二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



トップテンの恐怖の料理対決 ( No.302 )
日時: 2019/09/16 16:47
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

ダリア
【ハァ、ハァ、ハァ…………すまない、管理人のみんな】

ダリア
【私は無力だ………彼女達の化学兵器に何もしてやれない】

ラヴィ
「ダリアさん?」スッ

ダリア
【ひっ!?ら、ラヴィくん!?手に持ってるそれは!?】

ラヴィ
「健康のための命丸ごと野菜鍋です、ぜひ召し上がってください」ゴゴゴゴゴゴ

ダリア
【め、召し上がってくださいって!?私に食べれると思うかね!?私ラジオだよ!?】


ラヴィ
(無言でスイッチを押す)

ラヴィ
「メル様から聞きましたよ?人間の体そっくりのホログラムを作って、食事もできるそうじゃないですか」

ダリア
「…………あ、いや、その………………」

ラヴィ
「おかわりも沢山ありますよ、是非………貴方に食べてもらいたいんです」

ダリア
「…………あ、ああ、いただくよ、ラヴィ」




………
3日後

メル
「なんだよこの屍の山…………」

ドーラ
「まるでメリーバッドエンドのようだ…………」

ナタリー
「それで、料理対決の結果はどうなりました?」

シキ
「私が1番自信あるわ、ユグドラシルで乗員に片っ端から振舞ったからね」

ナタリー
「あっ、ズルいわシキ!」

ラヴィ
「私はダリアさんしか食べてくれた相手がいなくて………」


ドーラ
「うーん………あれ?おかしいな」

メル
「どうしたんだよ」

ドーラ
「何故か全員集計がゼロ枚になってる………おかしいな、何度もテストして問題はなかったはずなのに」

ナタリー
「何があったのでしょう」

ドーラ
「みんな、一応聞くけど皿は持ってる?」

メル
「数枚くらい回収したぞ」

ドーラ
「…………あっ!ははあ、なるほど!」

ドーラ
「どうやらこのマシーンは完食しないと集計したことにはならないそうだ!」

シキ
「なるほど」

ジャニス
「よく見ると全員何かしら残っているな」

ラヴィ
「では、今回は引き分けということにしましょう」

メル
「次こそはぜってぇ完食させてやる」

ドーラ
「ボクだって次までに更にスキルを磨いておくから」

ジャニス
「ああ、またやろう」


(この後メルたちはバイオテロの現行犯でプロバイダーとビッグママにこってり絞られましたとさ)
(なお、今回の料理対決の被害は約数千人にまで及んでいるとされています)

END
感想OK

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.303 )
日時: 2019/09/25 23:34
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E
参照: http:/

【こんな帽子世界はイヤだ2】

ドーラ
「オーバードーズ→フェニックス」

ドーラ
「ここからが本当の地獄だよ」

【ドーラが正体を隠す気ゼロ】


魔トリョーシカ
「ボクの名を言ってみろ!」

ジャギ←
ジャッカル
バイクのエンジン音

魔トリョーシカ
「全部違うわ!!」

【魔トリョーシカがなんか北斗三男っぽいこと言い出すし選択肢が出てくる】


プリムローズ
「邪魔ですオラァ」ゴッ

ヨウコ
(自由を奪った状態で殴り掛かるなんて‥‥‥)

ドーラ
(やめろよ卑怯者!)

【プリムローズの対人用パーフェクトコードが解けない】

ドーラ
「人造人間作るはずがとんでもないもの生み出してしまった」

魔トリョーシカ
(やめろぉ‥‥‥全部ボクの場所に封印するなぁ‥‥‥)

【魔トリョーシカが封印されてる所で気持ち悪い音がする】

ラヴィ
「なんですかコレ」

ダリア
「あっそのボタンは」


ボカァァァン

ダリア
「ウボァー」

【ダリアのラジオに自爆スイッチが付いている】


ラヴィ
「はぁはぁ‥‥‥回復、回復しなきゃ‥‥‥」

ナタリー
「ら、ラヴィ‥‥‥‥それ、私も欲しいですの‥‥‥はぁ、あああ」

ヨウコ
「あああ、もうない!!もうない!!作らなきゃ、またつくってよぉ」

【回復用のサプリに依存性がある】


ジャニス
「飛び蹴り!!」


グキッ

ジャニス
「痛っ!!」

【キックを行うとたまに足をくじく】



ヴァイオレット
「君、ざくアクが好きなんだね」

ヴァイオレット
「もう8時間はYouTubeを見ているじゃないか」

【ヴァイオレットの心眼が強力すぎてPCデータ読み取ってくる】


ヨウスケ
「今助けに来たぞヨウコぉぉぉぉ!!!」

ヨウコ
「!!?」

【帽子世界にシスコンパワーでヨウコの兄が乗り込んでくる】


ヨウコ
「私もう帰らない!!ツバメちゃんと一緒に暮らす!!」

【ヨウコが元の世界に帰ろうとしない】

ケリー
「あっ 」カチッカチッ

【銃アーツがたまにジャムる】

シキ
「リンゴドライブ!!」


「リンゴドライブ返し!!」

ヨウコ
「リンゴドライブ返し返し!!」


【キリがない】



メル
「お前の帽子を貰いに来た」

ナタリー
「ただでは渡しませんわ」

メル
「ちっ、しょうがねぇ‥‥‥やるか」

ナタリー
「ええ」

メル
「じゃん」

ナタリー
「けん!!」


メル ナタリー
「「ぽんっ!!」」

メル
「オラァ!!」ハリセンーー

ナタリー
「痛っ」

【帽子取りの戦いがくっそしょうもない】

終わり
感想OK

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.304 )
日時: 2019/09/26 20:55
名前: 餅兎ユーニアス ◆o0puN7ltGM

餅兎「どうもこんにちは!月から来た兎さんだよ!」

ミルラ「コメントちゃんとしようね」

 と、いうわけでコメントしに来ました!

 個人的に最後のしょうもない戦いとパソコン読んでくる所が好きです。想像すると面白い……
 平和だ……平和な世界だ……みんなが傷付かない世界だ……

ゼネイラ『ハリセンは扱う人次第では凶器だぞ』

アリア「背後は友人からくらって首を痛めたとか」

 ……一般的な帽子の奪い合いとは比較にならないですね!(誤魔化し)




ゼネイラ『おい、コメントこれだけか』

餅兎「最近忙しくて見れてないんです……でも更新報告にはよくいいねしてますよ。だって見てるって証だもん」

ミルラ(だんだんTwitterに染まってる……)

 とまぁ。超ショートなコメントでごめんなさい。次回はもっと長くします……
 此れからも頑張って下さい!では!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.305 )
日時: 2019/09/30 19:36
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

餅兎ユーニアスさん

たくっちスノー
「どうも!コメントありがとう!」

ヨウコ
「なんでこんな平和な物語にならないんだろう」

メイドウィン
「ヴァイオレットのネタはサイコ・マンティスってやつが元ネタらしいってさ」

たくっちスノー
「メルは分かっててハリセン使ってると思う」

たくっちスノー
「更新報告のいいねはどうもです、励みになってます」

コメント感謝だよ!

【ハインリヒVSビッグママ】 ( No.306 )
日時: 2019/10/01 18:48
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

メル
「おーい雪‥‥‥って、いねぇのか」


メル
「ちっ、仕方ねぇ‥‥‥ここ置いとくか」


〜数分後〜

ハインリヒ
「おっといかん‥‥‥‥私としたことが切手を忘れて」


ビッグママ
「‥‥‥‥‥‥‥‥‥」(ベリベリベリ)

ハインリヒ
「何をしているんだ君は」

ビッグママ
「ハッ!!」

‥‥‥

ハインリヒ
「チョコレート?」

ビッグママ
「メルの字で『余ったので食べてください』って書いてあったから‥‥‥‥」

ハインリヒ
「‥‥‥ふむ、あの子が菓子とは珍しい」

ハインリヒ
「ちょうど四角型だ、私と君、メルとユキ君の4等分に分けて‥‥‥」


ガッ!

ハインリヒ
「何故手を掴むのかね」

ビッグママ
「ちゃんと全員分あります」グググ

ハインリヒ
「なら抑えることもないだろう」

ビッグママ
「これは私が貰います、貴方はビターとかそういうのでいいでしょう」グググ

ハインリヒ
「私はチョコレートはココアが好みだ」グググ

ビッグママ
「それと」


ビッグママ
「貴方も手を離してくれません?」 グググ

ハインリヒ
「こればかりは譲れない」グググ


ビッグママ
「‥‥‥‥‥‥」

ハインリヒ
「‥‥‥‥‥」



愛しい娘の真心を込めた夫婦の小さな戦いが、今始まった‥‥‥!!


ハインリヒ
「いい歳して大人気ないぞ君」グググ

ビッグママ
「貴方だってそうでしょう」グググ

ハインリヒ
(くっ、なんて力だ‥‥‥私もあまり力のある方では無いが、これ程とは)

ビッグママ
(あの人、意外と頑固な所があるのね‥‥‥‥かくなる上は)


ビッグママ
「フッ!!」

ハインリヒ
「うっ!?」ブーン


ビッグママ
「戦の世界の力を使いました」

ハインリヒ
「こんなことで!?」

ビッグママ
「メルのお菓子は誰にもあげませんよ!」ダダダダ!

ハインリヒ
「くっ、待たんかメイム!」ダダダダ!

‥‥‥‥



ビッグママ
「ふうふう‥‥‥‥流石に屋根の上まで来ればハインリヒも追いかけてくることは」


ハインリヒ
「君も君で時にとんでもない行動を取るんだな」

ビッグママ
「どうやってここに!?」

ハインリヒ
「私にも分からん」



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。