二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.380 )
日時: 2020/11/05 23:26
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

………

sonic.exe
「次はまともなやつだといいが」

たくっちスノー
「どうぞ」

………


絵空
「たくっちスノーのボディーガードが!!空いてると、聞いて!!」


sonic.exe
「誰コイツ」

たくっちスノー
「……………」(ひそひそひそひそ)

sonic.exe
「えっ、そうなの?」


「え、誰?」

sonic.exe
「要は………」ひそひそ


「え!!!?」

絵空
「ボディーガードの件だが」

たくっちスノー
「ああはいはい、ボディーガードはなんかこう、活動時はずっと一緒に居てもらいます」

sonic.exe
「ボディーガード対象が俺より前に出るのが困り所だ」

絵空
「ふむ」

たくっちスノー
「で、まぁ特技は?」

絵空
「魔術とか出来るぞ」


「exeは魔法とか使えないの?」

sonic.exe
「空間を爪で引き裂けばなんでも倒せるだろ」


「君一応時空ヒーロー志望なんだから必殺技とか作ろうよ」

sonic.exe
「必殺✝︎デスクロー✝︎」

たくっちスノー
「なんなんだこいつ」

たくっちスノー
「んーーー、まぁ能力はいいけど不採用で」

絵空
「どうして!?」

たくっちスノー
「どうしてってそりゃお前、たくっちスノーある所に事件有りって言うじゃん」

たくっちスノー
「exeとかもしょっちゅう巻き込まれるし」

sonic.exe
「まあそうだな、俺は楽しいが」



たくっちスノー
「なんかこう、さ」

たくっちスノー
【メイドウィンが何日も許可なく世界明けると割と面倒なことになるから】

絵空
「そうなの?」

たくっちスノー
「うん、俺のリアルワールドとかくそめんどくさい事になっちまったからやめとけ」

絵空
「オーケーやめとく」


「え、ちょっとサラッと聞き流せないこと言わなかった?ねぇたくっちスノー?」

たくっちスノー
「それはまた後で」


「あの」


「私の世界何がどうなったの?」

たくっちスノー
「聞くな!」

…………

sonic.exe
「中々決まらないな、候補………」


「君や田所を雇ったのも、後先構わない時期だったってのもあるからね…………」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.381 )
日時: 2020/11/07 08:37
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「あ〜決まんねぇなぁボディーガード………」

sonic.exe
「なかなか居ないからな、強くてヒマしてて、メイドウィンでもないヤツ………」

sonic.exe
「このままだとあのネズ公が俺の相方になるぞ」

たくっちスノー
「何にせよお前にはその内あいつと別の小説で出てもらうから」

sonic.exe
「マジか………」


「………………もしかしたらさ」



「ボディーガードいらないかも」

sonic.exe
「えっ」


「いや、守って欲しくないってことじゃなくてね?」


「私が行動すると、大地とか………たくっちスノーが即座に駆けつけるでしょ」

たくっちスノー
「まぁお前が大事だからな、大地なら尚更そうだろ」


「うん、それでりりすた革命団の皆には度々世話になってることも分かるよ」


「というかそれだよ、最近の私って…………」




「りりすた革命団というか、知り合い全員に守られてない?なろう主人公かよ」

たくっちスノー
「そりゃお前、人間になったから念入りに………」



たくっちスノー
「あっ」

sonic.exe
「あっ」


…………


たくっちスノー
「ということで雪のボディーガードは時空全部に決まりました〜」

ヨウコ
「なにその発表会で主役が決まらないから候補全員主役にしましたみたいな理論」

sonic.exe
「というかあいつなんなんだ」

sonic.exe
「せっかく人間になったというのに、お前以上に無茶して」

たくっちスノー
「ま、まぁ!最近はずっと旅館で働いているから危険な目に合わないだけまだいいじゃないか!」

sonic.exe
「言っとくが俺はお前守らんからな」

たくっちスノー
「いいもんオーゼンIIとビナーIIいるから」

オーゼン
「は?何言ってるんだい」

ビナー
「我々の命を何故お前に使う必要がある」

たくっちスノー
「ははっワロス」

sonic.exe
「好きにしろ」

大地
「母さんのボディーガードなんて俺一人でいいよ」

大地
「むしろ俺以外がやろうとしたらぶちのめしたい」

たくっちスノー
「おい皆殺しルートはNGだ」

END
感想OK


Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.382 )
日時: 2020/11/11 21:51
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【1111なのでポッキーゲームネタ】


「え、ポッキーゲーム………?」

「そうそう、ねぇ頼むよぉちょっとぁけでも」


「あの、何度も言うように私たちの旅館はそういうサービスは………」

「でも女将さんはしてくれたよ?」


(相変わらず押しに弱すぎでしょ母さん………)


「お断りします!お金を出されても出来ないもんは出来ないの!」

たくっちスノー
「ん?なんだおっさんなんのサービスだ?」


「この人ポッキーと称して私にキスしようとしてるんです」

たくっちスノー
「よし殺すか」ジャキッ


「いや、そこまでしなくていいよ………」

たくっちスノー
「じゃあお仕置で」


「あっそれならいいよ」


「ギャーっ!」

………

たくっちスノー
「まったくポッキーゲームとか意味わかんねーよなぁ?」

たくっちスノー
「ポッキーなんて普通に食えばいいだろうにな、キスしたいならそう言えばいいし普通にすればいいよな?意味わかんねーよほんと」

たくっちスノー
「って、exeも言ってた」


「君らってほんとロマンチックを分かってないね、まぁ相手によるけど」

たくっちスノー
「じゃあ、雪は俺とポッキーゲームしたいのか?」


「うーん…………まぁ、たくっちスノーなら嫌じゃないかな」

たくっちスノー
「なら試しにやってみっか」


「え!?」


………

(やってみた)

たくっちスノー
「つってもよー、あんま食うのも悪いよ、お前から動いてくれ」


「え!?そ、そ、そ、そういうのって………」


「………ちょっと恥ずかしい」ポキッ

たくっちスノー
「終わるのはっっっや」


大地
「母さん次俺!!!」バーーン

たくっちスノー
「おいコラ」


「大地は実年齢がもう少し上になってからね………?」

大地
「ちぇー」


黒影もどき
「ゆきいいいいいい!!!」

たくっちスノー
「し"ね゙え゙え゙え゙え゙え゙え゙え゙!!」


sonic.exe
「………あいつら、ポッキーゲームもマトモに出来ないのか」

???
「わたしとのゲームの最中にベロ出してきた貴方も問題大有だけど?」

sonic.exe
「仕方ないだろ俺だってチョコ部分食いたかったんだ」

おしまい

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.383 )
日時: 2020/11/18 12:46
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: fQORg6cj)

時空間にて

「…………見つけたぞ、あそこに飛電或人が」


「許さない………あいつだけは絶対に!!」


「許さあああん!!」


…………

〜りりすた革命団〜

或人
「このパンダ、何故かぐったりしている……そうか!食べすぎでお腹がパンパンだ〜!!」

或人
「はいっ!!アルトじゃ〜ないとっ!!!」


…………

たくっちスノー
「4点」

オーゼン
「控えめに言って気に入らない」

ビナー
「マイナス付けるなら1000点」

或人
「やっぱりダメか………今度の新ギャグは自信あったんだけどな」

たくっちスノー
「いや、オーゼンとビナーを笑わせるってのがまず無謀なんだよ」

たくっちスノー
「俺はよかったと思うぞ?」


ビッグママ
「……………っ!」←たまたま通りかかった

或人
「相変わらず笑ってくれるのは不破さんとメイムさんだけかぁ」

たくっちスノー
「いいんじゃないの?笑ってくれるだ………」



「大変だよ!!なんかすごい勢いで船に迫るやつが!!」

たくっちスノー
「何!?バリアースイッチオン!」ポチッ


「ぎゃあああ!!」バリバリ


たくっちスノー
「効いたわ」


「あっ、メッセージリクエスト」

たくっちスノー
「繋げろ」

「………飛電或人は、どこだ?」

或人
「え?」

「飛電或人はどこだと聞いている!」

或人
「あ……或人は俺だけど」

「そうか、お前が!!」

「俺はお前が許せなくて、わざわざやってきたんだ!!」

或人
「えっ!?俺恨まれることした!?」

たくっちスノー
「つーか誰だよ!お前は!!」


「知らないなら教えてやろう!俺の名はダ・サイダー!!強くてカッコイイ勇者の末裔だ!」

たくっちスノー
「ダ・サイダー?確かそいつって最初は悪役だったんじゃ」

ダ・サイダー
「スパロボとかに出る時はもう勇者だからいーの!」

或人
「で、そのダ・サイダーが俺になんの恨みを………」

ダ・サイダー
「俺は怒っている………どうしてお前は!!」

ダ・サイダー
「なんでお前のダジャレで笑うやつがいるんだーーーーーーっ!!!」ドーン

或人
「………………えっ?」

【ダ・サイダー怒る!ダジャレ上手いの誰じゃ!】

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.384 )
日時: 2020/11/18 16:14
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

ダ・サイダー
「親切な俺様が教えてやろう!俺はダジャレを言うのが好きなんだ」

ダ・サイダー
「だが、俺のギャグは誰一人笑うやつはいない!!」

ダ・サイダー
「それだというのに、お前のつまらないギャグで笑うだと!?」

ダ・サイダー
「お前のギャグが俺より面白いなんてことがあるかああ!!」


「ただの逆恨みだこれ!!」

或人
「妙な因縁つけられたけど、自慢のギャグをつまらないって言われるのは元お笑い芸人としてのプライドが許さない!」


或人
「そんなに言うなら俺とギャグ対決だ!!」

ダ・サイダー
「望む所だ!」

たくっちスノー
「えー………なんでこんなことに、偉い人に帰ってもらうように頼むぞ」


「なんで偉い人なの」

たくっちスノー
「そりゃお前、総理大臣がアイムソーリー、なんちゃって」

ダ・サイダー
「俺より面白いダジャレを言うなあぁああああ!!!」バババババ

オーゼン
「しょうもない事言ってる暇あるならさっさと全員かき集めな」


…………
ということで或人VSダ・サイダーのギャグ対決が始まった

ヨウコ
「なんでこんなことに………」

sonic.exe
「まあいいだろ、時空犯罪者では無さそうだし」

たくっちスノー
「そうそう、暇つぶしだと思えば!」


「最初のお題は………乗り物!」

ダ・サイダー
「俺から行くぞ!!」


ダ・サイダー
「このボートは動きが遅い、まるで………ボーッとしている!」


なんの関係もない不破
「ブフっ!?」

或人
「くっ、やるな!!」

たくっちスノー
「同レベルだったぞ!?」

或人
「ならば俺はこれだ!!」


或人
「バイクに乗って!いつもの2倍食ってる!!」

或人
「はい!アルトじゃ〜ないと!!」

ビッグママ
「…………!!」プルプル

ダ・サイダー
「ぐおおおおおお!!!」


ヨウコ
「なんか本当に寒くなった気がする」

sonic.exe
「争いは同じレベルでしか発生しないってああいうのを言うんだな………」


ダ・サイダー
「くっ、中々やるな………」

或人
「あいにく、コレで飯食ってたものでね!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。