二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



『トライヒーロー計画』【12】 ( No.200 )
日時: 2018/09/29 22:52
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「全くもう...」

T
「これでいいかい?」

海中
「ああ」

海上
「...」


T
「これで全てが終わった」

その瞬間...三人の体が薄くなっていく

レイチェル
「なんと!」

海斗
「え!?」

たくっちスノー
「ど、どういうこと!?」

T
「海底は死んだ...我々の役目も終わったのさ」

T
「考えてもご覧よ、海底もだが...数百年も経った肉体が、残ってあるあるはずもないだろう」

T
「『死んだ』事実をなかったことにして、生物のフリをしていたのさ」

海上
「いわば我らは精神と魂だけの存在」

たくっちスノー
(オルガマリーみたいなものか...)

T
「そういうわけなんだ、すまないね」

海斗
「で、でも...なんで!?Tさんは...雪さんと同じ...」

T
「私はプロジェクトの失敗作、キャラクターどころかマガイモノとしても不完全」

T
「たくっちスノーでさえ...何百何千という作品を見て、ようやくちゃんとした肉体を得ているんだよ」

T
「正直...いつ、死んでもおかしくなった、...死ぬ以前に『生きて』すらいなかったんだけどね」

たくっちスノー
「T兄さん」

T
「兄さんなんてよしてくれよ...私、君に兄らしいことなんてしていないさ」

たくっちスノー
「...僕はね、別の兄さんに言われたんだ」

たくっちスノー
「僕の兄さん姉さんが...シャドー・メイドウィン・黒影がこの時空にたくさん存在するって」

たくっちスノー
「そんな兄弟姉妹に...世界を滅ぼすような真似はさせないでほしい、幸せにしてほしいって頼まれたんだ...」

たくっちスノー
「T兄さんだって...」

T
「本当に君は色んな体験をしてるなぁ」

T
「ま、私の事は忘れなさい...兄や姉は沢山いるんだから」

たくっちスノー
「.....」

海斗
「海上さん」

海上
「たくっちスノー」

たくっちスノー
「あ...はい」

海上
「ついさっきだが、お前が世界を去るとき...俺に戦場海斗を託そうとしたな」

海上
「こういう結果になってしまったがな」

海斗
「えっ」

たくっちスノー
「.....」

海上
「お前の方から何とか出来ないのか」

たくっちスノー
「無理だよ...時空監理局に置いておくのは、海斗君にとって危険すぎる」

『トライヒーロー計画』【12】 ( No.201 )
日時: 2018/09/29 23:13
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

たくっちスノー
「ヤバイ奴と戦ったらピンチになって、また海斗君無茶すると思うから...」

海斗
「でも...」

たくっちスノー
「お願いだから、君は老衰で死んでくれ」

たくっちスノー
「若いうちの病気とか、事故とかで死ぬと残された奴が悲しむだろ」

たくっちスノー
「でも老衰なら...」

海斗
「雪さん」

海上
「たくっちスノー、お前は死を恐れているんだな」

海中
「不死のくせに」

たくっちスノー
「そりゃそうだよ...100年、人間の寿命なんて時空からしたらあっという間なんだ」

たくっちスノー
「僕みたいにすぐリセット出来たらいいなって何度も考えるけど...でも、ダメなんだ」

たくっちスノー
「絶対、お別れは来る...だからさ!約束するよ海斗君」

たくっちスノー
「もし君が老衰で亡くなる前...直前のちょっと前位に、絶対会いに行くから」

海斗
「え...?」

たくっちスノー
「もちろん、その間にだって用件があれば行くし...君が知らせを出せば...」

海斗
「.....」

T
「全く君と来たら!我々が蚊帳の外ではないか!」

たくっちスノー
「あ、ごめん兄さん...」

T
「...では、最期に私から海斗君へ」

T
「私の能力、見た存在の『設定』を正確に把握できる能力『情報力』を...」

海斗
「...」

T
「あげようかと思ったけど、やっぱりダメ」

海斗
「えー!?」

T
「君には必要ない能力さ、何もかも丸わかりの人生なんて楽しくないし」

T
「あんまり知らない方が楽しいものさ」

海斗
「...」

T
「それと...勇者レイチェル、君にも」

レイチェル
「え、私にもですか?」

T
「...今回の件、本来無関係のはずだったのに色々と問題が生まれて、結果許可もなく呼び出すことになってしまって...」

たくっちスノー
「何言ってるんだT兄さん、貴方が謝ることではないです、これは僕の...」

レイチェル
「いえいえ、私楽しかったですよ...こんな冒険もあるんだなって」

海斗
「いやでも、急だったし」

レイチェル
「いえ、うちの回りではこれほどの事はありませんが騒動なんて日常茶飯事ですし」

海斗
「ねぇ雪さんこの人の世界魔境なの?」

『トライヒーロー計画』【12】 ( No.202 )
日時: 2018/09/29 23:42
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

T
「あっ...もう終わりって感じする」

海斗
「多分天背院ミカヅチって人に会うかもだから頑張ってください...なんか色々と」

海斗
「あと、あの人雪さん嫌ってるっぽいし親族というのも」

T
「分かったよ、覚えておく」

たくっちスノー
「.....」

T
「泣かないのか?」

たくっちスノー
「マガイモノは...涙出ないし」

T
「そういえばそうだった」

海上
「なんだかんだと世話になったな」

海斗
「はい、こちらこそ」

海中
「あんたさ、最後くらいは真面目にやりなさいよ」

T
「はいはい、分かっておりますよ」

T
「...」

...

「「「戦場海斗」」」


海上
「数百年の歴史を持つ誇り高き戦闘鬼の一族『戦場』として」

海中
悪魔カイテイを止め、進化エボルを揺るがし、楽園エデンに抗い、勇者レイチェルを呼び寄せた『英雄』として」

T
「この世でもっとも明るくて、もっとも強くて、もっともバカで、真っ当に生きて死んだ海皇の第二の姿として」




「「「この世界を守れ、勇気有る、最強で、最高で、素晴らしきヒーローよ」」」

三人の姿は、完全に消えた


海斗
「これで、全部終わったんだな...」

レイチェル
「...いやー、圧巻ですねぇ」

レイチェル
「この私、レイチェルも一度村に帰ってご先祖様の顔を拝みに行こうかと思いますよ」

海斗
「.....ってことは、もう終わりなんだ」

たくっちスノー
「じゃあ、僕もそろそろ行くから」

海斗
「うん...」

たくっちスノー
「じゃあ...『また』ね、海斗君」

海斗
「うん...『また』だよ、雪さん。」

...


『またね』

君にこんな言葉を言える日が来るとは思わなかったよ...

...

~数日後~

(ミライシティ)

たくっちスノー
「やぁ、海斗君...しばらく『君』に会えなくてごめんね」

たくっちスノー
「へへ...僕ね、また君に助けられちゃった」

たくっちスノー
「やっぱり僕はダメだなー...なんて、君の前だけだよ、こんな風に話せるのは」


たくっちスノー
「...いつか、『あっち』の海斗君も呼んでお墓参りに行くから、その時はよろしくね」


たくっちスノー
「じゃあ...『また』ね、海斗君。」

【トライヒーロー計画 END】

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『トライヒーロー計画』
【CAST】


『ロストヒーロー計画』
戦場海斗
雨水水晶
阿舟華南
飯塚浜有
七不思議不可思議

『???』
戦場雁大陸

『オリジナル』
戦場海上
戦場海中
戦場海下/戦場海底

『マガイモノ』
たくっちスノー
仮面ライダーエデン
T/戦場大海
石動惣一/ブラッドスターク/仮面ライダーエボル
アナザービルド

『らんだむダンジョン』
レイチェル

『特別ゲスト』
ありとあらゆる作品とキャラクター

【原作】
『石ノ森章太郎』より【仮面ライダー】

【スペシャルサンクス】
彩都氏
ここまで読んでくれた貴方

【原作】
彩都

【執筆】
ロストメイドウィン
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

...

~らんだむダンジョンの世界~
「だんじょん村」

レイチェル
「やや?これはこれは...もしかしたら、またとんでもないことになりそうですね」


continue...?
NEXT:『究極アルティメットらんだむダンジョン!』

『トライヒーロー計画』【ED】 ( No.203 )
日時: 2018/09/30 22:35
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

『エピローグ』

友達と別れた後、少年と化け物は...


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

~時空監理局~

たくっちスノー
「...ふぅ、始末書はおわり、と」

たくっちスノー
「かなちゃん様ー」

かなちゃん
「はいはーい」

たくっちスノー
「死亡届とお墓を二人前、それぞれ別の世界に」

かなちゃん
「あっはい、名前はなんです?」

たくっちスノー
「えーと、一人は『戦場海下』で」

かなちゃん
「戦場...もしかして、例の彼の関係者ですか?」

たくっちスノー
「...まぁ、ね」

かなちゃん
「それでもう一人は?」

たくっちスノー
「...仮面ライダーエデン」

かなちゃん
「えっ!?」

たくっちスノー
「墓ぐらいなら...許してくれるはずだ」

かなちゃん
「.....」

たくっちスノー
(なんだかんだで数日か...ここの時間はゆっくりだから、僕はまだ生後5ヶ月程度のままだ)

たくっちスノー
(僕がこうやって資料見たりしてる間、あの子は何をしているんだろうな?)

かなちゃん
「...それで住所は?」

たくっちスノー
「海下は時空番号...」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ガラッ

大陸
「戦場海斗」

海斗
「あっ、大陸さん」

大陸
「お前には世話になったな」

海斗
「大陸さんはこれからどうするんです?」

大陸
「この世に生きる戦場の一族は、お前だけとは限らない...また、探しにでも行くさ」

海斗
「ふーん」

大陸
「お前はどうする、先祖に色々託されたようだが」

海斗
「うーん...まぁ、大体決まってますよ」

海斗
「この先、エデンや海底みたいなものも出てくるだろうし...色んな仮面ライダーと出会う」

海斗
「いや、もしかしたらまた仮面ライダー以外の存在とも...!!」


海斗
「だから、俺は強くなります...戦場の一族として...英雄ヒーローとして!」

大陸
「...君なら大丈夫そうだな」

海斗
「はい!」

ピンポーン

水晶
「海斗、そろそろ行こう!」

海斗
「ああ、それじゃあ大陸さん、また!」

大陸
「ああ...いつまたここに来るかは分からないが、それまでの間別れだ」

海斗と水晶が走り去る姿を見送った大陸は、ミライシティを後にした...


大陸
(1つの戦いが終わった...次の災いはどこだ?)

『トライヒーロー計画』【ED】 ( No.204 )
日時: 2018/09/30 23:15
名前: ロストメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

暗い部屋にただ一人、少年が居た

少年が窓から空を見る

真夜中にぽつりと光る三日月が家を軽く照らす

月の光は古ぼけた写真を照らす、笑顔を向ける少年の写真

少年はその写真に目を向けたあと、ぽつりと呟く

「今日も頑張らないとな」

...

かなちゃん
「た、たたたたっ!大変ですっ!!大変です!!」

たくっちスノー
「ど、どうしたんです!?」

かなちゃん
「貴方が墓を建ててほしいといっていたあの世界!とんでもないほどの時空の歪みがあります!!」

かなちゃん
「ダンジョンの中に、数多くの世界の地形やパラレルワールド、作られた世界が交わってカオスなことに!!」

たくっちスノー
「...へー、それは面白そうだ」

たくっちスノー
「それ、行こう!」

かなちゃん
「ええ!?」

たくっちスノー
「...んん!もちろん楽しむためじゃない、仕事のためです」

たくっちスノー
「それで原因は?」

かなちゃん
「はい...実は、この世界に本来あり得ない反応が多数ありましてねぇ」

たくっちスノー
「本来あり得ない反応?」

かなちゃん
「マガイモノメイカーです、それも複数人」

たくっちスノー
「マガイモノメイカーか...一体何を考えているんだ?」

かなちゃん
「...えっとですね、それと」

たくっちスノー
「ん?何?」

かなちゃん
「...ごめんなさい、やっぱりなんでもなかったです」

たくっちスノー
「そっか...支度するね」

かなちゃん
「はい」

たくっちスノーが局長室を去ったあと、大名神はぼろぼろになった二つの新聞を開く

かなちゃん
「...言えるわけないじゃないですか、こんなこと」

新聞の内容はこうだ

【伝説の英雄『戦場海斗』謎の失踪】

【謎のダークライダー、今度はユーラシア大陸を壊滅状態に】

かなちゃん
「...また貴方が絡んでいるとでもいうのですか?黒影...」


...

真っ黒な『ソウル』を手にした少年は歩く

その少年の影は不気味で、うねうねと形を変え





地球外生命体のような独特の笑い声を挙げていた

ーーーーーーーーーーーーーーーーー


???
「この本によれば...」

???
「我が魔王の力と関わってしまい、ジオウと同じ道を歩んだ仮面ライダーが存在するという」

???
「その仮面ライダーの名は...おっと、皆様にとってはまだ、先の話」

???
「では、またどこかで」



New NEXT...?
『ダークヒーロー計画』

『トライヒーロー計画』
【true end】


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。