二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.273 )
日時: 2019/09/01 14:15
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: e/ZG7OkK)

メル
「ああ!?ゼロゼロゼロだぁ!?」

ドーラ
「ゼロ!ゼロ!ゼロ!」

シキ
「や め ろ」

メル
「0‥‥‥ゼロ‥‥‥お前の出番だ!!【マジンガーZERO】で再革命!!」

ナタリー
「何ーーっ!!?」

ジャニス
「ここで元通りだと!?」

メル
「時計少女と魔トリョーシカを捨てたのは愚策だったなぁ?」

シキ
「それが何よ」

シキ
「マジンガーZEROだって所詮は漫画なんだから【作者】で勝てるわ」

メル
「チッ‥‥‥‥」

ドーラ
「作者ならこれを使えば余裕だよ」

ドーラ
「【毒薬】でお陀仏だ」

ラヴィ
(マジンガーZEROの作者さんごめんなさい)

ナタリー
「毒薬は確かに確実に人を殺す事も出来ますが、毒性反応みたいな証拠も残りますわね」

ナタリー
「その点【デスノート】は何の証拠も残らないから殺人道具としては上ですわ」

メル
「名前さえ分かれば謎の心臓麻痺で殺れるからな」

ジャニス
「デスノートは見た目的にはただの本か?」

ドーラ
「そうだね、真っ黒なノートだよ」

ジャニス
「そうか、なら紛失してしまえば何の意味も持たなくなるな」

ジャニス
「【底なし沼】に落としてしまえばいい」

ナタリー
「もう二度と拾えませんね」

メル
「そんな夜神月見たくねぇ」

ラヴィ
「底なし沼ですか、では底なし沼に落ちても問題ないということにしましょう」

ラヴィ
「【負けイベント】」

ドーラ
「底なし沼に落ちた後どうなるんだいそれ」

メル
「負けイベント?知るかよ!その幻想をぶち殺す!!」

メル
「【帽子世界】の底なし沼なら上がれる!」

ドーラ
「この世界当たり前のようにワープあるからね」

ラヴィ
「なんとなく仕組んでると思ってました」

ジャニス
「しまった、こちらも帽子世界7大迷惑仕込んでおくべきだったか」

ナタリー
「帽子世界かビッグママは入れてると思いましたわ」

メル
「うるせー!!いいから早くしろ!」

シキ
「ないわよ帽子世界に勝てるカードなんて‥‥‥‥パス」

ドーラ
「ボクもパス」

ナタリー
「私もありませんわ」

ジャニス
「ふむ‥‥‥‥帽子世界か‥‥‥ゲームとはいえあまり歯向かいたくはないのだが」

ジャニス
「【クォーツァー】で歴史書き換えるか」

シキ
「歴史来たかー!!」

ドーラ
「お前達の帽子世界って、醜くないか?」

ラヴィ
「ある意味救われるようなアリなような‥‥‥パスです」

メル
「あ?クォーツァーがなんだ、こっちは【オーマジオウ】だぞ」

シキ
「なんでダイレクト特効入れてんのよ」

ドーラ
「皆で見に行ったあの映画、面白かったから仕方ないね」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.274 )
日時: 2019/09/01 14:49
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: .3DSw5US)

ラヴィ
「オーマジオウのスペックってどれくらいですか?」

シキ
「ヨウコによると相手よりも強くなるんっですって」

ジャニス
「語彙大富豪出禁にしろそんなやつ」

ドーラ
「いや、尿意には負けるでしょ」

ナタリー
「尿意を出禁にするべきでは?」


シキ
「まあどんなスペックでも【ハンター】には勝てないでしょ」

ラヴィ
「カキコの逃走中はどんなキャラでもスペック普通レベルにしますからね」

ドーラ
「前にオール・フォー・ワンの扱いで揉めたりしたけどね‥‥‥‥」

メル
「なんだこの意外な方向からのメタは」

ドーラ
「ハンターか‥‥‥‥今相手してるのは逃走中のハンター、つまりアンドロイドだ」


ドーラ
「コンピューター【ウイルス】に感染させよう」

シキ
「そういえばそういうネタ使ったカキコ逃走中ってあるのかな」

ナタリー
「これから仮面ライダーゼロワンが関わっていけば増えていくんじゃないかしら」

ラヴィ
「ハンターはヒューマギアじゃありませんから!」

ナタリー
「えーとえーと、ウイルスといえばあの映画ね、ネタバレになるけど黒幕として唐突に出てきたアレ」

ナタリー
「でも主人公はコレを選んでウイルスをうち果たしたわ」

ナタリー
「【ドラゴンクエスト】」

メル
「ユアストーリーの話かそれは!?」

ジャニス
「数多くの人間の心を狂わせたあの映画の話はやめるんだ」

ドーラ
「でも低評価率は二ノ国が上回ったらしいよ」

シキ
「なんで上回るんだよ!?」

ジャニス
「ドラクエ‥‥‥この中では無理だ、パス」

ラヴィ
「ドラゴンクエストはゲームですよね、子供がやり過ぎないように‥‥‥‥【親】が見守ります」

ナタリー
「ゲームは一日1時間ですのね」

シキ
「ふっかつのじゅもん打ち込むだけで数分削られるわ」

メル
「で、親か‥‥‥‥よーし」

メル
「ドンドンドン!ドンドンドン!」

メル
「オラッ!溜まりに溜まった【取得税】払えやオラッ!」

ラヴィ
「税金払う人はそんな言い方しませんよ!?」

シキ
「‥‥‥‥‥でも、親より税金の方が強いわね」

ナタリー
「‥‥‥あれ?待って、これ」



メル
「へっへっへ、あがりだ」

シキ
「こいつ‥‥‥強カード積みまくってたのに勝ちやがった‥‥‥!!」

ジャニス
「あの革命をよく凌げたな‥‥」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.275 )
日時: 2019/09/01 15:54
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: Umi1HurT)

シキ
「で、次‥‥‥‥取得税ねぇ?パスよ」

ドーラ
「無理だ、パス」

ナタリー
「パスよ‥‥‥」

ジャニス
「溜まりに溜まった取得税‥‥‥‥」

ジャニス
「まぁ【5000兆円】もあれば払えるだろう」

シキ
「そんなにあるなら払っときなさいよ」

ラヴィ
「‥‥‥‥5000兆円は強いですが、金でも解決できないものが」


ラヴィ
「【何もない】」

ナタリー
「管理人!管理人!!」

ドーラ
「処刑弾撃たなきゃ‥‥‥‥」

シキ
「まさかラヴィからこんな爆弾が飛んでくるなんて思わなかったわ、パス」

ドーラ
「そこらの生物や兵器じゃアブノーマリティには勝てないよね、パス」

ナタリー
「こうなったらプロを呼ぶしかないわね、アブノーマリティの専門エージェント、及び」

ナタリー
「【ガチ勢】を」

メル
「ガチ勢!?」

ジャニス
「そういうのはガチ勢と言うのか‥‥‥?」


ジャニス
「だがそれらと同等の力を持つもの達もいる、その名は【ニンジャ】」

ドーラ
「忍者?」

シキ
「いや、これ多分あっちのニンジャよ」

メル
「あっちのニンジャ知らないんだよ‥‥‥‥」

ラヴィ
「無理です、パス」


シキ
「ニンジャねぇ‥‥‥よーやくこれ出せるわ」


シキ
「【金的攻撃】でクリティカルヒットよ」

メル
「これは痛い」

ドーラ
「【ドラゴン】には玉はないから勝てるよ」

ナタリー
「何その理屈‥‥‥パスで」

ジャニス
「ドラゴンか、しかし‥‥‥‥【マジでキレた時のメル】には敵わない」

管理人
「「「「「確かに!!」」」」」

メル
「納得するのか今ので!?」

ジャニス
「あがりだ」


ラヴィ
「怒った時のメル様ですか‥‥‥‥とりあえず【ピーマン】を詰めれば収まるでしょう」


メル
「肉か自分は!?」

シキ
「美味しいよね、ピーマンの肉詰め」

ナタリー
「メルも口にピーマン詰めたら死ぬでしょ?」

メル
「メル様じゃなくても死ぬわボケ」

シキ
「えー?ピーマン?」

シキ
「とりあえず【地雷】で吹っ飛ばしとくか」

ラヴィ
「食べ物を粗末にしてはいけません!」

ドーラ
「地雷なんて【鉄球】で狙い撃ちだよ」

ジャニス
「もうなんでもありだな」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.276 )
日時: 2019/09/01 16:50
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: F9bxWwot)

ナタリー
「私の番‥‥‥ならば、地雷の痛みすら忘れるほどの強い痛みを浴びせる!!」

ナタリー
「くらえ!!男では耐えられない痛み!」

メル
「なんでそんなもん持ってんだよ」

シキ
「金的で革命起こせそう」

ドーラ
「どっちみち地雷を踏んだやつは無事で済まないよねコレ」

ラヴィ
「か、勝てません‥‥‥パスします」

シキ
「男では耐えられない痛み?」


シキ
「つまり女は耐えられるのね?」

シキ
「【強欲なウツボ】」

ナタリー
「その流れでそのカードはおかしくありません?」

ジャニス
「というかそのカードで何に勝つ気だ」

シキ
「出せたらこっちの物よ」

ドーラ
「うえー‥‥‥ウツボかぁ、パス」

ナタリー
「ウツボなら【鉄拳】浴びせとけば倒せますわね」

メル
「めっちゃヌルヌルしそう」

ラヴィ
「うう‥‥‥パスです」

シキ
「ウツボに鉄拳?そんな危ない事をするやつは【出入り禁止】よ、はい上がり」

ドーラ
「あ、じゃあ追い打ちをかけて【突然の豪雨】」

メル
「ウツボを殴っただけでこの仕打ちか!?」

ナタリー
「こうなったら【光】線で雨雲を」

メル
「そんなこじつけ通じるか!!チェック!!」

ラヴィ
「私も勝てません」

ドーラ
「じゃあ流してボクがこれ置いてあがりね」

【孔明の罠】

ナタリー
ラヴィ
「無理です!!」

メル
「じゃあ終わりだ‥‥‥へへへ、長かったなぁ」

ドーラ
「語彙大富豪って本当にぶっ飛んでるよね」

メル(1位)
〇『所得税』
〇『鋼の肉体』
〇『殺戮者のエントリー』
〇『無法』
〇『マジンガーZERO』
〇『なろう主人公』
〇『イマジンブレイカー』
〇『帽子世界』
〇『オーマジオウ』
〇『ワンパンマン』

シキ(3位)
〇『驚異のスルースキル』
〇『ハンター』
〇『出入り禁止』
〇『作者』
〇『腹ペコ』
〇『時計少女』
〇『地雷』
〇『強欲なウツボ』
〇『ザ・ワールド』
〇『金的攻撃』

ドーラ(4位)
〇『尋常ではない尿意』
〇『ドラゴン』
〇『魔トリョーシカ』
〇『孔明の罠』
〇『ウィルス』
〇『サーッ!(睡眠薬)』
〇『鉄球』
〇『モブおじさん』
〇『突然の豪雨』
〇『毒薬』

ナタリー(5位)
〇『ヒロイン』
〇『男では耐えられない痛み』
『光』
〇『ガチ勢』
〇『鉄拳』
〇『百合に突然割り込んでくるおっさん』
〇『デスノート』
〇『ワザップジョルノ』
〇『ドラゴンクエスト』
〇『洗脳』

ジャニス(2位)
〇『YouTuber』
〇『5000兆円』
〇『事故』
〇『ビームライフル』
〇『底なし沼』
〇『ニンジャ』
〇『現実』
〇『死亡フラグ』
〇『クォーツァー』
〇『マジでキレた時のメル』

ラヴィ(5位)
『例外処理』
〇『負けイベント』
〇『親』
〇『0%0%0%』
〇『オムライス』
〇『清潔と消毒の徹底』
〇『ドン!(擬音)』
〇『ピーマン』
〇『デーモンハンド』
〇『「何もない」』



雪がメル様を褒めるだけ ( No.277 )
日時: 2019/09/07 18:11
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: N1UrjlWa)

※このエピソードは新訳帽子世界のネタバレを含みます


ある日‥‥‥‥


ハインリヒ
「‥‥‥‥君が、宅地雪君か」

たくっちスノー
「あ、貴方は確かハインリヒ氏‥‥‥」

ハインリヒ
「君を呼んだのは他でもない、是非とも聞いておきたいことがあるのだ」

たくっちスノー
(この人‥‥‥‥確か、不老不死の研究をしてるんだったな‥‥‥‥なにを聞く気だ?マガイモノの作り方か?それとも実験台にしようってか?)

ハインリヒ
「メル‥‥‥‥どう思う?」

たくっちスノー
「えっ?」

ハインリヒ
「君は、メルの義理の弟なのだろう?」

たくっちスノー
「え、ええ‥‥‥‥何故それを?貴方はメルの何なんです?」


ハインリヒ
「私はメルの父だ」

たくっちスノー
「ほえええーーーー!?」

たくっちスノー
(う、嘘だろ!?メル姉に父親が!?初めて会った頃はそんな気配も設定もなかったはず!?)
※新約帽子世界で初登場

たくっちスノー
「ど、どう思うって‥‥‥‥メルの事を?僕に?話せと?」

ハインリヒ
「ああ」

たくっちスノー
「‥‥‥‥‥メル姉には言いませんよね?」

ハインリヒ
「言わない」

たくっちスノー
「‥‥‥‥‥‥‥‥まぁ、その、お父さんの前で言い難いんですが、一言で言うなら」





たくっちスノー
「めちゃくちゃかわいいです」

ハインリヒ
「‥‥‥‥どういった部分が?」

たくっちスノー
「‥‥‥‥ギャップですかねぇ?例えば」

‥‥‥‥‥

メル
「おいたくっちスノー、アイス買ってきてくれ」

たくっちスノー
「んー、わかった」

数分後

たくっちスノー
「はいコレ、アイス‥‥‥‥て、布団から出なよ」

メル
「やだよー‥‥‥‥メル様ずっとこうしてるぜ、眠いから」にへら


たくっちスノー
「うっ!!」

‥‥‥

たくっちスノー
「メル姉は気づいてないかもしれないけどね、普段荒っぽい人がゆるい顔してると結構くるんだよ」

ハインリヒ
「少し単純すぎないか?」

たくっちスノー
「でも貴方も似たようなの見たら悶えますよね!?」

ハインリヒ
「何となく共感はするが悶えたりはしない」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。