二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



『トライヒーロー計画』【10】 ( No.175 )
日時: 2018/09/26 16:03
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海上
「...フッ!!」

たくっちスノー
「そういえば、海上さんにも能力があるんだよね?」

ソウル(海)
「あ、はい...なんでも、『超怪力』という能力らしくて」

たくっちスノー
「能力まで脳筋なのかよあの人...」

海上
「お前達は海中を遠くへ」

大陸
「分かった...ん?なんかもう一人居るが」

水晶
「あれ!?この人って確かアルテミスの...」

海上
「構わん、邪魔になるから一緒につれていけ」

水晶
「は、はい!」

水晶と大陸は二人を連れて出ていく

ブラッドスターク
「放置していいのか?」

海底
「戦場雁の一族なんて興味ない」

ブラッドスターク
「ああそう...んじゃ、やっちゃいますか」

たくっちスノー
「海上さん、ブラッドスタークはあのスチームブレードから氷と雷のガスを出してきます...煙に注意してください」

海上
「煙変力か」

たくっちスノー
「何言ってるのか全然わかりません」


海底
「戦場海上...数百年前の俺様と同じと思うなよ」

海上
「それは...こちらも同じだ」


海底
「フッ!!」

海底は手を掲げると、巨大な膜が発生し二人を押し出す

ソウル(海)
「な、なんだあれ!?」

石動
「あ、これは俺も知ってるぞ...確か戦場海水とかいう奴の『防御力』!」

海底
「そんな奴だったか?」

ブラッドスターク
「覚えといた方がいいって、お盆とか彼岸の時困るぞ?」

海底
「親族の名など興味ない」

ブラッドスターク
「無愛想な奴だ」

たくっちスノー
「やれるか?」

海上
「...能力を使っていたのは何百年も前だぞ?」

たくっちスノー
「それは海底も同じだよ」

海上
「それもそうか...ならば、試してみる価値はある」

海上
「これが戦場の覇者の力だ」

海上の左腕が巨大化していく

ブラッドスターク
「おお...これが超怪力かぁ!!」

たくっちスノー
「.....まさか骨格まるごと変えてくるとは」

たくっちスノー
「おかしいなぁ僕冗談抜きで平和で普通な世界に休暇しに行ってたはずなんだけどなぁ」

海上
「...!!」

バン!!!

海底
「無駄だ!この防御膜を破ることなど...」

海上
「まだ足りない、もう一押し分足りない」

たくっちスノー
「海上さん!貴方もT兄さん...マガイモノの子!」

たくっちスノー
「マガイモノ奥義を使うんだ!」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.176 )
日時: 2018/09/26 17:46
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

海上
「マガイモノ奥義...か」

グッ!!

海上
「戦場海斗に出来て俺に出来ぬわけがない」

ズドォォォォン


ブラッドスターク
「あっ、マガイモノ奥義は冗談抜きでまずい...」

ブラッドスターク
「ふあああああああ!!」

【エレキスチーム!】

海上
「...!!」

ブラッドスタークは稲妻のガスで上から押し出すが...

海上
「ふんっ!!」

そのまま押し潰していく

ソウル(海)
「防御膜を破った!」

海底
「ば、バカな!」

海上
「終わりだ!」

海底
「グッ!!」

ブラッドスターク
「うおっ!!」

そのまま海底とブラッドスタークは吹き飛ばされ、オーマジオウの力が解ける

たくっちスノー
「...歴史のブレが無くなった!オーマジオウの力が無くなったよ!」

海底
「...オーマジオウのソウルに一族の力を混ぜたのは失敗だったか」

ブラッドスターク
「おっと、このままじゃまずい!」

【アイススチーム!】

スタークは後ろの海水を凍らせ、落下を防いだ

ブラッドスターク
「ンフフフフフフ、戦場の一族!」

ブラッドスターク
「なんて面白い奴なんだ!調べ甲斐があるぞ!」

ブラッドスターク
「有り合わせとはいえ、魔王の力を上回るとはな!」

ブラッドスターク
「これが戦場の一族の戦士と、マガイモノの王の力!」


ソウル(海)
(この人、まだ余裕そうにしている...!?)


ブラッドスターク
「だが...俺は常にその先を行く!」


ブラッドスタークは赤い残像となって海斗の背後に...!?


ソウル(海)
「う!?」ブスッ

たくっちスノー
「!?」

ブラッドスタークは細長く伸びる針のようなもので、ソウルを刺し、担ぎ上げる

たくっちスノー
「あっ...海斗君!」

ブラッドスターク
「詰めが甘いぞ代理局長!」

ブラッドスターク
「海底、俺は今からこいつの設定を徹底的に解析する」

ブラッドスターク
「まぁ、退屈はしない...何せ俺の最高傑作がそろそろやってくるはずだからな」

たくっちスノー
「最高傑作...!?お前、一体何を作って...」

ブラッドスターク
「チャオ!」


そのままブラッドスタークは赤い残像となり、空へと飛んでいった

たくっちスノー
「海斗君!!」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.177 )
日時: 2018/09/26 18:51
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「どうしようどうしよう...海斗君が...」

海上
「震えるなマガイモノの王、海底はすぐそばだ」

たくっちスノー
「分かっているけど...」

その時だった、マガフォンから着信音が

たくっちスノー
「...石動か?ちょっと引き付けておいて!」

海上
「分かった」

たくっちスノー
「もしもし?」

【ああ、たくっちスノー?】

たくっちスノー
「あれ?この声って...!?」

【ほら、私よ私!!戦場海中!!】

たくっちスノー
「い、いや分かってますよ!!でもなんで!?」

たくっちスノー
「自分、貴方にマガフォン渡してませんよ!?それにマガイモノしか...」

海上
「海中にはカラクリを操る機械力という能力がある」

たくっちスノー
「なるほど大体理解した」

【それで...海斗はどこ?伝えたいことがあるんだけど】

たくっちスノー
「...海斗君はいないよ、石動に連れ去られて」

【はぁ!?...ったくタイミング悪いわねあいつは】

【えーと...地図見るか...あ、この場所ならいいか、あいつ居るし】

【で、今もしかしなくても海底の所居るでしょ?だからあんたには話さない、んじゃ!】ピッ

たくっちスノー
「あっ、ちょっと...急に切っちゃった、せっかちだなぁあの人」

海上
「海中からか、用件は?」


たくっちスノー
「うーん、よくわかんないけど海斗君を探していたみたいだけど...」

海上
「...あいつはわざわざくだらない事を言う奴じゃない」

たくっちスノー
「期待していいってこと?」

海上
「...」

再び着信音が

【ああもしもし?】

たくっちスノー
「今度こそ石動か...」

【なんだよぉ、俺以外にテル友がいるのか?嫉妬しちゃうなぁ】

たくっちスノー
「...電話の相手なんていくらでもいるし、自分は君とテル友になった覚えはない!」

【そういえば例の最高傑作の話をしてなくまてさ、まぁ1つしか作ったことないから最高傑作なんだけど】


『水泳...』

たくっちスノー
「!!」

【お!その声はもう来てるな!】

海上
「後ろか」


『弓道...』


【よく出来てるだろ?俺のマガイモノシリーズ『アナザーヒーロー』だ!】


たくっちスノー
「おい...マジかよ...」

【さぁ!存分に暴れろ...アナザービルド!!】


『ベストマッチ...!!』

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.178 )
日時: 2018/09/26 22:55
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

.....

「おーい」

海斗
「う、んん...」

「おーい、気が付いたかい?」

海斗
「ええ...?」

「全く、やっと気が付いたか」

海斗の目の前には、見知らぬ男性が

海斗
「え、誰?」

「...うむ?ああ、そういえばこの時代で人前に姿を晒すのは初めてになるかな、そういえばそうだ」

「私の名前は戦場大海」

海斗
「大...海...?」

「うーむ、やっぱりこれじゃ分かんないか」

「ほら、たくっちスノーの兄の...」

海斗
「Tさん!?」

T
「やっと気付いたか!...でも、本名を言わなかった私のミスでもあるか」

T
「あれー?私って君に本名話したっけなー?」

T
「まあいいや、何があったの君?」

T
「コブラの毒盛られてたんだけど」

海斗
「毒!?」

...

T
「なるほどねぇ...んじゃ今はたくっちスノーと海上が頑張ってるわけだ」

海斗
「油断してた...」

T
「心配しなくとも毒は抜いておいた、すぐ向かえる」

海斗
「あの、石動は...」

T
「ああ、あの赤いのなら追い払っておいたから」

海斗
「追い払った!?」

T
「うん、曲がりなりにも戦場の一族だからね」

海斗
「ほえ...あ、あの!もう1つ聞いていいですか!?」

T
「うん、なんだい?」

海斗
「なぜ貴方がここに?」

T
「海中の頼みさ」

海斗
「海中さんの?」

T
「...実はね、彼女が君の探しているものを見つけたらしくって」

海斗
「俺の...まさか、クリスタルの時空装置を!?」

T
「...彼女によるとね」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

海中
「戦場海斗から存在はしているという情報を聞き出せただけでも余裕だったわ」

海中
「私の機械力で探しだして、落ちてんなら回収すればいいし、壊れてんなら直せばいいし」

海中
「でもまぁ!肝心な海斗がいないから、代わりに探してくれない?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

T
「ということだよ」

海斗
「す、すごいな...」

T
「時空装置の場所は調べておいた、この先だよ...ついてきて」

海斗
「あっ...はい!」

T
「それにしても、なんで時空移動装置なんて欲しいの?」

海斗
「あ、そういえば知らなかったですよね、実は...!!」

『トライヒーロー計画』【10】 ( No.179 )
日時: 2018/09/27 07:32
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

二人は山道を抜けながら話をする

T
「なるほど...勇者レイチェル」

海斗
「エデンを倒すにはあの人の力が必要なんです!」

T
「だから時空装置を...と、なるほどねぇ」

海斗
「早く時空装置を見つけないと...」

T
「ん?もしかしたらあれじゃないのか?」

海斗
「え?」

海斗達は、地面に埋まる何かを見つける

海斗
「も、もしかしたらあれかもしれない!!」

...

T
「どう?」

海斗
「よし、まだ動きそうだ!」

T
「わかるのかい?」

海斗
「え?...そういえば、なんで分かるんだろう」

T
「なんてね、この世界で一番あの子に関わってきたんだ、分からないわけないじゃないか」

T
「もしかしたら操作方法も自然と分かるかもしれないよ?」

海斗
「.....」

海斗がボタンを操作すると、不思議と指が進んでいく

海斗
「う、嘘...!?」

T
「呼び出す相手は間違えないようにね」

海斗
「は、はい...これでよし!」カターン

ブブブブブブ

時空装置は不安定な音とともに稲妻を放ち...

装置の隙間から、緑色の髪をした女性が出てくる


「...やや?一体ここはなんでしょう?私はみゃんみゃん芋の収穫をしていたはずなのですが」

海斗
「...これって成功なのかな?」

T
「聞いてみたら?」

海斗
「えーと...すみません」

「あっ、はい、なんでしょうか?」

海斗
「貴方が...レイチェルさんですか?」



「はぁ、いかにもレイチェルですが、こちらからも訪ねていいですか?ちょっと地名を把握しておきたくて...」

海斗
(不思議な人だなぁ)

...
『数分後』

レイチェル
「なるほど、ここは私の居るところとは別の世界...と」

海斗
「なんというか...こんなあっさり信じるのもちょっと拍子抜けですけど」

レイチェル
「ご主人様がよくパラレルワールドとやらに向かってらっしゃるので、似たような物かと思いまして」

海斗
「パラレルワールドって...ある意味別世界より珍しいんじゃ...まあいっか」

レイチェル
「それにしても、私を呼んでいる人がこんなところに居るとは」

レイチェル
「一体どんな方なんです?」

T
「うーん...会えば分かるよ、海斗、急いで戻ろうか」

海斗
「はい!」

END


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。