二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

ダリア【偉大なる仮面ライダーへ】 ( No.290 )
日時: 2019/09/15 13:25
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: ezZBxPWk)

‥‥‥‥

ダリア
「いやいや、随分面白い話を聞かせてもらったよ」

ダリア
「ここまで長居するつもりなかったけど楽しかった、また遊びに来るよ海斗くん」

ルメール
「オメーも早く帰れよ、喋るラジオとか怪しまれて分解されるぞ」

ダリア
「分かってる分かってる、それじゃあ失礼して‥‥‥‥あっ」


「どうしました!?」


ダリア
「‥‥‥‥‥ま、まずい、ラジオの電池が切れた」ザザッ

ダリア
「か、海斗くん、ここに来ておこがましいとは思うが、電池を買ってきてくれないかな‥‥‥‥」ザザッ

ダリア
「こ、個人的にはマンガン電池が好みなんだが‥‥‥」

ルメール
「知らねぇよ電池の好みとか」

海斗
「わ、分かりました買ってきます!」


「ほら海斗君お金!!」

海斗
「あっ、はいどうも!!」

‥‥‥‥

海斗
「ねぇ雪さん」


「なんだい?」

海斗
「ダリアの言ってることが本当なら、世界にはまだまだ俺の知らない仮面ライダーが居るってことですよね?」


「そうだね」

海斗
「なんか俺ワクワクしてきました、そんな仮面ライダー達と会ってみたいです」


「‥‥‥‥うん、そうだね」




「願わくは、世界中に流れ出した仮面ライダーが善人でありますように」


‥‥‥‥‥‥‥


スウォルツ
「ほう、あれが【仮面ライダーソウル】か」

スウォルツ
「仮面ライダーの歴史が乱れ、存在しないはずの数多くの仮面ライダーが現れたが‥‥‥‥都合がいい」


スウォルツ
「使えるものはなんでも使わなくてはな」



スウォルツ
「俺が王として君臨するために」




【デ ィ ケ イ ド】

‥‥‥‥


魔トリョーシカ
「ふーん、ダリアが仮面ライダーと接触したんだ」

魔トリョーシカ
「ボクの世界によって仮面ライダーの歴史が狂って、ここまで来るとは思わなかったよ」

魔トリョーシカ
「‥‥‥‥でも、まだダメだ」


魔トリョーシカ
「もう少し‥‥‥‥絶望と嘆きが見えてきたら‥‥‥ね」


魔トリョーシカ
「【戦場海斗】という男にはそこまでの素質はあるんだから」


魔トリョーシカ
「‥‥‥‥じゃあね?正義のヒーロー?」


‥‥‥‥

海斗
「マンガン!マンガン早く持ってこないと!」


「待ってろダリアさん!!」

END

【重大発表】 ( No.291 )
日時: 2019/09/15 14:37
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: F9bxWwot)

たくっちスノー
「はーい!みんな注目!!」

たくっちスノー
「りりすたも本格的に更新して来たので‥‥‥‥‥重大発表!!」



たくっちスノー
「この小説のレギュラーメンバーを決めたいと思いまーす!!」


たくっちスノー
「え?まだ決めてなかったのかって?そこはご愛嬌」

sonic.exe
「ふん、まあ想像通りだろうな」

たくっちスノー
「それはどうかな?さあ、レギュラーメンバーのご紹介!」



デレデレデレ


たくっちスノー
「まず最初に、こいつらがいなけりゃ始まらない!この俺、たくっちスノーに宅地雪、その親父のシャドー・メイドウィン・黒影!!」

sonic.exe
「あれ、メタルメイドウィンは?」

たくっちスノー
「あいつらは逃走中の為だけのキャラだから」

sonic.exe
「100体も居るのに‥‥‥‥‥」

たくっちスノー
「で、次は‥‥‥‥‥」デロデロデロデロ




たくっちスノー
「メル・オーケン!ビッグママ!ハインリヒ!帽子世界始祖親子がレギュラー入り!!」

sonic.exe
「何っ!?メルはともかく親までレギュラーまで出世だと!? 」

たくっちスノー
「ていうかハインリヒさんとビッグママがメインのSSもう思いつきまくってるんだよね」

たくっちスノー
「以上!!」


sonic.exe
「すっくね!!レギュラーすっくね!!」

たくっちスノー
「まあぶっちゃけどの話も雪の親戚親族混ぜられるように作ってあるからな」

sonic.exe
「俺すらいないぞ!!抗議してやる!」

たくっちスノー
「まあそれにも訳がありまして」




たくっちスノー
「ここで書くSS・短編は他のストーリー物に属さない特殊なものだから、レギュラーメンバーは少なくていいんだ」

たくっちスノー
「出来ればそっちのSSも顔覗いてみてください」


たくっちスノー
「さて、レギュラーメンバーも決まり心機一転、正にRe:Re:スタート!」


たくっちスノー
「これからもメイドウィン小説をよろしくお願いします!」

sonic.exe
「よろしくお願いします」

メイドウィン
「よっしゃー!!暴れるぜー!!」

感想OK

メイドウィン「どうしてこうなった」 ( No.292 )
日時: 2019/09/15 22:37
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: NLUWbxNB)

メイドウィン
(どうも、メイドウィンです)



メイドウィン
(突然ですが、今俺は命の危機です)

メル
(ゴミを見るような目)


(泣いてる)

ビッグママ
(引いてる)

たくっちスノー
(頭抱えてる)

メイドウィン
「なぁ、俺がなにしたっていうんだよ、別に悪いことしたわけじゃ」

メル
「うるせぇ、今回ばかりは流石にねぇわお前」


「‥‥‥‥‥最低」

たくっちスノー
「これまでの事をはっきり話せよ」

メイドウィン
「‥‥‥え?だからぁ」


‥‥‥‥
〜回想〜


メイドウィン
「あ、そういえばもうすぐルミナとの結婚記念日か」

メイドウィン
「せっかくだからリニュ後とも会いたいけど、恋人との接し方とか分かんないんだよな」(この人既に父親です)

メイドウィン
「特にあっちのルミナは人見知りらしいからな‥‥‥‥うちの方もデートもろくにしてやれなかったし」


メイドウィン
「よっしゃ、研究するかな」

‥‥‥‥

メイドウィン
「OKgoogle!彼女を喜ばせるデートプラン!」


メイドウィン
「‥‥‥‥‥いや、なんか違うんだよなコレ」

メイドウィン
「もうちょっとルミナの気持ちになってみて‥‥‥‥うーん」

メイドウィン
「こういうのは女の子に聞いた方がいいよな、ていうか」


メイドウィン
「好きな人と過ごすためのテストしてみたいな、おーい、誰か来てくれー!!」


(´・ω・`)シーーン...


メイドウィン
「来ねぇ!!時空監理局局長なのに!!」

メイドウィン
「まさか俺って、結構モテない‥‥‥‥!?自分が言うのもなんだが美形のはずなのに‥‥‥‥」



メイドウィン
「あー!!どうしよう、こういう時は‥‥‥‥‥あっ、そうだ!!」



‥‥‥‥‥


「久しぶり、父さん」

メイドウィン
「おうありがとな雪、忙しいのに来てもらって」


「いいよ別に、お父さんが頼みたいことなんて珍しいからね、私でよければなんでも聞くよ」

メイドウィン
「なんでも?それはよかった!!」


メイドウィン
「今となっちゃお前にしか頼めないんだよ‥‥‥へへ、なぁ!」



「う、うん」



メイドウィン
「俺と恋人になってくれ!!」



「‥‥‥‥‥ええっ!?」

メイドウィン「どうしてこうなった」 ( No.293 )
日時: 2019/09/15 22:38
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: NLUWbxNB)


「だ、ダメだよ父さん!!」

メイドウィン
「一日だけ!ちょっとだけでいいんだ、女としてのお前と接したい!」


「それがダメなんだってば!確かに僕は結婚はしてないけど、子供がいるんだから‥‥‥」


「だ、第一僕は作られた存在とはいえ親子し、僕は元々男だ!そういう事は倫理的にアウトだよ!!」

メイドウィン
「女になったお前の全てを知って将来の参考にしたいんだよフヒヒヒヒ」


「笑い方ゲスいなおい!」

メイドウィン
「頼むよ!どうしてもルミナとねっとりイチャイチャするためにもさぁ!」


「イチャイチャでいいだろ!ねっとりいらんわ!」

メイドウィン
「頼むよーマジで!!一日だけでいいからさぁ!」


「たった一日でも大地をほっとけないの!しつこくやると警察呼ぶよ!?」

メイドウィン
「いや俺警察のトップなんだが」


「あっそうだった」

メイドウィン
「というかさっき、なんでもするって言ったじゃないか!」


「う‥‥‥‥たしかに、言ったけど」



メイドウィン
「さぁ、恋人になって女としてのお前の全てを見せてくれ!!」


「だめぇ!!」











たくっちスノー
「親父いいぃぃぃぃ!!!!」


たくっちスノー
「無駄ァーーっ!!」ドゴォ

メイドウィン
「ぐっはあああ!!」


たくっちスノー
「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!!!」ドカドカドカドカ


メイドウィン
「ぎゃああああ」


‥‥‥‥

「た、たくっちスノー」

たくっちスノー
「大丈夫か!?変なことされてねぇか!?」


「恋人になってくれって」

たくっちスノー
「ああ?てめぇ本気か?」


メイドウィン
「だ、だって!!諸事情で恋人との付き合い方を研究してて!!」

たくっちスノー
「だから雪と付き合いたいと?」

メイドウィン
「うん、雪なら俺もラブラブで接することが出来るし」

たくっちスノー
「よし、お前殺すわ」

メイドウィン
「なんで!?」

たくっちスノー
「付き合い方の練習したいなら、他人のイチャイチャでも見て研究しろーーー!!」

メイドウィン
「ぬわーーー!!!」

メイドウィン「どうしてこうなった」 ( No.294 )
日時: 2019/09/15 22:38
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: NLUWbxNB)

メイドウィン
「イテテ‥‥‥‥うちの時空の息子たくっちスノーは可愛げがないなぁ」

メイドウィン
「しかし、イチャイチャを調べて研究か‥‥‥‥‥‥都合よくカップルと会ったりしないかなー‥‥‥‥」


メイドウィン
「てか、女が俺によってこない、モテないを通り越して嫌われてるレベルじゃん俺」

メイドウィン
「正義のヒーローやってるのになんでだろ、スカンタコでも食ったかな?」


メイドウィン
「まあいいや、こういう時は女の子が多い世界に行くに限る」


‥‥‥‥‥

メイドウィン
「というわけでさ、若いコを3~4人くらいご指名したいんだけど、いい子いる?」

ビッグママ
「やめてくれません?私の世界はキャバクラじゃないんですよ」

ビッグママ
「それ以前に、私の子供たちの居るところに貴方のような不埒な考えを持った人を送れません」

メイドウィン
「不埒って‥‥‥‥俺そんな風に思われてたの?」

メイドウィン
「ええい、こうなればメモリーディスクだ」

ビッグママ
「あなた一体何を‥‥‥‥」

メイドウィン
「彼女たちの記憶を探り、青春時代を覗き見させてもらう」

ビッグママ
「何故貴方のような人間に管理された時空に生まれてしまったのだろうと私とメルは常々思います」


メイドウィン
「さて、まずは誰から‥‥‥‥‥」

ビッグママ
「人として恥ずかしくないのですか貴方は、娘さんが泣きますよ」

メイドウィン
「さっき泣いてたからセーフセーフ‥‥‥‥‥ん?」



メイドウィン
「なぁビッグママ、アンタは名称的に母親なんだよな」

ビッグママ
「はい」

メイドウィン
「母親ってことはつまり結婚してるよな?」






メイドウィン
「よっしゃ!!貴方の新婚時代見させてよ!!」

メイドウィン
「俺に恋愛を教えさせてもらうよ!!」

ビッグママ
「やめてください!!私には夫が‥‥‥‥!!」



たくっちスノー
「ハインリヒさん!!ハインリヒさんこっちです!!」(嫌な予感がしたので黒影を追ったら的中)

たくっちスノー
「今から一緒にこのグランドろくでなし殴りに行きましょう!!」


「ごめんなさい!!ごめんなさいほんと、うちのお父さんが!!」

ハインリヒ
「急になんだね」(たくっちスノー達に引っ張られてる)



メイドウィン
「なあ、いいだろ、まだまだいけるって」



メル
【て め ぇ 何 し て ん だ ?】

メイドウィン
「あっ」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。