二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

『トライヒーロー計画』【11】 ( No.188 )
日時: 2018/09/28 09:09
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海斗
「ふっ!!ふっ!!」

海底
「くっ...」

たくっちスノー
「待って!!海斗君!!」

たくっちスノーは海斗のスピードに追い付こうとするが、中々間に合わない

海斗
「ふっ...!!」

海底
「くっ!」

たくっちスノー
「待って!止まって!ちょっと止まって!」

海斗
「どうして止めるんですか雪さん!」

たくっちスノー
「いやそりゃ止めたくもなるよ!海上さんが気付いたんだよ!」

たくっちスノー
「君、今呼吸をしていないんだって!!」

海斗
「えっ?」

たくっちスノーに指摘され海斗は口と鼻に手を触れる

海斗
「うわっ、本当だ!」

たくっちスノー
「嘘!?気付いてなかったの!?」

海斗
「う、うん...あっ!雪さん!」

たくっちスノー
「どうかしたの!?やっぱやばかった!?」

海斗
「なんか俺の心臓、速くなってます!」

たくっちスノー
「え...ホントだ!鼓動音が異常なくらい速い!」

たくっちスノー
(これで気付かなかったのか、海斗君)

海斗
「もしかしたら...俺のスピードが上がったのは、心臓と連動して...オエッ!!」

たくっちスノー
「ほら息吸ってないから!!あまりこういうことやめてよ!?脳細胞ってちょっとでも空気無いとダメになるって教科書で読んだんだから!」

海斗
「まさかこれが俺の能力...?ハイリスクすぎないか?」

レイチェル
「その鼓動を動かすのって、どのような感じで行ったのです?」

海斗
「え?確か、イメージしたら...ん?」

海斗
「もしかしたら、相手の振動を早めることも可能な気がする!」

海底
「フッ!」

海斗
「おっと危ない...レイチェルさんお願いします」

レイチェル
「はいよう!」

海斗は裏に回り、レイチェルが前に出て海底の足止めをする


海斗
「ちょっと誰か手を貸してくれませんか?」

T
「えっこれ大丈夫?振動の勢いで破裂しない?」

たくっちスノー
「主人公がそんなエグい技覚えるわけないでしょ!」

海上
「俺の手を使え」

T
「海上!?」

海上
「何を考えているかは知らんが、何か思い付いたようなのでな」

海斗
「どうも...では、やってみます!」

海斗は海上の手を握り、「振動」のイメージをする

『トライヒーロー計画』【11】 ( No.189 )
日時: 2018/09/28 10:08
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

すると、海斗の振動が静まり...海上の超怪力が海斗に発動する

海斗
「えっ!?」

たくっちスノー
「なんで超怪力が!?」

海上
「俺は何もしていないぞ」

たくっちスノー
「そ、それって...まさか!?」

海上
「なるほど...原理は分からないが、どうやら戦場海斗の能力は力を合法的に真似する能力」

海上
「『振動力』といったところか」

海斗
「これが俺の能力...」

たくっちスノー
「...触れたものを真似するなんて、まるで昔の自分じゃないか」

海斗
「これなら、イケる気がする!レイチェルさん!」

レイチェル
「合点!私の手を取ってくださ~い!」

海斗
「振動力!!」

海斗はレイチェルの手を掴み、振動力を発動する


たくっちスノー
「えっ、出来るの!?」

海上
「俺は『戦場の一族のみ』とは言ってはいない」

たくっちスノー
「...あの子の行く末が心配になってきたよ」

海上
「何だ?かつてのお前みたいになるのを危機しているのか?」

たくっちスノー
「.....」

海上
「お前が愛した存在だろう、お前が一番信じてやるんだ」

たくっちスノー
「...そうだね」

たくっちスノー
「がんばれーっ!!海斗君!!」

...

海斗
「サンダー!!」

海斗が指を出すと、海底に落雷が落ちる

レイチェル
「いやはや、能力を真似できるだけでも中々天晴れですが、魔法も真似できるものなんですね」

海斗
「うちの世界にも『魔法使い』は存在していますからね!」

海底
「グ...おのれ!!」

海斗
「よし...いくぞ!!」

レイチェル
「はい!これを!」

レイチェルはもう一本の剣を海斗に渡す

海斗
「必殺...落花!」

レイチェル
「アマリリス!」


海底
「ば、バカな...何故、俺様が押される!!オーマジオウの力はどうした!?」

海底
「仮面ライダーの力、戦場の力...一体どこにいった!?」

石動
「...(ニヤリ)」


海斗
「追い詰めたぞ、海底!!」

『トライヒーロー計画』【11】 ( No.190 )
日時: 2018/09/28 10:26
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: npB6/xR8)

海底
「おのれぇ!!俺様が...こんな奴等などにぃ!!」

海斗
(レイチェルさんの力をコピーして、優位に立ち回れるようにはなったが...)


海斗
(...どうせなんだ、覚悟を決めてやる!)


海斗
「超怪力!!」

海底
「くっ...あああ!!」

海斗は超怪力で海底を掴み上げ、海へと向かっていく


たくっちスノー
「海斗君...!?」

海上
「...まさか奴、海底と心中するつもりか」

たくっちスノー
「えっ!?」

海上
「たくっちスノー、確か会議の時奴は泳げぬと言ったな」

海上
「あれは一族共通のものだ...あれで奴は」

たくっちスノー
「待って...待ってよ!!」

たくっちスノー
「やめてくれよ、そんなの!!」

たくっちスノー
「なんで君がそんなことをしなくちゃならないんだ!!」


たくっちスノー
「もういいだろ!?君だけは生き残ってくれ!世界のために!」

海斗
「...さよなら、雪さん!」

海底
「離せっ!!グアアアアアア!!」


海斗は海底を掴みながら、海へと沈む


たくっちスノー
「うああああああああああああああああああ!!!」

石動
「...おやまぁ、こりゃ俺もビックリだ」


石動
「ま、俺の役目は終わった...そろそろ帰るかね、チャオ!」


たくっちスノー
「待て、石動!!...くそっ!!」


たくっちスノー
「僕は...僕は!!」


レイチェル
「あれまぁ、これまた大それたことを...よしっ」

レイチェルは剣を下ろし、上着を脱ぎ始める

たくっちスノー
「な、何をしてるんですか!?」

レイチェル
「何って、これから海にはいるんですよ、剣とかは邪魔になりますし」

たくっちスノー
「...」

レイチェル
「消えそうになっている命が目の前にあったら、何も言わず駆け出して救いだす...ご主人様はそういう方でしたから」

レイチェル
「メソメソと泣いて頭を打ち付けてる暇があったら、飛び出して手を取り出す...なんて言うんでしょうかね?」

たくっちスノー
「...!!」

レイチェル
「なーんて、余計なお世話かもしれませんけど、私はやりますよ」

レイチェル
「よいしょっ!」

レイチェルは軽い運動後、海へと飛び込んでいった


たくっちスノー
「...そうだ」


たくっちスノー
「何してんだよ自分は...自分は、時空監理局以前に」



たくっちスノー
「あの子の友達じゃないか!!」

たくっちスノーもレイチェルに続き、海へと入っていった

『トライヒーロー計画』【11】 ( No.191 )
日時: 2018/09/28 10:58
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: npB6/xR8)

.。o○

海底
「あの男め...!!移動力さえも...!!」

海斗
「これで終わりだ!!」

海底
「俺が...俺様が!!」

海斗
「今なら使える...!!」

海斗の持っていたフォーゼのソウルが白銀に輝く

【フォーゼ!】



【three!!】
【two!!】
【one!!】


海斗
「ソウルチェンジ!!」

【宇宙~~~~~ッ!!キタァァァァァァァッ!!】

【仮面ライダーフォーゼ!タイマン張らせてもらうぜ!】

ソウル(海)
「オリジンソウルモード!!本来のライダーの力を今此処に!! 」

海底
「ほざけ!!」

ソウル(海)
「超怪力!!」

【SUPER rocket ON】
【SUPER drill ON】


【rocket drill ON】

特殊なアストロスイッチが、海斗の腕にロケットドリルを装着させ、更に超怪力で巨大化させる




海底
「...なんだこれは!?」

ソウル(海)
「うおあああああああ!!」

【rocket drill ON】
【リミットブレイク!! 】


ソウル(海)
「くらえ!!」

ソウル(海)
「ライダーロケットドリルブラストー!!」
【ライダーロケットドリルブラストー!!】

ソウルはロケットブースターを稼働させながらドリルで突っ込んでいく...

海底
「ぐううううううう!!」


海底
「バカがぁ!!戦場の耐久力をなめるなぁ!!」

海底はドリルを弾き、そのまま海斗の体を掴む!!


海底
「戦場の一族は俺様だけでいい!!消え失せろおおおおおお!!」

...

レイチェル
「結構奥まで潜っていったみたいですね」

たくっちスノー
「あの、貴方人間なんだから...あまり無理しないでくださいよ?」

レイチェル
「いえいえ、潜水も苦手ではないので...おや?あれじゃないですか?」

たくっちスノー
「えっ!?どこに...あっ!!」


たくっちスノー達のすぐ下には、海斗の心臓部分に手が入った海底が

たくっちスノー
「...!! 」

海底
「はははははは!!所詮はこの程度だ!!」

レイチェル
「.....いえ、まだ終わっていませんよ」


海底
「何!?」


レイチェル
「だって、彼はまだ諦めたような顔をしていません、むしろ...!!」


ソウル(海)
「...お前が俺に『手』を出すのを待っていたよ、海底!!」

『トライヒーロー計画』【11】 ( No.192 )
日時: 2018/09/28 11:40
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: npB6/xR8)

ソウル(海)
「お前の手が欲しかったんだよ!!」


ソウルは心臓近くに突き刺さる腕を掴む

海底
「何!?確実に心臓を狙ったのに何故生きている!?」

ソウル(海)
「俺だってな...戦場の一族だし!お前みたいにマガイモノ成分だってあるんだ!!」

ソウル(海)
「それに...俺はヒーローなんだ!」

ソウル(海)
「街の...戦場の一族の...そして、雪さんの!!三つにとってのヒーロー!」

ソウル(海)
「俺はもう、お前には負けない!!」

ソウル(海)は海底の手を掘り出し、そのまま掴む

ソウル(海)
「振動力!!」

海底
「何!?」

ソウル(海)
「真似を出来るなら...奪い取ることだって可能だ!!」

海底
「うああああああああ!!」

レイチェル
「あ、あれ?どうかしたのでしょうか?」

たくっちスノー
「...この反応、マガイモノの『拒絶する力』!?」

ソウル(海)
「海上さんのを見て、俺もやってみたんです!あの人と違って体内に成分が入っているし!」

たくっちスノー
「で、でも海中さんが言ってたじゃない!僕の成分は彼の先祖とも言えるT兄さんと同じだから、パワーアップさせるかもって...」

レイチェル
「なら、オーバーヒートするくらいくれてやればいいんじゃないですか?」

レイチェル
「もし成分が体内にあるのであれば、その成分は彼が引き出してくれましたし」

たくっちスノー
「...そ、それってまさか!!」

レイチェル
「はい、彼はわざと攻撃されることで、血液に流れる成分を海に染み込ませたんです」

レイチェル
「心臓ぐらいにまでなると、尋常じゃないくらいの血液...成分が流れ込みます、つまり」

たくっちスノー
「この海全体が...拒絶する力を得たマガイモノ成分で覆われた!?」


ソウル(海)
「これで終わりだあああああああ!! 」

拒絶する力に喰われ、悶え苦しむ海底の体を、ロケットドリルがぶち抜いた

海底
「ぐわあああああああああ!!」




海底
「ああ...あ、ああ...俺様が..ああ」


海底
「..う..あ、私は...一体...?」

ソウル(海)
「...な、なんだ!?」

たくっちスノー
「もしかして、これって...」

レイチェル
「?」

海底
「お...おおお...そんなまさか...あなた様は...レイチェル様...!!」

たくっちスノー
「エデンが...甦った!?」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。