二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編
日時: 2020/09/13 20:23
名前: S・メイドウィン・黒影 ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=11984

メイドウィン
「レッツゴー時空監理局から一転してすげぇ頭悪そうなタイトルになったな」

たくっちスノー
「るっさい、こういうのが流行りっぽいし良いじゃん別に」

【注意】
マガイモノ
オリキャラ
ネタバレ?知らねぇよそんなの!!
ギャグ、おふざけが足りてる
原作設定は最大限放棄!
メイドウィン
他のメイドウィン小説と時系列が繋がってることあり!
俺得作品

【トライヒーロー計画】は>>95-204 まで

【お知らせ】
2020年夏の小説大会 二次創作部門で銅賞を受賞しました!!

皆さん、ありがとうございます!!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.397 )
日時: 2020/12/24 19:44
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「エントリーNo.1!変化球のことなら俺に任せろ!ピッチャーズ!」

たくっちスノー
「太刀川、闇野、星河‥‥‥‥あれ!?」

スバル
「‥‥‥‥ごめん、半数しかいないんだ」

黒影もどき
「あおいちゃんは!!?」

たくっちスノー
「虹谷と阿畑もいないぞ!?」

闇野
「それがね‥‥‥虹谷は女子のクリスマスパーティーに参加すると言い出して、阿畑も別件で」

太刀川
「盛本君が首の骨折って急遽入院、江暦君はコンセントに指が当たっちゃって‥‥」

松山
「バチバチマンとな」

スバル
「それで肝心な早川さんなんだけど‥‥‥よく分からないんだが、クリスマスイブから抜け出せなくなったとか、ループとか‥……」

たくっちスノー
「タイムノックアウトやってんのかよ」
※詳しくはパワプロアプリのイベント参照

闇野
「ということで、集まれたのはオレたちだけということさ」

ヨウコ
「いきなり不安なんだけど」



…………

黒影もどき
「エントリーナンバー2!!E感じな2人!!ルミナと雪!!」



「今回は選手として頑張ってみるよ、よろしく、うん」

たくっちスノー
「…………俺、確か料理できなかったはずだが」


「うん、baronに居た時もジュースしか売ってなかったけど………卵を炒めるぐらいなら出来るからアレンジはルミナ様に任せるよ」

ルミナ
「わかったよ やってみる」

松山
「大丈夫かよ」

カーレッジ
「信じていい」


たくっちスノー
「………ところで、チーム名の由来はなんなんだ?」

黒影もどき
「気分で計測してみた所2人共Eカップだったから」


「ふにゃ!!!?」

ルミナ
「んえ?」

たくっちスノー
「よし親父この大会終わったら覚えてろよ?」


シャドー・ルミナ・黒影 145cm55kg 94-59-79(Eカップ)
宅地雪 163cm67kg 91-61-87(Eカップ)


カーレッジ
「エントリーナンバー3、ソードオブ調理ズ」

カーレッジ
「倫太郎、飛羽真」

飛羽真
「なんか………凄い長いこと出るのに時間かかったような気がするな」

カーレッジ
「問題ない、飛電或人が早すぎただけだ」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.398 )
日時: 2020/12/24 21:30
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

倫太郎
「初めまして、僕はソードオブロゴスの水の剣士、新堂倫太郎です」

倫太郎
「りりすた革命団の事は前から噂で聞いていました、こんな所で会えて光栄です」

倫太郎
「ですが形はどうあれ勝負に手を抜くわけにはいきません、全力で取り組ませていただきます」

ヨウコ
「凄い………噂通りだ、青い2号ライダーとは思えないくらい話しやすい」

たくっちスノー
「だいたいマコト兄ちゃんのせい」

飛羽真
「倫太郎、料理は出来るのか?」

倫太郎
「心配ありません、レシピは読んで完璧に覚えてきました、勿論基本だけでは勝てないと分かっていますのでそこは飛羽真君の力を借りようかと」

飛羽真
「俺もアレンジはやったことないが………頑張ってみるか」


………

たくっちスノー
「エントリーナンバー4!!!正直なんでお前らきたのって言いたい!!」


たくっちスノー
「シルバーノワール、ドーラ&魔トリョーシカ!」

ヨウコ
「で、出たぁ〜!!」

松山
「始まる前からオチ要因確定してんのやめろ」

ドーラ
「失礼な!ボク達は真剣に参加しに来たんだよ!」

たくっちスノー
「でも2人は………雪でさえ食えるのはメルの奴だけだぞ!?」

魔トリョーシカ
「大丈夫だっていけるいける、ボク達もそろそろ華が来そうだからね」


魔トリョーシカ
「ほら、前期と来期にリゼロやってたでしょ?」

魔トリョーシカ
「白髪……魔女、そしてボクっ娘!これはもうボクらと同じと言っても過言じゃないでしょ」

黒影もどき
「過言だと思います」

カーレッジ
「お前らはエキドナほどクソ野郎じゃない」

たくっちスノー
「エキドナはお前らよりもっとおっぱいでかいと思いますー!」




ドーラ
「あっはっはっは」

ドーラ
「ねぇあいつぶっ殺そうか」

魔トリョーシカ
「フフフそうだね絶望的な料理を送ってやるよ覚悟しやがれ」

ヨウコ
「玩具の管理人、キレた!」

黒影もどき
「ねぇ俺あの人の炒飯食いたくないんだけど」

カーレッジ
「受け入れよう、誰かが俺たちの死を弔ってくれる」

たくっちスノー
「死ぬこと前提で会話するのやめてくんない!?」

松山
「おめーのせいなんだよボケ!!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.399 )
日時: 2020/12/24 21:43
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「エントリーナンバー5!!俺たちだってやれるんだ!玩具のサササ!」

たくっちスノー
「サビィ総統!メタルポリタン!ヒートバーグ!」

サビィ
「俺と先輩以外のダメタルキャラがようやく初登場っす」

メタルポリタン
「一応リボルとかノレネカとか出てないわけではないが………」

たくっちスノー
「最近ようやく原作をクリア出来たんでね………」

ヒートバーグ
「炒飯は専門外だが頑張って作ってみるよ」

メタルポリタン
「味に関しては問題ない、俺たちは秘密兵器を用意したからな」

たくっちスノー
「秘密兵器?」

メタルポリタン
「調理してからのお楽しみだ」

たくっちスノー
(なんだろう、こいつがウキウキしてるなんて嫌な予感しかしない…………)

…………

「エントリーナンバー6!」

たくっちスノー
「今度は単独登場!【ガッチャマンクラウズ】より一ノ瀬はじめさん!」

はじめ
「よろしくっす!」ガッチャマーン

黒影もどき
「最近のガッチャマンってこんなのなんだ」

カーレッジ
「最近(2013年放送)」

ヨウコ
「昔の話は誰も幸せにならないのでNG」


はじめ
「スッゴい良いの作るから、期待して欲しいっす」

たくっちスノー
「マトモなの頼むよ」

……………


「エントリーナンバー7」

たくっちスノー
「飛電インテリジェンスfeat.音ノ小路響!」


「なんかあたしがオマケみたいじゃない!」

或人
「もしかしなくてもオマケだよ」

イズ
「ご招待しました」

たくっちスノー
「イズごめんな、響が目立ったから出番少なくて」

イズ
「問題ありません」

黒影もどき
「なんだよハーレムじゃん」

松山
「皆さんこいつがたった2人だけでハーレム扱いする何万年拗らせたDTの思考です」

或人
「仕方ないじゃん、男の知り合いは前お世話になった会社か、副社長か、不破さんしかいないんだし…………」


「社長にあるまじき交友関係の狭さよ、あっちゃん…………」

たくっちスノー
「原作も割とそんな感じだから問題ねーよ………」

イズ
「ここ数ヶ月の或人社長の会話対象は8割がヒューマギアに対してのものと記録が出ています」

或人
「やめて!悲しくなってくる!」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.400 )
日時: 2020/12/24 22:19
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

『エントリーナンバー8』
「妖精王国連合」

たくっちスノー
「ヅッチー!プリシラ!かなちゃん様!」


かなちゃん
「おや、私が料理をするのは結構久しぶりですねぇ」

プリシラ
「それこそ前の料理対決以来、最初期ぐらいでしたか?」

ヅッチー
「あの時は変なギャグ要因みたいにされちまったが、今度は真面目に料理するからな!」

『エントリーナンバー9』
「あほんだらユウシャーズ」

ダ・サイダー
「イケてる俺様のチーム名を変な風にしやがったのはどいつだ!!」

アレックス
「何しやがるこの無敵集団に!」

ユージン
「俺もう帰っていい?」

ヨウコ
「てか、またアンタが来たのね………」

ダ・サイダー
「当たり前だろ!にっくき飛電或人のいる所には火の中水の中!誰よりギャグが面白いのはこの俺だ!」

カーレッジ
「そしてラムネスは忘れられるという、主役なのに」

ラムネ
(俺は今、猛烈に腑に落ちない………!!)

…………

『エントリーナンバー10』
「レッツゴーきらびやかなブラックチャンネル」


ブラック
「どうも皆さん!悪魔系YouTuberのブラックです」

たくっちスノー
「げっ!!テイコウペンギンと同じ会社のやつ!!」


「テイペン出そう出そうと思ってたら他作者に先を越され、登場は君が先かぁ」

ブラック
「今回はオレちゃんとさとし君、プラスアルファの超特大ゲストと共に鬼ヤバな炒飯を作りに来たのです!」

さとし
「なんか大会に出たいって言ったら動画撮影の約束でここに………ま、いいか普段よりヤバそうじゃないし」

たくっちスノー
「…………で、特大ゲストって誰よ」



「願いを与える力、人の欲望、そして破滅、誰か忘れちゃいませんか?誰よりそれに手をつけた新生物」






ラピス・ラズリ
「そう!!!わたしです!!」



「ぎゃああああ!!」

カーレッジ
「最初俺も思った」

松山
「信じられるかコイツら両方ともコロコロコミック出身なんだぜ」

ブラック
「チェン○ーマン鬼○の刃呪術○戦」

ラピス・ラズリ
「2020年はダーク系がアツい!これが今のブームなのですよ!」

ヨウコ
「一体何を食わすつもりなの!?」

Re: りりすたーと!マガイモノとか俺得とかのにちじょ短編 ( No.401 )
日時: 2020/12/24 22:45
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

黒影もどき
「これで参加者が出揃いました!」

たくっちスノー
「しかし………デーリッチらが来ないたァ珍しいこともあるもんだ」

松山
「あいつは作る方より食うほうだろ」

たくっちスノー
「それもそっか………改めて参加者はこちら!!」


1 ピッチャーズ(太刀川、闇野、スバル)

2 E感じな2人(ルミナ、雪)

3 ソードオブ調理ズ(飛羽真、倫太郎)

4シルバーノワール(ドーラ、魔トリョーシカ)

5玩具のサササ(メタルポリタン、サビィ、ヒートバーグ)

6 一ノ瀬はじめ

7 飛電インテリジェンスfeat.音ノ小路響(或人、イズ、響)

8 妖精王国連合(ヅッチー、プリシラ、かなちゃん)

9あほんだらユウシャーズ(ダ・サイダー、アレックス、ユージン)

10レッツゴーきらびやかなブラックチャンネル(ブラック、さとし、ラピス・ラズリ)


たくっちスノー
「各自、炒飯を作ってください!!いいですか、炒飯だったらなんでもありです!!」

カーレッジ
「時間はどれだけかけてもいいが、作り直すことは禁止だ」

黒影もどき
「俺たちは責任もって食うから、ちゃんとね」

ヨウコ
「あと、誰々が勝ちってスタイルじゃなくて星スタイルでいくわ」

たくっちスノー
「この日のために某作者の料理対決しっかり復習しといたんだ……………」



たくっちスノー
「待ってこの作品もう2014年とかすげぇ前なの?」

黒影もどき
「またたくっちスノーがカルチャーショックで死んでる」


…………!!

そして一同は調理に取り掛かった


ラピス
「さて我々は何を作ります?」

ブラック
「動画に残しておくのでインパクトのあるものを頼みますよ、さとし君」

さとし
「えっ、俺が決めるの!?」

ブラック
「リーダーはさとし君として参加させておきましたので」

さとし
「そういうことか…………そうだな、やっぱりここは巨大炒飯でしょ!」

さとし
「テレビでやってた色々具材乗ってる奴!」

ブラック
「いいですねぇ!動画のタイトルは………」

【超ド迫力!小学生が超山盛り料理作ってみた!】

ブラック
「で、どうでしょう?」

さとし
「それはいいけど俺料理なんて作れないよ?」

ブラック
「ここでこの特別ゲストのラピスさん、お願いします」

ラピス・ラズリ
「開け心の宝石箱!!」

さとし
「え!?うわあ!?」

ラピス・ラズリ
【せっかくのゲスト出演、今回は久しぶりに絶望モードでやらせていただきます♪】


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。