二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.462 )
日時: 2021/09/29 07:09
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【虚栄と信頼】

アベネスJr
「ダメだよ、たくっちスノーさん」

アベネスJr
「今、貴方は一瞬通ったシンボリルドルフをカーレッジ・フレインに重ねようとした」

たくっちスノー
「だろ?俺も後で気付いて自己嫌悪しちまったんだよ、ルドルフさんから見りゃ無関係な事なのによ」

たくっちスノー
「………でもなんか、無理なんだ、どうしても」

たくっちスノー
「俺はもうルドルフさんの担当になるって決めた、何がなんでもなってやるんだ」

たくっちスノー
「俺はさ、基本的に俺よりキラキラしてるもん見てると」


たくっちスノー
「肉や骨削ってでも輝かせたいんだ」

アベネスJr
「肉や骨ないくせに」

たくっちスノー
「だろ?ははは!!だろうな?」



シンボリルドルフ
「…………」



『トレーナーとして』

アベネスJr
「で、今から勉強するわけですか」

たくっちスノー
「俺は完全ド素人だからな、今のままじゃルドルフさんどころか他のウマ娘にも失礼だ」

アベネスJr
「なんでさん付けなんです?」

たくっちスノー
「アシリパさんみたいなノリ」

アベネスJr
「年下だからじゃないんすね」

たくっちスノー
「うん」

アベネスJr
「そこから気を付けた方がいいんじゃないです?」

たくっちスノー
「う、ウマ娘には俺の実年齢はバレてねーはずだから………」


『その一閃は、正に桜のように』

たくっちスノー
「ジュニアくんはどうして、トレーナーになりたいって思ったんだ?」

アベネスJr
「俺の親の力のことは知ってますよね?」

アベネスJr
「一応、俺にもそれっぽい力はあるんだけど……父がよく言ってたんだ、『一生懸命努力してる人は報われて欲しい』って」

アベネスJr
「俺自身も努力してる人って大好きだから、トレセン学園への選択肢もあった」

たくっちスノー
「んじゃ、サクラバクシンオーを選んだ理由は?」

アベネスJr
「そりゃもう」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アベネスJr
「君は速い!!俺は君の強さを見届けたい、願いも叶えたい!!俺は……君と共に前を見たい!」

サクラバクシンオー
「分かりました!!宜しくお願いします!
!」

ーーーーーーーーーーーーーーーー

たくっちスノー
「根っこが似てたんだなぁ……」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.463 )
日時: 2021/09/29 07:58
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

『トレーナー育成指南』

たくっちスノー
「ていうかウマ娘ってどういう風に指導すればいいんだろ……生半可なやり方じゃダメなのは分かってるけど」

アベネスJr
「走らせて速さを鍛えておけばなんとかなりますよ」

たくっちスノー
「そりゃバクシンさんはそれでいいかもしれねぇけどさ!」

アベネスJr
「いや、どのウマ娘でも速さは大事っすよ、その上で他者を退けて前に進むパワー!あと体力!」

たくっちスノー
「逆にいらないのって?」

アベネスJr
「根性」

たくっちスノー
「根性」

アベネスJr
「パワプロで言うと肩力練習くらいいらない」

たくっちスノー
「それめっちゃいらねぇな」


『ウマ娘のきもち』

たくっちスノー
「レースしてる時のウマ娘って一体どんな気持ちなんだろ」

アベネスJr
「1回走ってみたらどうです?」

たくっちスノー
「いや………ウマ娘ならまだしもトレーナーが勝手にレース場で走ったら怒られるでしょ」

アベネスJr
「そこはほら、あなたの持ち味を活かして」

たくっちスノー
「持ち味………なるほど!」


…………

たくっちスノー
「ウマ娘に変身すれば問題ねーわけだな」

アベネスJr
「だからってルドルフさんにならなくても」

たくっちスノー
「実際に変身してどのくらいの実力なのか直接見極めるのもいいんじゃないのか?」

アベネスJr
「うーん、まぁそれ出来るのがたくっちスノーさんぐらいですしいいかな」

たくっちスノー
「んじゃ、ひとっ走りしてくる」

アベネスJr
「いってらっしゃい、一応模擬レースだから他のウマ娘の邪魔とかはしないでね」



たくっちスノー
「おりゃあああいや速い!!ウマ娘ってこんな重く走れるのか!?」


たくっちスノー
「おもしれーなこれ!!」


たくっちスノー
「このまま独走してやる!!」






シンボリルドルフ
「……!」




たくっちスノー
「うおおおおおおおお!!」

アベネスJr
「たくっちスノーさんいつまで走ってるんすか!!もう5分経ってますよ!!」

「何あれ!?」「うわああああ!!」「ワケワカンナイヨー!」

シンボリルドルフ
「………えっ?」



【その後普通に怒られた】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.464 )
日時: 2021/09/29 22:48
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【そして………】


たくっちスノー
「失礼します」

シンボリルドルフ
「待っていたよ、たくっちスノー君」


たくっちスノー
「………いつ、俺の事調べました?」

シンボリルドルフ
「あの時君とすれ違った後だ、顔に覚えはあったからな」

たくっちスノー
「………どっちが目に留まりました?クロノス社としての俺?それとも時空犯罪者として?」

シンボリルドルフ
「全て……と答えておこう」

シンボリルドルフ
「本題はそれとは別にある、掛けたまえ」

たくっちスノー
「ええ」

………

たくっちスノー
「それで、何故俺を呼んだのです?」

シンボリルドルフ
「まあ何、単純な事だ………時空について興味がある」

たくっちスノー
「時空?今の時代誰でもホイホイと行けるんだからわざわざ聞かなくても………」

たくっちスノー
「……………ああ、時空におけるウマ娘の的な、そういう?」

シンボリルドルフ
「…………」

たくっちスノー
「勝手に語らせてもらいます」

たくっちスノー
「まぁ、時空にもウマ娘レースの大会はちまちまと出来始めてます」

たくっちスノー
「俺自身、使えるものはなんでも使いたいと思ってて逃走中のハンターにウマ娘の力採用しないかとも言った」


たくっちスノー
「………ルドルフさん見てたら、マジでいけそうだなと思ったよ」


シンボリルドルフ
「そうか」


たくっちスノー
「では、俺からも一言」


たくっちスノー
「ルドルフさん!!俺はトレセン学園新人トレーナーのたくっちスノーだ!!」

たくっちスノー
「行く行くはウマ娘を大成させトレセン学園を卒業して以降は時空に送る!!」

たくっちスノー
「そして、時空にウマ娘という存在をもっともっと知らしめて、クロノス社とか色々とかを発展させたいんだ!!」

たくっちスノー
「その為には全てのウマ娘を導くと豪語するくらいの貴方さんが必要なんだ!!」

たくっちスノー
「俺の!!担当になってくれないか!!?どんなに壁が大きくても、最強無敵の俺が貴方さんを頂点に立たせる!!」


シンボリルドルフ
「………分かった」


シンボリルドルフ
「良いだろう、私に新たな景色を見せてくれ………『トレーナー君』」


【そして、無敵の王と最強の皇帝は巡り会う………!!】

END

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.465 )
日時: 2021/09/29 23:34
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

『ゼンカイジャー系SS』


セッちゃん
「前回の………ゼンカイジャーは!」※ざくアクZのSS参照

セッちゃん
「まだまだトジテンドの支配下に置かれてない世界が沢山あることを知ったチュン!りりすた革命団という頼れる仲間も見つかったし、これからチュン!」


………

介人
「ごめんね、船使わせてもらって」

たくっちスノー
「まぁいいさ、お前もゾックスの船借りてばかりってわけにもいかんしな」


「トジテンドは私たちにとっても止めなくちゃならない存在だしね」

ジュラン
「ほんと世話になるぜ」

ガオーン
「皆!もうちょっとしたらご飯にしようか!」

カーム
「おいお前ら、豚肉余ってるから今日はハンバーグ作るぞ」

たくっちスノー
「よっしゃ!」

ヨウコ
「いいわねハンバーグ!」



セッちゃん
【介人ー!トジテンドに襲われてる世界があるチュン!】

ブルーン
「やや!?」

ジュラン
「出やがったか!」


介人
「たくっちスノー!」


たくっちスノー
「あいよぉ!!」


…………

たくっちスノー
「なんじゃこりゃ!?噴水が汚いぞ!?」

介人
「………いや、これカレーだよ!」

マジーヌ
「介人!蛇口から水道水じゃなくてカレーが出てくるっす!」


「はーっはっは!!来たであーるなゼンカイジャー、そしてりりすた革命団!」


たくっちスノー
「ワルドか!」

カレーワルド
「如何にも、吾輩こそカレーワルド!この街の飲み物はみーんなカレーに変えてやったのでカレー!」

ブルーン
「なんてことを!カレーは飲み物ではありませんよ!」

「辛いよー!」「喉が渇いたよー!」

龍我
「このままじゃやべぇぞ!」

介人
「行こう、たくっちスノー!」

たくっちスノー
「OK!」

介人
「チェンジ全開!」

たくっちスノー
「チェンジ忍法!」

ババババーン!『ゼンカイザー!』
ジャジャジャーン!『ニンジャエックス!!』

ゼンカイザー
「行くぞ!全力全開ー!!」


カレーワルド
「行くぞゼンカイジャー!吾輩のカレーを恐れるがいい!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.466 )
日時: 2021/09/29 23:44
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

ニンジャエックス
「革命団、まとめて突っ込め!!」

龍我
「うおおおおおお!!」

カレーワルド
「第1カレー用意!極上カレーザー! 」ビー

ブルーン
「ぐわーっ!!」

ボンッ

ブルーン
「ややっ、こんな所にカレーライスが………フムフム…」

ブルーン
「うまいっ!!?こんなに美味しいカレーは私、初めて食べました!!スプーンが止まりません!!」

ガオーン
「何やってるのブルーン!」

カレーワルド
「そいつは鍋の中ぜーんぶ食い尽くすまで食べ続けるであーるカレー」

カレーワルド
「第2のカレー!ドーピングカレーザー!クダック、おかわりもあるカレー!!」ビー!

ポン!

クダック
「ダック!ダック!」ムシャムシャ



ムキムキクダック
「ダックーーー!!」ボンッ

ニンジャエックス
「はあああ!?食っただけでムキムキになった!?どんなカレーだよ!?」

レオン
「やめろこっち来んな!俺は非戦闘員だ!!」

ゼンカイザー
「うわーっ!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーー
【一方その頃】

ゲゲ
「カレーという料理に様々なバリエーションがあるように、カレーワルドは味方を強化したり相手を魅了させたり、自由自在なカレーを作ることが出来るのさ」

ゲゲ
「奴の前ではゼンカイジャーも手も足も出ないだろう」

ボッコワウス
「流石ゲゲが選んだギアじゃ、このまま侵略を進めさせないとな」
ーーーーーーーーーーーーーーーー

カレーワルド
「さぁ、最後は1級品!カレーに欠かせない特別な玉をくれてやるカレー!」


カレーワルド
「必殺、特大ライス砲!!」ボーン!!


「えええ!?」

ジュラン
「ちょ待てよ、いくらなんでもデカすぎないか!?」


「「「「ぐわあああああああ!!!」」」」


たくっちスノー
「………巨大ライスに巻き込まれちまった」

マジーヌ
「介人どこ!?白いから分かんない!」

介人
「ここだよ〜!!」

sonic.exe
「おい、これなんとか食って脱出できないか!?」

戦兎
「食えるかこんなもん!!腰が潰れそうなんだよ!!」

カレーワルド
「良いざまであーるゼンカイジャー!」




Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。