちスノー
「いいからお前は早くゲーム終わらせろ」

黒影もどき
「俺だって早く終わらせたいよ!!途中からもう苦行なんだよ!!」


「で……では!いつも通り騒がしいお2人を見送りながら、また来年会いましょう!」




「2021年ありがとうございました!2022年もメイドウィン小説シリーズ、並びにMNUをよろしくお願いします!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.475 )
日時: 2022/02/14 22:44
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

『バレンタイン』

「おい、雪………いや、たくっちスノー。」


「!」

テネ
「こんな所にオレを呼び出すなんて……それもお前の方から。」

テネ
「なんだ?久しぶりにケンカでもしたくなったか?」


「………いや、確認だよ。」


「テネってさぁ………今日、ベルになにか渡した?」

テネ
「………はあ?」

テネ
「何かと思えば…ちっ、やっぱりバレンタインの話かよ」


「当然だよ、2月14日に話すことなんてバレンタインのこと以外にある?」

テネ
「この間はそうやって11月11日にポッキーゲームは済ませたかと聞いてきたな、その次がクリスマスで次が正月か?」

テネ
「いちいちイベントの度に確認取りに手紙置いてくんじゃねーよバカ!!」


「………だってお前さぁ、聞いておかないとやらない気がして」

テネ
「やらないことの何が悪ぃんだよ!めんどくせぇだけだし毎年出来るだろあんなもん!!」


「……もう全く、私どころか君まで夫婦になったとは思えないよ、それも人格の片割れと。」

テネ
「悪かったな!オレだって好きで子供産んだわけじゃねーんだ!あのクソ研究員のせいだ!」

テネ
「大体オレはベルからジュニアを産んだだけで、夫婦なんて思ってねぇ!!」


「そんな事言わないでよ……未亡人になった時後悔するよ。」


「私だって本当は海斗君と結婚して色々思い出作りたかったよ」



「でも思い出せるのは海……その時もカリギュラの皆とかメル姉も居たから、2人っきりで楽しいことなんて………温泉旅館ぐらいかな。」


「テネ、マガイモノとかネガイモノとかそういうしがらみは置いといて、かけがえのないものを愛することが出来た存在として言わせてもらうよ。」


「思い出は出来るだけ早く、沢山作っておいた方がいい………私みたいにならないように。」



テネ
「………死んだみたいな言い方をするな」



「でも……」

テネ
「雪」






テネ
「あの件は今どうなっている? 」


「………………常に、監視はしてる………でも、今となってはあそこにはいる手段が…………」

テネ
「それはそうだな、カーレッジの野郎は結局屑だったし、それ以降も色々ありすぎた。」


テネ
「でもま、なんかあったらまた送ってみろよ」

テネ
「お前が欲しかった思い出ってやつを」


「…………ん、分かった。」




「でも、もしそんなことが起きるとするなら………」



「それは私にとっての………」

【バレンタインのような短編】
おしまい。



マリオ「ヤッフー!!!ヤッフー!!!おれマリオ!!!!」←申し分程度の二次創作要素


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。