二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



『トライヒーロー計画』【6】 ( No.135 )
日時: 2018/09/17 15:51
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ソウル(海)
「ライダーパンチ!!」

エデン
「守護の土よ!楽園の壁になりなさい!」

エデンは地面に手を当てると、目の前から壁が生えていく

ソウル(海)
「大陸操作!?」

海上
「奴め...まだこんな隠し技を秘めていたか」

エデン
「大自然よ!悪を裁く槍となりなさい!」

エデンはそのまま木を尖らせ、発射する

ソウル(水)
「危ない!」

【Pause】




















【Re:start!!】

時止めし幹が破壊される

エデン
「時間操作...いけませんね、それは」


エデン
「時の流れとは本来改編してはならないもの!天使も含め時間に関わる行為など断じて許せません!」

ソウル(水)
「え、なんかまずかった!?」

海上
「耳を貸すな、行くぞ」



「えーい!」

【thunder please!!】

エデン
「なっ!?」

突如、エデンの頭上に落雷が落ちる、エデンは右腕でガードする


エデン
「何者ですか!?本来落雷とは意図的に生き物の上に落ちたりは...」


「こっちだよぉ~!」

海上
「...まさか、あれか?」

ソウル(水)
「あっ、あれは...」

ビルの上に、黄金の衣に包まれた仮面ライダーが立っていた

ソウル(水)
「仮面ライダーウィッチ!イリーガルの仮面ライダーですよ」

ソウル(海)
「魔法系...黄金...そうだ!雪さんから聞いたことがある!」

ソウル(海)
「かつて世界そのものを魔法一色に作り替えた、魔法使い系最強のライダー『ソーサラー』」

ソウル(海)
「仮面ライダーソーサラーの力を得た仮面ライダーウィッチ!?」

ソウル(水)
「そんな伝説級のヒーローソウルを使ってるなんて...あの人は一体...!? 」


ソウル
「「あっ(察し)」」


エデン
「魔法...魔法は生き物が手にしてはいけない存在」

エデン
「魔術は災いを呼びます...貴方は私が裁きます」

ウィッチ
「そういうわけだから、協力するよぉ」


海上
「...まあいい、足手まといにさえならなければなんでも...」

その時

ザンッ

海上
「...?」

高速で飛ぶ何かが、海上の左腕を切り落とす

ソウル(海)
「!?」

海上
「なんだ?今のはかなり速かったが...」

ソウル(海)
「なんでそんなに余裕そうなの!?」

海上
「鬼は腕を切られた程度では痛がらん」

『トライヒーロー計画』【6】 ( No.136 )
日時: 2018/09/17 17:01
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海上
「しかし...この正確な切り筋、素人ではないな、何者だ?」

海上の近くに高速でフードを被った細身の何かが現れる

「戦場の一族は抹殺する」

海上
「...あの一族の生き残りか」

ソウル(海)
「あの、あれは一体?」

海上
「何百年も生きていると、恨みの1つや2つ持たれるものでな」

海上
「今はそういうことにしておけ」

ソウル(海)
「あ、はい...優先度は?」

海上
「無論エデンより上だ...構えろ!」

ソウル(海)
「はい!水晶はエデンをよろしく!」

ソウル(水)
「分かった!」

「...!まさか、あれも?」

ビュンッ!

細身の何かは高速で飛び交っていく

海上
「...速いな」

ソウル(海)
「こんな速さじゃ近付く事も出来ない...」

「はっ!」

海上
「だが、見切ることなら出来る」

ガキン!

海上は鎧から黒い盾を取りだし刀を防ぐ

「くっ...」

海上
「一度見た、受けた攻撃程度どうとでもなる」

ソウル(海)
「す、凄い...これが鬼の力...!!」


ソウル(海)
「おっと...俺だって戦場の一族なんだ!あれくらいやらないと、モード魔害者..」

海上
「いや、違う」

ソウル(海)
「え?」

海上
「...お前のその力は、マガイモノの成分が共鳴し鬼の力が呼び覚まされたもの、マガイモノの力ではない」

ソウル(海)
「あっ、そうなのか...じゃあ名前を変えよう」



ソウル(海)
鬼人キジンモード!」


ソウルの体が朱に染まる

ソウル(海)
「おお、なんかいつもと違う!」

海上
(何?あいつ、土壇場でモードを切り替えたのか...?)

海上
(これがマガイモノの力...か、やはり興味深い)

ソウル(海)
「行くぞおおおおお!よくわからない誰か!」



ソウル(海)
「今なら俺も使える気がする...」


ソウル(海)
「マガイモノ奥義!!」

海上
「何、お前も使えるのか!?」



ソウル(海)
「マッスルギャラクシー!!」


ソウルは地面を殴り、アスファルトを粉々に打ち砕く

海上
「なんてパワーだ...」

海上
(だが、まだ足りない...)

ソウル(海)
「ここからがマガイモノの力だ!」

細身の存在が落ちたあと、黒い液体によりアスファルトが瞬く間に再生していく


海上
(...まさか、あのまま生き埋めにするつもりか!?)

そして、細身の存在が入ったまま地面は再生された

『トライヒーロー計画』【6】 ( No.137 )
日時: 2018/09/17 23:38
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海上
「これが...マガイモノが持つ特有の必殺技『マガイモノ奥義』か...」

ソウル(海)
「雪さんみたいに氷の技思い付きたかったけどしょうがないや」

ソウル(海)
「これで勝...!?」

ズバズバズバッ!

細身の存在はアスファルトを切り裂いて地面から飛び出す

「なるほど...戦場の一族も衰えたわけではなかったか」

「ここは引き上げるか」

細身の存在はビルへと登り、そのまま飛び越えていった


海上
「撤退した...か」

ソウル(海)
「これ、俺たちの勝ちでいいんですかね?」

海上
「ああ、左腕だけで済んだだけまだよかった...といったところだろう」

ソウル(海)
「ふう...あっ、そうだ!エデンの方は!」

...

ウィッチ
「えい!」

【explosion now!】

エデン
「ぐああっ!くっ、爆発まで...」

ソウル(水)
(そっか、打撃、斬撃無効でも魔法は効くのか...)

エデン
「まさか、あの方が来る前に敗れることになるとは...それでは」

エデンは渦に乗り消えていく

ソウル(水)
「こっちも終わったよ!」

ソウル(海)
「よかった...」

ウィッチ
「いやぁ、良かった良かった」

そういってウィッチはヒーローソウルを外し、変身を解くと...

七不思議
「じゃーん」

海斗
「だと思ったよ!!」

水晶
「逃れられない!!」

七不思議
「魔法デイ!!」

水晶
「ちょっと海斗助け」


水晶
「あっもういない!!」

七不思議
「あふふふふふふ」

水晶
「ひいいいいいい!! 」

...

一方その頃

【マガイモノの共通性?】

たくっちスノー
「うん、まず僕らの創造主である黒影は【剣という女性の失敗作】」

たくっちスノー
「僕の代表作はそれぞれマガイモノの力を正しいことに使うことを目指した【トゥエルブナイツ】」

たくっちスノー
「僕の友人、おもちゃ職人のガング君は【マガイモノ玩具】」

たくっちスノー
「そして、イクサー2は戦いに特化した【ソルジャー】」

【まるでカードゲームの種族みたいだ】

たくっちスノー
「...マガイモノメイカー達でカードゲームみたいな戦いする小説だって?」



たくっちスノー
「この中で一人!石動惣一のマガイモノがまだ分かっていないんだよ...」

ガラッ

海斗
「雪さん!海上さんが!」

たくっちスノー
「えっなに...本当に何があったのそれ!?」

【ああ、それくらいならうちの妹でなんとかなるから...ほらなんとかして】

たくっちスノー
「え、僕!?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【弓道...】

【水泳...】

【ベストマッチ...!!】


石動
「しっかりやってくれよぉ?俺特製のマガイモノ」



石動
「【アナザーヒーロー】!」

END

『トライヒーロー計画』【7】 ( No.138 )
日時: 2018/09/19 10:36
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

前回のあらすじ

あっちこっちのヒーロー組織へクローン騒動(ロスヒ参照)の謝罪参りを行っていた海斗と水晶。

その道中、エデンと海上が戦っているのを発見し交戦する

その最中、細身の存在が乱入してきて...?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「どう?終わらせた?」

海斗
「う、うん...なんとか」

水晶
「大変だったよ...」

海斗
「いや、まさかラグナロクが海外にあるなんて...」

たくっちスノー
「今回は非常時だから特別だけど、次からはちゃんとパスポートを使おうな?」

海斗
「はい」

たくっちスノー
「それで次はどこ?」

海斗
「もう大丈夫ですよ、エデン探し手伝いますよ」

たくっちスノー
「...すまないね」

...

たくっちスノー達はミライシティへと戻り、仮面ライダーエデンをさがす

たくっちスノー
「...ねぇ、おかしなこと言っていい?」

海斗
「おかしなこと、ですか?」

たくっちスノー
「仮面ライダーエデンはさ、時空牢獄から殺害が許可されて...僕も君も、殺しても咎められなくなった」

海斗
「はい」

たくっちスノー
「その時さ...自分なりに本気を出してエデンと戦おうって決めた、のはいいんだがまだ...」

海斗
「何か会ったんですか?」

たくっちスノー
「対したことじゃないよ、自分は今でも...あんな奴ですら、殺すことに躊躇してしまうんだよ」

たくっちスノー
「話が通じる奴じゃないって、とんでもない奴ってわかっているんだけど...」

たくっちスノー
「それでもさ、殺したところで何になるって思うんだ、変かな?」

海斗
「...どうでしょうね」

たくっちスノー
「ま、考えたところで答えなんか出るわけないよなぁ...」

水晶
「...そんな事考えたりするんですね」

たくっちスノー
「まあね...でも、エデンの事、どうにかしないとな」

たくっちスノー
(後、石動の事も)

その時だった...海斗の背後に何かが現れる

たくっちスノー
「...海斗君、後ろだ!」

海斗
「えっ?」

「...!!」

海斗
「あの時の細身の何か!?」

「...戦場の一族!」

たくっちスノー
「...狙いは君だ!気を付けろ!」

海斗
「わかっています!」

『トライヒーロー計画』【7】 ( No.139 )
日時: 2018/09/19 14:21
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「海斗君!これ使って!」

たくっちスノーはヒーローソウルを投げ渡す

海斗
「こ、このソウルは?」

たくっちスノー
「万じょ..知り合いが協力して作ってくれた特別な品だ!」

海斗
「分かった!ソウルチェンジ!」

【クローズビルド!!Be・The・One!!】

ソウル(海)
「こ、これは凄い...!!」

たくっちスノー
「ビルドとクローズの力を1つにした特別な仮面ライダーだ!」

ソウル(海)
「うりゃっ!!」

ソウルが飛び出すと、細身の存在の後ろへと回る

ソウル(海)
「凄い!追い付けた!」

「...!?」

たくっちスノー
「ドラゴンのパワーも健在だ!そのままいけ!」

ソウル(海)
「はい!」

そのまま殴り、細身の存在を叩き落とす

ズドォォォォン!!

ソウル(海)
「よし!」

「...更に進化した?」

ソウル(海)
「さらに...!!」

ソウルが左腕を出した瞬間、細身の存在は肩の上に乗る

ソウル(海)
「...いつのまに!?」

たくっちスノー
「まだ本気を出していなかったのか!?」


(...もしかすると)


細身の存在は刀を仕舞い、鞘でソウルを叩き落とす

ソウル(海)
「うわっ!」

たくっちスノー
「鞘であの威力か!?」

「.....」

ソウル(海)
「な、なんて力だ...一体何者なんだ!?」

「...お前」

ソウル(海)
「ん?」

「お前は戦場の一族だろう?」

ソウル(海)
「え?...ああ、まぁちょっと前に知ったばかりだけど、一応そうだよ」

「...そうか」

ソウル(海)
「...あの!それより貴方こそ一体誰なの!?」

「ああ...自分か?」

「自分の名は、戦場雁大陸」

たくっちスノー
「...え?今、戦場雁って」

「...知っているのか?」

たくっちスノー
「う、うん...知っているよ、この世界じゃないけど」

ガシュウウウウン

海斗
「ど、どういう事です雪さん?」

たくっちスノー
「言いにくいんだけと、実はね...」


...

海斗
「別世界の俺が戦場雁の名字の子と会っていた!?」

たくっちスノー
「うん...子といっても、赤ん坊だけどさ」

「その子の名前は?」

たくっちスノー
「たしか、戦場雁陸人...だったような?」

「陸人...か。」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。