二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.406 )
日時: 2020/12/26 11:30
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

そして次の料理は………


たくっちスノー
「え、なにこれ、オムライスじゃね?」

黒影もどき
「………い、いや違うな、卵の下がしっかりチャーハンになってる、オムライス風炒飯だ!」

たくっちスノー
「これどうなんだ?」

カーレッジ
「さあな…………オムレツを上に乗せたらなんでもオムライスになるわけでもないからな」

松山
「んなら極論、牛丼にオムレツ乗せてもオムライスになるからな」

カーレッジ
「ああ、そういえば某牛丼店でオム牛丼というものがあるらしいぞ」

たくっちスノー
「じゃあこれはオム炒飯って所か………ライスはケチャップで味付けてバジルが加えられてるな」

カーレッジ
「具材もネギに豚肉とシンプルだ」


黒影もどき
「あー!ハンチョウのオムレツライスっぽいかも!」

松山
「洋風か中華か分かれそうな中中華に振り切ったところは悪くねーかもな」

トリトリトリコー

たくっちスノー
「お、結構美味い!オムライス感覚で炒飯が食えるなんてな!」

黒影もどき
「あえてケチャップをオムレツにかけないことで味も強くならないようにしてるんだな」

カーレッジ
「オムレツの方もしっかりフワフワに作ってあるな」

松山
「アレンジ系なのかオムライスなのかギリギリがよくわかんねぇ所が好きだ」

ヨウコ
「肝心な炒飯側の感想を誰もしていない……………」



たくっちスノー
★★★★★
「炒飯から上手く別料理っぽく、でもしっかり炒飯になってるのが良い!」

黒影もどき
★★★★
「味を変えるんじゃなくルールのギリギリを付いてくる点、他とは違う感じがするよ今のところは」

カーレッジ
★★★
「アレンジとしては半分ぐらい、チャーハンとは別でオムライスという完成された料理が優れているからこそなので、炒飯としては半分」

ヨウコ
★★★★
「具材を存分に使ったいい料理!卵料理がお題なら間違いなく優勝してたかも。」

松山

「カーレッジと同意見、逆に言えば炒飯とオムライスが中途半端になったやつで、どっちつかずとも言える」



カーレッジ
「これを作ったのは………」



【ソードオブ調理ズ】

たくっちスノー
「あの二人か!!」


ーーーーーーー

飛羽真
「オムライスのような炒飯を作るんだ、炒飯のように肉や刻みネギを使い、薄めの豚骨ダシを染み込ませてケチャップを混ぜよう」

倫太郎
「分かりました、では僕は柔らかいオムレツを作りますので任せます!」



…………

たくっちスノー
「さすが誠実コンビ、マトモなのを用意してくれたな」

ヨウコ
「やっぱり料理対決はこうでなくっちゃね」

松山
「そうかぁ〜?」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.407 )
日時: 2020/12/26 12:32
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

次。


たくっちスノー
「お、この匂いはコンソメか、しかもデカい」

黒影もどき
「あー、テレビでよく見るヤツ!超巨大チャーハン!」

松山
「具材は極厚チャーシュー3枚に中華みたいなタレかかったミートボール10個、卵はこりゃ1パック丸ごと使ってやがるな」

ヨウコ
「刻みじゃないタマネギ炒飯で入れることある?」

たくっちスノー
「ボリュームは凄いが味はどうだか…………」




松山
「待て、全員口入れんな」

たくっちスノー
「え?」


カーレッジ
「ああ、匂うな………妙な、匂いだ」


カーレッジ
「松山、食え。」


松山
「イエッサー、待ってましたよこの時を!!」

たくっちスノー
「え、え、何!!?」


松山
「……………」

レロッ




松山
「…………へェ、やるじゃねぇか、こんなものを忍ばせるなんてな」

カーレッジ
「なんだった?」

松山
「お前の予想通り、こいつには筋肉増強剤とかやべー薬とか入ってやがる、アレだった」

たくっちスノー
「お、おいそれって確か………!!?」



松山
「そう!!あの有名なドーピングコンソメスープと同じ成分だ!!」

黒影もどき
「中身が知りたい人は魔人探偵脳噛ネウロを見よう!アニメだと第1話で出るから気軽でいいぞ!」

ヨウコ
「そ、そんなものを食う気にはなれないわね………」

たくっちスノー

「食えるかんなもん!!」

黒影もどき

「よく作れたねこれ…………」

カーレッジ

「あいつも、それほどいかれてなければマシな結末を用意出来たんだがな………」

ヨウコ

「食材の無駄遣いになるようなことはやめて」

松山
★★★★★
「すげぇ美味かった!メテオガーリック食ったココみたいな体になれたし効果も本物だ!やるじゃねぇか!」


カーレッジ
「しかしあれは一流の天才が丹精込めて作った料理だ、あの中で作れそうな人間はいるのか?」

黒影もどき
「うーんそうだな、ドーラ達はもっとえぐい事してきそうだしな…………あ、いたわ!!」





【レッツゴーきらびやかなブラックチャンネル】

たくっちスノー
「こいつらか!!!」


…………

さとし
「何この宝石すっげーキレイ!」

ブラック
「これが噂の鬼ヤバな宝石、ラピス・ラズリ…………これは持ち主の願いを叶えられる道具に変化すると言われています」

さとし
「マジで!?なんでも叶っちゃうの!?」

ラピス・ラズリ
「さァさとし君、これで一流料理人になってしまいましょう」

さとし
「これで負けないぞ!!」


カッ

さとし
「帽子になった!」

ラピス・ラズリ
「久しぶりにやりましたが成功して何よりです」

さとし
「よーし……」

カポッ



さとし
「!!!わかる、分かるぞ!!とてつもない料理の作り方が分かってきた!!」

さとし
「ブラック、材料持ってきて!アレと、アレとコレ!」

ブラック
「いいんですか?これは少々アブないような気も…………」

ブラック
「ま、鬼ヤバな感じがするので別にいいですけどねー!」





ブラック
(ところで、あの帽子はどのように?)

ラピス・ラズリ
(それはですね、犯罪を冒したある料理人の意識とリンクしているのです)

ブラック
(いい絵が撮れたら外しておきましょう)

ブラック
「ディスイズ、炎ターテイメント!」

……………

カーレッジ
「あいつは…………」ハァ

ヨウコ
「ラ〜ピ〜ス〜!!!」

松山
「ブラックとか言うやつも中々気が合いそうだな、チャンネル登録しとこ」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.408 )
日時: 2020/12/26 16:13
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

…………

次。

たくっちスノー
「おや、チャーハンのおにぎり。」

カーレッジ
「卵と味を付けて炒めた飯だけにすることでおむすびとしてシンプルに仕上げたわけか」

松山
「お、なんか中身入ってそうだぞ」

カーレッジ
「大任流、反分光」ザンッ


パカ

たくっちスノー
「お、中身は天津飯みたいな卵とじ!」

ヨウコ
「こっちは餃子よ!」

カーレッジ
「唐揚げ」

黒影もどき
「………………」

たくっちスノー
「ん?食わないのかもどき」



黒影もどき
「ねぇ」



黒影もどき
「石貯めときたいんだけど、キリルとかキング・アーサーとか人権来るのなんなの?」

たくっちスノー
「そりゃキリルもアーサーも強いだろ設定上でも……」

黒影もどき
「それはいいよまた再録の機会来ると思うし(特にキリル)」

黒影もどき
「ねぇ、クリスマスイベントでユニのあいつペアで来たんだけど」

たくっちスノー
「なんで今切れるの?」

黒影もどき
「さっきやったから」

たくっちスノー
「大会中にパワプロしないでくれる?」

黒影もどき
「うるせええええ!!!なんで体臭フェチの学校の雰囲気と合わないやつぺあでくるんだよ!!七瀬はるかちゃん来いや!!」

たくっちスノー
「いいじゃんユニ版は持ってねーんだから!!」


黒影もどき
「はるかちゃんみたいな見た目の子は!!!絶対!!!!おっぱいでかいだろ!!!!!!」

松山
「キレすぎで草」

黒影もどき
「うるせぇな!!女性キャラはすこってればいいんだよ!!!」

カーレッジ
「これ以上ゴチャゴチャ言うと来年シャーロット・リンリンでしかすこれないようにしてやるぞ」

黒影もどき
「若い時ならワンチャン…………」

……………

たくっちスノー
★★★★★
「いやー相当手が込んでるな、頑張りが見えるしおにぎりで食いやすい」

黒影もどき

「【このコメントはカーレッジに消されました】」

カーレッジ
★★★★

「おにぎりでコンパクトに食べやすくして、他料理を上手く乗せられたのが高ポイント、1番アレンジ料理って感じがした」

ヨウコ
★★★★★

「中の具材がほかほか!この寒い時期には有難いぬくぬくおにぎりね!ほかの具材も期待してる!」

松山
★★
「コンビニで売ってそう」




『ピッチャーズ』


たくっちスノー
「これを作ったのはピッチャーズか」

松山
「なーこいつらの映像要らなくねーか?チャーハン炒めて握っただけだしつまんねーよ」

太刀川
「せっかく作ったものをつまらないは無いんじゃない?」

松山
「あおいがループして来れないってだけの話題で『とりあえず持ってる変化球キャラ』入れたチームだからいいんだよ」

スバル
「あの、僕まだ未入手…………」

黒影もどき
「2月のピースで暗黒スバル来るなら許すよ」

スバル
「いつまで引っ張ってんだこの人は」


Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.409 )
日時: 2020/12/26 22:13
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

次。


松山
「もう半分まで来ておいて今更なんだけどよ」

松山
「この企画、オチあんの?」

たくっちスノー
「え」

松山
「いや、うちのシリーズ裸族とかトラブルメーカーとかいないんならなんか派手なオチつけようがねーじゃん」

松山
「なんかそういう奴いないの?」

たくっちスノー
「今自分の目の前にいるんだけど」

カーレッジ
「松山は料理するな、オチ以前に始まらなくなる」

たくっちスノー
「そうかオチかぁ…………さて、残った面々はヤバそうかマシかの2択だな」

たくっちスノー
「雪とヅッチーはまぁ変なもんは出さないだろ、問題はダ・サイダーと、新入りのはじめだな」

…………とか言ってたら


たくっちスノー
「なんかすげぇ色のチャーハン来たんだけど…………」

カーレッジ
「ジャイアンかよ」

黒影もどき
「ジャイアンならもっと具材がゴチャゴチャしてるだろ………オレンジはいいとして緑色の炒飯ってなんだ………?」

松山
「うへーっ、体に悪そうでいいね」


パクッ

たくっちスノー
「なんでこの見た目で普通にうまいの…………!? 」

カーレッジ
「どうやら真面目に作ったものみたいだな」

ヨウコ
「何がどうなってこんな普通の味付けに……?」

たくっちスノー
★★
「見た目はやべーのに美味いっていうギャップを感じた、でもこれそういう大会じゃねぇから!」

黒影もどき


「美味いんだけどこんな色だと思うと全然食べたくない」

カーレッジ

★★★★
「色合いは確かにどうかと思うが、食わず嫌いするような人間なんてほっとけばいい、味は問題なしだがアレンジとしては弱めか」

ヨウコ

★★
「出来れば食欲をそそるような色合いにして欲しかったなー」


松山


「なんでこの見た目で普通に美味いの出してくるんだよ!!ふざけてんのか!?」



『一ノ瀬はじめ』


はじめ
「どうしてちゃんと作ったのに怒られるんすか」

松山
「作るならちゃんと作れ!もっと!えげつなく!」

ヨウコ
「はじめちゃん、こいつの言うことは無視してもいいのよ」

たくっちスノー
「そうそう、松山を好き放題させたら面倒だからな………」

カーレッジ
「だが本当にオチはどうするんだ」

たくっちスノー
「ドーラに賭けるしかねぇよ………」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.410 )
日時: 2020/12/26 22:57
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「あ、そうだ最近執筆予定の小説のプロット書いてんだよね」

たくっちスノー
「マジンガーVSゲッター第2部とか白湯とか完成したやつもあるよ」

カーレッジ
「次は何を書く気だ?」

たくっちスノー
「2021年のMM逃走中かな………いやなんか、意図的じゃないんだけど年1エピやるような感じになっちゃってるな」

松山
「本家もだいたいそんなもんだし別にいいんじゃね?」

たくっちスノー
「そうかな………お、新しい炒は」




グチャ



たくっちスノー
「なにこれ?ゴミ?」

ヨウコ
「ぐっしゃぐしゃ………具もなんかべちょべちょ」

カーレッジ
「何故こんなものが出来たんだ?」

松山
「ヒント:作り直し禁止」

黒影もどき
「あちゃー………多分これはあれだな」

たくっちスノー
「ドーラはこういうタイプのメシマズじゃないし………ダ・サイダーだな」

カーレッジ
「一体どんな失敗をしたのか………」

パクリ

たくっちスノー
「うげええっシンプルにまずい………米はなんかベチャベチャしてるし肉は生焼け………」

黒影もどき
「なんか卵も白身のマズイところが凄く伝わるような不味さ、なんか風味もない………」

カーレッジ
「調味料もかけすぎだな、塩が多すぎてしょっぱすぎる」

松山
「俺はえげつない飯がいいんであってただのマズい飯なんか求めてねーよ!」

ヨウコ
「いちいち注文が多いわねこの金髪」

たくっちスノー

「まっず!!いや本当にまっず!!どんな失敗したんだよこれ!?」

黒影もどき
★★
「失敗をフォローするために滅茶苦茶やって余計酷くなったパターンだよねこれ、どうにもならなかったか」

カーレッジ

「論外」


ヨウコ

「やっぱりあほんだらだったみたいね………炒飯から塩水みたいな匂いするんだけど」


松山

「どうせビシャビシャにするならゲロみたいな飯持ってこいや!!」



『あほんだらユウシャーズ』


ダ・サイダー
「なんでだ!?どこで間違えたんだ俺は!?」

ユージン
「多分炊く時に水の量間違えた時だろうな」

アレックス
「塩の分量でしょ」

ユージン
「そりゃお前だろーが………はぁ、ヒルデから少しは教わっとくべきだったな」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。