二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

『トライヒーロー計画』【4】 ( No.118 )
日時: 2018/09/09 12:32
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「ぐ...ぐぐぐ...圧縮!!」

ソウル
「!?」

海中
「!?」

たくっちスノーの体がどんどん変形し潰れていく

ソウル
「雪さん!?」

海中
「ひっ、何あれ気持ち悪っ!!」

ソウル
「あっロボットが離れた!」

たくっちスノー
「そんなキモいのこの形態!?」

ソウル
「いやいやいや、何してるんですか雪さん!!」

たくっちスノー
「何ってキューブ型になってるんだけど」

ソウル
「ええええええええ!?」

たくっちスノー
「あ、これは本来の形が定まってない自分にしか出来ないから念のために言うと」

ソウル
「多分雪さんしかやりませんから!!」

たくっちスノー
「来いい!!セイブルヴィクス!!」

キューブ化したたくっちスノーは時空の渦を開け、黒いロボットを呼び出す

海中
「何あれ!?」

たくっちスノー
「格納!」

たくっちスノーは背中に収納され、ロボットが海中ロボットに迫る

ソウル
「え、ええええ!?雪さんもロボット持ってたんですか!?」

たくっちスノー
「作ったのはここを去ってしばらくした後だけどね!」

ソウル
「それ俺も乗れませんか!?」

たくっちスノー
「頭の上に乗ればカッコいいよ海斗君!」

ソウル
「乗るってそういう意味じゃなくて...もういいやそれで」

スタッ

たくっちスノー
「セイブルヴィクスのナインブレードが手足を切り刻むから海斗君はコックピットからパイロットを引きずり出して!!」

海中
「死んでたまるか!!」

海中ロボットからビームが発射されるが、たくっちスノーのロボは超高速で避けていく


たくっちスノー
「なめるな!こちとらSRCでは回避型として作ってある!」

ソウル
「あ、あのあんまり早く動かないで、落ちるし酔う...!!」

たくっちスノー
「大丈夫、もう少し!!」



たくっちスノー
「うおおおおおおおナインブレード乱れ斬り!!」

たくっちスノーのロボットから九つのビームサーベルが飛び出し、海中ロボットの手足を細切れに切り刻んだ

海中
「ひっ!?」

たくっちスノー
「今だ!引っ張り出せ」

ソウル
「ええ、本気ですか!?」

たくっちスノー
「死にはしないさ!!」

ソウル
「えっと...そういうわけなんで!!」

海中
「ちょっとおおおおおお!!」

ソウルは残った部分を引きちぎり、海中を引っ張り出した

『トライヒーロー計画』【4】 ( No.119 )
日時: 2018/09/09 13:39
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海中
「ちょ、ちょっと!?何してんの人のロボットに!!」

たくっちスノー
「敵意を向けてきたから壊した、それだけ」

海中
「あんた同盟する気あるの!?」

たくっちスノー
「分かってる分かってる、責任だってちゃんと取るし弁償もする、製作費はいくら?」

海中
「1億」

ソウル
「嘘つけ!」

たくっちスノー
「うん、分かった1億ね...ちゃんとそちらの紙幣で払うから」

ソウル
「雪さん!?」

海中
「ああ後、協力してくれるってんならエデンとあんたのデータも寄越しなさい」

たくっちスノー
「うんいいよ」

ソウル
「えっ、あの...」

海中
「そっちの奴...」

たくっちスノー
「それは自分でやってくれない?」

海中
「ちっ」

ソウル
「なんでそこまでやるんですか?」

たくっちスノー
「なんでって...君と扱いは同じのはずたけどなぁ」

海中
「...もういい、あんたの考えはついていけない、データは貰ったし帰るから」

たくっちスノー
「あ、ちょっと待って海中さん」

海中
「なんで名前知ってんの!?」

たくっちスノー
「そりゃ、上と下があるし真ん中もあるかなって」

たくっちスノー
「...うそうそ、三日のうちに監理局のデータで粗方調べさせてもらった、同盟を結ぶ相手の事を知っておかないと」

海中
「気持ち悪っ!!」

海中は部品を一部背負って去っていく

たくっちスノー
「あ!待ってよまだ言いたいことが...」

...

カリギュラに戻る帰りの事

海斗
「ねぇ雪さん、やっぱり俺よくわかりませんよ、同盟だからってあそこまで優しくします?」

たくっちスノー
「う、うむ...違和感ある?」

海斗
「あります」

たくっちスノー
「わ、分かった...変だったんだ、じゃあ海斗君には特別に話すよ」

海斗
「はい」

たくっちスノー
「あの人ら、時空監理局に入れたいなって考えてる」

海斗
「えええええ!?」

たくっちスノー
「だって、僕の体を解析してあそこまで使いこなしてるんだよ?」

たくっちスノー
「現状は犯罪者じゃないんだし、出来れば時空規模で使ってもらいたいなって...」

海斗
「それってスカウトって事ですか!?」

たくっちスノー
「うん」

海斗
「前はそんなことしてなかったのに!なんで!?」

たくっちスノー
「なんでって...」

たくっちスノー
「自分がいなくなっても、監理局が在り続けるように?」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海上
「海中、基地に1億ほどの札束が置かれていたが」

海中
「えっ、あいつマジで1億置いてきたの!?」

END

『トライヒーロー計画』【5】 ( No.120 )
日時: 2018/09/10 22:04
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

前回のあらすじ

たくっちスノーがロボットにのったり

監理局にスカウトしたり

エデンが消えたり

海斗が病院行ったり

なんか色々あった!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


....

海斗
「...ん?」

海上
「目が覚めたか」

海斗
「!?」

海斗は気がつくと、海上と海中の居る場所で倒れていた

海斗
「え、何この状況?」

海中
「ごきげんよううちらの基地へ...」


海中
「さっきはよくも人のロボットを...」

海斗
「いや、アレは80%くらい雪さんが原因で」

海中
「うっさい...!!」

海中は海斗の首に手を掛けるが

海斗
「あの全然痛くないですよ」

海中
「えっ」

海上
「知らないのか、こいつはカリギュラでNo.2と称されてる男だ、生半可な力では怪我すらしないぞ」

海中
「ちっ、じゃあペロペロするだけで勘弁してやるよ」

海斗
「いや、そっちの方が嫌なんですけど...」




海斗
「というか、なんで俺はこんなところに」

海斗
「住所を知ってるのは雪さんだけだろうし...俺がそこに行くとも思えないし...」

海斗
「あ、俺が居るということは海下さんも」

海上
「奴はいない」

海斗
「え?」

海上
「そんな暇がなかった...と言えばいいか」

海斗
「そんな暇?俺は確か...」

海斗
「あっそうだ、思い出した」

...
数時間前

華南
「.....」

海斗
「はぁ、まーたあの人の持ち物係か」

海斗
「雪さんと持つ果物よりは軽いからいいけどさー」

海斗
「荷物持ちくらい他の男にでもやらせればいいのに」

華南
「なんでわざわざ口に出すの?」

海斗
「5日連続でやれば不満も出るよ」

華南
「入院挟んでるから連続じゃないでしょ」

海斗
「あっそうか!」

海斗
「いや、退院者を労ってよ!!」

華南
「いいじゃない元気そうだし」

海斗
「ちぇー...」

そのまま海斗は華南の家に入り、荷物を置く

華南
「じゃ、私〆切迫ってるから入らないでよ」

海斗
「はいはい」

パタン

海斗
「はぁ、なんで小学生が執筆してるんだよ」

海斗
「いいよなー、印税とか俺も欲しいなー、でもカリギュラは公務員と同じで副業禁止だからなー」


...
海中
「あ、あんな所に居た!よし、どうにか気絶させて...」

海中
「って、どうすればいいんだ?」

『トライヒーロー計画』【5】 ( No.121 )
日時: 2018/09/10 22:59
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

ガシャーン

海中
「戦場海斗!」

海中がガラスをぶち破り現れる

海斗
「ちょっ、ここ俺の家じゃないんですけど」

海中
「うっさい」

海中
(うーん、どうやって捕まえよう)

海中
「よし」スルスル

海斗
「...!?」

海中は少しズボンを少しずつ下げていき...!?

海斗
「ぶっ!?」

それを見て海斗は失神する

海中
「はっ、雑魚が」

...

海中
「ってやり方であんたを拉致して今に至るわけ」

海斗
「そんな捕まえかた、女としてどうなんですか!?」

海中
「うっさい」

海上
「俺も、それは兄としてどうかと考えたところだ」

海中
「擁護してよ!!」

海斗
「そ、それで!!俺に何の用ですか!!」

海上
「用があるのは俺達じゃない」

その時、モニターが映る

【ハーイジョージィ】

海斗
「ジョージって誰!?」

海上
「何してるんだあんたは...」

【私も少し流行りに乗っかりたくてね】

海斗
「...?」

【さて、戦場海中...奴から海下の情報を出させろ】

海中
「殺していい?」

【ダメだ、絶対に殺すな、何としてでも殺すのだけは止めろ】

海上
「何故そこまで否定する?」

【たくっちスノーに知られてみろ、我々を世界、いや時空丸ごとグチャグチャにするだろうね】

【奴は戦場海斗を神格している面があるから】

海上
「.....時空監理局、だからか?」

【いいや、すぐに記録が塗り替えられたとはいえ、最悪の時空犯罪者と呼ばれた生物だったから】

海中
「何、あんな奴恐れているの?」

【君は奴にロボットをズタズタにされているだろう?君自身の四股が引き千切られてもいいのかい?】

海中
「...はぁ、分かったよ」

【私としてもさ、ほら、血見るのイヤだし】

海斗
「海下さんの情報?」

海上
「奴から何か聞いてないか?」

海斗
「さあ...あの人との絡みなんて、怪物倒して、そっちの事を軽く聞いて、それっきりなんですから」

海上
「あいつは自身を何て言っていた?」

海斗
「名前しか聞いてない」

海斗
「だってあの人、NPCみたいに同じことしか話さないんだもん!!」

海斗
「二人ってあの人の兄と姉でしょ!?どんな教育してるの!?」

海上
「俺は放任主義だ」

海斗
「どこかで聞いた主義だ!」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルメール
「ぶえっくし」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『トライヒーロー計画』【5】 ( No.122 )
日時: 2018/09/11 08:49
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

海中
「どうする?」

海上
「下手に拷問して、奴の怒りを買うと面倒なことになる」

海中
「何よ、兄さんもあいつ恐れているの?」

海上
「違う、奴は我らと同盟を結ぼうと考えている...出来る限り利用したい」

海上
「だからあまり下手なことはするんじゃない」

海斗
「.....」

海中
「でも、こいつ本当にこれだけなのかな」

海斗
「...本当にこれだけなんだけどなぁ」

海上
「ならせめて、奴の居場所を教えろ」

海斗
「カリギュラ...じゃないんですかね多分、今雪さんが話してるだろうから自分で聞いてくださいよ、はいコレ」

海斗はマガフォンでたくっちスノーに繋げる

たくっちスノー
【もしもし海斗君?どうかしたのかい】

海斗
「はい、繋がったよ」

海上
「宅地雪か」

たくっちスノー
【その声...海上かい?海斗君のそばに居るの?】

海上
「そうだ、海下はいるか」

たくっちスノー
【ああ、今自分が情報を聞き出している所だ...と言っても、同じような事しか言わないんだけど】

たくっちスノー
【あまりにも同じことしか言わないから、この後世界を解析してこの人の詳細を辿ろうと思うんだけどいいかな?】

海上
「好きにしろ」

たくっちスノー
【ありがとう、流石に君には許可貰っておこうと思ったから...じゃあ】

ピッ

海中
「あいつも連れていけば良かったかなー」

【まぁ、あいつらしいと言えばらしいが】

海斗
「雪さんを知ってるの?」

【まあね、君ほど長く暮らしてはいないが】

海中
「ていうか、許可してよかったの?」

海上
「こいつにも話す、そしていずれあいつも知る...話す手間が省けた方がいいだろう」

海斗
「...で、これで俺が何も知らないってわかってくれましたか?」

海中
「口裏合わせそうだけどな」

海中
「ちょっとだけ、まだちょっとだけ」

海上
「どうする?」

【海中の好きにさせよう、まだ鬱憤たまってそうだし】

海中
「...」

海斗
「さ、さっきみたいな手にはもう引っ掛からんぞ!!」

海斗
「俺、雪さん一筋だから!!」

海中
「ふーん」


海中
「あんな体の...どこが...」

海上
「...こんな事で、奴が情報を吐くのだろうか」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。