二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.424 )
日時: 2021/03/27 20:35
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【パワプロアニメ感想や思ったことなど】

金舞 (メイドウィン小説におけるパワプロ)
「遂にパワプロアニメも来週で決着か!」

矢部
「遂にパワプロくん達にも声がついたでやんすね」

スバル
「全四話のWebアニメとはいえ、これも大きな1歩だよ」

金舞
「このままの勢いで行けば他の高校もアニメ化するかもな!」

矢部
「パワプロくんもキャッチャーとしてよく頑張ってたでやんす」

金舞
「まぁ主役はスバルみたいなものだけどな」

スバル
「僕の【スタードライブ】もあれほど大層に扱われると嬉しいものだよ」

金舞
「来週はいよいよ木場との決戦!あいつも呼んで一緒に視聴しようぜ!」

矢部
「そうでやん」


「ちょっとまったーーーー!!」

金舞
「ん?この声は‥‥‥‥まさか!!」


虹谷
「パワプロ!!このアニメはおかしいぞ!!どうしてボクが登場していないんだ!?一応ラスボスだよ!?」

金舞
「いや‥‥‥‥なんというか、お前は木場と比べて因縁が薄いんだよ」

矢部
「小筆ちゃんのナンパイベントが消された時点で察してほしいでやんす」

スバル
「それ以前にキャスト発表されてなかったよね?」

虹谷
「ぐぬぬ‥‥‥まさかボクどころか天空中央の名前すら出てこないとは」

金舞
「もしかしたら2話の地区大会リストに名前はあるんじゃないか?」

虹谷
「嫌だよそんなの!モブキャラじゃあるまいし!白州の須々木だってちょこっと出たのに!」

金舞
「‥‥‥‥‥てかさ、正直なところ‥‥‥お前みたいなサクセスのラスボスキャラって扱いに困るんだよ」

金舞
「最近のサクセスはキリルみたいな因縁のライバルとかそういうの増えてきたけど、初見だから何となく困るというか」

矢部
「強いからアンドロメダとか円卓が用意されてる感覚でやんしたね、仮にアニメSG高校編とか出たとしても冴木さんがラスボスになりそうでやんす」

スバル
「もう天空中央編を期待するしかないんじゃない?」

虹谷
「じゃ、じゃあ北雪高校編はどうだ!?あれはボクも出るし女の子も多いから出すならそっちの方がいい!」

スバル
「ごめんそっちには聖ジャスミンいるから」

矢部
「ただそうなるとあの一行全員のキャスト考えないといけないでやんすから難しいところでやんす」

金舞
(北雪高校編かぁ‥‥‥‥やっぱりハーレムエンドなのかなぁ)エヘェ

金舞
「‥‥‥‥‥まぁ、それはそれとしてさ」

虹谷
「それとしてとか言うな!ボクは真剣に悩んでるんだぞ!?」

金舞
「多分4月以降のピース、アニメに便乗した奴になるんじゃないかと考えるとなぁ」

金舞
「最初が冴木オクタ、今月までのが堂江ともねちゃん、中々強いやつをくれるようになったけどさ‥‥‥」

金舞
「修羅木場は今ガチャで復刻してるからピースはありえないし‥‥‥暗黒スバルか三多村でも来てくれたらラッキーぐらいかなぁ」

矢部
「デスノ小筆ちゃんの可能性も」

スバル
「ないない」

虹谷
「‥‥‥‥!!」

虹谷
「そうか、そういうことか!!ボクがいないのはつまり、4月のピースに【降臨】虹村誠が登場するという布石‥‥‥?」

スバル
「いやそっちよりも暗黒スバルを‥‥‥‥」

金舞
「‥‥‥‥まぁ、来週も見るしピースも集めるけどね」

END
感想OK

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.425 )
日時: 2021/04/01 09:52
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: fhP2fUVm)

【2021年エイプリルフール特別企画】

……………

たくっちスノー
「皆さんは知っているだろうか?カキコ逃走中に勝ち抜いた選ばれし者達は賞金をどのように使用しているのか」

たくっちスノー
「テレビ内で使い道を話してる人はだいたいその通りにしているが、そうでない人は?」

たくっちスノー
「彼らは一体何に賞金を使っているのか、それを調べていくうちに…………とんでもない物に出会うことになる」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

〜クロノス社〜

たくっちスノー
「月村さん、逃走中プレイヤー、成功者500人にとったアンケートの結果が出ました」

たくっちスノー
「まず1つ、賞金は貯金しているか?というアンケートに対し、『していない』と答えた人が98%もいました」

月村
「そういうものでしょう」

たくっちスノー
「これだけじゃありません、貯金していない人に【賞金をどれくらいの期間で使い切ったか?】と再度アンケートを取りましたが………」


たくっちスノー
「その内の半数以上が【1週間以下】と答えたんです」

月村
「…………我々が用意している賞金の額は?」

たくっちスノー
「ウン100万………アルティメットだと合計で億は用意しますね」

月村
「それを僅か1週間………確かにそれは妙だと感じるな」

たくっちスノー
「そうすね、全員がソシャゲプレイヤーやギャンブラーという訳でもありませんし………俺も調べてみたところ」



たくっちスノー
「とんでもない所を見つけました………」

……………

たくっちスノー
「………まさか、一緒について行くとは思いませんでした」

月村
「彼らの賞金の使い道は僕も個人的に気になっていたんだ」

月村
「あれだけの量をどうやって使い切るのか…………」

たくっちスノー
「………その理由が、あれにあるんです」


たくっちスノー
「時空最大級の規模を持つ、超リッチ専用大型ショッピングモール………」

たくっちスノー
「時空企業グレートショッピング、通称『黄金天国』…………!!」

たくっちスノーと月村サトシは、逃走中の賞金の道を知るために大きな店へと足を踏み入れる………

例えそれが修羅の道であったとしても………

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.426 )
日時: 2021/04/01 12:09
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: fhP2fUVm)

………

たくっちスノー
「純金の移動床とは、まぁなんて豪華な」

月村
「開幕だが、君は財布にどれだけ入っている?」

たくっちスノー
「えっ、なんか買う気なんですか?」

月村
「仮にもショッピングモールに来ているわけだからね、興味深いものでも見つけたら買うのも悪くないと思っている」

たくっちスノー
「大金持ちの為の店だからな………とりあえず貯金から5000万は出してきました」

サトシ
「僕は先程2億下ろして、ブラックカードも用意した」

たくっちスノー
「に、2億!?そんなに!?流石逃走中の最高ゲームマスター………」

サトシ
「これでも給料の半分は月面コロニーの布教に回しているよ」

たくっちスノー
「お、見えてきましたよ…………なんかチケットみたいなの買うみたいです」


【入場料 1日100000円】

たくっちスノー
「はあ!!?1日で………じゅ、10万もすんの!?」

月村
「………入場料でこの額か、相当だ」

たくっちスノー
「くっ………数千万持ってきて良かった」

…………


月村
「中に入ったはいいが………時空最大規模、広すぎてどこから見ればいいのか………」

たくっちスノー
「まずは適当にブラブラしてみましょうや」

…………

たくっちスノー
「おっ、世界旅行券売られてるぞ」

たくっちスノー
「世界丸々アミューズメント施設に改造されてる所もあるからなぁ、まぁ売っててもおかしくない」

たくっちスノー
「見てくださいこれ、海鮮バイキング漫画図書館付きホテル込みの海底旅行3泊4日、120万円もするみたいです」

月村
「………アミューズメント世界といえば、前に時空監理局が手がけた例の………」

たくっちスノー
「なんだかんだで今大人気のテーマパークらしいっすねあれ………ほら、1ヶ月遊び放題券、2000万はするのにもう完売してますよ」

※汝は災害なりや?参照


「げっ、マジかよ!?せっかく貯めてきたのにもう完売か………って、お前ら!!」

たくっちスノー
「お前は………レオン!」

月村
「やはり来ていましたか」

レオン
「まあな、クロノス社のトップクラス2人こそここに何しに?」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.427 )
日時: 2021/04/01 12:22
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: fhP2fUVm)

…………

レオン
「俺たちの賞金の使い道が気になると」

たくっちスノー
「数百万は渡してるのに何にそんな使うわけ?」

レオン
「ま、立ち話はなんだし何か見ていこう」

たくっちスノー
「お前って何買うの?」

レオン
「実の所何買うかは決めてない、ブラブラ〜っと回って適当に見ていくんだよ」

レオン
「俺に限らず逃走者は大体そうだよ」

たくっちスノー
「ふーん、じゃあ俺達も適当に見ていこう」

………

レオンはまず最初に数多くの樽やワイングラスが次々と並んでいくコーナーに足を運ぶ

レオン
「洋酒のコーナーだ、ここにあるものは皆20年モノ以上らしいぜ」

月村
「年月と出来の良さは関係ないかと思………」

たくっちスノー
「あっ!!あれは!!」



たくっちスノーの目線の先には、シャンパンを飲む巨体の男性という異様な姿が………



オリバ
「これはまた、格別なシャンパンだ……いいねぇ」



たくっちスノー
「す、すげぇ………UNCHAINのビスケット・オリバだ………本物だ………」

レオン
「………」

たくっちスノー
「これでも俺、元犯罪者だからな………ああいうアウトローっていうか裏を支配する人が好きなんだよ」

レオン
「ビスケット氏って確か囚人なのに平気で外に出て、自分の部屋はVIPルームもびっくりな高待遇なんだろ?贅沢な奴だよなぁ」

月村
「アンチェインはポケットマネーすらも自由という訳ですか………大丈夫なんですか、この店」

レオン
「そういうのは大丈夫だろ、ほら行くぞ」


…………

レオン
「お前らオモチャとかゲームに興味無い?」

たくっちスノー
「あるある!めっちゃある!」

レオン
「ゲーセンやゲームショップも結構あるんだが、俺のオススメ紹介してやるよ」クイクイ



………

次に通ったのはネオン輝く巨大な入口……

レオン
「これが俺や逃走者の行きつけのバーチャルゲームセンターだ」

レオン
「その名の通りVR体感ゲームがここに沢山あるんだ」

レオン
「おまけにハイスコアを取ると景品までくれるんだよ」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.428 )
日時: 2021/04/01 12:29
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: fhP2fUVm)

レオン
「シューティングとかゴルフとか、ハーレムなんかもあるぜ、VRゲームの祭典だ」

レオン
「特に人気なのがアレ!『hunting simulator』」

レオン
「プレイヤーは10人のハンターの1人になって逃走者を沢山捕まえる、効率とスピード、数を競い合うハンター側になれるゲームなんだよ」

たくっちスノー
「へー、ハンターになれるゲームか………憂さ晴らしには丁度いいな」

レオン
「そこに両替機あるからやってみるか?」

月村
「……………なるほど、これは興味深い」カチャッ

月村はハンターのサングラス型VRゴーグルを付けてお金を入れると………



「game START!!」

月村
「!」

月村の衣装はハンターのようになり、周囲に逃げる人々の姿が………

月村
「なんて発展したVR技術だ………よし!」

ーーーーーーーーーーーー
〜数分後〜

月村
「なんとかクリア出来たか………」

レオン
「初めてでイージーを5分24秒でクリアか、大したもんだなゲームマスターも」

たくっちスノー
「お前はどれくらいなの?」

レオン
「ノーマルはいけたがハードモードがどうしてもクリア出来ねぇんだ、アスリート選手並になりやがる」

レオン
「なんでも逃走中が近くなると逃走者データが俺達になるみたいでよ、緊迫感増すんだってさ」

たくっちスノー
「自分を追っかけるってのも変な感じだな………てか、お前よくそんなに出来るよな」

レオン
「逃走成功者は特別に3割SALEだぞ、勝ったことないお前は知らねぇか」

たくっちスノー
「悪かったな万年敗北者で!こうなったらこのゲームで覇者になってやる!」

レオン
「もういいから次行くぞ、逃走者はここに溜まってるわけじゃねーし」

…………



或人
「うーん……どれにしようかなぁ」

たくっちスノー
「あっ、或人!」

月村
「こんにちは、飛電社長」

或人
「えったくっちスノー………月村さん!?どうしてここに!?」

月村
「今日は軽く………貴方こそここで何を?」


或人
「いやー………どうにも悩んじゃいましてね、お金の相談とか………」

たくっちスノー
「お、或人は何が欲しいんだ?」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。